カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

『ゴシップ #彼女が知りたい本当の◯◯』最終話 🟥 ぐるぐる巻きマフラーをとった瀬古凛々子【前編】 | 読むドラマ□case279

f:id:gklucky:20220324115032p:plain

 

カンフルNEWS閉鎖へ

 

凛々子は、編集部員らはどう動く?

 

黒木華さん フジテレビ系ドラマ初主演!

 

 

上記画像 引用元: 

https://youtu.be/XQsjrLB2Vqg

 

 

f:id:gklucky:20220127145410j:plain

 

フジテレビ『ゴシップ #彼女が知りたい本当の◯◯』

 

 2021年1月6日放送スタート

毎週木曜 夜 10:00〜

木曜劇場」枠

 

 

第11話 最終話! カンフルNEWS閉鎖! 最後の事実と署名記事

 

 

〈記事では3月17日放送の最終話より いろいろと引用 / 画像使用についても著作権に配慮しています〉

 

 

 

最終話 視聴率 6.3%◇見逃し配信は巻末で

〈視聴率に対するコメント〉

第10話と同ポイント 前回も言ったように「観てる人はみんな観てるっていう結果の数字だよ」の証明みたいな結果だね

 

 

◇見逃し配信◇放送後1週間 視聴できるよ

巻末に「TVer」のリンク情報と「これまでの視聴率」あり

 

 

 

 

『ゴシップ』ついに最終話!?

 

 

とにかく今期、冬ドラマで「読むドラマ□」が一番多く記事にしたのが『ゴシップ』。

 

【前後編】の2部構成が3度あったからね。それが他の人気記事との差をつけた。

 

 

 

僕は個人的に、今回の最終話は前回(第10話)から続く「最終話・後編」だと解釈してる。

 

 

いちばんの感動回は第6話だったことは譲れないけど。

 

 

第10話➕第11話をセットとして観た最終話は、なかなか見ごたえのある内容だった。

 

 

 

詳しくは本編へ →

 

 

 

◇いちばんの感動回 第6話の記事はこちら

castella-a.hatenablog.com


あと、今回の記事タイトル「ぐるぐる巻きマフラーをとった瀬古凛々子」 は、『長靴をはいた猫』(シャルル・ペロー『ながぐつをはいたねこ』)みたいな雰囲気でつけたタイトル。

言わないとわかるわけないよね。そんなへんてこりんなタイトル。

凛々子さんの猫好きにちなんで。

 
 

 

 

 

 尚、「阿倍カステラって何者?」って気になる人は、巻末の【編集後記】手前に紹介コーナーがあるよ

 

 

読むと「ドラマ」がもっと楽しくなる

読んで楽しむエンターテインメントコラム 

 

f:id:gklucky:20220223231102j:plain

ネタバレ/感想/見逃し配信/無料配信/キャスト/主題歌/視聴率/etc.  情報満載♬

 〝読むドラマ□〟についての説明は最後の方で

 

 

 

 

 

✳️あのね、目次だよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カステラ書房の毎日 関連記事

 

さーて、前回の『ゴシップ #彼女が知りたい本当の◯◯』は?

 

 

読者が迷子にならないように、ここでは前回の記事を紹介

 

『ゴシップ』では3度目となる【前後編】2部構成の記事をどうぞ

 

 

 

 

『ゴシップ#彼女が知りたい本当の◯◯』第10話 🟥 ラスト目前!ミステリアスさ極まる安藤政信さん【前編】 | 読むドラマ□case271 

castella-a.hatenablog.com

 

 

『ゴシップ#彼女が知りたい本当の◯◯』第10話 🟥 ラスト目前!ミステリアスさ極まる安藤政信さん【後編】 | 読むドラマ□case272

castella-a.hatenablog.com

 

 

『ゴシップ #彼女が知りたい本当の◯◯』最終話(ネタバレ注意だよ)

凛々子がクスノキ出版に入社した経緯
 
 
瀬古凛々子(せこ りりこ / 黒木華)の母・咲恵の葬儀。
過去シーンから始まった最終話。
 

 

冒頭、凛々子がクスノキ出版に入社することになった経緯がわかるシーンがあった。

 

 

 

葬儀終わりに顔を合わせた凛々子と仁和正樹(にわ まさき / 安藤政信)が喫茶店にて。

 

 

第6話で明かされた凛々子の過去。

〝友達〟岸部春香の死。

その事件が尾を引くストーリー。

 

 

凛々子が岸部春香を殺したと噂され地元にも住めなくなり。それからは引っ越して「田中」の性を名乗ってきた母と子。

 

