カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

『ゴシップ #彼女が知りたい本当の◯◯』第4話 🟥 野村周平さんフィーチャー回【後編】| 読むドラマ□case232

f:id:gklucky:20220203192824j:plain

 

黒木華さん フジテレビ系ドラマ初主演!

 

消えたユーチューバーを追え!

下馬(野村周平)に本来の笑顔が戻る

 

完全オリジナル社会派〝風〟お仕事エンターテインメント

 

 

上記画像 引用元: 

https://youtu.be/YgDo4K_4WBA

 

 

 

 

f:id:gklucky:20220127145410j:plain

 

フジテレビ『ゴシップ #彼女が知りたい本当の◯◯』

 

 2021年1月6日放送スタート

毎週木曜 夜 10:00〜

木曜劇場」枠

 

 

 第4話 人気ユーチューバーが心霊スポットで謎の失踪!?

 

 

〈記事では1月27日放送の第4話より いろいろと引用 / 画像についても著作権に配慮しています〉

 

 

 

 

第4話 視聴率 6.3%◇見逃し配信は巻末で

視聴率が低いと騒ぐ現実世界のネットニュースが好きじゃないんだよね

 

ちょっとばかり黙ってもらうためにも せめて8%台に近づきたいところではある

 

◇放送後1週間 視聴できるよ

巻末に「TVer」のリンク情報と「これまでの視聴率」あり

 

 

 

 

今年初の2部構成!『ゴシップ』第4話【後編】

 『ゴシップ #彼女が知りたい本当の〇〇』は名作ドラマ

 

 

🔸第5話放送直前[2/3 21:30]公開!

さらに1日に2記事め公開の大快挙‼︎

 

 

2022年初の【前後編】2部構成にして一番の長文(前後編合わせて)となった。

果たしてあなたはこれを最後まで読めるだろうか?

 

 

今回はストーリーについてかなり触れてる回なので、ドラマを見終わった感想を言い合ってるような気分で読んでもらえたら嬉しいな。好評なら次回もやるよ!

 

 

では本編へどうぞ

 

 

 

 尚、「阿倍カステラって何者?」って気になる人は、巻末の【編集後記】手前に紹介コーナーがあるよ

 

 

読むと「ドラマ」がもっと楽しくなる

読んで楽しむエンターテインメントコラム 

 

f:id:gklucky:20210323182821p:plain

ネタバレ/感想/見逃し配信/無料配信/キャスト/主題歌/視聴率/etc.  情報満載♬

 〝読むドラマ□〟についての説明は最後の方で

 

 

 

 

 

✳️あのね、目次だよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カステラ書房の毎日 関連記事

 

『ゴシップ #彼女が知りたい本当の◯◯』第4話【前編】はこちら

 

 

読者が記事を探して迷子にならないように「カステラ書房の毎日」ブログサイトページ構成を日々アップデート中!

 

ここでは前回の第4話【前編】を紹介

 

 

『ゴシップ #彼女が知りたい本当の〇〇』第4話 🟥 野村周平さんフィーチャー回【後編】| 読むドラマ□case231

castella-a.hatenablog.com

 

 

『ゴシップ #彼女が知りたい本当の◯◯』第4話(ネタバレ注意だよ)

これは【後編】だよ 前編がまだの方は上記「関連記事」コーナーをチェック!
 

 

 

第4話は下馬蹴人(しもうま しゅうと / 野村周平)のフィーチャー回。

 

 

第1話からずっとやる気なくふてくされた感じで仕事をしていた下馬。

 

冒頭で大見出しに書いてしまってるのでもう言っちゃうけど、最後に下馬に本来の笑顔が戻るんだよね。

 

そこまでの流れが秀逸だし、感動させられるポイントはいくつもあって。

 

瀬古凛々子はこれまでで最大のピンチに会うけれど。

最後にはハッピーエンドが待ってる。

 

 

ドラマはまだ第4話(この記事の時点で)。黒木華さんの魅力を語り尽くすには全然足りない。

 

これからも回を重ねながら黒木華さんと、黒木華さんが演じる瀬古凛々子の魅力を語り、このドラマの面白さを書いていきたい。

 

 

もう、ここで終わるような文章になってるけど。ここから長い長いお話のはじまりはじまりー

 

 

 

瀬古凛々子「さくっと帰らない」

「カンフルNEWS」に生まれ始めたチームワーク

  

 

不動産屋さんの証言とその家の中を調査した結果にて、すべてはカマドウマの捏造だったと結論づけた瀬古凛々子(せこ りりこ / 黒木華)と下馬蹴人(しもうま しゅうと / 野村周平)。

 

 

カマドウマが失踪したことも自作自演だと推理する2人。

 

