カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

『着飾る恋には理由があって』第6話 🟥 待望の向井理さん出演シーン増加により魅力度大幅UP【後編②】 | 読むドラマ□Rebo case184

f:id:gklucky:20210601092952p:plain

f:id:gklucky:20210528122049j:plain

主演 川口春奈さん

火曜よる10時 初出演&初主演

 

 

これまでの流れとひと味ちがう 新しい「TBS火曜ドラマ」

 

 

第6話「社長が帰還! カオスな三角関係!?」

そうくるか〜っていうラストシーンにシビれ、葉山祥吾(向井理)を推す者としてはショックな【後編②】となってる

 

 

 

TBSテレビ『着飾る恋には理由があって』

2021年4月20日スタート!

毎週火曜 夜 22:00〜

「火曜ドラマ」枠

 

〈記事では5月25日放送の第6話より いろいろと引用しています〉

 

 

第6話 視聴率 7.8%

これまでの視聴率&見逃し配信情報は巻末にて

 

◇テレビドラマの視聴率を予言する〝カステラダムスの大予言〟連続的中記録更新ならず…。

 

この第6話の面白さは格別。ゆえに次回の視聴率は7%台に収まらない。そう、カステラダムスは申しております。

 

 

 

 

 

OP NEWS

 

待望の向井理さん出演シーン増により魅力度が大幅にアップ!?

  

こういうのを最近のドラマのトレンドとして新章」とか「第2章」のスタートって言うんだよね。

 

連続ドラマって一般的に、中盤あたりで〝中だるみ現象〟が起こることがあって。

そのための対策のように中盤に一度クライマックス的盛り上がりを配置するというやり方がある。

 

 

この『着飾る恋ー』に関してはそれは当てはまらず。

 

キャストそれぞれのストーリーを地道にコツコツと積み上げてきての第6話。そこで満を持しての向井理さん! というわけよ。

 

魅力度アップに伴い期待度も爆上がり!

 

 

繰り返し言いたいことだったので、前回と前々回と同じ内容を三度に渡り文字通り繰り返してみた。

 

今日[2021/06/01]は 〆切時間に追われてるわけじゃない。余裕をもって早朝から執筆してる。よってこれは手抜きじゃない

 

PV数めっちゃ伸びてるんで、手抜きなんてできないよ!

 

それでは本編をどうぞ

 

 

 

読むと「ドラマ」がもっと楽しくなる

読んで楽しむエンターテイメントコラム

 

 

 

f:id:gklucky:20210323182821p:plain

ネタバレ/感想/見逃し配信/無料配信/キャスト/主題歌/視聴率/etc.  情報満載♬

 〝読むドラマ□〟についての説明は最後の方で

 

 

 

 

 

✳️あのね、目次だよ

 

 

 

 

 

 

 

 

カステラ書房の毎日 関連記事

 

 過去記事まとめたページあるよ!

こちらの本棚にズラリと並べてるんだ。寄ってみてね。

  

🔸過去記事一挙掲載のまとめページ

castella-a.hatenablog.com

 

今回のこの記事は 【後編②】なので〜

 

🔸第6話【前編】がまだの方はこちらを先に

castella-a.hatenablog.com

 

 🔸第6話【後編①】はこちら

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

ドラマ本編 第6話【後編②】(ネタバレ注意だよ)

 

葉山祥吾の出演シーン増加に伴い〝会話劇〟も多いこの第6話。

さらに感動と衝撃のラストをより深く、文章で楽しんでもらうためにその他のキャストの会話再現も多めになってる。ゆえに長文なので覚悟しな!

 

といっても、何たって「読みやすい文章」には定評のある阿倍カステラが書いてるので、「気がついたら全部読んじゃってた!」って驚くに違いない。

 

カステラ忍法〝謎のセルフハードル上げの術〟

 

この記事はオーラスの【後編②】

お間違いなく!

 

 

 

 

 藤野駿と葉山祥吾の衝突! 控えめに言って〝恋のバトル〟?

 

 

イントロ

 

早乙女香子(夏川結衣が偶然通りかかった場所にあった飲食店の前で福本葉菜(山本千尋を見かける。

 

 

その飲食店の名は、かつて藤野駿(横浜流星が出店した店の名と同じ「Hortensia(オルテンシア)」。

 

福本葉菜は当時の「Hortensia」のオーナーの娘であり、駿の元彼女だった女性。

 

 

 

「オルテンシア」を見たと香子から聞かされた駿はかなり動揺してた。

 

 

 

 

 

早乙女香子の家・夜

 

誰からも好かれるタイプの葉山祥吾(向井理と、その祥吾を警戒し最後まで受け入れようとしなかった寺井陽人(丸山隆平/関ジャニ∞の二人が、ダイニングテーブルに並んで座ってる。

 

 

何をしてるのかというと。

陽人が、自身の「オンライン相談室」ホームページを祥吾に見てもらいアドバイスを受けてる。すっかり打ち解けた様子だ。

 

 

反対に、あれだけ打ち解けてた駿がこのあと祥吾と衝突する。

 

 

「駿。お前もなんかあったら、この見識高い葉山社長さんに頼りや」と陽人が、最近売り上げが良くないとボヤいていた駿に声をかける。

 

 

