カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』最終話 🟥 〝ドS〟迷走の果て&鬼編集長は戻ってくるのか?【後編①】| 読むドラマ□Rebo case135

f:id:gklucky:20210325204654p:plain

f:id:gklucky:20210323192725j:plain

 

鬼編集長は戻ってくるのか?

奈未の表情が物語る

 

 

TBSテレビ『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で

 2021年1月12日(火) スタート!

毎週火曜 22:00〜

「火曜ドラマ」枠

 

〈記事では3月16日(火) 放送の最終話より いろいろと引用しています〉

 

✳️ 最終話 視聴率は 13.2%

(これまでの視聴率は本記事のラストに掲載)

 

 

 

 

 

 □今回はこちら

f:id:gklucky:20210323182821p:plain

 〝読むドラマ□〟についての説明は最後の方で

 

 

 

 

 

✴️ これは【後編①】だよ。【前編】がまだの方は、こちらをどうぞ

castella-a.hatenablog.com

 


 

(あのね、ネタバレ注意だよ)

 

 

 

 

🔶サプライズの仕切り直し

 

 

□MIYAVI 編集部

 

hinata(小野莉奈)の再撮影の段取りでバタバタと忙しい編集部一同。

 

 

鈴木奈未(上白石萌音和泉遥(久保田紗友の二人が、外注スタッフとのスケジュール交渉にもたついていると、すかさず 中沢涼太(間宮祥太郎)が間に入って頭を下げて上手く取りまとめてくれる。

 

 

 

「さっきはありがとうございました」とお礼を言う奈未と遥。

 

 

中沢「あぁ。いや、ああいう時 助け合うために仲間がいるんだろ」

 

 

奈未「やっぱ中沢さん、いいこと言い過ぎです。日めくりカレンダー作りましょう」

中沢「はあ?」

 

 

ちょっとねー。奈未が食い気味に言っちゃってるんで。先輩を小バカにしてるというか、イジりの方が先走ってるような印象。

たった今 感謝してたのが、本当なのか疑いたくもなる。

 

 

奈未「あの、一日ごとにツンとデレのやつです」

中沢「それ 誰が買うの?」

 

奈未「それはちょっと わかんないですけど」

「ツンが来て、デレが来る」

まあ、言ってることは面白い

 

 

笑いながらやり取りする二人。

当人のドS 先輩が笑ってるからね。外野が口出しすることじゃないね。

 

そんな二人を見て、面白くないのは遥さんかな。

 

 

 

 

 

🔶〝ドS〟が迷走する おかしな二人

 

 

□退社時 夜

 

自転車で走ってきた中沢が、前を歩いていた遥に「和泉、お疲れ」と声をかけ通りすぎる。

 

そんな中沢を遥が呼び止めて言い放つ。

 

 

「中沢さんって、ドMですよね」

 

 

中沢「はあ? 何言ってんだ。急に」

「だって。そっちに行ったら報われないって、自分でわかってるのに。報われない方 報われない方ばっか行って」

 

 

中沢「あぁ。いや、それは…」

 

「自分に対しても、ドS っていう説もあるだろ」

 

 

いや、中沢さんってば「ドS 先輩」ってイジられすぎて、ちょっとおかしくなってきてる説もあるでしょ。

 

 

「じゃあ、もし。私とデートして、クソつまんなかったら、ドS の中沢さんは嬉しいですね」

〝ドS〟の定義がおかしなことになってない?

 

 

中沢「はあ。何だ、それ」

「じゃあ、もしクソ楽しかったら?」

 

 

そっぽ向いていた中沢の肩を叩き、人差し指を立てる遥。振り向いた中沢の頬に指がささるというアレをやってから。

 

 

f:id:gklucky:20210325210244p:plain

「問題あります?」

 

中沢「和泉、お前なかなかやり手だな」

 

 

この時の遥さんって、しゃべり方がいつもより可愛く感じた。それはもちろん、中沢さんと二人きりだからでしょ。

 

だとしても。あの肩ちょんちょんのほっぺたぶすっは、違和感の方が強かったな。単に可愛らしさを狙ったってことでいいんだよね?(演出の話)

 


僕の見方が、現在放送中のMBS毎日放送ホリミヤの、堀京子に引っ張られてるんだと思う。

どちらかというとクールビューティなイメージの久保田紗友さんが、可愛らしく見えてきてるから。その可能性はかなりある。



またスピンオフの方の流れだとしたら、ごめんなさい!

