カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

『監察医朝顔』第16話 🟧 カステラドラマアワード2021〝weekly〟賞 ノミネート! | 読むドラマ□Flash case116

f:id:gklucky:20210307074513p:plain

f:id:gklucky:20210307074539j:plain

 

Castella Drama Award 2021

 

 

瞬間最高感動シーン〝weekly〟賞

ノミネートシーン発表

対象 【3月第1週】 2月28日(日)〜3月7日(土)までに放送されたテレビドラマ(インターネット配信も含む)

 

 

 

🟧『監察医朝顔』3月1日(月)放送 第16話

 

 

おかげさまでだいぶ盛り上がりつつある「カステラドラマアワード2021」

詳しい話は後半に回すとして、さっそく発表していきたい。

 

 

 

 

フジテレビ『監察医朝顔

 2020年11月2日(月) スタート!

 毎週月曜 21:00〜

〈記事は3月1日(月) 放送の第16話より いろいろと引用しています〉

 




 

 

□今回は

f:id:gklucky:20210306213313j:plain

この「Flash / フラッシュ」 については、記事の最後の方で紹介してるよ

 

 

 

 

 

 (あのね、ネタバレ注意だよ)

 

 

 

🔶宮城県に住む人と万木平と朝顔が会うシーン

 

嶋田浩之(柄本明は、東日本大震災で行方不明のままの娘 万木里子(石田ひかりのものだと思って大切に保管していた〝歯〟を朝顔に預けていた。

 

苦渋の末に朝顔がその歯を鑑定に出すが、それは里子のものではなく、すぐに家族の元へ戻された。

 



その家族の一人、下井雪人が朝顔らにお礼を言った後のつづきから

 

 

 

下井雪人 野間口徹

桑原朝顔 上野樹里

万木平     時任三郎

 

折坂悠太『鶫(つぐみ)』

 

 

 

(イントロ)

 

下井「おじいさんには何てお話されたんですか?」

 

朝顔「まだ話していないんです」


「でもお母さんだって言ってあげようって、家族で決めました」

 

 

下井「そうですか?」

バックから取り出し

 

「あのう…」

小さな巾着袋を朝顔と万木平の前へ

 

 

朝顔「これ…」

 

 

 

(33:39 ここから)

 

 

下井「万木さんに、しばらくお預けします」

 

 

万木「いや、そんなわけには…」

 

下井「もちろん差し上げるわけにはいきませんが」

 

「おじさんに話される時、きっと手元にあったほうがいいんじゃないですか」

 

「ずっと遺体の見つからない悔しさ僕にはわかります。そして、見つかったときにどれほど嬉しいか」

「最初に歯が見つかった時、そんな小さなものが見つかってもって思いました。でも…」

 

 

「涙が出ましたね」

 

 

f:id:gklucky:20210307080551p:plain

 

「お帰りって言いましたよ」

 

 

「祖母も5年前に亡くなりました。会わせてあげたかったな…」

 

 

 

 

f:id:gklucky:20210307080629p:plain

□黙って聴いている朝顔

 

 

下井「祖母は本当に優しい人でした。怒ったとこ見たこともありませんし。ほんとに…優しい人だったんです」

 

 

「祖母もそうしてあげなさいって言ってくれると思うんで」

 

 

 

無言で頭を下げる朝顔

 

 

 

テーマがテーマだけに、誰しもが涙してしまうシーンだとは思う。

「お母さんのものだと言ってあげようー」としていた朝顔が、それで本当にいいのかを考えるきっかけになった。

 

朝顔は感情をあまり顔に出さないキャラクターなんだけど、下井さんの話を聞いてる時の表情もまた、さりげなくも引き込まれる不思議な朝顔らしい表情を見せていた。

 

 

それにバックで流れる折坂悠太『鶫(つぐみ)』が、無条件に涙を誘うからね。

 

涙なしでは観ることができない感動シーンだった。

 




✳️ 『朝顔』『鶫』を唄う折坂悠太さん

orisakayuta.jp

 


 

 

 



🔶『監察医朝顔』に三枝弘樹が⁉︎



□『青のSP』から出張?


 そして、触れておかなくちゃならない話題がある。



それは今回紹介した『監察医朝顔第16話に、『青のSP ー学校内警察・嶋田隆平 ー』の三枝弘樹(山田裕貴)が出演してるのよ。



神奈川県警に訪れていた三枝さん。変な男に職務質問したら桑原(風間俊介)にしか話さないという事で連れてきたという流れ。



桑原さんに会う直前まで、三枝さんは嶋田さんと電話で話してるという演出まで付いてた。



〝局の垣根を超えて〟なんてネットニュースに踊ってたけど、『青のSP』を放送してるカンテレ(関西テレビ)はフジテレビ系列の準キー局だからね。不思議はない。



まあ形式的には局の垣根は超えてるか。こういうのって結構おもしろいね。それだけで注目してしまう。











f:id:gklucky:20210307082713j:plain




【3月第1週】ノミネート!

 

 その作品を一つ紹介するに留まった。

 

本来ならノミネートシーン3〜4作品分を一挙に掲載する予定にしてたんだけどね。

 

でもそれだと、かなりの文字数かつ情報量になりそうなので断念!

実際にやってみてわかる事ってあるね。

 

今後はダイジェスト的な方法で紹介できないだろうかと、企画しているところでもある。

 

 


さて、大注目の発表は今夜!

 

 

 



 

 まず、その前に

🟧これまでの〝weekly〟賞 振り返り!

 

 

 2月初旬からぼちぼちとスタートした「瞬間最高感動シーン〝weekly〟賞」を振り返り!

 

まだ読んでいない方はどうぞ ♬

 

 

 

 

【2月第2週】

対象期間 2月7日(日)〜13日(土)

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

【2月第3週】

対象期間 2月14日(日)〜20日(土)

こちらは【後編】対象シーンは【前編】にあり!

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

【2月第4週】

対象期間 2月21日(日)〜27日(土)

 

 

 

 

 

f:id:gklucky:20210303182146j:plain

f:id:gklucky:20210302120145j:plain

 

 「読むドラマ□Flash」とは?

 

下記で説明してる「Rebo」の〝増刊号〟的な扱いのやつ。

元々は「読むドラマ□Rebo【Flash】」としてスタートさせたんだけど、タイトルが長ったらしいので短縮したんだよ。

 

 

 

じゃあ、「読むドラマ□Rebo」とは?

 

 

週に30本近く、月に100本以上をチェックしている信頼と実績(?)の〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラがお送りする、テレビドラマを読んで楽しむエンターテイメントコラム

 

 

 

f:id:gklucky:20210302115518j:plain

【重要】先にドラマを観ることをおすすめしてます

 

 

 




🟧【編集後記】


Castella Drama Award 2021」今春本格スタートするために着々と準備をすすめているんだけど。


有難いことに助走段階でけっこう注目されてきて、『カステラ書房の毎日』の「注目記事ランキング」でも、カステラドラマアワード関連の記事が上位を占めてる。



この3月中にいろんな事をじゃんじゃん試しながら、PDCAぶん回して4月に向かいたい。



2021年春にスタートさせて、2023年にはアワードに選んだドラマや出演者の方々にカステラを贈りたい。カステラメーカー様にスポンサーになってもらってね。


それまでの約2年間。

しっかりとカステラを積み上げていこう。


応援よろしくお願いします!







ごらんの記事は

『カステラ書房の毎日』がお送りしました〜♬


f:id:gklucky:20210307092818j:plain 

「したむきちゃん」阿倍カステラ©️