カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

読むドラマ □ case52 『私の家政夫ナギサさん』第6話【訳あって前編】

 

f:id:gklucky:20200816164922p:plain

□TBSテレビ『私の家政夫ナギサさん

 2020年7月7日(火) スタート!

毎週火曜 22:00〜

記事は8月11日(火) 放送の第6話より

 

 

【基本的に全編ネタバレ】

 

 

 

『カステラ書房の毎日』

「読むドラマ」50回達成‼︎ 

ぱんぱかぱーん! パチパチパチ⁉︎

おかげさまで、読むドラマシリーズが記念すべき50回を達成することができました!

皆さま、本当にありがとうございます。

 

今後はまずは100回を目指して頑張っていきます! 応援よろしく。

 

これからも変わらず毎日深夜1時更新!

たまに。ごくたまに、深夜1時に更新出来なかった時は、その日のカステラタイム / 午後3時などに更新します。毎日更新というのは絶対!

 

 

 今回の振り返り度 ★★

星2つ。流れは振り返ってるけど、省いてる箇所も結構ある。でも基本的にはドラマを先に観てからの方が良いでしょう。

 

生意気なことを言うと。

連続ドラマの視聴、途中離脱者を減らしたい。

生意気でした! すいません。

 

まだ観たことない人には、これを読んで「なんだか面白そう」と、ドラマを観てもらえたなら、やってる甲斐があるってもんだ。そこも目指したい!

 

 そうそう、 読むドラマとは

一緒にやいのやいの言いながらドラマを見る感覚で読んで楽しめる、ダイヤ乱れまくりの脱線トークバラエティーである

 

 




ここで令和きってのドラマウォッチャー・阿倍カステラが、大胆にも言います!

 この『私の家政夫ナギサさんは、今期No.1のドラマです。

 

それが関係してるのかは定かでは無いけど、第6話の回を前後編に分けてお送りします。

たっぷりとお楽しみください。

 

 



☆第4〜5話の回はこちら

castella-a.hatenablog.com

castella-a.hatenablog.com

 

 




 

『私の家政夫ナギサさん』第6話【訳あって前編】

業界最大手のソルマーレ製薬でMR(医薬情報担当者)をやっていたという鴫野ナギサ(大森南朋)の、過去の職歴を知った相原メイ(多部未華子)。



メイ(心の声)「ナギサさんて、ほんとうに何者?」


メイ「しかもソルマーレ製薬って、敵じゃないですか?」

ナギサ「確かにメイさんのライバル会社ですが、私は5年前に辞めておりますから」


メイ「なんで辞めちゃったんですか?」

ナギサ「あ、昔の話ですから」



f:id:gklucky:20200816233933p:plain

「またゼロ回答! なんで?」(心の声)


怖いって! 多部未華子さんはかわいいからいいんだけど。その表情で、その目で睨んだら怖いよ。

 

ナギサさんが帰った後、メイはもう一度ナギサさんの履歴書を眺める。

メイ(心の声)「ナギサさんは秘密主義だ。家政夫として必要な事は答えてくれるけど、自分の事は何も話してくれない」

 

メイ(独り言)「ソルマーレ製薬を辞めるとは、何があった? しかもなんで家政夫さんに」

 

「私は小さい頃、お母さんになりたかったんです」と語っていたナギサさんの事を思い返す。

 

メイ(独り言)「お母さん、って、どういう意味なんだろう?」

 

 

 

 

 

◇どこかの居酒屋

 

生ビールを飲むナギサさんが、この店に一緒に訪れていた同僚の女性のことを思い返している。最初は何も語らなかったナギサさん。そのことを知る術もなかったけど。徐々にその態度や言動に、その女性との過去が関係している事が見えきてる。

 

ここらへんがドラマ中盤のポイントになってきそう。

 

 

 

 

 

天保山製薬

 

