カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

『モコミ 〜彼女ちょっとヘンだけど〜』第3話 🟧「トミーには話せるのに」萌子美の本音【後編】| 読むドラマ□Rebo📺 case93

 f:id:gklucky:20210210063041p:plain

🟧 テレビ朝日『モコミ 〜彼女ちょっとヘンだけど〜』 🟧

 2021年1月23日(土) スタート!

毎週土曜 深夜 23:00〜

〈記事は2月6日(土) 放送の第3話より〉

 

 

 

 

 

『カステラ書房の毎日』の人気コンテンツ「読むドラマ」シリーズ復活⁉︎ 🎉

 




さてさて。

復活後、新しくなった「読むドラマ□Rebo」の第2弾(通算はcase91)はフルバージョン! となり、30分枠のドラマなのに前後編の2部構成となってしまった。前編と合わせてたっぷりとお楽しみあれ!

 

 



 

✳️ ちなみに【前編】(case91)はコチラ 

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

 

🔴【基本的にネタバレ注意!】

 

 

 「読むドラマ□Rebo」とは❓

 

ドラマを一緒に観ながら語り合ってるようなイメージで構成しています

 

⭕️できれば先にドラマを観ることをおすすめします

 

楽しみ方いろいろ♫

⭕️「前回どんな内容だったっけ?」と振り返りたい時などに活用してもらったり

 

⭕️まだ観たことがない人が「なんだかおもしろそう」と、そのドラマを観るきっかけになれたらいいな

 

⭕️また、ドラマ視聴の途中離脱防止に役立ったら嬉しい(そのためにも見どころをじゃんじゃん語りたい)

 

 

 

 

 

🟧  さあ、はじめよう! 🟧

 


 

 

 

 

 

『モコミ 〜彼女ちょっとヘンだけど〜』第3話【後編】

 

🔸生花店

 

昨日の男性客が来店する。

男性客は「ありがとうございます」と礼を言いお金を払おうとするが


 

清水俊祐「いえ、お代はけっこうです。まだ見習いの身なんで」

男性客「そうなんですか? あっ、でも悪いですよ。無理を言って素敵なお花を造っていただけたのに」

 


清水俊祐「いえ、今回は本当に…」


男性客「ありがとうございます。(萌子美に)お花のおかげで気持ちよくオープンすることができました。これドーナツです。召し上がって下さい」

 


萌子美「ありがとうございます」

はにかんでドーナツを受け取る

 


その男性は近所にオープンしたドーナツ屋の店主だった。

 



 

 🟧 萌子美の出した答え


その男性客が去った後、萌子美がついに意を決する。

 

萌子美「あの! 本当に思ってること言ってもいいですか?」


依田涼音「えっ? ああ、うん」

 



萌子美「本当のことは、言えないです。本音を言えないっていうのは私の本音です。

本音を話そうとするといろいろ考えちゃって。どうしたらいいのかわからなくなって、言えないっていうのが私の本音です。

自分を隠したくないけど、今は言えないっていうのが私の本音です。

あっ、でも。涼音さんや真由さんと、お客さんに喜んでもらえるお花を造りたいっていうのが私の本音です」

「本音です」

 

 

依田涼音「よくわかんないけど。でも伝わったよ」

桜井真由(内藤理沙笑顔で大きくうなずく

 

清水俊祐「よかったな」

 

 



ずっと曇っていた萌子美の心がパッと晴れ渡たる。そのタイミングに合わせたようにエンディング曲のGENERATIONS from EXILE TRIBE『雨のち晴れ』が流れる。

 

 

萌子美「うん、ありがとうございます」

 

 

 

 

感動のラストに水を差すようで悪いんだけど。さらにGENERATIONS from EXILE TRIBEのファンにも悪いんだけど。ここで流れるエンディング曲がAqua Timezの曲だったら大号泣して涙が止まらなかったと思うよ。きっとこのドラマには太志さんの歌声がぴったりだと思ったもんで。

 

 

 

ラストシーン。

配達を終えた俊祐が車に乗り込んでから、ふと何かに気づき車を降りるという、なんだか不思議な印象のシーン。

 

車を停めた場所から歩くと何軒か先にあのオープンしたてのドーナツ屋がある。

 

俊祐はそのオープンで賑わうドーナツ屋の店頭に飾られているお花のアレンジメントに見入る。

 

 

f:id:gklucky:20210210133312p:plain

それは萌子美が〝残りもの〟の花で造ったアレンジメント

 

 


さらにオーラスにもうワンシーン。

再び萌子美が配達員の男性を見つけ駆け寄り、今度こそワイヤレスイヤホンを手渡せるか…?

 

しかし、この続きは次回ってことになる。

 

 

 

 

30分枠のドラマなのに、前後編の2部構成になってしまったのは必然とも言えるような、つい語りたくなってしまう素敵な回だった。

 

でも、できれば今後は30分枠のドラマは1記事分(4,000字以内)で収めるようにしたい。

 


 


おじいちゃんの「さ〜、それはどうかな〜?」だったり、涼音の「よくわかんないけど。でも伝わったよ」とか。

 


このはっきりとした答えのないセリフがかえって心にしみた。いろいろと考えさせられるよね。


物の気持ちがわかり会話することができる萌子美だけど。劇中、ぬいぐるみのトミーやお花たちがなんて言ってるのかは実際にセリフとしてあるわけじゃない。

 

視聴者はそれを感じとって観るしかないんだよね。もちろん萌子美が要約して代弁してくれる場合もあるけど。

 

 



僕は2つの花の鉢植えと日々暮らしてる。

冬の間は寒いから部屋の中に置いてるんだけど、最近は少し暖かくなってきたから日中ベランダに出してやってる。すると喜んでるように感じるんだよね。


 

で、夕方になって気温が下がってくると寒そうで葉っぱがちょっと萎んでるの。

「寒かったのか、そーかそーか」って、部屋に入れてやるとその夜には葉っぱが元気よくなってたりして。

 


たぶん何か言ってる。

僕はそれに答えたくて日々、2つの花の鉢植えと暮らしてる。

 

 

 

f:id:gklucky:20210210143334p:plain

🔸 これはドーナツ屋に置かれていた萌子美が造ったアレンジメント

 

 


本音を言いたくても言えない萌子美。「今は言えないっていうのが私の本音」と口にした。

家に帰れば思ったことをなんでも口にする母がいて。

家族にもそれぞれに秘密らしきものがあるらしいので、この先どうなっていくのか楽しみだ。

 

 

 

 

 

 

🟧【編集後記】

 

コメディ色のつよいドラマでは、その〝コメディエンヌ〟っぷりを称賛してきたけど。本来はこういう役がハマるんだよね。

僕にはもう小芝風花さんが清水萌子美に見えてるもん。

 

だからこのドラマ放送期間中は、小芝風花さんに称賛の言葉とかたぶん言えそうにない。

 

 

そんな話の流れで、ちょっと前のツイートを紹介。

 

Twitter『モコミ 〜彼女ちょっとヘンだけど〜』テレビ朝日公式アカウントで、小芝風花さんがドラマのPRをしてるんだけどさ。これって、トミーの言葉を萌子美じゃなくて小芝風花さんが代弁してるんじゃない? っていう動画。

 

 

 

 

 

かわいいから許す!

 

(どの立場で言ってる?)


 

 

 

 

 

🟧【おしまい】