カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

僕は人間をやめて カステラとして生きることにした


f:id:gklucky:20200210202626j:plain

☆『画用戦士 カステラロボ』発進!☆





「僕は人間をやめて カステラとして生きることにした」


2020年2月10日(月)

新しく始めたインスタグラムの自己紹介文にこの一文を入れた。


昨日から書き始めた『画用戦士 カステラロボ』の四コマまんがをインスタグラムに投稿した。



これと同時に、

『僕は人間をやめて カステラとして生きることにした』

〜「死んでしまいたい」の先にみつけた新しい生き方〜


の製作にも取り掛かろうと思う。


それを書籍化する。

漠然と目標にしてたって夢物語に終わってしまう。そこで2022年春頃にカステラ書房より出版することをここで宣言する。


もちろんそれ以前に、僕の作品が世間にみつけてもらえるように行動するので、この年数よりも早くて、できれば正規の出版社から書籍化されるような作品らを製作していきたい。



まずは、よちよち歩きすぎて歩みが遅いんだけど。

今日はインスタグラムのアカウントを作って、『画用戦士 カステラロボ』の記念すべきエピソード1を投稿した。のちにテレビアニメ化や映画化される作品になるやもしれない。特に「カステラ」メーカーの人が見つけてくれたら超ラッキー! まあ、まだよちよちなんで、よちよちと。



書籍化する本については、まず僕、阿倍カステラが初めて本を出すとしたらコレでしょ! ってモノを選んだ。

それまでに書き上げた短編集という手もあるけど、やはり現実的に多くの人に読んでもらえる、そのチャンスが多い方がいい。そう考えてる。

むしろエンターテイメントとかバラエティに富んだやり方って向いてる方だし、僕の個性を存分に発揮するにはいわゆる〝なんでもあり〟が一番かなって。




さてさて。ドラマの話でも。



〝高まる愛の中 変わる心情の中 燦然と輝く姿は〜〟


ドラマ『恋はつづくよどこまでも』第4話、エンディングシーン。Official髭男dism『 I LOVE… 』の〝高まるあ〜いのなか〜〟にぴったり合わせて、夜の東京タワーをバックに橋の途中でいきなり上白石萌音にキスをする佐藤健


〝まるで水槽の中飛びこんで溶けた絵具みたいな イレギュラー〟


キス直後の佐藤健の「これは治療だ」にかぶさる、〝イレギュラー〟にしびれた。


少女漫画原作のラブコメディってことで、どれどれって感じで観てたんだけど、今回も結婚式のシーンでも『I LOVE… 』がピアノと管楽器で流れてたりして、Official髭男dismの楽曲の良さがぴったりハマってる。前話だったかな? 佐藤健の「寝るなよ」も、今回の「これは治療だ」もばっちりキマってる。