カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

【その嶺上取る必要なし】🟧 何故カンが成立しないのかというクエスチョン❓麻雀を知らなくても『咲 -saki-』が面白い理由

f:id:gklucky:20200508214138p:plain

 

☆TVアニメ『咲 -saki-』シリーズスペシャルサイトより






 ✳️最新記事はこちらから(一覧に飛びます)

castella-a.hatenablog.com

 

 



 

 

🟥【その嶺上取る必要なし】

 

 

 

「その嶺上取る必要なし。聞こえなかったか?カンした瞬間にロンと言ったはずだ。搶槓だ。その槓成立せず!」

 

 

 

「嶺上」は麻雀の役の名、嶺上開花(リンシャンカイホウ)の略だよね?

 

「カン」は鳴きの一種で、同一牌を4枚そろえるための手順を言うんでしょ?

 

「ロン」はあがる方法の一つ。

「槍槓」(チャンカン)は役の一つ。

で、何故に「槍」(カン)が成立しないのか意味不明。

 

 

 

そんなふうに麻雀の意味がさっぱりわからないのにアニメ『咲 -saki-』を全話(現在17話まで)視聴しているのだ。

 

「麻雀なんてさっぱりわかんないよ。観るのや〜めた! 」とならないのが不思議だ。

 

そう、不思議だ不思議だと言いながら取り憑かれたように視聴し続けながら、しまいには麻雀用語を調べて理解しようと涙ぐましい努力をしてる。たぶんなんにもならないであろう努力を。

 

 

 

冒頭のセリフは敦賀学園の加治木ゆみによるもの。

何を言ってるのかさっぱりわからないけれど、それが決めゼリフであることは伝わってきた。

調べてわかるのならばそうしようとやってみたものの、そう簡単に理解は出来そうにない。

 

 

 

 

 

🟥 Yahoo!知恵袋での質問&回答

 

 

そんなふうに調べていた時にYahoo知恵袋で、その加治木ゆみのセリフを「カッコいいと思いますか?」と質問している人をみつけた。

 

 

その質問に対する回答数はさほど多くはなかったので全部読んでみた。

恐らく麻雀に詳しい人たちが答えているようで、容赦なく麻雀用語が羅列されていて、これまた素人には意味不明で理解不能

 

でも要約すると「そんなものカッコいいわけがない」とか、「アニメの話だから、まあわからんでもない」とか、「ぼくはカッコいいと思いますよ」とか意見も割れていて、実際のところもわからない。

 

 



 

 

🔶わからないついでにもう一つ。

 

 

 

🟥「嶺上の花が咲き海底の月が輝く……これはまるで、花天月地ね」

 

 

清澄高校麻雀部 部長 竹井久のこのセリフ。

それを聞いた時、「まったくもう!」って呆れた。

 

すぐに一時停止し、なんとなくしか知らない「花天月地」の意味を調べ、宮永 咲の「嶺上開花」と天江 衣の「海底撈月」による闘いを表現したものだろうとなんとなく理解した(つもり)。

 

 

天江衣がさ、その子供みたいな容姿とは裏腹に、国文学者である父の影響なのか難しい言葉を多用するんだよね。それも一々調べなくちゃならなくて「まったくもう! 」だよ。

 

でも、これらの「まったくもう! 」は腹を立ててるわけでも、阿良々木月火ちゃんの真似してるわけでもなく、面白がって発してるだけで怒ってるわけじゃない。

 

 

このブログでも『咲 -saki-』のことを何回も話題にとり上げてることからわかるように、作品自体を気に入ってて不思議とハマってるんだ。

 

麻雀のことを何も知らないのにそれを面白いと感じる理由は、

 

「何も知らないから面白い」

 

 

ということになるんじゃないかな。どうかな?

 

なまじっか知ってたら「これは変だ」とか、「この場合はこうだ」とか、「所詮マンガだな」とか言い出すのかもしれない。或いは『キャプテン翼』のように、「あんなふざけたシュートあるかっ! 」って言いながら楽しめるのかもしれないね。

 

 

「なんにせよ、面白いんだよな」

 

 

 

 

 

 

🟥 2021年2月「カステラドラマアワード」はじめました⁉️

 

ここで最新(2021年2月現在)情報をはさみます。

よかったらご覧ください

 

Castella Drama Award 2021📺⭐️


castella-a.hatenablog.com

 

 

 

 


 

 

 

🟥  ステイホーム中のチキン南蛮

 

さて、5月8日の金曜日は少しだけ近所を歩いた。

 

ステイホーム中はろくでもないものを食べつづけてウンザリしてた。しっかりしたものが食べたいと思ったけど、まだ世間が外食をするというムードでもないし(飲食店の休業も目立ち、開いていても客が少なく見えた)、弁当でガマンすることにした。

 

 

つい最近オープンした弁当屋でチキン南蛮弁当を買って帰った。

自慢の自家製タルタルソースが決め手!みたいな触れ込みのメニューだったが、いざ食べようと思ったらタルタルソースがかかってない! ショック〜‼️

 

さすがに甘酢にからめるのは忘れてなかったのでそのまま食べたんだけど、タルタルソースがかかってない以前に決め手に欠ける味だった。

 

それはもはやタルタルソースがある事で、なんとか文句言わず食べられるレベルの代物だった。

恐ろしいほどに美味なタルタルソースに違いないんだ、きっと。

 

前々から行こうと思ってた弁当屋だったし、久しぶりの〝まともな〟食事になるはずだったから相当ショックだった。

 

 

 

🔶「あれ? ショック受けてる?」

 

僕なんか、事あるごとに「絶望だ」とか「孤独だ」とか言って、ろくでもない生活してろくでもないモノを食べてるわけだけど。

 

食に対しての欲求をちょっとは感じるようになってんのかなあって思った。

 

ショックな出来事の、その受け止め方感じ方もよりけりだね。

 

 

 

そう言いながらも今夜のメニューはレトルトカレー

 

今夜はこれをご馳走と位置づけている。

 

 

 

 

🟥  ABEMAバンザイ‼️

 

 

f:id:gklucky:20200508214927p:plain

 

ちなみに『咲 -saki-』は、Abemaビデオで全話無料配信中!10日までみたい。無料期間中に全話観てしまわないと……汗。

 

 

 

 

 

 

✳️ 2021.2.17 全体的にリライト

✳️ 2021.2.21 カステラドラマアワード関連記事へのリンク貼り

 

 f:id:gklucky:20210302015944j:plain