カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

ガンガンに過去を変える『テセウスの船』とタイムスリップ物なら『流星ワゴン』


f:id:gklucky:20200324235647p:plain

☆どアップシリーズ? バイトくん☆




僕はコーラが好きで毎日のようにコーラを飲んでる。


それも1.5リットルのボトルだからね。ヤクルトのように一日一本飲んでしまうことも少なくない。

ここ最近腹痛がつづいててそれがコーラのせいなんじゃないか、って疑い出した。昨日今日飲み始めたわけではないコーラ。もしかしたら年齢を重ねてコーラを受け付けない体質に変化してしまったんじゃないか? と不安になった。「え〜っ、これからコーラ飲めなくなるの〜」って。


それで「コーラ 腹痛」でググってみたらすぐにそれらしき記事がすぐに出てきた。でも逆だった。ドイツかどこだったかの民間療法で腹痛になったら常温のコーラを飲めば良いというもの。とくに信憑性のある内容ではなかったけど根が単純なもんでそんな記事でも安心して、心置きなくこれからもコーラを飲めるなあって。



◇◇◇


ドラマ『テセウスの船』が終わってしまった。良い物語だったけど、なんだかラストはつじつま合わせみたいな流れでもったいなかったな。真犯人がわかるシーンでは「やっぱりな」って感じだったけど同時に「彼には荷が重すぎるよー」って印象。

個人的には上野樹里さんとの感動シーンが見たかった。


タイムスリップ物は大体過去を変えることはタブーで、変えようとしてもなかなかうまくいかず「運命は変えられない」というものに行き着くことが多いのだけど、このドラマはガンガンに過去を変えるし、心(しん)さんが「タイムスリップしてきたこと」を受け入れる人が何人も登場するという違和感は全編を通してあったけど、それはそれで楽しめた。


でもさ、同じTBSのドラマ『流星ワゴン』(2015年 西島秀俊主演)はその点良くて面白かったよ。重松清氏の小説が原作だという点が大きいのだとは思うけど、タイムスリップ物の醍醐味が存分に詰め込まれていて、物語が完成されているので〝あやうさ〟を感じる隙もなくずっと展開を続けるストーリーに引きずりこまれっぱなしになった。もし観てない人がいたら、『流星ワゴン』はおすすめ。



テセウスの船』は原作が漫画なのでよく知らないのだけど、どんなテイストの漫画なのかだけでも知りたいなあ、とは思った。最近よくやってるのがドラマを観てからその元となってるアニメを観るということ。『女子高生の無駄づかい』を全12話観たし、『ゆるキャン△』も今ちょこちょこ観ている途中。まあ、まだドラマの原作の漫画を読んでみるということはしたことないけど、ちょっと気になってる。