カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

『モコミ 〜彼女ちょっとヘンだけど〜』第7話 🟧〝ほっこり〟と〝癒し〟の応酬![weekly]賞 ノミネート!【後編】| 読むドラマ□Rebo case130

f:id:gklucky:20210319143151p:plain

f:id:gklucky:20210318153331j:plain

 

 

トミーの頭をなでる萌子美 その意味は?

 


🟧 今夜の第8話 放送は いつもより40分遅いよ!

恒例(なってる?)の 2時間まえ 公開!



 

テレビ朝日『モコミ 〜彼女ちょっとヘンだけど〜

 2021年1月23日(土) スタート!

毎週土曜 深夜 23:00〜

土曜ナイトドラマ」枠

 

〈記事は3月13日(土) 放送の第7話より いろいろと引用しています〉

 





 

□今回はこちら

f:id:gklucky:20210312221730j:plain

この「読むドラマ□Rebo」 については、記事の最後の方で紹介してるよ

 

 

 


 ✳️ 今回は【後編】です。

 【前編】がまだの方はこちらから

castella-a.hatenablog.com

 


 


(あのね、ネタバレ注意だよ)

 

 

 

 

🔶家出中の俊祐 夜

 

 

□清水生花店の配達車で車中泊

 

車の中でカップ麺を食べてる清水俊祐(工藤阿須加

 

「熱っ! クソッ!」とか言いながら食べてる。

〝いいお兄ちゃん〟役を降板した途端に、ガサツにもなってるかんじがする。


 

相変わらずカーステレオからはAdo『うっせぇわ』が流れてる。

 

ガサツになってんのはこの曲のせいじゃないかな。涙そうそうとかだったら、そうはならない気がする。いっそ 森田童子『ぼくたちの失敗』とか、いいんじゃないかな?

 

ま、この状況で聴かないか。もっと別の意味の〝ダークサイド〟に堕ちる危険性だってある。

 

 


そこへ岸田佑矢(加藤清史郎)が現れる。

車のフロントガラスをコンコンと叩く佑矢。

 

俊祐が、カップ麺の湯気で曇ったフロントガラスを手で拭う。ガラスを叩いたのが佑矢だとわかると舌打ちして、またカップ麺を食べる。

 


「お兄さん」「お兄さーん」と何度もガラスを叩く佑矢。

前々から言ってるけど、この子は〝まっすぐ〟なのよ。シカトされてるとかは感じないんだよね。

 



佑矢「聞きましたよ。お兄さん、花屋休んでるって」

すっかり〝お兄さん〟呼びになってる

 

俊祐「ハハッ…。なんで休んでるか聞いたの?」



佑矢「いえ、なんで休んでるんですか?」

俊祐「関係ねぇだろ!」



佑矢「あります」

俊祐「はあ?」



佑矢「お兄さんが戻るまで、萌子美さんに会えないんで」

 

ま、ま、まっすぐ〜〜

 


 

俊祐「チッ(舌打ち)関係ねぇだろ」

 

佑矢「萌子美さん。お兄さんが戻るまでお店 守るって言ってましたよ」

 

それだけ言うとバイトに戻る佑矢。

 



 

「チッ(舌打ち)店を守る? 何様だよ」

清水生花店の配達車のバックドアを開け、そこに座る俊祐が回想する。

 


花としゃべってるのを男子らにからかわれ、いじめられてる小学生の頃の萌子美。

そこへ兄(自分)が駆けつけて妹を助ける。

 

f:id:gklucky:20210320154714p:plain

「萌子美はお兄ちゃんが守るからな」

「うん」




 

「ヒーローごっこ やりすぎたんだよ」

 そうつぶやく俊祐。

 

 



 

🔶清水生花店

 

 

□店長不在 3日目

  

萌子美は常連のお客さんからの要望に応えるべく、俊祐のようにオーソドックスなアレンジメントを試みるが。


それだといつものように花たちが喜ぶことをしてあげられない。元気をなくす花たちを見ていられない。

 



そんな萌子美に気づいた依田涼音(水沢エレナが「どうしたの?」と声をかける。

 


萌子美「すいません…」

涼音「無理しないで。店長みたいなアレンジメントって言われてもわかんないよね」

 


桜井真由(内藤理沙

「どうする? 私たちが作ったのも、何か違う気がするし」

 

 

そこで思いつくんだよね。

俊祐の使ってる剪定バサミに聞けばいいじゃんって。

 


兄の剪定バサミを握りしめて目を瞑る萌子美。


 f:id:gklucky:20210320155009p:plain


でもこの時は、いつものモノとしゃべってる時とは違って、何も口にせず思いを通わせてるようなイメージ。

 


その後に、

萌子美「大丈夫です。私、作ります」

 


 

たとえるなら『監察医 朝顔で、解剖の前に朝顔が遺体に触れて「教えてください。お願いします」って言う、あんな感じかな。

別の局のドラマでたとえちゃってすいません。(局、関係なくない?)

