カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

『青のSP ー学校内警察・嶋田隆平ー』最終話 🟥 藤原竜也さんの 命懸けの授業【後編②】| 読むドラマ□Rebo case142

 

f:id:gklucky:20210330195853p:plain

f:id:gklucky:20210319145814j:plain

 

これで最後 嶋田隆平との別れ

 

 

関西テレビ『青のSP ー学校内警察・嶋田隆平ー』

 2021年1月12日ー 3月16日

毎週火曜 21:00〜

フジテレビ系「火曜21時」枠

 

〈記事は3月16日(火) 放送の最終話より いろいろと引用してます〉

 

 

✳️ 最終話 視聴率は 9.6%

(これまでの視聴率は本記事のラストに掲載)

 

 

 

 あれから僕は。

『青のSP』が毎週放送されていた頃を時々思い出す。

いつまでも終わらせたくなくて、僕はこの【後編②】を書かずにいたのかもしれない。

 

 

 

いや?

 

あれ?

 

 

実は…。

 

これは、ただのオープニングジョーク!

 

【後編②】の執筆が遅れてしまったことをごまかすための、とんだ戯言。

 

 

公開が予定よりだいぶ遅れてしまって、ほんとすいません!

さっさと本編へ、行きましょう。

 
 

  

□今回はこちら

f:id:gklucky:20210312221730j:plain

この「読むドラマ□Rebo」 については、記事の最後の方で紹介してるよ

 

 

 

 ✳️これは【後編②】です。

【前編】【後編①】がまだの方はこちら

castella-a.hatenablog.com

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

 

 (あのね、ネタバレ注意だよ)

 

 

 

🔶嶋田隆平 魂のホームルーム は前回の話

 

□令和のドラマ史に残る名シーンの 気になるその続き

 

 

ずっとそこに潜んでいたのかは定かではないけど、男子トイレに隠れていた 岡部昌浩(遠藤雄弥)が、3Dプリンターで作った拳銃を手に動き出す。

 

「残念でした。昨日の夜からとっくに入ってるよ」と、警察の警備を嘲笑いながら男子トイレを出ていく岡部。

 

 

 

 

3年1組の前 廊下

涌井と尾崎。二人の生徒が絡む一連の謎の真相も分かり、一旦教室の外に出て浅村涼子(真木よう子と話をする 嶋田隆平(藤原竜也)。

 

 

嶋田「香里は警察が嫌いだった。人を疑う仕事だから」

「学校ってところは本来、そういう人間がいちゃいけない場所なのかもな」

 

 

浅村先生に「最後まで迷惑かけたな」と嶋田は詫びる。

 

 

 

 

 

🔶最終話特別企画

【嶋田語録①】

拳銃で撃たれた後輩に「役立たず」

 

三枝弘樹(山田裕貴が、(生徒用)昇降口付近を歩いている不審な人物を目撃し声をかける。

 

もちろんその人物は岡部。三枝もすぐに気づくが時すでに遅し。岡部に拳銃で腹部を撃たれてしまう。

 

 

 

その銃声を聞いた嶋田が昇降口に駆けつける。

そこには横たわる三枝が。

 

 

嶋田役立たず、大丈夫か?」

 

ま、ま、まさかの「役立たず」呼ばわり⁉︎ !銃で撃たれて倒れてる人に言う言葉じゃないよ。でもこれが嶋田さん。

 

 

三枝「俺のことはいいから、早く行ってください」

 

そう。今はそういう状況。一刻も早く現場に駆けつけないと、生徒たちに危険が迫ってる。

 

「こんなとこで くたばんなよ」と、嶋田は教室へと走る。

 

 

 

 

 

🔶嶋田隆平 命がけの授業

 

□〝情報屋コンビ〟翔子&一樹 最後の活躍!