 

たが最期に母・咲恵から言われた。

 

「あなたの名前は瀬古凛々子。これからは偽らないで生きてほしい」 と。

 

 

 

仁和は、「きっと君に、りりしく堂々と生きて欲しいんだね」と、傷心する凛々子に言葉をかける。

 

 

母がいなくなって「次に自分がするべきことが何なのか」もわからなくなったと語る凛々子に、当時 クスノキ出版 人事部に所属していた仁和は名刺を渡し「説明会に来てみないか?」と誘った。

 

 

仁和「瀬古凛々子。君がりりしく生きるさま。先生(咲恵)の代わりに俺が見届ける」

 

 

(過去シーン終わり)

 

 

 

これが凛々子がのちにカンフルNEWS編集長となるクスノキ出版に入社した経緯ね。

 

 

 

 

 

 

第10話ラストで、クスノキ出版がインターネオに吸収合併されることがわかり。

 

その合併協議を有利に進めるため、仁和にカンフルNEWSが利用されていたのではないかとなって。

 

 

真意を確かめるべく凛々子が仁和に会いに役員室を訪れたが不在。

合併の件でしばらくは多忙で会えないと秘書から伝えられる。

 

 

乃木坂46 卒業後 ドラマ初出演の生田絵梨花さん

カンフルNEWSが閉鎖に!?

 

 

最終話ゲスト出演 生田絵梨花さんは、クスノキ出版 社員からの性的被害を受けた女子大生・向井未央 役。

 

 

生田絵梨花さんは乃木坂46 卒業後、ドラマ初出演だってさ。

 

 

生田絵梨花 -STAFF によるツイート

 

 

 

カンフルNEWS閉鎖!?

事件当日。飲み物に薬を入れられていたようで、気がついた時にはホテルにいて。性的被害を受けた後だった向井未央にはそこに至るまでの記憶がほとんどなく。

 

相談を受けた一本真琴(いちもと まこと / 石井杏奈)が記事にしようにも証拠が不十分。

 

 

その件で編集会議をしてるところに飛び込んでくる『カンフルNEWS 閉鎖』の知らせ。

驚く一同。それもそのはず、編集部員らには何も知らされてないんだからね。

 

 

 

◇凛々子と仁和

凛々子にカンフルNEWS閉鎖の真意を問われた仁和は、新会社になるにあたっての部署の統廃合によるもの、だと答える。

 

 

 

仁和「心配するな瀬古。お前が次にやるべきことは俺がちゃんと考えるから」

 

 

咲恵の葬儀の日に凛々子に自身がかけた言葉の続きを彼は言ってる。

 

 

 

自分の事よりも編集部員らを思う凛々子がカンフルNEWSの存続を訴えるが、会社が決めたことに従うようにとピシャリ。それは従わなければ首、という圧力だった。

 

 

 

 

あなたたちはもう必要ない

 

編集部に戻った凛々子が部員らに、新しい記事のアップはしないことと、各自に自宅待機を命じる。

 

 

女子大生・未央の性的被害を記事にする件も「取材は許可できない」(凛々子)。

 

 

納得いかない根津道春(ねづ みちはる / 溝端淳平)と椛谷静司(かばたに せいじ / 野間口徹)が、仁和に会いに行こうとするも「そんなことをしても無駄」(凛々子)。ついには、

 

 

凛々子あなたたちはもう必要ない

 

 

 

こうしてカンフルNEWSは閉鎖へと向かう。

 

 

ぐるぐるマフラーをとった瀬古凛々子

再結集するカンフルNEWS編集部員

 

 

編集部員らに凛々子が言った「あなたたちはもう必要ない」は、言葉そのものには血も涙もない辛辣さを感じるんだけど。

 

 

 

凛々子のキツい言葉は裏返しのケースが多い。これまでもそうだった。

 

そのことに気づいた根津。勘がいいのよこの人は。というか彼女への特別な感情がそうさせたのか。未央が事件当日に乗ったとされるタクシーを1人で探してる凛々子に合流する。

 

 

 

本社の意向にそむいたら合併後の新会社に入れない可能性もあるが。それを承知で編集部員らがカンフルNEWS編集部に戻ってくる。

 

 

未央の唯一の記憶。クスノキ出版 社員にホテルに連れ込まれる際に乗ったタクシーでの、〝招き猫〟の記憶。

 

 

「#招き猫タクシー探してます」なる偽情報をネットで拡散させたりして →

 

なんやかんやあって、凛々子らは事件当日2人を乗せたタクシーを見つけ出す。

 

