カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

読むドラマ □ case45『ふろがーる!』第4話「泡風呂 DE うおおおぉ」

f:id:gklucky:20200812112624p:plain

オープニングサヨコ

「汚れ共、覚悟!」

月に一度の浴室のお掃除を前に、汚れ共に宣戦布告をする早夜子

 

ちなみに風呂掃除は毎日やってるのだろうけど、この日は特別な大掃除の日というわけ

 

 

 

テレビ東京『ふろがーる!』

2020年7月15日(水) より放送スタート! 

毎週水曜 深夜 0:58〜  

記事は8月5日(水) 放送の第4話 より

 

【基本的に全編ネタバレ】

 

 

 

『カステラ書房の毎日』は深夜1時に毎日更新中‼︎

◉阿倍カステラの「テレビ買ってよ」

◉読むドラマ シリーズ

◉カステラのフロックTV

など人気企画を日替わりで更新してます

 

〝日替わり〟と言いつつも、読むドラマ シリーズに偏ってしまっている。

そんな現状を打破しようともがいている毎日。いつになったら改善されるのやら。

 

 

 今回の振り返り度 ★★

星2つ。後半は大胆に端折ってて、肝心なところには触れないようにしてる。

それでもネタバレは避けられないので、お先にドラマ視聴した方が良いでしょう。

 

これを読んで「なんだか面白そう」と、ドラマを観てもらえたなら、やってる甲斐があるってもんだ。そこも目指したい!

 

 そうそう、 読むドラマとは

一緒にやいのやいの言いながらドラマを見る感覚で読んで楽しめる、ダイヤ乱れまくりの脱線トークバラエティーである

 

 

 

 

 

 

『ふろがーる!』第4話

 

生実野早夜子(桜井日奈子) 語り

「今月もやってきた。月に一度、風呂の隅々まで掃除し尽くす大掃除の日。日ごろの感謝の気持ちを込めて浴室中を洗い尽くす」

 

早夜子「汚れ共、覚悟‼︎ 」(冒頭の画像)

 

湯船に入る前の掛け声「かけ湯!」と同様に大声で叫ぶ早夜子。

「かけ湯!」もそうだけど、それって大声で叫ぶ必要ある? 

 

 

さあ、掃除を始めようかというタイミングで電話が鳴り、思わず軽くズッコケる早夜子が吉本新喜劇っぽくておかしい。

 

その電話の相手はもちろんあの子。そしてその第一声も決まってる。

 

早夜子「どうした?」

掃除を邪魔され、ちょっと不機嫌そうに電話に出る早夜子。

 

愛乃「先輩! 聞いてくださいよー」

 

ほらね。相手は檜山愛乃(小西桜子)で、その第一声はいつもの決まり文句。

 

愛乃「いま、先輩の家の前に来てるんです」

 

 

 

f:id:gklucky:20200812114439p:plain

早夜子「え?」

 

 

これまでだったらビデオ通話でスマホ画面に登場するはずの愛乃が、いきなり早夜子のアパートに現れるという予想外の展開。この予想の裏切り方がうまいね。

 

 

早夜子が玄関を出ると、愛乃がちょうど到着し「先輩と飲みたくなって」と持参したワインを見せる。

「お邪魔しまーす!」と玄関のドアに愛乃が手をかけると、そのドアを強引に閉め中に入らせないようにする早夜子。

 

早夜子「断わる ‼︎」

愛乃「えっ?」

 

早夜子「今から風呂の掃除をする」

愛乃「そんなの、いつでもできるじゃないですか?」

 

早夜子「その油断が風呂の故障を呼ぶのだ! もう二度と同じ過ちは繰り返したくない」

 

前話で風呂の故障を経験した早夜子。そのつらい過去を思い返す。

 

愛乃「わかりました」

早夜子「また改めて飲もうぞ」

 

愛乃「あたし、勝手に飲んでますから」

そう言って玄関ドアを開け、「お邪魔しまーす」と勝手に上がり込む。

 

愛乃はいつもあっけらかんとしていて、先輩・早夜子の話を聞いていないようで本当に聞いていない。自分がやりたいことが優先なんだ。

 

愛乃「やっぱ白の辛口にして正解だったな〜。あ、私の事は気にせず掃除していて下さい」

目の前で掃除の準備をしている先輩に、気兼ねすることなくワインを飲むマイペースな愛乃。

 

