カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

『RISKY』第1話 🟥 萩原みのりvs山下リオ 春ドラマいちばん祭り【前編】 | 読むドラマ□Rebo case136

f:id:gklucky:20210326114022p:plain

f:id:gklucky:20210326115641j:plain

 

萩原みのりさん

地上波 連続ドラマ初主演

 

 

 

MBS毎日放送『RISKY

 2021年3月25日(木) スタート!

毎週木曜 深夜 0:59〜

「ドラマ特区」枠

 

〈記事では3月25日(木) 放送の第1話より いろいろと引用しています〉

 

 

 

🟧 春ドラマいちばん祭り!

 

 このドラマの予告を見た時、なんだか

 読売テレビ『ギルティ〜この恋は罪ですか?〜』(主演 新川優愛 2020年4月-8月放送)っぽいなあってのが第一印象で。同時に面白そうなドラマだっていう予感もしたんだよね。

 

 

〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラとしては、テレビで放送されてるドラマ(ネット配信されているものにかぎり)はほとんど視聴してるから、予感に頼らなくとも「視聴しない」という選択肢はなかったんだけど。それでも。

 

予感的中というか何というか。

ちょっと誇らしい気分

 

 

というわけで 2021年春ドラマ(4月-6月期)の、

 読むドラマ□シリーズ 第1弾はこの『RISKY』に決めた。

 

このドラマで不足はない!

っていうか、余り有るくらいだ。

 

 

 

 

 □今回はこちら

f:id:gklucky:20210323182821p:plain

 〝読むドラマ□〟についての説明は最後の方で

 

 


 

 

せっかくオープニングトークで触れたので

✴️ 『ギルティ〜この恋は罪ですか?〜』の過去記事

castella-a.hatenablog.com

いまだにちょくちょくと見てくれる人がいるんだよね。昔の記事なのではずかしくもある。そろそろリライトしないとな。

 

 



 

(あのね、ネタバレ注意だよ)

 

 

🔶山下リオ 圧倒的 IMPACT!

 

 

□洋菓子店 杏子堂

 

「やっぱ、ここのケーキがいいなあ〜」

 

黒田美香(山下リオが同僚相手に結婚式のケーキ選び(ウエディングケーキかな?)について話してる。ここは人気だから難しいんじゃないかと同僚が言うと。

 

 

美香「ええ〜。でもここのがいいなぁ〜絶対」

 

「欲しいものは、何がなんでも手に入れたいんだよね〜」

 

 

ケーキの上の苺にフォークをぶっ刺して、その苺を見つめる一連の所作がもう、ただものではない雰囲気を醸し出してる。

 

 

 

この山下リオさんって、めちゃくちゃインパクトがあるはっきりとしたお顔してるし、とても印象に残る女優だと思うんだよね。

STARDUST - スターダストプロモーション - 山下リオのプロフィール

 


このドラマと同じ「ドラマ特区」枠で、昨年放送された

 

MBS毎日放送『ホームルーム』(主演 山田裕貴 2020年1月-3月放送)にも、妖艶な女教師 椎名恵 役で出演してたけど、そのインパクトと存在感は凄まじいものがある。(上記の役はコメディ色強い)

 

 

今作の『RISKY』なんて、もってこいのハマり役じゃないかな。「水を得た魚のよう」っていう諺はこういう時に使うんだろうよ。思いっきり活躍してもらいたいなって思う。

ドラマ開始1分足らずで、そんなことを考えてた。

 

 

 

さて、この『RISKY』の主人公 広瀬ひなたを演じるのは

 

地上波連続ドラマ初主演

となる萩原みのりさん

STARDUST - スターダストプロモーション - 萩原みのりのプロフィール

 

先頃、放送が決定した テレビ東京お茶にごす。(主演 鈴木伸之)では、ヒロイン役だし。

今後の活躍が期待される注目の若手女優かな。

 

そんな萩原みのりさんと、山下リオさんがバチバチにやり合うストーリーになるんだろうか…。

 

 

 

 

🔶ひなたと美香 FIRST CONTACT

 

 

□第2R 杏子堂 パウダールーム

 

黒田美香らの隣りの席で広瀬ひなた(萩原みのり)が、男と別れ話をしてる。

他に好きな人ができたと言うひなた に「ふざけんなよ」とグラスの水を浴びせる彼氏。

 

その水が隣りの席の美香にもかかる。ものすごい飛距離!

