カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。人気もぼちぼち上昇中‼︎

『量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-』第6話 🟧 クセになる与田祐希さんのセリフ回し | 読むドラマ□case283

 

与田祐希さん地上波連続ドラマ初主演!

 

普通女子のプラモデルを通じた成長期を描く〝ホビー・ヒューマンドラマ〟

 

 

 

上記画像 引用元: 

https://youtu.be/7asA5XnVD-M

 

 

 

 

テレビ東京『量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記- 』

 

 2022年6月30日放送スタート

毎週木曜 深夜 0:30〜

「木ドラマ24」枠

 

 

 第6話 8歳のパイセン

 

 

〈記事では8月4日放送の第6話より いろいろと引用 / 画像使用についても著作権に配慮しています〉

 

 

 

見逃し配信は巻末で

 

◇見逃し配信◇

放送後 1週間限定で視聴できるよ

巻末に「TVer」のリンク情報あり

 

 

 

 

独特なテンポのPOPなドラマ『量産型リコ』

 

再開後の【助走ver】第3弾!

 

 

長期休載明けからの再開・第3弾は、2022年7月期 夏ドラマで、おすすめを5作品選ぶとしたらどれ? っていう企画。

 

言うなれば、〝令和きってのドラマウォッチャー阿倍カステラ・セレクション だね。

 


その、おすすめしたい5作品のうちの一つは、


乃木坂46 与田祐希さん主演の『量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-』

 

 

このドラマはおもしろい!

独特のテンポが心地よいPOPなドラマで。

与田祐希さんの、脱力系の〝令和女子〟とでも言うのか、感情を表に出さないマイペースっぽい演技にハマるのよ。


その感じをお伝えできたらいいな。

 

 

 

今回は全編POPに、さあ本編へGO!

 

 

 

 

 

 

 

 

 【ランキング情報】

 

浅川梨奈 旋風が吹き荒れるランキングをチェックしよう!

 

 

参考画像【8/5 12:00現在】

 

おそらく《浅川梨奈》検索と思われる 浅川梨奈 さん効果による『ハレ婚。』(第5話の回)首位が続いてて。

 

2位と3位は、咲 -Saki-文豪ストレイドッグスの〝アニメネタ〟で、『ハレ婚。』と合わせて、ここ最近不動のTOP3 となってる。

 

以下がちょこちょこと変動してるかな。

 

5位の中学聖日記(第7話の回)に関しては、小野莉奈》検索でたびたび上がってくる人気記事。とはいえ古いものなんで、いま読むと恥ずかしいんだけどさ。

 

 

 

 

 

 

 尚、「阿倍カステラって何者?」って気になる人は、巻末の【編集後記】手前に紹介コーナーがあるよ

 

読むと「ドラマ」がもっと楽しくなる

読んで楽しむエンターテインメントコラム 

 

f:id:gklucky:20220224232712j:plain

ネタバレ/感想/見逃し配信/無料配信/キャスト/主題歌/視聴率/etc.  情報満載♬

 〝読むドラマ□〟についての説明は最後の方で

 

 

 

 

 

✳️あのね、目次だよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カステラ書房の毎日 関連記事

 

プラモつながりで『ガールガンレディ』をご紹介!

 

 

『量産型リコ』以前に〝深夜ドラマ✖️プラモデル〟を実現していた MBSテレビ『ガールガンレディ』

 

このお話は本編で触れるとして

 

平均して人気のあった記事を2つ選んでみたよ

 

 

 

 

『ガールガンレディ』第1話 🟧 白石聖✖️大原優乃 その語るべきコトの多さよ!| 読むドラマ□Rebo  case146

castella-a.hatenablog.com

 

 

『ガールガンレディ』第2話 🟧 「プラモアラモード」とシビアなギャップ | 読むドラマ□Flash  case153

castella-a.hatenablog.com

 

 

『量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記 -』第6話(ネタバレ注意だよ)

