カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

読むドラマ □ case32 『ゆうべはお楽しみでしたね』第1話 「はじまりはパルプンテ」

f:id:gklucky:20200730231219j:plain

MBSテレビ『ゆうべはお楽しみでしたね 』

2020年7月26日(日) より「ふっかつのほうそう」(再放送)スタート! 

毎週日曜 24:50 〜  

記事は7月26日(日) 放送の第1話 より

☆放送日時は地域によってばらつきアリ

 

【基本的に全編ネタバレ】

 

 

 

 

『カステラ書房の毎日』は深夜1時に毎日更新中‼︎

◉阿倍カステラの「テレビ買ってよ」

◉読むドラマ シリーズ

◉カステラのフロックTV

など人気企画を日替わりで更新してます

 

〝日替わり〟と言いつつ、最近は新ドラマスタートが相次いでいて読むドラマ シリーズに偏ってしまってはいる

 

 

なんなら一気に書いてしまえないものか、と無謀にも挑戦中! それでまた偏るという悪循環が起きている

 

 

とにかく、一緒にやいのやいの言いながらドラマを観る感覚で読んでもらえたら最高です

 

おまけ。巻末にちょこっとだけ、TBSテレビ『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』の話題に触れてるよ。

 

 

 

『ゆうべはお楽しみでしたね 』第1話

 

MMORPG って知ってますか?たくさんのプレイヤーが同時にオンラインで参加して共に冒険するゲームのことです」

 

f:id:gklucky:20200730233623p:plain

「そんなMMORPG になったドラクエドラゴンクエストXを去年、遅ればせながらついに初めてみました」

 

 

MMORPG」何それ?って感じだったけどさ。僕はゲームもやらないもんで。

でもこのドラマMBSテレビ『ゆうべはお楽しみでしたね』の存在は知っていた。

僕が一番テレビを観てなかった時期、2019年1月-2月に放送されてたドラマだ。

 

 

本田翼✖️岡山天音ダブル主演で挑む

ドラゴンクエストX」から始まるシェアハウスラブコメ

 

 

つい先日。

7月26日(日) から「ふっかつのほうそう」という名の再放送がスタート。

これ、なんだろね? 「再放送」って禁句なのかな。各局いろいろとそれに変わる名称を付けてくるよね。「特別篇」とか「重版放送」とか。

それに、昨年放送のドラマなのにこの早いスパンでの再放送って事は、それ相応に人気のあったドラマなんだろうね。

 

まあ、それにしても。ただ単に、民放公式テレビポータル「TVer」で配信されてるだけだったら、ここで読むドラマで取り上げたりはしなかった。そのふっかつのほうそうという事で現在放送中ってのが決め手となった。




 

ゲームのことは正直わからないけど、わからないなりにも初心の気持ちでやっていきたい。

 

こういう変わったドラマは嫌いじゃない。いや、周りくどいじゃない? むしろ好きなんで。

執筆スケジュールぱんぱんの状態の中、無理矢理ねじ込んでお送りしていこうかと覚悟を決めた。

 

 

 

f:id:gklucky:20200730234222p:plain

パウダー「はじめましてパウダーです」

A「ゴローさんとのルームシェア、今日から? 」

パウダー「うん、緊張してる〜」

B「ゴローさんにリアルで会うの初だよね? 」

パウダー「うん。でも1年以上の付き合いだし、初って気がしない」

 

 

パウダー「実は今日から、ドラクエX で知り合ったゴローさんとルームシェアすることになりました」

 

これってアバターって言うんだっけ? これでドラクエの世界で戦うってこと? で、オンラインで繋がってるからゲーム以外にもこうしてチャットで会話できたりするってわけね。

その他のアバターの名称をWikipedia で調べたんだけど、アバターの名称が結構いっぱい記載されてて、どれなのか特定できず。仕方なく「A」「B」とした。

 

 

 