心霊スポット生配信の前にアップされた動画で炎上しチャンネル登録者数が激減したため、起死回生としての自作自演だったのではないかと下馬は言う。

「まっ、これをさくっと記事にしてさくっと帰りますか」

 

 

凛々子さくっと帰らない

 

 

もう、このセリフに爆笑! ほぼ無表情で変わらず一定のトーンなのに、しっかりと笑わせてくれるからね。

 

前にも言ったけど僕が小学生なら、明日学校に行ってクラスメイトの前で絶対真似するよ。

 

 

 

さらにお約束の辞書を開く。

何でもスマホ一つで調べられる時代に、あんなに分厚い辞書を常に持ち歩いてるという設定が興味深い。

 

 

 

凛々子「承認欲求」

 

辞書を読む

「他者から褒められたい 価値ある存在だと認められたいという欲求のこと」

 

「自作自演だったとしても姿を消し続けたままでは彼の承認欲求は満たされないのでは?」

 

 

下馬「そうですけど…」

 

 

 

そんなことを2人が話してると、カンフルNEWSの3人が差し入れを持ってやってくる。

 

根津道春(ねづ みちはる / 溝端淳平

椛谷静司(かばたに せいじ / 野間口徹

一本真琴(いちもと まこと / 石井杏奈

 

 

で、なぜかタコパ(たこ焼きパーティー)が始まり、その場はたこ焼きホットプレートを囲む編集会議と化す。

 

 

自分の仕事の合間にカマドウマの行方を探していた椛谷が目撃情報を得たが、確証がないため後日調べに行くと言ったり。

 

根津はカマドウマの自宅に行ってみると言ったり。

 

カンフルNEWSの面々に徐々にチームワークが生まれてきてるんだよね。

 

その人の特徴や得意なことを活かして、これ見よがしにドヤ顔でチームワークを見せつける物語が多いなか、このカンフルNEWSの面々は揃いも揃ってひねくれもんだから。隠れてやってんの。

 

そこらへんも丁寧に描かれていて、面白さにつながってるんだと思う。

 

 

 

協力してくれてる椛谷に対して、お願いしますと頭を下げる凛々子。

 

そして、「根津君も。ありがとう」って。ここで凛々子の「ありがとう」が出るの。

 

 

 

 

 

「あなたは必要ない」は救いの言葉

 

タコパも終わり、認知症のおばあちゃんが心配な下馬は外へ出て実家に電話する。

 

それを凛々子に見られ、女の子に呼び出されたのでと言い訳し帰っていいかと聞く。

 

 

 

下馬「僕じゃなくてもできますよね? この仕事」

「まあ、そもそも自分にしかできない仕事なんてこの世にありませんけど…」

 

凛々子「なぜそう思うの?」

 

 

 

 

下馬は書籍編集部にいた頃の話をする。第4話冒頭の回想シーンの続きね。

 

 

上司に「この仕事はお前しかできない」と言われ、任された仕事にはりきっていた下馬。

 

だがおばあちゃんが倒れてしまい、落ち着くまでは自宅で仕事をさせてもらってたが、会社に戻ったときにはその仕事は他の人に回されていた。

 

 

 

下馬「僕にしかできない仕事なんてないんだなって。そんとき、わかっちゃったんですよね」

「それなら仕事ってそこまで頑張る必要ないじゃないですか」

「これから先いつ ばあちゃんと母ちゃんが共倒れになるかもわからないし…」 

「どのみち一生懸命働いても無駄っていうか…。まっ、来世に乞うご期待ってことで」

 

 

凛々子「わかった。なら帰っていい」

 

あなたは必要ない

 

 

瀬古凛々子「あなたは必要ない」からの〜「彼女は戦力外」

真琴にとって編集長は冷酷人間

 

 

下馬が帰ったことを知って3人揃って文句よ。仕方ないね。

 

根津「はあっ?」

椛谷「どうせ女だろ」

真琴「こんなときまで? 自由過ぎ…」

 

 

凛々子があとは1人でやるから帰っていいと言う。

 

 

根津「大丈夫なのかよ…」

椛谷「何なら 一本(いちもと)置いてくけど」

 

 

凛々子彼女は戦力外。いても意味がない

 

 

ここに来ての、いつものやつ。

今回は引っ張っただけあって、めっちゃ笑った。

 

 

 

言われた本人は、「はいはい。もう聞き飽きたわ」だって。

 

 

 

 

クスノキ出版 ロビー 翌朝

 

「口開けば戦力外、戦力外って。なんであんな冷酷人間が編集長なわけ?」

 

となりで聞いていた書籍編集部の矢部涼介(やべ りょうすけ / 一之瀬颯)もなだめてたけど、真琴がめっちゃ怒ってる。

 

 

「あなたは戦力外。いても意味がない」なんてさ。僕は聞いて笑っちゃったけど、言われた当人はたまったもんじゃない。心中察するよ。

 

 

 

真琴が怒るのはわかるけど、それほど〝冷酷人間〟には思えないんだよね。

 

いわゆる女王の教室での阿久津真矢(天海祐希)的な感じはしていないことに気づく。なんだろうね?

