カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

第162回芥川賞、古川真人さんおめでとう記念は、あまりにこじつけすぎるけど。さあ、OPENだ!

f:id:gklucky:20200116200305j:plain



とにかく寒い寒い。



「寒いなー」

記録的な暖冬で雪不足により年明け後もオープンできないスキー場が全国で3割以上に及んでいる、というニュースも目にする。


「暖冬?」

改めて言われるとそうなのかもしれない。

僕がただ寒がりなだけかもしれない。




気づくと。

2020年はもうとっくに始まっていた。

「僕には書くことしか残っていない」と言い放つ阿倍カステラとしては、この一年をどれだけ〝書く〟ことができるだろうか、と考えてみたりもする。



あんまり焦らずに。

着実に一歩ずつ歩んでいくしかないのだけれど。

ともすれば、一歩ずつ歩んでいくことすらできてないことだってあるのだから。


一日が終わろうとしてる頃に、果たして今日は一歩進めただろうか?って疑問に思う夜。

そんな夜をたびたび繰り返していたりする。



「僕には〝書く〟しかないんだ」と、わりと公に宣言してしまっている阿倍カステラとしては、現状はあまりにもモノ足りなく思える。




『なにかやらなくちゃ』



無理やりに気持ちを昂らせているわけではなくて、ほんとに自然にそう思えたから、新しくこのブログをはじめてみることにした。



阿倍カステラはほおっておくと多分サボる。

それはフリーランサーとしては致命的な欠点でもある。


そこで、このブログは阿倍カステラが毎日出勤する〝勤務先〟という位置づけにしようと考えた。




先日、第162回芥川賞が古川真人さんの『背高泡立草』(すばる10月号)に決まった。


短編小説『セイタカアワダチソウの森に消えた僕』を書いた阿倍カステラとしては、〝背高泡立草〟つながりで受賞前から勝手に親近感を持っていたのだけれど。


実際のところ、古川真人さんの『背高泡立草』はまだ読んでいない。ちなみについ先日、第155回芥川賞受賞の『コンビニ人間村田沙耶香 著を読んだばかりだ。せっかくなんで『背高泡立草』も、なる早で読みたいとは思ってる。



芥川賞かあ」

あと、4〜5年もしたら芥川賞を獲れる作品を書いている自分を想像しながら。

この勤務先に名前をつけた。


そう、『カステラ書房』



〝書房〟というと書店の印象がつよいかもしれないが、どちらかというと出版社といった意味をもって。アマチュアバンドが自身でレーベルを設立するようなイメージで、広義ではブランドとも言えるだろう。



2020年1月17日(いいな、の日)にオープン‼︎

いつの日にか、『カステラ書房』がとてつもなく変貌を遂げていたらいいな。


そんな想いを胸に。今日から僕はここへ出勤する。