そのアバターのまま家を出るパウダー。

ゴローさんとの待ち合わせ場所に出かける。

 

f:id:gklucky:20200801102448p:plain

もちろん実際には、さつきたくみ(岡山天音)なのだけど、ドラマの取っ掛かりとしての演出だね。

 

目的地へ歩きながら、ゴローさんとの出会いを回想するパウダーことさつきたくみ。

 

ゲームのプレイ映像が回想シーンにあたるという、これまでいろんなドラマを題材にしてきたけど、こんなの初めてのケースだ。

 

 

第1話タイトル

「はじまりはパルプンテ

 

f:id:gklucky:20200731000458p:plain

第1話のタイトルが「はじまりはパルプンテ」だから、これが〝パルプンテ〟って事?

 

パルプンテを調べると、

ドラクエ界において最大級の謎を秘めた呪文である ”

ニコニコ大百科より)

 

 

あっ、そっか。復活の呪文かと勘違いしてたけど、あの何が起こるかわからない呪文のことか、パルプンテって。思い出した思い出した。

こんな初歩的な事がわかってないんだから先が思いやられるよ。

 

 

 

戦いに敗れ倒れていたパウダーを救い、その強敵を倒すため協力してくれたゴローさん。それがきっかけで仲良くなった二人。

 

パウダー(心の声)「それからすっかり仲良くなり。ゲームの中で1年を共に過ごし、今では大親友。だからルームシェアといっても自分でも驚くほど抵抗はない」

 

パウダー(心の声)「これまでの会話から察するに、ゴローさんは同世代のサラリーマンかな?」

 

あれこれ考えを巡らせながら目的地に着いたパウダーは驚く。

 

f:id:gklucky:20200731083319p:plain

ここで、リアルの「さつきたくみ」が初めて顔を表す

 

 


f:id:gklucky:20200731083346p:plain

こちらが、ゴローさん?

え? どういう事? っていう展開。

 

 

 

結局のところ。たくみはネットの世界で言う〝ネカマ(ネットおかま)〟で、ネットでの匿名性を利用して女性のように振る舞ってプレイしていた。

 

何故そんな事をするのかとバイト先の先輩に聞かれ、「普段と違う自分の方が楽しいというか」と答えていたたくみ。でも、ずっと隠しているわけじゃなくて、ついこの間、自分が〝ネカマ〟であることをカミングアウトしたと話していた。

だけどゴローこと、おかもとみやこ(本田翼)は〝ネカマ〟の意味を知らなかった。

ということらしい。

そういう流れで同棲まがいのルームシェアをすることになる。

 

 

回想シーンに出てきたたくみのバイト先・アニメイトで、大仁田(宮野真守)が接客態度が暗い店員・外山(ゆうたろう)に、

 

 

f:id:gklucky:20200731090331p:plain

大仁田「外山くんさあ、もう少しテンションあげようか? ねえ? なんか君、ドラクエのくさった死体みたいなんだもん。くさった死体」

外山「あっ、はい」

〝くさった死体〟呼ばわりも気にしない驚異的な無気力さ

大仁田「はい、って! スミスって呼ぶよ」

 外山「スミス? はい」

 

 

このやり取りの面白さはゲームをやらない僕でもなんとなくわかったし、実際に笑えた。これ、大体の人がわかるって事なんでしょ?

 

 

 

 

◇さつきたくみの家

 

引越し屋が運んでくれた荷物の整理を始めるみやこに、不安を口にするたくみ。

 

たくみ「いい歳した男女が、ひとつ屋根の下なんて。もし、間違いがあったら…」

 

 

f:id:gklucky:20200731214342p:plain

「パウさん キモい!」

 

自分は男だから不安にならないのかとたくみが聞くが、

みやこ「ああん。なるわけないじゃん。顔見たのは今日が初めてだけど、知り合って1年以上だよ。パウさんがすごくいいやつだって充分知ってるし」

 