 

そしてその理由が瀬古凛々子が人を惹きつける魅力でもあるんだろう。この点に結論を出すのは急がない。続きを見ていこう。

 

 

 

 

真琴と矢部が話してる場所はクスノキ出版の1階ロビー。

エレベーター前に仁和が姿を見せたのをきっかけに、矢部が凛々子と仁和の噂を口にする。

 

・凛々子が経理部から『カンフルNEWS』に異動したのは執行委員になったばかりの仁和が猛プッシュしたかららしい

 

・2人がちょこちょこ役員室で密会しているらしい

 

 

真琴「何それ…めっちゃ怪しい」

仁和を見る目に編集長 瀬古凛々子への怨念がこもってるように見えた。

 

 

 

一方、もう1人の〝あなたは必要ない〟被害者 下馬は、仕事をリモートに変え実家にいて、ちょっとふてくされてる感じ。もともとふてくされてるような性格ではあるが。

 

 

そこへ椛谷さんから電話。

カマドウマの目撃情報の男は別人だったとの報告。編集長が電話に出ないから下馬にかけたのだ。

 

 

「これはお前の仕事でもあるだろ?」と言う椛谷に

 

下馬「はぁ…いいですよもう。この仕事カバさんにあげますよ。カバさんの方が調べるの早いし」

 

椛谷「はあ? そんなの当たり前に決まってんだろ。俺が何年この仕事してきてると思ってんだよ」

「それでも編集長はお前に振ったんだから、お前が最後まで責任取らなきゃしょうがないだろ?」

 

 

 

 ここらへんの流れは〝お仕事ドラマ〟としての真骨頂かな。

 

 

ラストに用意された下馬への 2つのハッピーエンド

残りあと少し! がんばって最後まで読んで

 

 

 

すでに2部構成として、かなりの長文になっちゃってるんでちょっと巻いていこー!

 

 

・カマドウマの髪の色は青 その髪の毛を見つけた下馬が「まさか」と気づく

 

・凛々子は〝開かずの間〟の鍵を見つけ出し中に入るが 女装したカマドウマに捉えられてしまう

 

・カマドウマは〝開かずの間〟に1年間住んでいて 失踪した自分を誰も捜しに来なかったことに絶望を感じていた

 

 

 

凛々子を椅子に縛り付けその周りに灯油(ガソリン? いや、灯油だろう)を撒く。

 

 

カマドウマ「炎上ユーチューバー カマドウマ 失踪した一軒家でリアル大炎上」

「中から女性の遺体…これでまた俺に注目集まるっしょ! ハハ…」

 

 

凛々子「いいネタではない。ただの殺人」

 

 

 

「もう俺の名前が残せればなんだっていいんだよ」

自暴自棄になってるカマドウマがマッチで火をつけようとする。

 

 

 

着火寸前に駆けつけた下馬。

走って逃げ出したカマドウマを大学時代にサッカーで鍛えた足で捕まえた。

 

 

 

 

カマドウマが警察に連行された後、「なぜ戻ったの?」と凛々子が聞く。

 

青い髪の毛を見つけヤツはここにいるんじゃないかと思ったと説明する下馬を凛々子はじっと見つめてる。

 

 

凛々子「「自分にしかできない仕事なんてない」そう言ってたよね?」

「それは確かにそう。あなたにできる仕事は他の人にもできる。そうでないと会社は成り立たない」

 

でも、あなたでよかった

 

「そう言われる仕事ならきっとある」

 

 

 

 

ここが、〝お仕事ドラマ〟としての一つのハッピーエンド

 

 

 

凛々子「家庭の事情があるなら出社にはこだわらない。『カンフル』にあなたは必要」

 

下馬「はい」

 

 

 

「必要ない」も「必要」も、凛々子の言葉には嘘はない。

 

さらに言うと「必要ない」という言葉も相手を蔑むものではなく、むしろ相手を思って言ったこと。

 

 

 

何でも自分でやろうとしていた母親に「もう少し誰かの力を借りてもいいと思う」と訪問介護のパンフレットを渡す。

 

 

「自分にしかできないことなんて、そうそうこの世にないんだからさ」

 

 

すべてを抱え込んでしまい自分を壊してしまう人がいる。

大切な人を守りたいのなら、かけてあげられる言葉がある。

まず、自分自身がそれに気づかないと大切な人は守れない。

 

下馬はそのことを凛々子に教えられ、今回の件で学びもした。

 

 

これがもう一つのハッピーエンド!