今週から1on1ミーティングを実施していくと会議で告げる横浜支店・支店長 古藤深雪(富田靖子)。

 

1on1ミーティングとは、「上司と部下が一対一で2週間に1度、30分程度対話を行うものです」と説明する古藤支店長。

それは「面談」とは違い「基本的にお話ししてもらうのはあなた達で、上司は聞き役に徹します」

それを「傾聴」という。と続ける。「内容についても議論をしないし、コーチングもしない。お話のテーマは何でもよくて、例えば普段悩んでいることとか趣味の話でもいいの」

 

その内容はなんでもよくて、内容よりも「話をしている間に自分の中に気づきを見つけたり、会社に対する心理的安全性を得ることが目的なの」

 

その1on1ミーティングの聞き役にはメイが任命された。

 

「相原さんが聞き役って我慢できるんですか?」と瀬川遙人(眞栄田 郷敦)。

 

 

f:id:gklucky:20200816162735p:plain

「どういうこと?」

 

ものすごい勢いで振り返ってからの、この睨みだからね。瀬川遙人は免疫があるからいいけど、そうじゃない人だったら…。

 

「相原ってほら、我慢できなくてすぐ議論したり、先に答え言っちゃうだろ?」と堀江耕介(岡部大・ハナコ

 

心当たりがあるメイは一瞬うろたえるが思い直して、「言いません!」と突っぱねた。

 

 

 

 ◇書店

 

さっそく書店で「1on1ミーティング」についての書籍を手に取るメイ。仕事に関する予習に余念がない。

 

「共感することで相手の話をさらに引き出す」とその本を音読して、何かをひらめく。

「あっ! そうだ」とニヤリ。

 

 

 

 

◇メイのマンション

 

帰るなり即行でメイは作戦に出る。書店で購入した「1on1ミーティング」の本を手に「あ〜、これも勉強しないとな〜」と、キッチンに立つナギサさんを横目でチラリ。

 

「時間ないのにできるかな〜」とまたチラリ。

ナギサさんに聞こえるようにさっきより声のボリュームを上げてる。独り言には不釣り合いな音量。

 

それでもナギサさんが気づいてないと思い、さらに大げさに頭に手を当てるアクションまで付けて「あ〜、でもやるしかないかあ〜」

 

これにはナギサさんもたまらず、「あ、また何か新しいお仕事ですか?」とメイに声をかける。

 

メイ(心の声)「きたっ!」

 

待ってました! とばかりに「あの、お願いがあるんですけど」と、メイは作戦を開始する。

 

メイ「これから会社で〝1on1〟っていう一対一のミーティングが始まるんですよ。私はみんなの聞き役に徹しなきゃいけないんですけど、性格的にすぐしゃべってしまいそうで」

 

ナギサ「そうですね」

 

 

f:id:gklucky:20200816171747p:plain

「そうですね?」

 

そんな驚いた顔しなくても、会社の人たちと同じようにみんな知ってるよ。

 


メイ「リーダーとしてちゃんと周りの話を聞くスキルを身に付けたいので、練習に付き合って欲しいんです」

ナギサ「わかりました。そういうことなら」

 

家政夫としての業務からは逸脱してる気がしてならないけど、ナギサさんは承諾してくれた。

メイも表向きもっともらしい事言ってるけど、それは不純な動機によるもの。

 

メイ(心の声)「よしっ、秘密を全部暴き出すぞ!」

気合いを入れるメイ。やっぱり仕事は関係ないみたい。

 

f:id:gklucky:20200816173421p:plain

「相原メイ 行きまーす!」(心の声)

 

気合い虚しくメイの〝1on1ミーティング練習作戦〟は空振りに終わる。

古藤支店長からも説明を受けたし本も読んだはずなのに、相手の話に耳を傾けるどころかナギサさんを質問責めにしたメイ。みんなが思った通りじゃん。

だがナギサさんはやはり過去の事は話さなかった。

 