 



そこから萌子美は意を決したように黙々と、兄が普段作ってるようなアレンジメントを作り、一日の仕事をやり終える。

 



 

その日の夜。

帰宅した萌子美が自分の部屋に入る時。いつもの「ただいま〜」はなく、ひどく疲れた様子だった。

 

 


 

 

🔶清水家 夜

 

 

□2日ぶりに帰ってきた俊祐

 

帰ってきた俊祐と玄関で顔を合わせた萌子美は「おかえり」と普段どおりに声をかける。

 

 

千華子(富田靖子も「あぁ、おかえり〜」と、何事もなかったように普通に声をかける。

 


伸寛(田辺誠一

「あっ、おかえり」

普通にしてるのが少しだけしらじらしい。そこがまた いい味だしてるお父さん

 


須田観(橋爪功

「おう! 久しぶり」

 おじいちゃんは相変わらず

 



それまで一言も発してなかった俊祐の第一声は「晩飯、何?」

ちょっとぶっきらぼうな言い方


 

千華子「あっ、鶏の唐揚げと筑前煮とほうれん草のおひたしと豆腐とワカメのお味噌汁」


 

俊祐「ふ〜ん」

 

千華子「もうできるから」

伸寛「手伝うよ」

 

 

俊祐「どうせ思ってんだろ? 家出まで中途半端だって」

千華子「別に思ってないけど…」

 

 

「ああ〜。中途半端だなぁ」

千華子「ちょっと…」

 


過剰に気をつかう家族の中で、おじいちゃんだけは少しスタンスが違う。

 

 


「中途半端ってのは なかなか すごいぞ」

 

 

「なかなかあきらめがつかなくなって、ずるずる続けたり いつまでもしがみついたり」

 

 

「中には中途半端がいけないっていう理由で、意味なく続ける人もいる」


 f:id:gklucky:20210320155813p:plain

 

「中途半端 いいじゃないか」

 



俊祐の肩をパンパンと叩いて「ハハハッ」と笑うおじいちゃん。

それには萌子美もにっこり。

 


伸寛「確かに…」

 


俊祐「ぜ…全然よくねぇよ」

「ああ?」

 

俊祐「腹へった」

 

 

千華子「ねぇ、何食べたの? どこに泊まってたの? お風呂入る?」

いつもの母に戻る

 

俊祐「うぜぇよ!」

千華子「うぜぇ?」

 


おじいちゃんが「うぜぇ」と口に出して(千華子、「うぜぇ」って言われてやんの?)みたいな顔して笑う。伸寛も萌子美もつられて一緒に笑う。

 


ようやく息子に「うぜぇ」と言われた母と。

初めて母に「うぜぇ」と言った息子。

 


俊祐「腹へった。飯、めし」

千華子「は〜い」

 

 

清水家に普通の日常が戻った。

 




 

🔶清水生花店

 

 

□帰ってきた店長

 

ここでもね。

普通に「おはよう」という挨拶があれば、他には何もいらない。

何も特別なことをしなくたっていい。普通に待っていてくれたんだから。


ここは俊祐がいることがあたりまえの場所。

 


その光景を見て萌子美にも笑顔が戻る。最近ちょっと表情が暗かったからね。

 


気分が少し晴れた萌子美が、店頭の花に「おはよう」と声をかけてから水をやる。

 

その瞬間に気づく。

 

 


萌子美の異変に涼音が「どうかした?」と声をかけ、真由が「頑張りすぎたから疲れてんじゃないの?」と言う。


 

涼音「無理しないで今日は帰ったら?」

真由「うん、そうしたら?」

 


萌子美「…じゃあ、帰っていいですか?」

俊祐「ああ」

 

 



 

🔶清水家

 

 

□ただの ヘビのぬいぐるみ

 

「ちょっと疲れたから、今日は休ませてもらっちゃった」と帰宅した萌子美はすぐに自分の部屋へ。

 