 

 

美香「ちょっと! 私まで濡れたじゃない!」

ひなた「すいません!大丈夫ですか?」

 

 

美香「最悪」

 

これが二人の出会いというか、初接触シーン。

 

 

 

パウダールームに移動して、濡れた服やスマホを拭く美香。

ひなたが「(スマホが)壊れてないか確認します」と番号を尋ねるが、美香は ひなたのスマホを取り上げて自分で番号を入力しかける。

 

 

問題なく美香のスマホから着信音が鳴る。一安心の美香。ひなたにとっては、これで美香の電話番号を入手できたという流れ。

 

 

やがて先ほどの修羅場の話になる。

 

美香「ダサい彼氏ね。ふふっ、しょうがないじゃない。他の人を好きになっちゃったんだから。ねぇ?」

 

 

でも自分が好きになった相手には彼女がいると ひなたが言うと、結婚してないならいいんじゃんと美香。

 

 

ひなた「でも、彼女さんに悪いですし」

美香「盗られる方が悪いんだって」

 

 

美香「ふふっ、実はね。私も今の彼氏、彼女いたんだけど…」

 

f:id:gklucky:20210326192050p:plain

「盗っちゃった」

「へへっ、ダメ?」

 

 

ひなたは、自分にはそんな事をする勇気はないと言う。美香は、服とか化粧をかえて自信をつけるようアドバイスする。

 

 

去り際に美香がひなたを煽る

「盗っちゃえ、盗っちゃえ〜」

 

 

美香がいなくなったパウダールームで、ひなたは鏡に写る自分に向かい「盗っちゃえ、盗っちゃえ」とつぶやく。

 

 

 

 

 

□桜井亨 勤務先

 

桜井亨(古川雄輝スマホに ひなたからメッセージが届き、仕事終わりに落ち合う二人。ひなたの提案により二人で食事することになる。

 

 

ひなたとの食事がすんで、亨が自宅に戻ると婚約者の美香が家に上がりこんで待っている。

 

 

「誰と一緒に行ってたのかなあ〜?」と、お酒の匂いをさせて帰宅した亨のネクタイを引っ張り、自分の方へ引き寄せて強引にキスをする。

 

美香はキスのあと舌なめずりして「イタリアン?」って聞く。すごいキャラだよ。絶対味覚の持ち主かな?(そういうことではない!)

 



まだそこまであからさまに狂気的な感じではないんだけど、そこはかとなく〝危険な女〟っていうムードを漂わせてる。

 

 

 

『ギルティ〜この恋は罪ですか?〜』での、及川瑠衣 役の中村ゆりかさんとか。例えば松本まりかさんとかも。いわゆる悪女の役は似合うし、演技として上手いんだけど。

 

この山下リオさんってなんだろうね。そこはかとなく(さっき使ったばかりの言葉・連発中!)悪い女って感じがして、とてもリアル。

 

 

だからこういう細かい所作も違和感がない。その一挙一動からキャラクター性が伝わってくるし、それを見逃さないようにと見る側の意識を高めてくれる。

 

ごちゃごちゃ言ってるけど、それが山下リオさんの魅力ってことなんじゃないかな。

 

 

そんな美香の「誰と一緒に行ってたのか」という問いかけに、亨は「会社の後輩だよ」とだけ答えてた。

 

亨はかなり美香に束縛されてる。そうされても仕方ないような事情があるようだ。

この二人の過去の経緯については追い追い。

 

 


 

 □束の間の入浴シーン


美香が入浴中にスマホで自身のSNSをチェックしてる。

アカウント画像に、胎児のエコー写真のようなものを使用しているフォロワーからメッセージが届く。

 

 

美香(独り言)

「どんな嫌がらせだよ。つぅか誰だよ」

 

