カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

読むドラマ□ 『ホクサイと飯さえあれば』八食目 友情のモチモチ羽根付き餃子 【だよね?な前編】case83

f:id:gklucky:20200916125930p:plain

オープニング ブン

「やっぱり私には無理だったんだよ。誰かと親友になるなんて」

 

MBSテレビホクサイと飯さえあれば

(2017年1月-3月放送 主演 上白石萌音

MBS  2020年7月23日 再放送スタート 

毎週木曜深夜0:59〜

記事は9月10日(木) の八食目(第8話)より

〈注〉再放送の日時は地域によってばらつきアリ

 

 

【基本的に全編ネタバレ】

 

 

2020年9月より更新時間変更!

『カステラ書房の毎日』

毎日 カステラタイム / 午後3時更新!

 その日の状況により多少変更になる場合もありますが、これまで通り毎日更新は継続します!

 

 

 

 

☆読むドラマとは?

やいのやいの言いながらドラマを見る感覚で、このドラマの面白さを一緒に語り合ってるように読んで楽しめるものである。

また、トークバラエティー番組っぽくやってるつもり(探り探り)でもある。

 

基本的にはドラマを先に観てください。

それと、ドラマを観るつもりもなかった方が、これを読むことによって「観てみよっかな」ってなってくれたら最高! なので、地味にそこも目指してる。

 

 

 

 

☆過去記事、六〜七食目はこちら 

castella-a.hatenablog.com

castella-a.hatenablog.com

 



 

 

ホクサイと飯さえあれば』八食目

 

 

さて、今話でラストかあ(感慨深い)。

これで聞き納めとなる、毎度お馴染みのホクサイの語りから始めましょう。

 


「人見知りで話しベタ。ただし料理にはやたらこだわりのある女子大生・山田ブン。

上京し約1年が経過し、今では友人・ジュンの恋のアシストをするまでに成長した彼女の周辺はようやく女子大生らしい華やぎを見せたかに思えたのだが…。

彼女が何かに気づく時、そこには必ず拙者・ホクサイと飯があるのでござる」

 

 


 

◇ブンの家 台所

 

「強力粉〜と薄力粉〜♪ 熱湯お塩を加えたら〜♩ まとめてもちもちこねましょう〜♫」

 

「朝っぱらからポップなチューンでアゲアゲでござるな」とホクサイに突っ込まれる〝ブン〟こと山田文子(上白石萌音)。

即席で歌ったとは思えない完成度の歌を口ずさみ生地をこねてる。上白石萌音さんのCDにボーナストラックとして入れて欲しいくらいの良い歌だ。



 

ブンが何を作ってるかというと、

ブン「山田家6人分の幸せのタネなのでーす!」

 

ホクサイ「ということは」

ブン「今夜、我が家にて第19回チキチキ餃子大会を開催いたします」

 

ホクサイ「なんと! 山田家総出で上京してくるとな」

ブン「うん。そうなので〜す」

 

めちゃめちゃうれしそうなブン。


餃子の皮の生地の仕込みはこれにて完了。

 

 

 



 

◇千住大学

 

ブンがキャンパス内のカフェに立ち寄ると〝ジュン〟こと有川絢子(池田エライザ)がいる。ジュンはどうやら機嫌が悪そう。

 

 

ジュン「ブンちゃん、私に隠してることあるよね?」

 

ブン「もしかして? じゃん! 山田家第19回チキチキ餃子大会…」

テンションアゲアゲで発表してる最中のブンに、二つ折りにした紙を渡すジュン。

 

ブンはその紙を開く。

それがこれ。いつかのやつね。

 

 

f:id:gklucky:20200916120343p:plain

ブン「ん? これ、前に私が書いたスケッチ」


ジュン「それ、ロウちゃんだよね」

ブン「え?」

ホクサイ「ロウちゃ…」

 

 

 

ブン「あーーっ!」

ホクサイ「あーーっ!」

 

ホクサイ「河原で出会ったさえないジャージ男とロウちゃんが、ま、ま、まさかの同一人物⁇」

 

 

 

ブン「あの時の人って。ロウちゃんさんだったんだ」

 

ジュン「前から知り合いだったんだね」

 

ブン「知り合いっていうか。たまたま土手にいて、スケッチのモデルをお願いしたことがある」

 

ジュン「どうして隠してたの」

 

 

f:id:gklucky:20200916122424p:plain

ブン「隠してたも何も。今、ジュンちゃんに言われて初めて、ロウちゃんさんがあの人だって気づいたから」

 

ジュン「そんなの嘘だよ。こんなイケメン覚えてないわけないじゃん」

 

 

ホクサイ「今、さりげにノロケたでござる」

 

ジュン「ブンちゃん。私に嘘ついてたんだ」

 

ブン「私、ほんとうに」

ジュン「私、ブンちゃんのこと親友だと思ってたけど。違ったみたいだね」

 

立ち去るジュン。呆然と立ち尽くすブン。

 

 

ホクサイ「ブン! ここは追いかける場面でござるぞ。ブン!」

 
 
 
 
 

◇ブンの家

 

ホクサイ「どうしてああいう大事な場面で黙りこくるでござるかな?」

 

ブン「何を言っても信じてもらえなそうだったから」

ホクサイ「落ち着いて話せばちゃんと伝わるでござる。男がらみのいざこざは放置するとこじれるでござるよ」

 

 

ホクサイのアドバイスも聞かず、ブンは餃子大会の準備を始める。

 

ホクサイ「そんなことより今はジュンちゃんの誤解をとくのが先でござろう」

 

ブン「やっぱり、私には無理だったんだよ。誰かと親友になるなんて」(冒頭の画像)