〝グルメドラマ〟に次ぐ テレ東のお家芸とも言える〝ライフスタイル系ドラマ〟の進化形⁉︎
 
 
まず言っておきたいのが、『量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-』は、サブタイトルが少々長いので、本文中は『量産型リコ』と省略するね。



じゃあ、いくよ。

『量産型リコ』の番組HPをみると「テレビ東京が次に仕掛けるのは(これだ!)」ってな感じで〝深夜ドラマ✖️プラモデル〟を謳ってるんだけど。

 

 

それ以前に〝深夜ドラマ✖️プラモデル〟を実現していたのがMBSテレビ『ガールガンレディ』(主演 白石聖 2021年4月-6月放送)。

  

先がどうとか、遅れをとったとかいう話ではなくて。あくまで情報としてね。




で、『ガールガンレディ』と比べてみると『量産型リコ』は、いかにも「テレビ東京的」だなって思うんだよ。

 

 

あっち(『ガールガンレディ』を「あっち」呼ばわりしてる理由 = 今回の主役は『量産型リコ』だから)は、白石聖さん・石井杏奈さん・大原優乃さん、と豪華メンバーが揃い、とにかくキャストが多い。ガールガンファイトに関わるキャストだけでも17名!

 

バンダイナムコグループの「BANDAI SPIRITS」が企画から絡んでて、劇中に登場する銃(ガールガン)などのプラモデルが販売されたりと、スケールも展開力も大きい。

 

 

 

一方の『量産型リコ』は、少数精鋭なキャスト陣で固めてて。

テレビ東京が培った〝ライフスタイル系(ドラマ)〟の流れを汲む〝ホビー・ヒューマンドラマ〟となってる。

 

ここらへんは「さすがテレビ東京!」っていうね。こういう新感覚で、良質なドラマを次々と世に送り出してくるもんね。


 
 冒頭に太字で記載した、番組HPより引用の

 

《 普通女子のプラモデルを通じた成長期を描く〝ホビー・ヒューマンドラマ〟 》

 

っていう、キャッチコピーがしっくりくる、クスッと笑えるヒューマンドラマになっていて、毎回あの手この手で楽しませてくれる。

 

 

これ、間違いなくおすすめ!




🔸上記で触れた「BANDAI SPIRITS」が『量産型リコ』についてツイートしてた

 
劇中にガンプラとか結構でてくるし、なんせ主人公・璃子が「ザク姉(ねえ)」って呼ばれたりしてるしね

 

与田祐希さんのクセになるセリフ回し

AKB48小栗有以さんとの類似点?

 

 

なんといっても主演・与田祐希乃木坂46)さんの独特な空気感にハマるんだよね。

 

 

ちなみに与田祐希さんの「地上波連続ドラマ初主演」ってなってるけど、これはTBSテレビ『日本沈没 −希望のひと−』のスピンオフドラマ 『最愛のひと〜The other side of 日本沈没〜』Paravi)で主演してるからってことだよね。


 

 

与田祐希さんといえば乃木坂46の現メンバー。僕はAKB48派なので(要らぬ主張)、彼女のことはあまりよく知らない。付け加えるとすると僕は坂道系だと日向坂46 推し(要らぬ情報)。

 

 

知ってるのはドラマに出演してる部分だけで、与田祐希さんが普段どんなしゃべり方をするのかも知らないんだけど。

劇中の 小向璃子与田祐希)の脱力系なセリフ回しがクセになるというか、「クスッと笑える」大きな要因となってる。


 

AKB48で例えるなら、小栗有以さんも独特なしゃべり方するけれど、あんな感じかな。(わかる?)

