カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

謎が謎よぶ『カステラ書房』業務内容について。ほんのちょっとだけ。で、20時にはBiSH!


f:id:gklucky:20200118232909j:plain




午後からぼちぼちと執筆していたこのブログの記事。


思いの外、熱が入ってしまったので一つの作品みたいにして書き上げた。



本来なら今日19日(日)分の原稿として、いつもの深夜0時に更新するところだけど。

なんだか熱がさめないうちに公開したくなって、昨日(18日)は二回の更新となった。


割としっかりめに書いたもんだから、ある程度は時間をかけたし集中していたせいもあって更新終えた夕方5時に、朝から何も食べていないことに気づいた。


常時、食べるものをストックしているような生活はしていない。(威張って言うことじゃないが)

冷蔵庫もガスレンジもないのだから。(これも威張って言うことじゃない)

それでも辛うじて粗末なものを口にして、一時的に飢えをしのぎ一息ついたのが夕方6時すぎ。


「あっ」


「明日(19日)分の原稿がないじゃん!」って。



そう気づき再び執筆を始めた。

ちなみに熱を込めて書き上げたていう原稿では、〝生きることが趣味みたいに〟という僕なりの「生き方」みたいなことを語ってるので、もしよかったら、一つ前の記事も読んでもらいたい。


現実の話、いくら気合い入れて書いても読む人などいない。腐って言ってんじゃなくて、始めたばかりのブログなんてそんなもの。twitterで告知はしてるけど、現在僕のフォロワーは2人。告知という名の独り言だね。


それでも時が経ってある程度このブログのアクセス数が上がって(そうなることを祈ってる)からでも、過去記事掘り起こして読まれるような記事になってほしい。自分でも事あるごとに読み返すことになりそうな内容になってる。



さてと。

『カステラ書房の毎日』を始めて3日目。記事にして4本目。

一つ一つ積み上げていくことの尊さを実感してる。


カステラ書房としては、出版社たる業務をしっかりとやらなくちゃいけないわけで。いずれは書籍の出版もするだろうし、おそらくは阿倍カステラ初の書籍の出版はカステラ書房がやることになるだろう。



さらに、阿倍カステラがらみで始めようとしてるプロジェクトもある。

実は新年早々に始めようと準備してたのに、未だずるずると先送りにしてしまってる。こういうところがダメなんだろうね。


なってしまったことは仕方ないんで、それであまりネガティブにならずに次の良きタイミングを見計らってリリースしていくように気持ちを切り替えてるところだ。


あまり気負ってもさ、良さが出せないし。〝急いては事を仕損じる〟って言うじゃない。


心の病いを公表した僕としては、自分の気持ちを上手くコントロールしながら焦らずに取り組んでいきたい。それもまた〝生きることを趣味みたいに〟だ。




今日はさ、楽しみがあるね。

YouTubeで20時より限定公開の『BiSH / And yet BiSH. moves @ 大阪城ホール


1回限りの公開らしいから、後で観ることはできないみたい。


結成当時から聴き続けてるので、まず間違いなく涙するのだろう。絶対に泣けるという映画を観るまえの気分だ。