 

 

岡部「静かにしろ! 動いたら撃ち殺すぞ」

拳銃を手に岡部が教室に乱入する

 

 

涼子「岡部先生、何考えてるんですか? この子たちは教え子だったんですよ」

 

 

岡部「ええ。その教え子のせいで僕の人生 台無しですよ。なあ? 涌井、尾崎」

(先生口調で)「ほら、さっさと前に出てきなさい」

 

「早くしろ!」

大声で怒鳴る

 

 

 

涌井美月(米倉れいあ)尾崎香澄(鈴木梨央が恐怖で震えてる。

二人を守るように涼子が彼女らの前に立つ。岡部は天井等に3発ほど発砲して本気で脅しにかかる。

 

 

岡部「こいつらとスクポリさえ殺したら、僕も死ぬから。だからこれ以上、邪魔しないでくださいよ」

 

本当に自分も死ぬ気みたいだからね。こういう人はヤバい。

 

 

 

 

 

🔶最終話特別企画

【嶋田語録②】

拳銃で撃たれた中学生に「ヒーローになりそこねたな」

 

□まずは真田一樹が動く

 

 

こんな危険な状況にも関わらず 真田一樹(中川翼)はチャンスを窺ってる。若さ故に怖いもの知らずか。

岡部が涼子に気を取られている隙に真田が飛びかかる。

 

岡部は元教え子とか関係なく迷わず撃つのよ。真田は足を撃たれてしまい倒れる。

 

 

でもすごい勇気だよ。こんなことなかなか出来るもんじゃない。率先してトイレ掃除するくらい、出来るもんじゃないよ。(いや、もっとでしょ)

スクポリ嶋田の情報屋としてのプライドが彼を突き動かしたのかもしれない。(んなこたぁ〜ない! タモさん風)

 

 

岡部「おい、真田。無駄弾(だま) 使わせるんじゃないよ。お前いつからそんな正義漢ぶるようになったんだ?」

 

 

真田「うるせぇ、ううっ」

撃たれた足が痛い

 

 

そこへ嶋田が駆けつける。

 

 

岡部「やっと役者が揃ったな。じゃあ まず、嶋田さん。あんたからだ」

 

 

銃口を向けられてんのに岡部なんて無視で、「ヒーローになりそこねたな」と真田の元へ一直線に向かう。すぐに真田のベルトを外し止血のために足を縛り応急処置をとる。

 

 

 

岡部「おいっ、人の話 聞いてんのか!」

嶋田すぐに遊んでやるから待ってろ

何気にこれも【嶋田語録】的セリフ

 

 

 

 

 

🔶【最終決戦】警棒の嶋田 VS 3Dプリンター銃の岡部

 

 □まさかの狙撃ワンポイントレッスン!

 

 

ついに嶋田が警棒を手に岡部と対峙する。

 

岡部「は、そんなもんで拳銃に勝てるとでも?」

嶋田「お前の へぼい腕ならな。何とかかわせる」

 

 

岡部「だったら試してやるよ」

 

 

「いいか? 狙うなら、ここか…」

警棒で頭を示してから

 

 

f:id:gklucky:20210330203412p:plain

「ここだ」

胸を叩く

 

 

「そこに当てなきゃ、自分がやられると思えよ」

 

覚悟が違うんだよね。拳銃を前にしてもビビったりしない。むしろ警棒があるから互角ぐらいに思ってそう。

 

 

 

□死闘のスローモーション

 

ここからはスローモーションで展開される。

文章をスローモーション風には書けないのがもどかしい。いや? やってみようかな…。(やめとけ!)

 

 

 

岡部に撃つ箇所の指導を終えた嶋田が先制攻撃に出る。

向かってくる嶋田に岡部が発砲するが、その銃弾を寸前で避けるからね。映画『マトリックス(1999年 アメリカ映画)のように。

 

 

銃弾を避けた嶋田は、その勢いのまま岡部の意表をつくかのように、生徒の椅子に足をかけ大ジャンプ!

 

しかし岡部はその動きに反応して二発目を発砲。空中を舞う嶋田に命中する。

撃たれた箇所が、嶋田が自ら指導した箇所からわずかにズレたのが不幸中の幸いだった。

 

 

被弾した衝撃により空中でバランスを崩し嶋田が床に着地する。その動きに合わせてとどめを刺そうと岡部が銃口を向ける。

 

 

 

その瞬間、三村翔子(吉柳咲良)がスティック型ライトを岡部の目に当てる。ピカー!(ピカチュウじゃないよ)

 

 

f:id:gklucky:20210330204424p:plain

🔶三村翔子のナイスアシスト!

 

 

□ピボットくんのキャラクターグッズより断然役に立つ

 

それは嶋田からご褒美としてもらった「痴漢の撃退くらいはできる」ライト!

 

 

この〝目くらまし攻撃〟のおかげで、岡部が撃った三発目の銃弾は大きく外れる。それにより嶋田が反撃するチャンスが訪れる。でかしたぞ、三村翔子! 

