カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

『部長と社畜の恋はもどかしい』第1話🟧三森さとみ役 小野莉奈さん &〝ラブコメ〟絶好調なテレ東「ドラマParavi」枠に大注目! | 読むドラマ□case218

f:id:gklucky:20220113141839p:plain

 

中村ゆりか 民放連続ドラマ初主演

 

残業女子✖️定時男子

仕事のやり方も考え方も全く違う2人が繰り広げる〝ムズキュンが過ぎる〟オフィスラブコメディ!!

 

(上記画像 引用元: YouTube テレビ東京公式 ドラマチャンネル / 巻末参照)

 

 

 

 f:id:gklucky:20220113141956j:plain

 

 

テレビ東京『部長と社畜の恋はもどかしい』

 

 2022年1月5日放送スタート

毎週水曜 深夜 0:30〜

「ドラマParavi」枠

 

 

 第1話 社畜の まるちゃん VS 定時上がりの提司部長

 

〈記事では1月5日放送の第1話より いろいろと引用 / 画像については著作権に配慮し使用しています【巻末参照】〉

 

 

 

見逃し配信は巻末で

◇次回放送日まで最新話を視聴できるよ

TVer」のリンク情報あり

 

 

 

 

読むドラマ□ 2022年がスタート!

 〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラ 今年も頑張るゾーっ!

 

 

きゃりーぱみゅぱみゅにんじゃりばんばん Steve Aoki Remix』オープニングでのスティーブ・アオキを真似て、頑張る宣言でスタートしたカステラ書房 2022。



初めて読む人も多いと思うので。

長期休業してた昨年後半の振り返り話は【編集後記】でやるとして、阿倍カステラ イチオシの小野莉奈さんが出演するドラマで再スタートを切るよ。

 


 

それとね。

1月16日がこのブログ「カステラ書房の毎日」をスタートした記念日なんだよね。パチパチパチ。お祝いの花束とかいらないからね〜。花束の代わりにカステラ書房にちょくちょくご来店を。



遅ればせながら2022年の「カステラ書房」オープン!


今年もよろしく

 

  


 尚、「阿倍カステラって何者?」って気になる人は、巻末の【編集後記】手前に紹介コーナーがあるよ

 

読むと「ドラマ」がもっと楽しくなる

読んで楽しむエンターテイメントコラム 

 

f:id:gklucky:20210323182821p:plain

ネタバレ/感想/見逃し配信/無料配信/キャスト/主題歌/視聴率/etc.  情報満載♬

 〝読むドラマ□〟についての説明は最後の方で

 

 

 

 

 

✳️あのね、目次だよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カステラ書房の毎日 関連記事

 

中学聖日記』&『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』

 

 

主演の中村ゆりかさんを差し置いて、ここでは小野莉奈さんに関する記事をご紹介。なんせ今回は「小野莉奈フィーチャー回」なもんで。

 

 

「読むドラマ□」を始めるきっかけにもなったTBS火曜ドラマの名作中学聖日記で、主役 末永聖(有村架純の恋敵・高校生 岩崎るなを演じてたのが 小野莉奈さん。

 

 

「読むドラマ□」の記念すべき第1回(case1)は『中学聖日記』で始まったし、それ以前にも同ドラマを題材にして記事を書いたもんだ。

それらの記事については現在と形式が違いすぎててちょっと恥ずかしいので…リンクを掲載するのは控えたい。興味ある方はサイト内検索からどうぞ。

 

 

で、今回ここで紹介するのは『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』最終話の記事。

 

先週まで注目記事ランキングで1位になってたんだよね。ありがたや〜。

 

 

〈参考画像 / 1月15日12時現在〉

 ※これはスクリーンショット画像なのでタップしても移動しません

リンクはこの下にあるよ


 

f:id:gklucky:20220115124933j:plain

 

 

 

上記 1位の記事がこちら

 

🔸『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』最終話🟥眼鏡の上白石萌音さん&小野莉奈さん登場【前編】 case133

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

ドラマ本編 第1話より(ネタバレ注意だよ)

小野莉奈さんフィーチャー回
 

 

先に言っておくと、今回『部長と社畜の恋はもどかしい』についての「あらすじ」や「ネタバレ」に関する記事を、ガッツリ読みたい方の期待に応えるものになってないかもしれない。

 

とはいえ、情報量の多さ・振り幅の広さとエンターテイメント性には定評のあるカステラ書房がお送りしてるので一見(一読)の価値アリ! ゆえに読み飛ばすのはもったいないよ。…と、のっけからカステラ忍法セルフハードル上げの術 炸裂!