見てないので。的外れなことを言ってるかもしんない。

 

 

 

 

 

CM前の予告映像がこの後の展開をあおる

 

f:id:gklucky:20210325211634p:plain

いつものテロップの文言をチェック!

 

「秘めた過去…鬼編集長の涙」

「ボス恋LINEスタンプ大好評発売中‼︎」

 

らっ、ら、LINEスタンプ⁉︎

ドラマの展開と関係ないし! どさくさにまぎれて、商売っ気だしてきてんじゃん。

 

 

 

 

 

🔶新生『MIYAVI』もうすぐ完成

 

 

 

音羽堂出版 備品管理部

 

宝来麗子(菜々緒が出社すると、デスクの上に新生『MIYAVI』の校正刷りが置かれている。

 

 

□MIYAVI 編集部

 

その原稿を持って麗子は「これ、戻しにきた」と編集部に訪れる。

 

 

鈴木奈未(上白石萌音

「えっ、読んでないんですか?」

 

麗子「どうして 私が読まなきゃいけないの?」

「何度も言うけど、私はもう あなた達の編集長じゃない」

 

 

原稿を置き帰ろうとする麗子に、「戻ってきてもらえませんか」と中沢涼太(間宮祥太郎)が直談判する。

 

中沢「MIYAVI には、やっぱりあなたが必要だと思います」

 

 

それでも何も答えることなく編集部を出て行く麗子を、奈未は走って追いかける

 

 

奈未「私も小さいですけど、記事 書かせてもらいました。編集長に教えてもらったこと、全部込めました」

「どうしても読んでもらいたいんです。お願いします」

 

原稿を差し出し頭を下げる。

受け取ろうとしない麗子に無理やり原稿を預け、逃げるように走っていく奈未。

 

 

 

 

備品管理部へと戻るエレベーターで、麗子は副社長 宇賀神慎一(ユースケ・サンタマリアと一緒になる。

 

麗子「副社長」

宇賀神「副社長。その役職も、もうすぐ変わるかもしれません」

 

麗子「お疲れさまでした」

 

宇賀神「麗子さん」

 

f:id:gklucky:20210325213319p:plain

「責任も あんまり取りすぎると、他の人が取る責任がなくなっちゃうので」

 

 

「もう少し みんなに、責任を分けてあげてくださいよ」

 

 

「時には周りに頼ることも必要です。人ってそんなに強くない。完璧じゃなくていいんです」

 

「ちなみに、僕ならいつでも頼ってくださいね」

 



 だいぶ前から副社長の発言ってイケメンだよね。

発言がイケメンって、意味不明な言葉だけど。

それに今回は良い上司の発言だ。

 

 



 

□備品管理部

 

『MIYAVI』の原稿をチェックする麗子。

一枚ずつ原稿をめくりながら、最初は少し微笑んだりしてたけど。


次第に過去の自分を思い出す。

憧れしかなかった子どもの頃に、めくっていたファッション誌への想いが重なって涙をこぼす。

 

 

 

 

 

🔶戻ってきた鬼編集長

 

 

□MIYAVI 編集部

 

麗子「読ませてもらった」

 

「時代と共に移り変わっていくのが雑誌であり、そしてファッション。

でもどんなに時代が変わっても、いつまでも変わらないものがある」

 

 

「それは作り手の情熱」

 

「この仕事は、夢の一瞬を提供すること。

あなた達の作った『MIYAVI』には、その力がある。とても素敵な時間だった」

 

 

「一つお願いがあるの。もう一度 やらせて」

 

f:id:gklucky:20210325214217p:plain

「あなた達と一緒に」

 

 

一同拍手!