 

 

 

上記の【参考画像】左端の生徒が笑ってるように見えるけど…。恐怖のあまりにそういう表情になったのだろう。きっとそうだろう。

 

 

 

 

 

🔶命を懸けた手錠

 

□必要のない喩え話もあるよ!

 

 

嶋田は警棒でおもいっきり岡部の顔を横殴り!

その衝撃で吹っ飛んでいく岡部の腕をつかみ、電光石火の一本背負いを見事に決める。

 

 

その圧倒的スピード感と一瞬の判断能力。それに最後の最後に大技を決める勝負強さたるや、目を見張るものがある。

 

 

喩えるならその〝スピード感〟は〝野人〟のニックネームで知られる岡野雅行選手が全盛期の頃に。自分が前方へ出したパスに、敵DFを振り切って自分で追いついた場面のよう。

 

喩えるならその一発で決める〝勝負強さ〟は、日本がFIFAワールドカップ初出場を決めた〝ジョホールバルの歓喜〟での、岡野雅行選手の延長戦ゴールのような決定力! わかる?(喩えが長いし古い!)

 

 

役名の「岡部」に引っ張られたことによる、ただの「岡」つながりで〝岡野選手〟投入となった。ただそれだけの事なんで、イマイチだったな〜と反省!

 

 

 

しかもスローモーションになってからのシーンを、こんなに事細かに振り返ってたらいつまでたっても終わんないよー。

 

〝野人岡野〟とか〝FIFAワールドカップ〟とか、関係ないのよ!

『青のSP』の「青」は、日本代表の青じゃないんだから!

 

 

とにかく嶋田さんがあれだけ集中して一気に決めたのは、自分が銃で撃たれた事が理由だったはず。

 

もう一度岡部と取っ組み合いになったら、いくら嶋田さんでもキビしい状況だった。だから手錠を岡部の片手にかけて、もう一方を自分にかけたんだよね。

 

拘束するだけなら岡部の両手にかけて、他の警察官の到着を待てばいい。学校周辺には何人もの警察官がいたんだし。

 

 

だけど嶋田さんは、たとえ自分が動けなくなったとしても岡部を逃がさないように手錠を自分にもかけた。

日本の刑事ドラマではこっちの手錠の掛け方は、あんまり見かけないね。ルパンと銭形警部じゃないんだからさ。

【注釈】テレビ朝日系の刑事ドラマは見てないのでデータ対象外

 

 

 

そう考えると、浅村先生に「ここは危険だ。子どもたちを連れてけ」と言った嶋田さんの気持ちが伝わってくる。命懸けだったんだよ、ほんとにもう!

 

 

 

 

🔶最終話 特別企画

【嶋田語録③】

本気で心配してる生徒らに「うぜぇよ」

□最終話にやりがちな「生徒紹介」もあるよ!

 

 

凶弾に倒れた嶋田…って死んでないって!

でも大変な状態に変わりはない。心配する生徒らが涙ながらに嶋田に声をかける。

 

 

そんな場面で、生徒の紹介まで挟もうっていうんだから、無茶すぎるよ!

 

 

市原健太(奥智哉

「こんなに血が出てんのに、ほっとけねーよ」

 

◇奥智哉くんは『監察医 朝顔で、忍ちゃんの息子さん 桑原勇太役やってた。

 

 

 

西田雄一(池田優斗)

「やだ、あんた1人だけ置いていけっかよ!」

 

◇池田優斗くんは NHK『ここは今から倫理です。』にも出演してたんだよ。谷口恭一役。

 

 

 

翔子「スクポリ死なないでよ。死なないで」

 

三村翔子役の吉柳咲良さんについてはもう説明の必要ないね。(ここにきての手抜き?)

 

 

 

泣きながら心配してる生徒らに対して嶋田は、

 

 

「うぜぇよ お前ら。早く行け」

 

(浅村先生に)

「この子たち守るのがあんたの責任だろ?」

 

「早く行けって!」

 

 

その言葉を受けて

涼子「わかりました」

「みんな早く校庭に! 急いで、早く‼︎」

 

「必ず、救急隊員連れてきますから」

そう、それが一番大事!