 

 

今回(第1話の回)ではその出演時間に見合わないほどひいき目に小野莉奈さんにフィーチャーしてる。

その分、主演の中村ゆりかさんについてのしわ寄せは次回(第2話の回)にたっぷりとやりたい。い〜や、今回だってまったく触れてないわけじゃないからね。


 

そういうことで始めよう。準備はいい? 前置き長い? 

 


中村ゆりか「可愛らしさ」と「コメディー対応力」 

🔸 まずは第1話オープニングから

 

 

 以下、ドラマ本編オープニングでの丸山真由美(中村ゆりかのナレーションを抜粋。

 

 

「1日の平均睡眠5.5時間。デスクでランチを済ませる率100%。さらに繁忙期になると朝昼晩すべての食事をデスクで済ませる率1000%」

 

 

「そう私こと丸山真由美は正真正銘 どこに出しても恥ずかしくない社畜

 

 

「このドラマは社畜として生きる1人の女性の姿を通して現代社会の闇をあぶり出す本格的社会派ドラマ」

 

 

 

「…ではなく」

 

 

「このドラマは現代の働き方にメスを入れつつ恋に仕事に頑張る私と部長の、ちょっとエッチでちょっともどかしい恋の物語です」

 

 

 

 

丸山真由美のモーニングルーティンっぽい演出から始まり、出勤途中で 提司治(竹財輝之助に出くわすまでのオープニングシーンに上記のナレーションが重なる。

 

 

そのナレーション最中には、今話で繰り広げられる提司治と丸山真由美のベッドシーンでの会話も挟み込まれてる。

 

 

 

提司「この社畜が」

真由美「なによ。定時上がりの提司(定時?)部長」

提司「お仕置きだ」

 

 

 

ってね。

ベッドの上で必殺仕置人となる竹財輝之助さん。お仕置きされるは中村ゆりかさん。

 

 


 

さてさて。


中村ゆりかさんってば、読売テレビ『ギルティ〜この恋は罪ですか?〜』(主演 新川優愛 2020年4月-8月放送)での 及川瑠衣 のような悪女役でこそ真骨頂を発揮するタイプだという向きもあるけど。

 

これがなかなかどうして。一口にそうとは言い切れないわけで。

 

 

フジテレビ『花にけだもの』(主演 中村ゆりか 2018年4月-6月地上波放送)での 熊倉久実 のような 恋に臆病な〝振り回され系女子〟役を、現在も年齢を重ねながら変わらず続けている感がある。

 

 

 

そこらへんは最近活躍してる 松本まりかさんとも似てるけど。

 

「可愛らしさ」と「コメディー対応力」で言うと中村ゆりかさんは抜群に印象がいいよね。

 

テレビ朝日『女子高生の無駄使い』(主演 岡田結実 2020年1月-3月放送)での ロボ(鷺宮しおり)役なんて顕著にあらわれてて。テンポとかリズム感がいいってことなのかな? コメディーと波長があってる感じがする。


見た目の〝きれいめ〟な印象から意志の強いクールな役が多いけど、その反面コミカルさを併せ持つ〝チャーミング〟な役がかなり似合ってて。悪女とは正反対の魅力を存分に見せてくれる。



なんせ2020年は『女子無駄』の直後に『ギルティ』やってんだから。あんまり偏ったイメージを残さないよう幅広く役を選んでるのかもしれない。

 

 

ちょっとね。

この続きは第2話の回以降に持ち越したい。予定より長くなっちゃってるんで。

 

 

竹財輝之助さんのね、『年の差婚』を絡めた話などもその時にできたらいいな。(出たっ! カステラ忍法 全部後回しの術)

 

 

小野莉奈さん登場!◇原作は志茂さんによる漫画

🔸まるちゃんの〝社畜っぷり〟が可笑しい!

 

 

冒頭にて丸山真由美のナレーション一部抜粋で紹介したように、まるちゃん(丸山真由美の愛称)は自らを〝社畜〟と称する、残業もいとわない仕事大好きOL。

 

社員の人たちからどんなに仕事を振られても「はい、いいですよ」と笑顔で引き受けてしまうというね。

 

 

その数たるや、この凄まじさ。

 

 

f:id:gklucky:20220115160458p:plain(参考画像 / 引用元: Paravi

 

ポスト・イットに侵食されるデスク⁉︎

 

 

隣のデスクの三森さとみも思わず「先輩、大丈夫ですか?」と声をかける。

 

そう、ここで今回の主役(この記事のね)小野莉奈さん登場!