 

 

重曹使いのサヨコちゃん

 

風呂掃除の準備を進める早夜子。

またしてもここで重曹が登場。早夜子は何かとよく重曹を使う。

不思議そうに見ている愛乃に、重曹を掃除で使う理由を説明する。その説明はここでは端折る。知りたい方はググってください。

 

 

準備完了! 早夜子が掃除道具を抱え浴室に入るところで、ドラマタイトル「ふろがーる!」のロゴが入り、その後に今話のタイトルカットとなる。

 

 

「いざ、勝負 ‼︎」

f:id:gklucky:20200812122747p:plain

第4話 「泡風呂 DE うおおおぉ」

 

今回はいつもの「〜湯船と格闘しつづける癒しの冒険活劇である」というナレーションのオープニングカットも、軽快なBGMとともに早夜子が入浴するタイトルカットもなかった。

 

第4話にして早くもリニューアルしてきている。

☆[追記]のちに知ったんだけど、このドラマって全6話なのね。

 

 

『おしゃ家ソムリエおしゃ子』も第4話にして、構成を大幅にいじってきてたけど、この4話あたりがそれをやるタイミングかもしれないね。

 

重曹を水で溶かしたものを入れたスプレー容器を握り締め、「シュッシュッシュッシュッ」と声に出しながらスプレーを浴室中にふりかける早夜子。

 

そのあまりにも大きな声が気になって愛乃が浴室まで様子を見に来る。

 

愛乃「先輩、声出して掃除するんですね」

早夜子(心の声)「しまった! いつもの癖が出てしまった」

 

早夜子「今日はたまたまだ」

聞かれてしまって恥ずかしかったのか、平静を装ってごまかす早夜子。

 

 

愛乃「で、終りました?」

早夜子「いや、ここから20分待つ。重曹たちが壁についた皮脂汚れやぬめりなどをどんどん落としてくれる」

 

愛乃「へえー」

あまり感心はしていない。心ない「へえー」

 

 

20分後、浴槽をスポンジで擦りまくる早夜子。その時もまた「うおおおぉ」と声が出る。

 

愛乃「あははは。先輩って擦る時も声出すんですね」

 

早夜子(心の声)「しまった! またいつもの癖が出てしまった」

 

早夜子「今日はたまたまだ」

 

すっかり愛乃には見透かされているのに、それでもまだごまかそうとしてる早夜子が笑える。

 

 

檜山愛乃はあまりツッコミタイプじゃない

 

だからあえて愛乃にはベタなツッコミはさせず、早夜子をボケっぱなしにさせる方が笑いが生まれやすいという制作側の意図もあるんじゃないかと思う。

 

つまりは早夜子のボケにツッコミを入れるのは視聴者なんだ。

このドラマは出演者が今のところ二人しかいない。相方の愛乃がツッコミをしないなら、あとは視聴者しかいないじゃない。だって早夜子のみならず愛乃にもツッコミが必要な時もけっこうあるしね。

 

 

するとここで愛乃が、またまた予想外の発言をする。

 

 

f:id:gklucky:20200812131304p:plain

「先輩。あたしも少しやっていいですか?」

 

 

早夜子「えっ?」

愛乃「なんか暇なんで」

 

あっけらかんとその理由を口にする愛乃だけど、ほんとは別に理由がある。

これが今話の見どころかな。


じぶんちの風呂の掃除すらちゃんとしてるかどうかも怪しいキャラの愛乃が、人の風呂の掃除をやりたいと言い出す。

愛乃の微妙な内心が垣間見えて、良い台詞だと感じる。

 

一方、常に風呂の事しか頭にない早夜子がそんな愛乃の内心に気づくわけがなく。

とにかく愛乃の掃除の仕方とそのへっぴり腰が気に入らないようで、

 

 

早夜子「お主何をしている?」

愛乃「何って? 擦ってるんです」

 

早夜子「笑止千万! そんな甘い掃除の仕方で汚れが倒せるか! もっと前傾姿勢で腰を入れろ。腕の力を振り絞って汚れに立ち向かえ。そうでないといずれ汚れが復活しお主の健康を蝕むぞ」

 

あまりにも熱い言葉を放つ先輩・早夜子に何も言えず、再び浴槽をスポンジで磨き始める愛乃。

 