 

 

最近よくドラマ出演してる小栗有以さん。ヒロイン役を演じた ABCテレビ『恋に無駄口』(主演 奥野壮 2022年4月-6月放送)のときなんてそれが顕著で。あの、なんて言うの? もったり(?)まったり(?)とした独特なセリフ回しがクセになるのよ。

 

 

MBSテレビ『教祖のムスメ』(主演 茅島みずき 2022年6月-7月放送)に出演(第1話)の際は、シリアスなストーリーだったってのもあってか、その独特なセリフ回しは封印してたけどね。

 

 

 

い〜〜やっ、与田祐希

『量産型リコ』に小栗有以は出てないって‼︎

 

カステラ書房は『量産型リコ』を 引き続きお送りするよ!

 気になる第6話のストーリーは?

 

 

『量産型リコ』第6話の内容にほとんど触れぬまま、あっという間にラスト(チャプター3 )!

 

フライング発表だけど、この『量産型リコ』については最終話まで毎週レギュラーで記事公開していくつもりなので、今回お伝えできなかった部分については、次回以降に持ち越したい。これが俗に言うカステラ忍法 全部後回しの術

 

 

 

何にも触れないのもなんなんで、ちょっとだけ。

この第6話は、小向璃子が甥っ子(8歳)に手を焼く回。

 

いつもマイペースな璃子が、あっけなく8歳の男の子に翻弄され振り回され。

それが原因でストレスがたまり、これまた独特な行動をとる璃子の様子がとってもコミカル。

 

でも、毎回のことなんだけど。プラモデルが璃子のピンチを救ってくれるんだよね。終わってみれば、また一つ成長してるという。いいお話。

 
 

ってことで、ラストのチャプターを締めたい。

 

 

 

そうそう。

この次のコーナーに「番組オープニングテーマ」の情報として、OP曲を担当してる 樋口楓さんのツイートを掲載してるんだけどさ。

 

この樋口楓さん。バーチャルYouTuber なんだって。Vチューバーってやつでしょ。

 

 

もう時代は、 Vチューバーがテレビドラマのオープニング曲を担当するまでになってる。

 

 

阿倍カステラも、いっそ〝Vチューバー化〟しようかな? 

「しようかな?」ったって、自分では絶対やんないけどね。ってか、技術的にやれない。

 

 

 

 

 

 

〈おしまい〉

 

 

 

 

YouTube 関連動画 ◇ OP曲

 

【予告】木ドラ24『量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-』第7話 | テレビ東京

 

次回・璃子にまさかの恋展開?

ありきたりなものにはなりそうにないんで

その〝独特さ〟に期待したい


youtu.be

 

オープニングテーマ 樋口楓『ビューティーMYジンセイ!』は下記のツイートから

  


 

Twitter 番組公式

 

【公式】与田祐希主演「量産型リコ」ED曲関連 tweet


『お耳に合いましたら』を思い出させるようなエンディングもお気に入り

このED曲もいいよね 次回以降取り上げるよ


見逃し配信

🔸TVer◇放送後 1週間限定で視聴できるよ 詳しくは下記ツイートから

全話配信は Paravi

 

 

テレビ東京 番組公式HP

 

本文で足りない情報は以下のリンクから引用(出典)元の番組サイトをご覧ください 

www.tv-tokyo.co.jp

 



 

f:id:gklucky:20220224231930j:plain 

 週に30本近く 月に100本以上をチェックしている信頼と実績(?)の 〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラ がお送りする、テレビドラマを読んで楽しむエンターテインメントコラム!

 

 

 

◇「阿倍カステラ」って何者よ? っていう人はこちらをどうぞ

castella-a.hatenablog.com

◇2022年2月21日『カステラ書房の毎日』30,000PV突破!? 記念のページ

castella-a.hatenablog.com

 

◇2022年8月1日『カステラ書房の毎日』40,000PV突破!? 記念のページは無し

 

【編集後記】 

休載明け第3弾! を終えて

 

 

今回はカステラタイム(午後3時)公開に間に合った。それに3日連続公開だしね。


しかも、昨日(日付でいうと今日)放送された回だから、何気に早い。カステラ書房的にはめっちゃ早いよ。




記事で取り上げるドラマのテンプレートを一つ一つ作んなくちゃいけなくて、それが案外時間がかかるのよ。休載していたツケが回ってるんだからしょうがない。


今回はそのテンプレートを前もって作ってたから、こんなに早い公開にたどり着けた。



現在準備してるのは『純愛ディソナンス』、『初恋の悪魔』、『オクトー』



ある程度は網羅していきたいと思ってる。これからもよろしくね。



最後まで読んでくれてありがとうー!