自分の部屋の前で、少しためらうんだよね。

部屋に入るのに、ちょっとばかり覚悟が必要だった。いや、心の準備かな。

 


 

萌子美は「ただいま」も言えず。

帰ってきた萌子美に、何も言ってくれない部屋にあるモノたち。

 

f:id:gklucky:20210320160351p:plain

トミーまでも、ただのぬいぐるみになってる。

 

萌子美はそのトミーを抱き、頭をなでる。(冒頭の画像)

 




 

🔶いつもの公園

 

 

□しゃべれなくなった萌子美

 

デリバリーのバイト中の佑矢が、公園にいる萌子美に気づき「お花としゃべってるんですか?」と声をかける。

 


萌子美「何も聞こえない。しゃべれなくなった」

佑矢「えっ?」

 


萌子美「お花たちも、モノたちも…」

 

 

「トミーとも」

 

 

 

 

(第7話 おわり)





と、ここで

 

Castella Drama Award 2021

 

瞬間最高感動シーン〝weekly〟賞

ノミネートシーン発表

 

 

対象 【3月第3週】 3月14日(日)〜3月20日(土)までに放送されたテレビドラマ(インターネット配信も含む)◇〝weekly〟 賞 は3月21日(日) 発表予定

 




なお、今回の『モコミ 〜彼女ちょっとヘンだけど〜第7話は13日(土)放送なので、日にち的にいうと【3月第2週】の対象なんだよね。

 

 

本来、その週に放送されたドラマの選考期間の〆切は土曜日(23:59まで)にしてるので、毎週土曜23時放送の『モコミ』の扱いが難しい。

 

そこで、週末(金・土)に放送されるドラマに関しては翌週に持ち越せるという特例を設けることにした。

 

ちょっと一瞬ややこしいけどね。浸透するまでは「あれ? これ間違ってない?」ってなるかもだけど。そこらへんは徐々に。




で、対象シーンは。

 

 家出から戻った孫・俊祐に対しての、おじいちゃん・須田観(橋爪功)の「中途半端ってのは なかなかすごいぞ」から、「中途半端いいじゃないか」までの名言シーン!

 

 

ここは清水家の、家族みんなの心あたたまる とてもいいシーンだったので。流れを止めないよう、今回はあえて割り込みせずに最終的な発表にしてみた。

 



 

萌子美とトミー。

どうなっちゃうのか?

 



トミーはこう言ってるので、参考まで。

 

 トミーのアカウントtweet

 

 

 

 

 

 

f:id:gklucky:20210304151231p:plain

f:id:gklucky:20210302120145j:plain

 

「読むドラマ□Rebo」とは?

 

 

週に30本近く、月に100本以上をチェックしている信頼と実績の(?)

 

〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラがお送りする、テレビドラマを読んで楽しむエンターテイメントコラム

 

 

f:id:gklucky:20210302115518j:plain

【重要】先にドラマを観ることをおすすめしてます

 

 

 

テレビ朝日『モコミ 〜彼女ちょっとヘンだけど〜』第8話 放送 5時間まえtweet

 

 


 

 

 

 

 🟧 【編集後記】


今夜のテレビ朝日は、広瀬すずさん主演の スペシャルドラマ『エアガール』放送の影響で『モコミ 〜彼女ちょっとヘンだけど〜』が40分、後ろにズレてんのね。


おかげでって言うのもヘンだけど、余裕を持っていつもの直前公開にたどり着けた。


基本的に2時間前に公開したいんだよね。

最近では最新話が始まる前に、訪れる人が増えてきてるのを実感してる。





今回はさらっと。報告だけ。


連日お伝えしているにほんブログ村のランキングでの、『カステラ書房の毎日』の動向!



にほんブログ村

🔶ついにTOP16位⁉︎



✴️ テレビドラマ部門 ランキング【IN 順】

f:id:gklucky:20210320212926j:plain

 

 

 目標まで、あと一つ!



40分の放送時間の遅れで、「あと40分ある」と余裕こいてたら結果ギリギリになってしまい、現在慌ててる。

なにやってんだか。


 


最後まで読んでくれてありがとう!

 



ご覧の記事は

 『カステラ書房の毎日』がお送り

しました ♬

 

f:id:gklucky:20210304235148j:plain

「したむきちゃん」阿倍カステラ©️

 

 

 

🟧 またね