 

f:id:gklucky:20220115143553p:plain(参考画像 / 引用元: テレビ東京


「彼女を悩ます やっかいな社員たち」(テロップ)だってさ。

 

いやいや、彼女には愛すべき〝やっかいな社員〟を存分に演じてもらいたいもんだ。

 


 

 

 

🔸近年ドラマには定番の〝推し〟を愛するキャラクター

 

 

 

前クールの TBSテレビ『婚姻届に判を捺しただけですが』(主演 清野菜名 2021年10月-12月放送)における、「森田デザイン」での 藤井ひかり(小林涼子2.5次元俳優にハマってたりとか。

 

2.5次元俳優ついでに言うと フジテレビ『推しの王子様』(主演 比嘉愛美 2021年7月-9月放送)における、「ペガサス・インク」での 渡辺芽依(徳永えりもそうだった。

 

 

「推し活」なんて言葉が2021年新語・流行語大賞にノミネートされる昨今、物語の舞台・主人公の勤務先などには異常なほどに「推し」を敬愛するキャラがいるケースが増えてる。

 

 

 

『部長と社畜の恋はもどかしい』においてそのポジションが小野莉奈さん演じる三森さとみ ってわけね。

そこらへんの「推し」絡みの話はストーリー(進行)の関係で、第2話以降の回で詳しく触れるとして。

 

 

ここでは原作者である志茂さんが「三森さとみ」のドラマでの描き方について感想をツイートしてるのでご紹介。

 

 

 

 

このツイートではドラマに対する満足度の高さと、原作者ならではのキャラへの思いも感じられる。

さらにイラスト内に書いてあるコメントの「三森さんの心がキューー…とすぼまるのがわかる」の部分からも、三森さとみの心情が伝わってくる。

 

 

ゆえに。

 

そういう繊細な部分は「小野莉奈にお任せあれ」ってことでいいよね

 

 

前置きが長くなっちゃったんで、ここらで締めたいと思うの。

小野莉奈さんについては引き続きいろいろと触れていきたいので、それを次回の課題としよう!

 

あらためて言わせてもらえば僕にとっての「推し」なので。

このドラマで存分に存在感を示し、今後益々の活躍につながるように…期待して毎回楽しく視聴したい。

 

 

 

 

最後に

 

《原作漫画を知らない人のために》

 

ちょっと久しぶりではあるけれど、おなじみのコミックシーモアにて

 

このように、「カステラ書房の毎日」ではドラマの原作を紹介する際にはコミックシーモアをリンクすることが割と多い

 

 

www.cmoa.jp

 

 

ハサミコミ【YouTube】紹介!

志茂『部長と社畜の恋はもどかしい』ドラマ化記念PV【CV: 山田麻莉奈

 

原作漫画の雰囲気が感じられるPVをハサミコミでご紹介!

 

そう、声優は元HKT48山田麻莉奈さん

 

youtu.be

 【公式】「部長と社畜の恋はもどかしい」チャンネル より



 

志茂さんによる『部長と社畜の恋はもどかしい』ドラマ化大感謝 tweet

 

 

 

 

 

YouTube 関連動画◇主題歌

 

ドラマ Paravi『部長と社畜の恋はもどかしい』60秒予告

 

 

☆記事本編で使用した画像(1点)はこちらの動画内から引用

youtu.be

 Paravi YouTube)より

 

 

 

 

 

オープニングテーマ ONE N' ONLY『What’s Your Favorite?』


 ドラマOPで中村ゆりかさん、竹財輝之助さんはじめキャスト総出で踊ってるやつね



とにかくテレビ東京のドラマは出演者を踊らすのよ


同枠の前作『つまり好きって言いたいんだけど、』の大原櫻子さんと櫻井海音さんも踊ってたし、『ごほうびごはん』の桜井日奈子さんと古川雄輝さんも踊ってたし


『おしゃ子』も『じゃない方〜』もでしょ


 

youtu.be

ONE N' ONLY TVYouTube)より

 

 

 

Twitter 番組公式

 

テレビ東京『部長と社畜の恋はもどかしい』第1話 放送1時間まえ tweet

 

竹財輝之助【公式】による告知 tweet

見逃し配信◇TVer


TVer◇次回放送まで最新話を視聴できるよ

現在 第1話も視聴できる(たぶん最終話の視聴期限と同じかな?)


tver.jp
◇全話配信はParaviにて

 

 

 

 

テレビ東京 番組公式HP

 

 

劇中ナレーション及びセリフの一部と画像2点を 本文内容の補足と説明のために テドラマ本編と テレビ東京公式ドラマチャンネルより引用しました

 

 

本文で足りない情報は以下のリンクから引用(出典)元の番組サイトをご覧ください

www.tv-tokyo.co.jp

 

 

 

 

f:id:gklucky:20210304151231p:plain 

「読むドラマ□ Rebo」とは?