 

奈未「おかえりなさい。編集長」

 

照れくさそうな麗子

 

 

 

 

麗子が戻り、以前にも増して活気づく編集部。

 

副編集長が「新生『MIYAVI』創刊号」って言ってたから、もしかすると第4号ってことじゃないのかもね。

 

 

とにかく原稿は戻ってきた編集長によるチェックを経て「責了」となり、歓声を上げる編集部一同。


そんな賑わいの最中、奈未のスマホ尾芦一太(亜生 / ミキ)から電話がかかる。

 

 

 

 

 

🔶理緒の手術 付き添った潤之介

 

 

□南青山総合病院

 

手術はすでに終わっている。

術後の心配をする 宝来潤之介(玉森裕太

 

 

蓮見理緒(倉科カナ

「やっぱり、プロとしてはもう難しいかも」

 

「でもねジュンちゃん。私 夢に向かって頑張れたこと、後悔してないよ」

 

 

潤之介「そっか」

理緒「うん」

 

さりげなく理緒のバッグを持って「行こう」と、先を歩いていく潤之介。

理緒が「ジュンちゃんはどうなの?」と問いかける。

 

 

理緒「ジュンちゃんは後悔してない?」

潤之介「俺?」

 

理緒「そうだよ バカ」

「ジュンちゃんが後悔してるかしてないか聞いてるの」

 

「私が手術に付き合ってほしいって言ったのは、最後にいっぱいの優しさをもらって、ふんぎりをつけたかったから」

 

「ごめんね。わがままばっかな女で」

 

「でも。私はもう大丈夫」

潤之介が手にしてるバッグを自分の手で持つ

 

「だから…。ジュンちゃんも、もっとわがままになっていいんだよ。ねっ」

 

 

「頑張れ、宝来潤之介!」

 

 

潤之介の肩を叩いてから思いっきり体を押す。

少しよろける潤之介。その力の入れ具合に思いの強さがこもってる。

 

 

優しくしてもらった分のお返しじゃないけど。潤之介の優しさにつられて、周囲の人も優しくなっていくのかもしれないね。

 

時にそれが自分にとってつらい選択になったとしても。相手を思いやる気持ちを最優先するんだ。

 

 

 

 

理緒と別れて。ちょうど病院を出たタイミングで、潤之介のスマホに尾芦からの着信が。

 

 

潤之介「もしもし尾芦君?」

 

奈未「奈未です」

潤之介「えっ?」

 

 

奈未「私、連絡先消しちゃったから」

 

「潤之介さん、お願いがあります」

 

f:id:gklucky:20210325220457p:plain

「私の彼氏になってください」

 

 

潤之介「彼氏?」

奈未「はい。フリでいいんで。明日一日だけ」

 

 

潤之介「うん。わかった」

 

 

 

ここにきて、二人が出会った頃と同じようなシチュエーションに展開してるけど、どういうこと?

 

 

まあ、話しの流れ的にはここで切るのがベストなので、【後編①】はここまで。

 

次回、【後編②】が本当に最後となる。(よね?)

 

 

 

 

 

TBSテレビ『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で

和泉遥 役 久保田紗友さんの、最終話 放送前 tweet

 

 

 

 

 

f:id:gklucky:20210304151231p:plain

f:id:gklucky:20210302120145j:plain

 

「読むドラマ□Rebo」とは?

 

週に30本近く、月に100本以上をチェックしている信頼と実績の(?)


〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラがお送りする、テレビドラマを読んで楽しむエンターテイメントコラム

 

 

f:id:gklucky:20210302115518j:plain

【重要】先にドラマを観ることをおすすめしてます

 

 

 

🟧 【編集後記】

 

後のことは【後編②】に託すとして。

今回も、ここは短めに終わりたい。

 

公開時間が迫ってきてるので。

 

 

 

 

✳️TBSテレビ『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で

これまでの視聴率

 


第1話 11.4%

第2話 11.3%

第3話 11.0%

第4話 11.6%

第5話 10.8%

第6話 11.8% 

第7話 11.4%

第8話 11.8%

第9話 12.0%

 

で、最終話がこれまでの最高視聴率13.2%

 


 

 

 

『カステラ書房の毎日』

 

f:id:gklucky:20210304235148j:plain

「したむきちゃん」阿倍カステラ©️

 

 

 🟧  またね