 

 

 

 

 

🔶エンディングと呼ぶには 長すぎる話

 

 

□浅村涼子について僕が思うこと

 

涌井美月と尾崎香澄による犯行を自白させたシーンと、岡部から生徒らを守ったシーンの舞台は同じ3年1組の教室だった。

 

嶋田はまるで教師にでもなったかのように、生徒に大切な何かを教えているようでもあった。

その〝何か〟とは、生徒それぞれに違う何か。

 

 

 

そんな嶋田がいる教室に、最後に訪れたのは小川香里。

 

横たわる嶋田の頬にやさしく触れて(冒頭の画像)、香里が聞く。

 

 

「あの子たちに守る価値はあった?」

 

 

「あぁ、十分な」

 

そう答えた嶋田に、香里は「ありがとう隆平」。

 

  

 

ここで長きに渡った3年1組の教室でのシーンは幕を閉じる。

 

 

 

 

 

 🔶そして、ラストシーン

 

 

□「浅村涼子」へという終わり方

 

これでもうほとんど、ストーリーとしては終わりなんだよね。

 

この記事を読んでもらってもわかるように、もう早い段階で僕はお腹いっぱい!

 

 

【後編①】で書いた「令和のドラマ史に残る珠玉の名シーン」で終わっても文句はないくらいに満足できてた。

 

 

最後はお腹いっぱいで、「もう食べられないよー」という状況での小川香里先生の登場。

 

でもね。小川先生を受け入れる分くらいは別腹として残してたんだ。

 

 

 

第6話でのお好み焼き屋のシーンを思い出す。

 

担任でもない他のクラスの生徒を気にかける小川先生に対して、

 

「赤の他人の子供を育てること、そのやりがいなんて俺には一生わからないよ」と言ってた嶋田。

 

「赤の他人を守る警察官が何言ってんだか」と笑ってた小川先生。

 

 

 

 

ラストシーン

 

交番勤務になった嶋田を訪ねた涼子。

銃弾に倒れたあの日の話をする嶋田。

 

 

嶋田「病院に運ばれる途中、香里の夢を見たんだ」

 

涼子「小川先生の…?」

 

嶋田「学校で暴れた俺に、あいつが言うんだ」

「ここは私の聖域だ。断りもなく好き勝手 暴れないでって」

 

「目が覚めてあんたの演説をネットで見た」

 

「いつか本当に学校が、警察なんて必要のない場所になるといいな」

 

 

 

 

 f:id:gklucky:20210402054643p:plain

 

 

なんか、キレイにまとまったラストだったなあ。

 

皮肉にも思えるような文字面だけど、これは讃辞。

さっきも言ったけど、中盤あたりで僕はすでに満足していた。それくらいに面白くて、盛りだくさんな内容にも関わらずバランスの取れた良い作品だった。

 

 

となってくると逆に。

あまりベタ褒めで終わるのも芸がないなって事で、はぐらかし程度の話をちょっとしたい。

 

 

 

 

□「最高のドラマ」にあえて残念な点を

 

残念な点を挙げるとすると。

それはやはり浅村涼子役の真木よう子さんだと思うんだよね。

 

 

ドラマの通例だと彼女の、あのポジションは「ヒロイン枠

でも到底 ヒロインって感じではなかったよね。

 

申し訳程度に、三枝さんが(急に後半から)浅村涼子を気に入ったような事を言い出すくだりはあったけど。それも中途半端だった。

 

 

全体的に硬派なストーリーだから、取って付けたような恋愛パートは必要なかったという考え方もできるんだけど。

 

その程度のことなら僕もスルーするよ。ただね。唯一引っかってるのは…。

嶋田さんがラストのくだりで、浅村涼子が一瞬 小川香里に見えたというセリフがあったんだよね。

 

 

あの事件の後に浅村涼子がマスコミ相手にした演説のようなシーン。

 

小川先生と浅村先生を結びつける重要なシーンだったんだ。実際はもっとね。

 

 

 

だから浅村涼子って役は、下手すると嶋田隆平に好かれるくらいの魅力があった方が良かったんだよね。

 

そう。単に女性としてじゃなく、人間としての魅力の話をしてる。

 

 

チョイ役なら別にいいんだよ。

でも重要な役だったんだって、藤原竜也さんの演技からはそういうメッセージが受け取れるもんね。

 

な〜に言ってんだか。

 

 

ただ僕はこのドラマが大好きだったし。

藤原竜也さんに魅了されもした。

このドラマを見たことによって、以前にも増して藤原竜也さんが好きになった。

 

 

それと。明日海りおさんによる小川香里先生の役が最高に良かったと思ってるんで。

上記の話はその反動かな。

 

 

 

以上。

読んでくれてありがとうございました。

 

 

 

 

 

藤原竜也 STAFF tweet

 

 

 

 

 

f:id:gklucky:20210304151231p:plain

f:id:gklucky:20210302120145j:plain

「読むドラマ□Rebo」とは?