ホクサイ「この後に及んでまだそんなこと言うでござるか」

 

 

 

ブン「いいの! 私にはホクサイと飯さえあれば。ほんとうにそうでござるからね」

 

 

いつものオープニング前の決め台詞、「ほんとうにそうでござるか?」をブンに封じられたホクサイが、テーブルの上でコテンと倒れる。

 


なに? この違和感

最終話での異変⁉︎



 

そのままオープニングとなり、OP曲、HY『HAPPY』が流れる。

 

 

 

 

 

 

八食目

友情のモチモチ羽根付き餃子

 

 


◇ブンの家


「えーーっ!」

お母さんからの電話に驚くブン。父が階段を踏み外し骨折したため上京を取りやめたとの連絡。

 

 

ブン「もう、大量の餃子仕込んじゃったよ〜」

 

骨折したお父さんよりも仕込んだ餃子が気がかりなブン。お母さんからはエンジョイキャンパスライフのチャンスだと、お友達誘って餃子パーティーをやりなさいと提案される。毎度ながら娘に〝エンジョイキャンパスライフ〟を送ってほしいと願うお母さん。

 

 

ブン「餃子大会中止だって」

 

いつものように話かけるがホクサイの返事はない。

 

ブン「ねえ、聞いてる? そうですか、だんまりですか。いいよ、私ももうしゃべんないから」

 

拗ねてそっぽを向くブンだが、「チラッ」と擬音を口に出してホクサイを見る。さらには「え〜い、こうしてやる〜」とホクサイにくすぐり攻撃を仕掛ける。

 

 

 

f:id:gklucky:20200916132727p:plain

「どうだ どうだ どうだ」

 
 

そこへ「なにやってんの?」とナギ(桜田ひより)が登場する。

 

ブン「ホクサイ。なんか、急にしゃべんなくなっちゃった」

 

ナギ「ホクサイって、あのぬいぐるみ?」

 

ブン「ぬいぐるみ?って。ナギくんから理由を聞き出してくれないかな?」

ナギ「ブン!(ブンの両肩に手を当てる)しっかりしろよ。ぬいぐるみはしゃべんないから」

 

ブン「そういう冗談いいから」

ナギ「それはこっちのセリフだよ。なんかうまいもん食わせてもらおうと思ってきたのに。帰るわ」

 

ブン「え? ちょっと待ってよ」

ナギ「ブン、疲れてんだろ。今日はもう寝ろ。じゃあな」

そのまま帰ってしまう。

 

 

 

 

ブン「ナギくん、なに言ってるんだろうね。自分だってホクサイといろいろしゃべってたくせに。ねえ」

 

ホクサイにしゃべりかけるが無言のまま。

 

 

 

ブン「あっ、わかった! ナギくんと2人で私のことからかってるんでしょ。あ〜もう、そういうの引っかかりませんよーだ。ホクサイはただのぬいぐるみじゃないってことはジュンちゃんに聞けばわか…」

 

ジュンに連絡を取ろうとするブンの手が止まる。

 

ブン「え? こういうのやめよう。ホクサイ。いい加減怒るよ」

 

テーブルの上で転げたままのホクサイをきちんと座らせるが、ブンが手を離すとまたコテンと倒れる。

 

 

f:id:gklucky:20200916134705p:plain

「嘘 だよね?」

 




◇どこかのカフェ

 

パンケーキを食べにきたジュンと、〝ロウちゃん〟こと柑田川永太郎(前田公輝)。

 

柑田川「今日は彼女こないの?」

ジュン「えっ?」

 

柑田川「いつも一緒にいるからさ」

ジュン「別にいつもじゃないし。あのさ、ロウちゃん。ロウちゃんが好きなのって、しっとり系じゃなくてふわふわ系だった?」

 

柑田川「えっ?」

 

明らかに柑田川はふわふわ系=ブンを連想して驚いているが、ジュンが聞いたのはパンケーキについての事。動揺する柑田川を見て何かを思うジュン。

 






 

◇ブンの家 台所

 

しゃべらなくなったホクサイを抱きかかえながら、餃子大会中止に伴う問題についてブンが一人二役で話し合ってる。

 

 

 

ブン「私、けっこう包むの上手いんだよ。ほら、ね?」

 

餃子の包み方のコツを一人で解説するブン。作業をしてる手が止まる。

 

 

ブン「おかしいなあ」

 

 

f:id:gklucky:20200916141214p:plain

「全然 魔法きかないみたい」

 

ブン「私、魔法がなくなったら何の取り柄もなくなっちゃう」

 

ホクサイを抱きしめながら「ジュンちゃん、餃子好きかな?」とつぶやく。ブンは事あるごとにジュンを思い出す。

 

 

 

 

 

 

 

◇再び どこかのカフェ

 

ジュンはジュンで、ブンとのことが気になって食欲がなくなってる。あのジュンがパンケーキ食べ残してる⁉︎

 

柑田川にも、「お前がパンケーキ残すなんてめずらしいな」と言われてる。

 

 

f:id:gklucky:20200916142603p:plain

ジュン「前はもっと美味しかったはずなんだけどな」

 

ブンと一緒に食べに来た日のことをスマホで画像を見ながら思い返すジュン。

 
 
 

今話はこれまでと違くて、話がちょっと重たい感じ。

恋の三角関係はこじれ、ホクサイがしゃべらなくなるというその状況からこの先どう展開するのか? 後半にますます期待がかかる。

 

ということで、今回はここまで。

やはり一記事分では無理でした。30分枠のドラマとしては異例の二部構成に変更!

 

【後編】へ、続きます!

 

 

 

 

〈おしまい〉

 

 

【番組後記】

こちらも後編にて。

 

 

〈次回お楽しみに〉