週に30本近く、月に100本以上をチェックしている信頼と実績の(?)

 

〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラ

 

がお送りする、テレビドラマを読んで楽しむ

エンターテイメントコラム

 

★「阿倍カステラって何者よ?」っていう人は、こちらの記事をご覧あれ

castella-a.hatenablog.com

f:id:gklucky:20210302115518j:plain

【重要】先にドラマを観ることをおすすめしてます

 

【編集後記】

 

「新年あけましておめでとう」はさすがにもう遅い

 


この「読むドラマ□」をお送りしてるブログ「カステラ書房の毎日」の昨年(2021年)は、夏頃から筆者・阿倍カステラの体調不良により長らく休業状態に。

10月に一度復活を試みるも不発に終わってしまって再び休業へ。

そんな不甲斐ない一年だった。

 

 

また同じことを繰り返してしまいそうで不安は尽きないけれど。

やりながらでないと完全復活は到底できないと判断して、また挑む(再開する)ことにした。

 


本来ならね。新しい年を迎えたのをきっかけに再開するのがベストタイミングだったのだけど。


そのタイミングを逃しずるずると。

気づけば2022年最初の月が終わりそうになっててさ。



現時点では、「ここから再スタートだ!」と力強く宣言はできない。

でもね、一つ一つの積み重ねが大切なんだってことは僕自身がこのブログを始めたことで学んだことだから。また一つ一つやっていくことから始めようと思って。



それにね、長期休業してた期間も一定数のPV数があった。振り出しに戻ってゼロからスタートじゃないからね。


また、多くの人に読んでもらえるように一つ一つ積み重ねていくよ。



今年も「カステラ書房の毎日」をどうぞよろしくお願いします!



 

最後まで読んでくれてありがとうー!

 

 

 

 

 ご覧の記事は

『カステラ書房の毎日』がお送りしましたー♬

 

f:id:gklucky:20210304235148j:plain

「したむきちゃん」阿倍カステラ©️

 

 

  🟧 またねー

 

 
 
 

阿倍カステラTwitter 

阿倍カステラはTwitterが苦手なよう

こちらもこのブログ同様にぼちぼちと、一つ一つ積み重ねていって


告知ツイートをした際にはここに掲載する予定

 

 

 

 

 

 

 

以下は、過去記事の一部です【スルー希望】

あんまり気にしないで

 

 

 

 (それについての説明)
 令和2年から始めた当ブログ。その記事はかるく500 に到達しそうになってた

 

とはいえ、過去の記事の中にはしょーもないものがいっぱいあって

それを1記事とカウントしていいもんやら…

 

そこで、一部残しておきたい部分だけを抜粋して以下に掲載し、過去の記事(しょーもないやつ)は削除することにした

 

そういうわけで、これはちょっとしたアーカイブ

 

 

 

 

 
 

 

2020.11.23

 

 ☆阿倍カステラのドラマ視聴日記 11月23日(月・勤労感謝の日) 編

 

 

テレビ朝日『24JAPAN』(主演 唐沢寿明)第7話

 

★スリリングな展開でおもしろいんだけど、このペースであと17話あるってことなんでしょ? 本家のヤツを観てないからこれからの展開が想像もつかない。

 

 

 

日本テレビ『極主夫道』(主演 玉木宏)第7話 

 

★よくもまあ、毎回こんなに(主に龍が)周囲に勘違いされるストーリーをやれるよなって思う。休むことなく笑えるシーン連発で、ほんとにおもしろい。

 

 

 

ABCテレビ『マリーミー!』(主演 久間田琳加)第8話 

 

★かわいさで言ったら久間田琳加さん最強。それにこの役は彼女に合ってるのか、すごく自然な感じがする。

物語の柱となってる〝ニート保護法〟が前面に出てきた今話。ただのほんわかラブコメじゃないって部分も効いてるね。

 

 

 

テレビ朝日『先生を消す方程式。』(主演 田中圭)第4話

 

★今話も先生を殺そうとする生徒たち。その方法が落とし穴に落として埋めるというもの。

どこだかの山の中で人質を取ったり裏切り者が出たりして、次々と展開するシーンがドタバタコントのよう。しまいには刺されてたけどね。どうなるの?

 

 

以上、4番組でした。

 

  

 

 

 

念のためにもう一度

この上記一文は過去の「記事の一部」なので気にしないで