カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

令和きってのドラマウォッチャーらしく


阿倍カステラ 心の病気(うつ病)により、現在執筆リタイヤ中



先日から太字でオープンにすることにした。

これまで「読むドラマ シリーズ」とか「阿倍カステラのテレビ買ってよ」などの記事を毎日のように公開してたから、その流れで見にきてくれた人が最近の〝病んでる〟内容をみたら驚くかもしれないって。


こうなったらいっそ、そんなマイナス面をオープンにして、以前のように執筆ができるまでに回復を目指し頑張っている様子をここに記したい。




そんな阿倍カステラの独り言。

今回もドラマ視聴日記のみで失礼します。ではでは。





☆阿倍カステラのドラマ視聴日記 11月21日(土) 編



TBSテレビ『恋する母たち』(主演 木村佳乃)第5話


★主役の三人の母、元夫含むその旦那さん三人。さらにその子どもたち。各キャストが「展開するよね〜」

主要キャストが行きつけにしてるBAR。ドラマってBARにかぎらず行きつけのお店で主要キャストがバッタリ合うって展開は多いけど。斉木巧(小泉孝太郎)、今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)、赤坂剛(磯村勇斗)の三人がそのBARのカウンターにそれぞれ1人で座ってて、偶然にも会話するって確率ってどのくらいあんの! って思う。ドラマではあたりまえのようにあるよね。




フジテレビ『ルパンの娘』(主演 深田恭子)第6話


★前回シリーズをほとんど見てないので劇中突然、円城寺輝(大貫勇輔)が登場しミュージカル調になるシーンがあんまり意味わかってなかった。

それでも毎話、普通におもしろがって観てた。でも今話は参ったね。三雲華(深田恭子)の娘・杏が参加することにより三雲家のみんなと桜庭和馬(瀬戸康史)が一緒になって歌い踊る姿には笑ってしまった。ここまで突きつめてやられると感動すら覚えるよね。




テレビ東京『猫』(主演 小西桜子)第2話


テレビ東京『ふろがーる!』(主演 桜井日奈子 2020年7月-8月)から注目している小西桜子さんのドラマ。

もう一話分観てから感想を語りたい。現時点でもいいドラマなって思ってる。




テレビ東京『あのコの夢を見たんです』(ヒロイン 白石聖)第8話


★いやあ〜白石聖さんって美人だなって思うから、そういう観点から見入ってしまう回。

なんの因果かいつもの喫茶店山里亮太(仲野大賀)が妄想に入る前のシーンに東海テレビ恐怖新聞(主演 白石聖 2020年8月-10月)で共演してた坂口涼太郎さんが出演してた。




テレビ東京『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(主演 赤楚衛ニ)第7話


★テーマは好みではないけど、心理描写とかが繊細でよく伝わってくるのでのめり込まれてしまう。今話なんて〝魔法〟そっちのけで純粋に安達清(赤楚衛ニ)と黒沢優一(町田啓太)のラブストーリーになってたよね。




MBSテレビ『社内マリッジハニー』(主演 板垣瑞生)第2話


★〝あざと女子〟と〝ドS男子〟による少女漫画的ないかにもっていうドラマ。




日本テレビ『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』(主演 波瑠)第6話


★もう解決したのかって思ってたら、まだ「檸檬さん」「草モチさん」を続けてて、話はなかなか展開しないドラマ。でもね、展開すればいいってわけじゃないからね。ゆっくりと丁寧に描いてるところがここちよい。

中盤で波瑠さんが青林風一(松下洸平)に思いを伝えるシーンでの、マスクをしたままなのでほとんど目だけで感情を表現する演技に心惹かれた。キョロキョロしてるように黒眼を動かすんだけど、視線を動かじてるんじゃなくて〝心の中〟〝頭の中〟でどう思いどう考えてるかが、こちら側に伝わってくる感じの演技。




読売テレビ『チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』(主演 本田翼 2019年10月-12月)第6話


★放送当時に全話視聴してるんだけど、第7・8話に福本莉子さんが出演してるのでまずアイドリングとして第6話を観た。放送当時はね、福本莉子さんに注目してなかったんで、どんな役だったか覚えてないんで。今回はしっかり観たい。

ももクロのエンディング曲『stay gold』もお気に入り。




日本テレビ『35歳の少女』(主演 柴咲コウ)第6話




フジテレビ『ラブホの上野さん season2』(主演 本郷奏多 2017年10月-12月)第8話




フジテレビ『あの子が生まれる‥』(主演 森田望智)第5話




以上、11番組でした。



週に23本のドラマを視聴すると言ってたナイツの塙さんに対抗するわけじゃないけど、今日は11本のドラマを観て今週の合計は33本となった。


だいぶ前に数えたときには40本前後だったと思うけど、それでもしっかりと〝令和きってのドラマウォッチャー〟としてやるべきことはやってます。