 

 

 

未央の告白に衝撃の事実あり

 

タクシー運転手もその日のことを記憶しており証言も得られた。

再び、未央に会う真琴。今回は凛々子も一緒。

 

 

 

なぜそこまでして自分のことを記事にしたいのか、それはPVを稼ぐためなのか? と未央に問われ、

 

 

「そんなわけない」と即座に弁解する真琴を尻目に、凛々子は「そうです。PVのためです」とはっきり認める。

 

 

凛々子「PVが伸びるということは、それだけ読んだ人の心が動くということ」

「あなたの声が多くの人に伝わるということだから」

 

 

心ない中傷を受ける可能性を恐れず、事件をなかったことにしたくない思いから声を上げた未央の勇気を讃えた凛々子。

 

彼女ひとりじゃ伝えられない事実を自分たち(カンフルNEWS)が伝えると宣言する。

 

「話しても無駄だったなんて思わせません」(凛々子)と付け加えて。

 

 

 

涙が頬を伝う未央に凛々子があらためて聞く。

 

 

凛々子教えてください。話しても無駄だったと思った訳を

 

 

 

未央は事件のことをクスノキ出版に話していたが、「調査の上しかるべき処分をする」と言われたままそれきりだった。

 

 

その対応をした担当者は、未央が「信頼できそうな人に見えたのに…」と語った当時 人事部だった仁和。この時点では推測にすぎないが、凛々子も気づいたように見えた。

 

 

 

事件をなかったことにした張本人は、仁和正樹だったの?

 

 

 

 

で、この未央の告白の舞台となった喫茶店のシーンで、凛々子があのぐるぐる巻きマフラーを外してた。その画像は下記のツイートにて。

 

 

 

◇【公式】による未央の告白シーンのツイート

 

 

 

ちょっとね。なんとも言えない違和感

 

 

すっかり春めいてきたからか、店内が暖房がきいていたせいか。それとも凛々子自身の心の成長やなんらかの表現をしているのか…。

 

 

それ以前のユーチューバー・真島正義の直撃により動画生配信されたシーンでは、強風によるおでこ全開の姿も見られたり。最終話にしてこれまでと違った凛々子を見せてくれた。最終話のサービスカット?

 

 

 

チャプター④ … ん?

封印してたチャプター④

 

 

 

その封印を解く時が来たか。

 

って、ふざけてる場合じゃなくて。

実は、執筆スケジュールの都合によりここまでで一旦公開とする。

 

 

このチャプター④は今晩[3/24]か、それ以降に加筆し再度公開します。

 

 

 

もう、1記事分の文字数は書いたけど。やはり、それじゃ済まなかったので。

今回はスケジュール的に2部構成にするわけにはいかず、苦渋の選択!

 

 

 

では、一旦……〈おしまい〉

 



 

 【3/24 23時 加筆】


この後、【前後編】の2部構成にすることを決意!

『ゴシップ』に関しては中途半端で終われないからね。



初見では「イマイチかな…」とも思えた最終話。2度3度と観るうちにいろんなものが見えてきた。


【後編】ではそこらへんを書いてみたいと思ってる。


公開日はまだ未定だけどね。

しばし、お待ちくだされ。


 

 

 

YouTube 関連動画◇主題歌

 

【60秒予告】木10ドラマ『ゴシップ #彼女が知りたい本当の〇〇』【最終話 / 3月17日(木) 夜10時】

 

 

記事本編では触れなかった〝隠れ男前〟根津道春が凛々子に言った「もうお前を1人にはしない」も収録されてるよ

 

 

 

『ゴシップ』はまだ終わらない⁉︎

youtu.be

 

 

 

主題歌 タニタツヤ『冷たい渦』はこちら

冷たい渦 / キタニタツヤ - Inner Whirlpool / Tatsuya Kitani - YouTube

 

もう一つの主題歌 タニタツヤ『プラネテスはこちら

プラネテス / キタニタツヤ - Two Drifters / Tatsuya Kitani - YouTube

 

 

Twitter 番組公式

 

『ゴシップ #彼女が知りたい本当の◯◯』ご視聴ありがとう tweet

これまでの視聴率◇見逃し配信

🔸これまでの視聴率

 

第1話 6.5%

第2話 6.0%

第3話 5.7%

第4話 6.3%

第5話 6.1%

第6話 6.8%

第7話 4.3%

第8話 6.0%

第9話 5.5%

第10話  6.3%

最終話  6.3%

 

 

 

 TVer◇放送後1週間限定で 視聴できるよ

tver.jp

全話配信はFODで

 

 

フジテレビ 番組公式HP

 

 

劇中よりセリフの一部を、本文内容の補足と説明のためにフジテレビ(ドラマ本編)より引用しました

 

 

本文で足りない情報は以下のリンクから引用元(出典)の番組サイトをご覧ください

www.fujitv.co.jp

 

 

 f:id:gklucky:20220223230313j:plain

 週に30本近く 月に100本以上をチェックしている信頼と実績(?)の 〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラ がお送りする、テレビドラマを読んで楽しむエンターテインメントコラム!