みやこ「パウさんだって私がどんなやつかわかってるから、ルームシェアもしてくれたんでしょ? 」

たくみ「そりゃ、いい人だと思ってましたけど」

みやこ「なんで過去形なんだよ」

みやこ「ま、荷物も運び終わったし、ドラクエしよっか? 」

たくみ「いやっ、いやいやいや」

まだ完全に受け入れることができず拒否するような態度をとる

 

 

f:id:gklucky:20200731215920p:plain

たくみ(心の声)「って、結局やっちゃってるし!」と、自分にツッコミ入れる

 

 

一軒家の二階。隣合わせの部屋でドラクエをしながら部屋ごしに会話する二人。

 

f:id:gklucky:20200731220420p:plain

みやこ「近くにいると、チャットしないでいいから楽だね」

ドラクエをやめ、風呂に入るみやこ。

たくみは悶々とした夜を過ごすことになる。


 

 

◇みやこの勤務するネイルサロン

f:id:gklucky:20200731221151p:plain

れいな「え〜っ、男とルームシェア? いやっ、それってもう同棲じゃないですか? 」

みやこ「それはちがーう。バリバリにちがう。もう、そういうんじゃないよ」

 

ちょい役すぎる あのちゃん

今後は増えるのかな?


って、〝れいな〟って、あのちゃんじゃん。元ゆるめるモ! の。

MBSテレビ『咲 –saki –』(主演 浜辺美波 2016年12月)に出演してたのは観たけど、ちゃんと女優業やってんだね。

 

この周りからみたら「同棲」とも取られなねない「ルームシェア」を、たくみとみやこがどう過ごしていくのかが見どころのようだ。

一応〝ラブコメ〟たからね。ゲームの話ばっかりってことでもないのだろう。

 

 


 

◇さつきたくみの家 夜

 

熱でぶっ倒れたたくみ。

目が覚めるとおでこに濡れタオルがあてらていて、台所ではみやこがおかゆを作ってる、という ドラマあるある な展開。

 

f:id:gklucky:20200731223824p:plain

世界樹の葉だよ」


世のゲーマーたちが「天使降臨! 」となるラストシーン。いや、ゲーマーに限ったことでもないか。ちなみに〝世界樹の葉〟があればかなりのHPが回復できる。

 

 

たくみ(心の声)

「こうして俺とゴローさん。二人の新たな冒険がはじまったんだ」

 

 


って、こんな感じのドラマなんだけど。

感想としては、ただただ本田翼さんがかわいいというね。

 

まだなんとも言えない感じではある。

変わったタイプのドラマなんで、めずらしさが先に立ってただ見せられてるだけの状態。劇中で、みやことの〝同棲〟とも言えるルームシェアに戸惑っているたくみと同じような気持ちかも。

まだ1話なので、これからどういう展開になるのか期待したい。

 

 

 

〈おしまい〉

 

 

【番組後記】

 

これまでにないタイプのドラマだったので少してこずってしまった。

やっぱゲームにね、興味があれば、いつものようにスイスイと執筆できたと思うんだけど、わりかし大変でした。

 

だからという事でもないんだけど、またしても定時の深夜1時更新が出来ず、お昼の更新になってしまった事をお詫びします。

最近の体調不良のせいもあって気力体力が低下してるのを感じる。この土日はゆっくりからだを休めながら、しっかり執筆作業に打ち込みたいな、と。そう思っております。

 

最後に。

 

 

こんな番組やってたなんて知らなかった。

TBSテレビ『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』


僕はこの手のバラエティー番組は観ないけど、本田翼さんが出演してるとなると話は別だ。

本田翼さんはほんとこういった進行役もできて、コメントも面白くてバラエティーに向いてる人だとつくづく思う。


 

www.tbs.co.jp

 


番組中、まだ彼氏とキスをしていないという女性に、中居正広さんがキスしたいでしょ? みたいに質問した時に、「中居さんがそれ言いますか」的なツッコミを入れるばっさー。


そのキレ味の鋭さよ。さすがは本田翼さん。

 

f:id:gklucky:20200801111013p:plain

「女性とキスしたいって思うんですか? 」

 



 〈次回お楽しみに〉