 

 

「038376165」

そのメッセージは数字の羅列のみ。

謎解きが好きな視聴者はすぐに解読モードに入るんだろうね。

 

 



 

 🔶謎解きはネット検索で

 

□美香の勤務する会社の屋上

 

バイトの浅井光汰(宮近海斗 /Travis Japanが、数字だけのメッセージを解読する。

 

って言っても、ただその数字をネットで検索にかけるだけなんだけどね。

検索の結果、その番号は冒頭で美香がケーキを食べていた洋菓子店の電話番号だと分かる。

 

 

それに続く「1207」は、お昼にその洋菓子店に訪れたことから、時間を表しているのだと気づく美香。

 

そのあとのメッセージの数字も、美容エステティックサロン、コンビニと。美香が立ち寄ったお店の電話番号と、その入店時間だった。

 

 

美香「なんなのよ、気持ち悪い。こんなのストーカーじゃない」

 

 

その時、またメッセージが通知される。

今度の数字には、美香の住所の番地とマンションの部屋番号が含まれてる。

 

 

 

そこへ会社の同僚が来て、「ひろせかなた」という人から電話があったと報告を受ける。

 

美香「ひろせかなた…」

 

その名に心当たりがあるような。

 

 

 

 

 

□オープンテラスにて ひなたと亨

 

ひなた「ジャーン!」

亨に手作りクッキーを見せる

 

亨に食べてもらいたくて作ってきたと言うひなた。

 

過去に似たような思い出がある亨。その記憶が脳裏をよぎる。(短い回想シーンが入る)

過去を思い出し表情が曇る亨に、「もしかして、甘いもの苦手ですか?」と聞くひなた。(冒頭の画像)

 

 

「ああ、いや 違うよ。君のこと見てると思い出すんだ」

ひなた「えっ?」

 

 

「とても大切な人…。あっ、いや…。今の俺に、こんなこと言う資格ないんだけど」

 

ひなた「その人は遠くに行っちゃったんですか?」

 

 

黙ったまま俯いている亨の、テーブルの上に置いていた両手に、自分の両手を重ねるひなた。

 

 

ひなた「私にも大切な人がいました」

 

「えっ?」

ひなた「もう一度、会いたい。けど…今の私じゃ会えないんです」

 

 

「どうして?」

ひなた「私には、やらなくちゃいけないことがあるから」

 

 

「やらなくちゃいけないこと?」

ひなた「亨さんも、その大切な人に もう一度会いたいですか?」

 

 

その問いには亨は答えず、そのままシーンが変わった。

 

 

 

 

【前編】はここまで。

 

 

 

 

 

MBS毎日放送『RISKY』第1話 放送まえのtweet

 

 

 

 



f:id:gklucky:20210304151231p:plain

f:id:gklucky:20210302120145j:plain

「読むドラマ□Rebo」とは?

  

週に30本近く、月に100本以上をチェックしている信頼と実績の(?)

 

〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラがお送りする、テレビドラマを読んで楽しむエンターテイメントコラム

 

 

f:id:gklucky:20210302115518j:plain

【重要】先にドラマを観ることをおすすめしてます

 

  

 🟧 【編集後記】

 

2021年1月-3月期のドラマが次々と最終話を迎え、ついに春ドラマをスタートすることになった読むドラマ□シリーズ

 

これまでの「30分枠のドラマは1記事で」という暗黙のルールを撤廃して、春ドラマ一発目から2部構成をやっちゃってる。

 

まあ、これも。春からいろいろと新展開する『カステラ書房の毎日』の一つの予兆みたいなもんかな。

 

以前にも増して執筆活動に力を入れていくので、息抜きがてら気が向いた時に カステラ書房に寄ってください。

 

 

最後まで読んでくれてる人がいるなら。そりゃあもう、ありがたやーありがたやー!

 

 

 

 

 ご覧の記事は

『カステラ書房の毎日』がお送りしてんだよー♬

 

f:id:gklucky:20210304235148j:plain

「したむきちゃん」阿倍カステラ©️

 

 

  🟧 またね