 

 

 

◇「阿倍カステラ」って何者よ? っていう人はこちらをどうぞ

castella-a.hatenablog.com

 

 

◇2022年2月21日『カステラ書房の毎日』30,000PV突破!? 記念のページ 

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

【編集後記】 

『ゴシップ』最終話の回を終えて

 

 

「を終えて」じゃないの、まだ終わらせてないのよ!

 

事情が事情なんで。

また加筆した際にお会いしましょう。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうー!

 

 

 

 

 ご覧の記事は

『カステラ書房の毎日』がお送りしましたー♬

 

f:id:gklucky:20210304235148j:plain

「したむきちゃん」阿倍カステラ©️

 

 

  🟧 またねー

 

 
 
 

阿倍カステラTwitter 

 

阿倍カステラはTwitterが苦手なよう

そちらもこのブログ同様にぼちぼちと、一つ一つ積み重ねていきたい

 

(前回ツイート)第10話【前編】の回のツイート

 

 

 

 

以下は、過去記事の一部です

あんまり気にしないで

 

 

 

 (それについての説明)
 令和2年から始めた当ブログ。その記事はかるく500 に到達しそうになってた

 

とはいえ、過去の記事の中にはしょーもないものがいっぱいあって

これを1記事とカウントしていいもんやら…

 

そこで、一部残しておきたい文章だけを以下に掲載し、過去の記事(しょーもないやつ)は削除することにした

 

そういうわけで、これはちょっとしたアーカイブ

 

 
 

 

2021.1.22

 

☆阿倍カステラのドラマ視聴日記 1月22日(金) 編

 

 

フジテレビ『知ってるワイフ』(主演 大倉忠義)第3話

 

★視聴率が6%台って、あんまり良くないみたいなんだけど。面白いけどね〜。大倉忠義さんの普通っぽさを表現した演技なんか物語の展開にぴったりだしね。広瀬アリスさんの天真爛漫な演技とかも良いし。

 

 

 

読売テレビ『江戸モアゼル 〜令和で恋、いたしんす。〜』(主演 岡田結実)第3話

 

★この設定でよく連続ドラマをやれるよなって思って観てるんだけど、今話なんてしっかりとラブコメ展開もあってすごいよね。仙夏(岡田結実)の決め台詞「粋じゃないねえ〜」もキマってきてるし。

 

 

 

テレビ東京『あなた犯人じゃありません』(主演 日比野芽奈)第2話

 

★この2話も結構好き。いつ失速するかな? とヒヤヒヤしながら観てる。全何話なんだろう? 最後まで面白いといいけどね。

 

 

 

ABEMAビデオ『知ってるワイフ』韓国版 第2話

 

★このドラマ好きなので、韓国版も視聴してる。どっちがどっちだかわかんなくなる難点はあるけど、日本版との違いを感じながら観るのも楽しい。

 

 

 

MBS毎日放送『夢中さ、きみに。』(主演 大西流星)第3話

 

★このドラマ、変わった演出をしてくるよね。だいぶ遊んでる。

 

 

テレビ朝日『にじいろカルテ』(主演 高畑充希)第1話

 

★なんか久しぶりに王道のハートフルなドラマを観たって感じ。関西テレビ『姉ちゃんの恋人』(主演 有村架純 2020年)にそれを期待したんだけど、あれはほとんど恋愛要素だったんでね。高畑充希さんの繊細な演技、息づかいまで感じるほどに伝わってくる感情。いきなり1話から秘密をバラすとは思ってなかったけど、それによってこれからの物語が一旦フラットになった。期待できるドラマだよね。

 

 

以上、本日は6番組でした。

 

 

TVer の配信、ほとんど視聴してるんだけどさ。今はあんまり本数が多くないのかな。最近本数が少ないよね。

 

 

週末は雨か。

気温予想が2ケタになってるのは喜ばしいんだけど。

 

 

 

 

念のためにもう一度

この上記一文は過去の「記事の一部」なので気にしないで