 

そろそろ夕食にしようかと準備をしてるナギサさん。そこへ、母・美登里(草刈民代)と妹・福田唯(趣里)が訪れて一緒に夕食することになる。なにやら最初っからそれが目的だったみたい。

 

 

メイのマンションから、母・美登里と唯とナギサさんの三人が一緒に帰る。マンションを出たところで三人は田所優太(瀬戸康史)と鉢合わせ、お互いに軽く挨拶を交わす。ナギサさんを除いて。

メイの父親ということになっているナギサさんに、不信感を抱く田所。

 

 

 

みんなが帰った後もメイは「1on1ミーティング」の本を読んでる。

「はあ〜。どうすればナギサさんを攻略できるのか」と独り言。もうすっかり仕事のことは忘れている。

 

一旦、「1on1ミーティング」の本を置き、漫画『北斗の拳』を読み始め、その中でケンシロウが口にしてる「執念」という言葉に引っかかり、

 

 

f:id:gklucky:20200816180911p:plain

「執念か」

自分に言い聞かせるようにつぶやくメイ

 

凄まじい表情で『北斗の拳』を読んでる。それよりも今は、買ってきた「1on1ミーティング」の本を読みなさいよってば。ナギサさんの過去を知るために執念を燃やさなくていいから。

 

 

 

 

 

天保山製薬

 

さっそく1on1ミーティングが実施されてる。

大好きな2.5次元ミュージカル『ハイキュー‼︎』について熱く語る天馬あかり(若月佑美)を相手に、

 

メイ(心の声)「ん? 話を聞くって案外難しい。でもきっとこれがナギサさんの話を引き出す訓練にもなるはず」

 

仕事よりもナギサさんへの興味が上回ってきてるよ。

 

 

 

 

 

◇外回り中 社用車の中

 

車の中で休憩をしてるメイと瀬川遙人。

メイ「あ〜疲れた〜」

遙人「30分ノンストップで恋バナはきついですね」

メイ「あっちのお姉ちゃん、お嫁に取られちゃうかもよ」


 

前回(第5話)、医師・肥後菊之助宮尾俊太郎)に結婚を前提にと告白されたメイのことを遙人は「なんか姉ちゃんが嫁に行くみたいな」感じで複雑だと口にした。


 

遙人「いやぁ、別にあっちはいいです」

メイ「え〜、そうなの?」


遙人「でも、こっちは。あ、相原さんはなんか気になるっていうか。なんですかね、たまにこの辺がそわ〜ってするんです」

胸に手を当てる遙人。

 

メイ「大丈夫? どっか悪いんじゃないの?」

遙人「恋じゃないですかね?」

 

 

f:id:gklucky:20200816183927p:plain

「はあっ?」


めっちゃ声でかい!

 

遙人「こんなことを本人に聞くのはおかしいと思うんですけど」

メイ「やめてよ、違うでしょ」

 

遙人「でもなんか変なんです。相原さんのことをもっと知りたくなって、気づいたら名前で検索してるんです」

 

メイ「キモっ! それはさ、いつも一緒にいるのに、よく考えたらこの人のことあんまり知らないなあ、とか。単純にそう思ったってことでしょ。相手には自分のだめなところいっぱい知られているのに、自分は相手のことを何も知らなくてずるい。とかさ、そういうことでしょ」

 

遙人「それは恋じゃないんですか?」

 

遙人の直球による問いかけにメイの脳裏に一瞬ナギサさんの顔が浮かぶ。

「いや…」と言いかけて、「ないないない」と小声で自分に言い聞かせるようにつぶやき、

 

メイ「ない! 違うよ」

遙人「なんだ、違うのか」

 


本人に「恋じゃないですかね?」と聞く大胆さがありながら、「違うよ」と言われすぐに引き下がる遙人。イマドキ男子ってこんなタイプが多いのかな?

