カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

ダイレクトに楽しみがふえるね

阿倍カステラ 心の病気(うつ病)により、現在執筆リタイヤ中



これまで「読むドラマ シリーズ」とか「阿倍カステラのテレビ買ってよ」などの記事を毎日のように公開してたから、その流れで見にきてくれた人が最近の〝病んでる〟内容をみたら驚くかもしれないって理由で、冒頭太字の大文字でカミングアウトすることにした。


こうなったらいっそ、そんなマイナス面をオープンにして、以前のように執筆ができるまでに回復を目指し頑張っている様子をここに記したい。

何かを書きたいという気持ちはあるんだけど、文章を書き続けることができなくなってしまってる。


そんな阿倍カステラの独り言。


かろうじて、ドラマの視聴は継続してるんで。

今回もドラマ視聴日記のみで失礼します。ではでは。






☆阿倍カステラのドラマ視聴日記 1月21日(木) 編



テレビ東京ゆるキャン△(主演 福原遥 2020年)第3話




ABEMAビデオ『知ってるワイフ』韓国版 第1話


★普段は韓国ドラマを一切見ないんだけど、現在放送中のフジテレビ『知ってるワイフ』は結構気に入ってるんで、本家韓国版はどんなもんなんだろうって興味本位で視聴してみた。全22話のようなんで日本版の約2倍の長さがあるため、第1話ではタイムスリップは無かった。なので、どうやってそこに行き着くのかはわからないけど、夫婦ゲンカのリアルさとかは迫力があった。続けて観てみようって気にはなった。



以上、本日は2番組でした。



現在は本日スタートのテレビ朝日『にじいろカルテ』(主演 高畑充希)第1話を試聴中。

見終わってからじゃこのブログが間に合いそうになかったんで、一時中断して書いてる。

今のところ、イメージ通りで高畑充希さんの息づかいが伝わってくるような心地良さがあって良さそうな感じ。


前作『同期のサクラ』(2019年)が奇抜な役だったからね。今回は病いは患っているものの等身大な役っぽいんで、一先ず安心して観られる。



で、続けて『知ってるワイフ』第3話を試聴することになるでしょう。日本版のね。



好きなドラマがふえるとダイレクトに楽しみがふえるね。