 

週に30本近く、月に100本以上をチェックしている信頼と実績(?)

 

〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラがお送りする、テレビドラマを読んで楽しむエンターテイメントコラム

 

f:id:gklucky:20210302115518j:plain

【重要】先にドラマを観ることをおすすめしてます

 

下記の二人はとっても重要な役を見事にやってのけたよ

 

 

✳️尾崎香澄 役

鈴木 梨央 – jobbykids

 

✳️涌井美月 役

米倉れいあ(ヨネクラ レイア) | ホリプロオフィシャルサイト

 

 

 

🟥 『青のSP ー学校内警察・嶋田隆平−』読むドラマ□シリーズの過去記事まとめたよ!

 

 

赤嶺中学3年1組 生徒たちのプチ情報もあり

 

 

「順番がわかんない」「◯話が見つからない」など。いろんな声に答えてるために、まとめページを作ったのさ。

 

読み逃してる記事はない?

チェックしてみてよね。

 

ちょくちょく更新してる赤嶺中学3年1組の生徒情報もあるよ!

 

 

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

🟧 【編集後記】

 

これで本当に終わったのか…。

記事の題材としても人気のドラマだったので、お別れするのがとてもさみしい。

 

 

しつこいようだけど。

僕は真木よう子さんについて批判はしていないんだよね。むしろ、

 

 

彼女が主演した

フジテレビ『問題のあるレストラン』(主演 真木よう子 2015年1月-3月放送)は、僕のベストドラマの一つだ。田中たま子役はとてもいいキャラクターだった。

 

 

フジテレビ『最高の離婚(主演 瑛太 2013年1月-3月放送)だってしかりだ。

上原灯里役は彼女らしさが詰まった魅力あるキャラクターだった。

 

 

挙げるとキリがないけど。

フジテレビ『遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜(主演 瑛太 2012年10月-12月放送)の、二階堂かほり役だってそうだ。

 

 

あれ? フジテレビが多いね。

『かもしれない女優たち』『セシルのもくろみ』もそうだし。

 

 

そういうことなんだ。(え、どういうこと?)

 

 

 

さて、4月がスタートした。

巷では「カステラドラマアワード2021」が本格的に動き出すという噂が流れているとか、いないとか。

 

 

そんな中(どんな中?)、『カステラ書房の毎日』は、先日からブログ村に続き「人気ブログランキングにも参加してるんだよね。

 

 

今朝[2021/04/02]の時点で、なんとドラマ部門で TOP10 入り!してる!

 

f:id:gklucky:20210402070648j:plain

現在、8位だってさ。

 

 

 

ちなみにブログ村の方は、テレビドラマ部門【IN 順】で15位。この辺りで停滞している状況が続いてる。

 

f:id:gklucky:20210402070714j:plain

この事についてはまた報告するよ。

 

 

 

 

それにしても『青のSP』最終話の記事は

 

【前編】       5,654字

【後編①】   5,713字

【後編②】   6,738字

 

合計18,105字!

【後編②】については途中での文字数なので、最終的には20,000字近くなるよ。

 

よくもまあ、こんなに書いたな。

全部読んでくれてる人ってどれくらいいるんだろう?

読んでもらえてなかったら20,000字も、言うほど意味ないね。

 

そんなことを考えながら、さっそく今日も次の執筆をするカステラであった。

 

 

 

 

 

『青のSP ー学校内警察・嶋田隆平ー』

 □これまでの視聴率

 

第1話 8.9%   (12.7%)

第2話 8.3%   (11.8%)

第3話 8.0%   (12.4%)

第4話 8.5%   (11.5%)

 

第5話 7.9%   (12.8%)

第6話 8.5% (11.4%)

第7話 8.7%   (12.2%)

第8話 8.7% (10.8%)

第9話 8.6%    (12.4%)

 

 (カッコ)内は関西 

最終話は 9.6% でした。

 

 

 

 

ご覧の記事は

『カステラ書房の毎日』がお送りしました ♬

 

f:id:gklucky:20210304235148j:plain

「したむきちゃん」阿倍カステラ©️

 

 

 

🟧  したっけね