第4話も最高のストーリーだった。

 

 

 

 

次回に繋がる不穏なラストシーン

 

凛々子に「あなたが必要」って言われたことで、やる気になってる下馬を見て驚く真琴。

 

 

 

「何なのみんなあんな女にたぶらかされて。絶対何か隠してるのに」

真琴は「瀬古凛々子」をネットで検索し、『群馬県更川市女子中学生変死事件の真犯人』(2006年1月9日付の事件)のサイトページにたどり着く。

 

 

 

 

 ふーーっ、おしまい

 

 

◇この続き 『ゴシップ #彼女が知りたい本当の◯◯』第5話はこちら

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

YouTube 関連動画

 

【メイキング】木10ドラマ『ゴシップ #彼女が知りたい本当の〇〇』

 

 

メイキング映像大放出part1

瀬古凛々子「ざわざわする」の撮影シーンも面白いよ!

 

 サムネイルは「ザワザワする」とカタカナ表記になってる カイジ回避?

 

 

◇第4話の3分ダイジェストと第5話の予告動画は下記のTwitterコーナーのツイート内にあるよ

 

とことん、『ゴシップ』を楽しもう‼︎

 

youtu.be

 

 

 

Twitter 番組公式

 

『ゴシップ #彼女が知りたい本当の◯◯』第5話 tweet

 

 

同じく / 第4話 3分ダイジェスト tweet

 

これまでの視聴率◇見逃し配信

🔸これまでの視聴率

 

第1話 6.5%

第2話 6.0%

第3話 5.7%

第4話 6.3%

第5話

第6話

第7話

第8話

第9話

第10話(話数は未定)

 

 

 TVer◇放送後1週間 視聴できるよ

tver.jp

全話配信はFODで

 

 

フジテレビ 番組公式HP

 

 

劇中のセリフの一部を、本文内容の補足と説明のためにフジテレビ(ドラマ本編)より引用しました

 

 

本文で足りない情報は以下のリンクから引用元(出典)の番組サイトをご覧ください

www.fujitv.co.jp

 

 

 

 

f:id:gklucky:20210304151231p:plain 

「読むドラマ□ Rebo」とは?

週に30本近く、月に100本以上をチェックしている信頼と実績の(?)

 

〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラ

 

がお送りする、テレビドラマを読んで楽しむ

エンターテインメントコラム

 

★「阿倍カステラって何者よ?」っていう人は、こちらの記事をご覧あれ

castella-a.hatenablog.com

f:id:gklucky:20210302115518j:plain

【重要】先にドラマを観ることをおすすめしてます

 

【編集後記】 

毎度のスルー

 

後日加筆する可能性あり?

 

 

最後まで読んでくれてありがとうー!

 

 

 

 

 ご覧の記事は

『カステラ書房の毎日』がお送りしましたー♬

 

f:id:gklucky:20210304235148j:plain

「したむきちゃん」阿倍カステラ©️

 

 

  🟧 またねー

 

 
 
 

阿倍カステラTwitter 

 

阿倍カステラはTwitterが苦手なよう

そちらもこのブログ同様にぼちぼちと、一つ一つ積み重ねていって

 

 

苦手克服のために「Twitterで告知するまでがブログ」という名言(迷言?)を生んだツイート

 

 

 

 

 

以下は、過去記事の一部です

あんまり気にしないで

 

 

 

 (それについての説明)
 令和2年から始めた当ブログ。その記事はかるく500 に到達しそうになってた

 

とはいえ、過去の記事の中にはしょーもないものがいっぱいあって

これを1記事とカウントしていいもんやら…

 

そこで、一部残しておきたい文章だけを以下に掲載し、過去の記事(しょーもないやつ)は削除することにした

 

そういうわけで、これはちょっとしたアーカイブ

 

 

 

 

 
 

 

2020.12.7

 

 ☆阿倍カステラのドラマ視聴日記 12月7日(月) 編

 

フジテレビ『無痛 〜診える眼〜』(主演 西島秀俊 2015年10月-12月)第7話

 

 

以上、1番組でした。

 

 

予定より大幅に帰宅時間が遅くなり、ドラマ視聴ができていない。

これから何本か観ようと思ってたんだけど、もうすでに眠たいんであやしい感じ。

 

特筆すべきことは何もない一日だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

念のためにもう一度

この上記一文は過去の「記事の一部」なので気にしないで