 

早夜子「なんだそのへっぴり腰は! 掃除をナメるのもほどほどにしろ!」

愛乃「えっ?」

なんで怒られてるのか意味がわからなくて困惑する愛乃。

お構いなしに早夜子はたたみかける。

 

早夜子「親の敵かのように擦るのだ」

愛乃「はい!」

 

早夜子「なぜ黙っている? うおおおおぉっと、叫ばなくてどうする」

愛乃「叫ぶ必要あります?」

 

早夜子「叫ぶことで体の奥底に秘めた力が湧き出てくるのだ。私の研究によると、うおおおおおぉっが一番力が出る」

 

さっきは「今日はたまたまだ」って言ってたくせに、今度は「叫ばなくてどうする?」と言い出し、その叫び声のイントネーションまで指導する始末。早夜子のお風呂に対する愛情が暴走してる。

 

愛乃が「うおおおおぉ」っと浴槽を磨き始めるが、愛乃のそれはまだ可愛らしい。早夜子の域には到底及ばない。

 

何度も「うおおおおぉ」の言い方を繰り返し指導する早夜子。

 

「もっとだ! 精神的全裸になれ‼︎」

しまいにはそんな訳のわからない事を言い出す。


「だめだ、だめだ。私に変われ」と遂には愛乃のスポンジを取り上げて、自分で「うおおおおぉ」っと叫び浴槽を磨く早夜子。

これにはさすがに愛乃も呆れて「馬鹿らしい」と口にして浴室から出て行った。

 

洗面所に腰を下ろしてスマホをいじりながら「先輩は悩みがなさそうでいいですね」と愛乃が言う。

その言葉に早夜子が、実は大きな悩みがあると話し始めるとCMに入る。

 

 

 

☆CM明け

 

早夜子「ボディースポンジを買い替えようと思っている。しかし新しい商品が多数あり、どれを買おうか悩んでいる」

 

愛乃「そんなの悩みじゃないですから。そんなので悩めて、風呂に入るだけで元気になれるなんて、お気楽な人生ですよね。ほんと」

 

 

たしかに早夜子の〝大きな悩み〟は、

 

「その悩みで、CMまたぐ必要あった?」

と、視聴者目線によるツッコミもやりたくもなるような内容だった。

 

 

 

ここで今回の読むドラマとしての振り返りは終わりとする。

 

このあと、愛乃が彼氏にフラれたことを打ち明ける。

彼氏との事をいつもあっけらかんと話していた愛乃でも、フラれたことは相当にショックだったようで、後半ではつよがることをやめ涙を流す愛乃にもらい泣きしてしまった。

 

今回の『ふろがーる』は泣ける⁉︎

 

 

クライマックスの入浴シーンを愛乃がやるというのもまた新鮮だった。

出演者が二人しかいなくて、舞台が早夜子の部屋か浴室という極めて限られた設定で。

よくもまあ毎回、こんなに感動のストーリーを描けるもんだなって、そっちの方でも感動してしまう。

 

この先はどんなストーリーが展開されるんだろうね。

期待は高まるばかり。

 

 

 

 

そんな『ふろがーる!』の、

次回、第5話は8/12 (水) 放送済み

 

 

 

 

まだ観てない方は、

見逃し配信等でご視聴ください!

 

 

 

〈おしまい〉

 

 

 

【番組後記】

 

またしてもやってしまった!

定時更新できず! 

 

本当はいつもより1時間前倒しで『ふろがーる!』第5話放送前の深夜0時に更新する予定にしてたのに。

 

この体たらくには自分でもあきれてしまってる。

何度も「反省します」って謝ってきたけど、その反省が見えないんで、ちょっと別の方法を考えます。できる限り近いうちに。

 

それと今回記事の中で、早夜子の劇中の台詞に「笑止千万」という言葉があって、その文字を打ってたら予測変換機能がトップに「少子10000000」を進めてきた。

 

こんなワード、いつ使うんよ!

しかもこれって「しょうし いっせんまん」って読むんだよね。

ボキャブってんじゃないよ!

 

予測変換機能がウケ狙いすることってある?

 

それはさておき。

更新作業に入ります。ではでは。

 

 

 

 



 

 

[本日のデータ]

SS画像 4点 約4500字

 

〈次回お楽しみに〉