 

 

そんな話をしていると田所が姿を見せる。昨夜お菓子のおすそ分けをもらっていたメイが、お礼を言いに田所の車に駆け寄る。

 

「少し話せますか?」と田所に言われ、車に乗り込む前に遙人へこのジェスチャー

 

 

f:id:gklucky:20200816190151p:plain

遙人「ステイ?」

なんとか伝わったみたい

 

 

車の中で田所には、父親だと嘘をついているナギサさんについていくつか質問される。

メイは必死にごまかして、次のアポがあるからとすぐに退散する。

その後ろ姿を眺めながら「絶対何か隠してる」とつぶやく田所。

 

 

 

 

買い物帰りにメイは偶然ナギサさんを見つけ尾行をする。

仕事中はできる女的に割とクールにこなしてるのに、こんなことしてる時のメイって愛敬があってほんと面白い。

 

でもすぐにナギサさんに見つかるが、メイはお腹が空いて動けないというアンパンマンでしか聞いたことないようなことを言って、ナギサさんの家に押し入る作戦に出る。

 

優しいナギサさんはそんなメイの作戦にハマってくれて、肩を支えながら家まで連れていってくれるが、その様子を田所に見られてしまう。

 


田所(独り言)「また相原さんと、お父さん? いやいやいや、あの距離感は絶対に親子じゃない。え?なに、やっぱり歳上の恋人?」

 

二人の姿を見失わないように、田所は急に車から降りて二人を追いかけようとするが、「いやいや、何やってんだ。そんなこと知ってどうする? たとえあの二人が親子じゃないとしても、俺に何の関係がある? ストーカーじゃあるまいし」と、めちゃめちゃ長い独り言を言って気を落ち着かせて車に戻ろうとするが、再び振り返り、


 

f:id:gklucky:20200816224332p:plain

「気になる〜」


 

田所さんってこんなキャラだったっけ?

ちょいちょいコミカルな面を見せてくる田所さん。だんだんこのお茶目な人間性が見えてきて、それで物語も面白くなっていくんだよね。

 

 

 

 

◇ナギサさんの家の前

 

ナギサ「あ、ここです私の家。大丈夫ですか?」

メイ「はい。もうちょっと頑張れます」

お腹が空いて動けないテイでお腹に手をあてながら、病人みたいに演じてる。そのしらじらしさがおかしい。

 

ナギサさんに「じゃあ、どうぞ」と言われ、ニヤリとするメイ。

 

メイ(心の声)カサンドラの門が今、開かれる。北斗の拳 第54話です」

 

ドラマの最中に『北斗の拳』を推してくるメイ。

ナギサさんが玄関ドアに鍵を差し込むあたりからスローモーションになって、家の玄関ドアが開くまでが仰々しい。それがカサンドラの門だということか。北斗の拳知らずの筆者にはさっぱり。

 

 

 

f:id:gklucky:20200816225947p:plain

 

その玄関ドアが開かれた瞬間のメイ

 
と、前編はここまで。
後編は明日、公開予定!
 

 

〈後編へつづく〉

 

 

【番組後記】

 

コロナ禍の影響もあって、ドラマのクールが多少ズレてたりするけれど、この夏のクールのドラマNo.1は、『私の家政夫ナギサさん』だ。

まだ放送中なので現在のところだけどね。

 

今回の第6話なんて最高に面白いよ。僕は令和きってのドラマウォッチャーとして、かなりの数のドラマを視聴してるけど、そんな中でNo.1だね。

 

このあと、【後編】の記事を執筆するんでお喋りはここまでにして。ではでは。

 

 

 

 

 

 

[今回のデータ]

SS画像 10点 約5,000字

下書きプレビューはナギサさんの家に着いたあたりで途切れた。前後編に分けて正解だった。

しかも今回、文字が崩れまくる不具合が多発し、時間が余分にかかってしまった! とほほ。

 

 

〈次回お楽しみに〉