 

 

 

 

 ご覧の記事は

『カステラ書房の毎日』がお送りしましたー♬

 

f:id:gklucky:20210304235148j:plain

「したむきちゃん」阿倍カステラ©️

 

 

  🟧 またねー

 

 
 
 

阿倍カステラTwitter 

 

阿倍カステラはTwitterが苦手なよう

そちらもこのブログ同様にぼちぼちと、一つ一つ積み重ねていきたい

 

 

 

 

 

 

 

以下は、過去記事の一部です

あんまり気にしないで

 

 

 

 (それについての説明)
 令和2年から始めた当ブログ。その記事はかるく500 に到達しそうになってた

 

とはいえ、過去の記事の中にはしょーもないものがいっぱいあって

これを1記事とカウントしていいもんやら…

 

そこで、一部残しておきたい文章だけを以下に掲載し、過去の記事(しょーもないやつ)は削除することにした

 

そういうわけで、これはちょっとしたアーカイブ

 

 

 

 

 

 

2021.1.26

 

☆阿倍カステラのドラマ視聴日記 1月26日(火) 編

 

 

テレビ東京アノニマス 〜警視庁“指殺人”対策室〜』(主演 香取慎吾)第1話

 

★刑事ドラマにありがちな架空の部署をつくるパターンなんだけど、これは時代にマッチしてる。だけど題材が大きすぎて描き方も逆にむずかしそう。まあこうなるよねって感じで全体的に想像できる範囲内におさまったストーリーだったかな、という印象。でも、最後の最後でタイトルの「アノニマス」という言葉が持つ謎を匂わせて、次回への期待をつなげてるから第1話だけで結論づけるのは気がはやいかな。個人的にはもっと主人公の万丞渉(香取慎吾)とバディ役の碓氷咲良(関水渚)のやりとりがコメディっぽい方が好きかなって思った。同じテレビ東京で言うとテレビ東京『ハラスメントゲーム』(主演 唐沢寿明 2018年10月-12月)の唐沢寿明さんと広瀬アリスさんみたいに。まあ、このドラマはシリアスな感じなんで無理っぽいけど。

 

 

 

NHK『ここからは倫理の時間です。』(主演 山田裕貴)第2話

 

★高柳先生(山田裕貴)の言葉と行動の一つ一つに考えさせられる。スカッとするような解決はしないんだけど、確実に良い方向に転がってるような結末が今話もおもしろかった。夜遊びばかりする生徒に家での映画鑑賞を提案し、「映画にしばられる2時間は自由はないが不安もない。それはただ単純に楽しい時間です」というセリフ。その後の展開も含め良いシーンだった。

 

 

 

ABCテレビ『3Bの恋人』(主演 馬場ふみか)第3話

 

 

フジテレビ『監察医 朝顔(主演 上野樹里)第11話

 

★トンネル崩壊事故に巻き込まれた桑原真也風間俊介)は大事に至らず。にしても死者も出てない状況で死体を安置する場所をあんなに準備するもんなのかな? という違和感はあった。これに関しては無知なのでもちろん批判ではなく、実際的にそうだとしても「そんな準備するんだな」っていう意味での違和感があり、これは今話から次回につながるストーリーの大切な要素だろうね。

 

 

以上、本日は4番組でした。

 

 

例によって今晩も夕食はホットケーキ。なんか最近「リラックマかッ⁉︎」ってくらいにホットケーキを食べてんな。

 

 




 

 

 

念のためにもう一度

この上記一文は過去の「記事の一部」なので気にしないで