それを聞いてそれとなくアドバイスを始める祥吾。次第に駿の触れてはいけないデリケートな部分に話が及ぶ。

 

 

祥吾「店舗、出したらどうですか?」

駿「もう失敗してますから」

めっちゃ不機嫌に答える

 

 

祥吾「ああ…。でも、それだけの腕があれば、また挑戦できますよ」

駿「いや〜興味ないな」

 

 

祥吾「もしよかったら相談に乗ってくれるコンサルタントを紹介しましょうか?」

 

「藤野さんのキャリアがあれば、もっと店 大きくしたり利益を上げることはいくらでも…」

 

 

祥吾が話してる途中にかぶせて

駿余計なものはいらない!」(大きめの声)

 

「今のままで十分です。余計なものはいりません」

 

 

そのまま二階の自分部屋へ入ってしまう。

 

 

 

 

 冷たい態度の駿&いつも優しい陽人のカウンセリング

 

 

藤野駿の部屋

 

くるみ「どうしたの? さっきのあの言い方。社長につっかかるみたいに」

 

「社長は、藤野さんの料理の腕 すごく評価してて。だからああやってアドバイスして…」

 

 

駿「俺はあの人を立てる義理もない」

 

「店は俺が好きなようにやる」

 

 

 

社長(祥吾)から評価されるとうれしいくるみと、他人からの評価は必要ないという駿では、その受け止め方は全然違う。

 

 

駿の言動を見てると、それがそっくりそのまま店(オルテンシア)が続かなかった原因のように見える。

 

 

ふてくされてるようにも見える駿にくるみが優しく声をかける

 

 

くるみ「急にどうしたの? 何かあった?」

駿「真柴さんには関係ないから」

 

 

そう言ってくるみを残し部屋を出ていく駿。

 

 

この「真柴さんには関係ないから」っていうのが、めちゃくちゃ冷たい言い方でゾクっとした。「こわっ」って。

 

 

 

 

 

どこかの焼き肉屋

 

真柴くるみと寺井陽人の二人という組み合わせ。

 

駿の部屋での会話を聞いていた陽人が、くるみをフォローするように連れ出した。ここらへんの気遣いというか、気配りはさすがだね。

 

 

 

部下の溜まったグチを聞く上司のようなスタンスで、焼き肉を食べビールを飲みながらくるみにしゃべらせる。

 

 

ラストシーンとのつながりがあって重要なので、以下その会話の再現が多めになってる。

 

 

 

くるみが「わかんない。全然わかんない」と駿の言動に文句をつける。

 

 

陽人「俺もわからん。まあでも何かあったんやろな」

 

「それにあれは脅威よ。あんな大人の男、近くにおったらそりゃあ心穏やかちゃうよ」

 

 

くるみ「心穏やかな気がするけど」

陽人「うん?」

 

 

くるみ「別に藤野さんは何とも思ってない気がする」

陽人「何で?」

 

 

くるみ「いつも何考えてるかわからないし。今は…もっとわかんなくなったっていうか」

 

 

陽人「真柴ちゃんが思ってるより簡単やで」

 

あいつはすぐ手を離すんよ

 

 

くるみ「手を離す?」

 

 

陽人「大事な店潰して、一旦ゼロになって。これ以上何かなくすのは嫌やから最初から持たへん

 

「すぐ手 離して、平気なふりしよんねん」

 

「つまり、真柴ちゃんに冷たくしたらそれは大事やってこと」

 

 

 

相手の話をしっかり聞いて、時には聞き返したり相槌打ったりして。その思いを吐き出させてから的確なアドバイスをする。陽人のいつもやってることだね。

 

今回は、くるみと駿の両方を思ってのこと。そこに陽人本来の優しさも加わってるでしょ。その言葉が胸に刺さらないわけがないよ。

 

 

 

当のくるみは、駿の冷たい態度を思い返してか「何だそれ」と思わず口に出してたけど。

 

そのあとには「はるちゃんさん、ありがとう」って感謝してた。

 

 

 

 

 

 

 羽瀬彩夏の言葉足らずなキス

 

 ランドリールーム

 

陽人が「あ〜食い過ぎたかな〜」ってひとりごちながら、ランドリールームに入る。

 

 

ここの住人はしょっちゅう洗濯してんなって思っちゃうくらい、このランドリールームでのシーン多し。オフィスの給湯室や喫煙所的スポットになってる。

 

 

後から彩夏も入ってくる

陽人「あっ、羽瀬ちゃん」

 

「何とかアートさんにあの絵見せたん?」

 

 

補足すると、くるみがSNSに上げた彩夏の絵を気に入ってDMでオファーをくれたのが「フロンティア・アート」という会社。

その会社からの要望に応え彩夏が描いたのが陽人のヌードデッサン。

 

 

陽人「何か言うてた? モデルがええとかさ」

 

彩夏はずっと何も答えず

陽人「出た、塩対応」

 

 

これまでも彩夏のことを「塩対応」とは言ってたけど、本人を前にして言ってるのは初めて聞いた。

 

 

洗濯物を干しながら

陽人「最近あんましゃべってくれへんな。寂しいわ」

 

 

そんな女々しいことを言う陽人に、突然近寄りいきなりキスをする男前な彩夏。

 

キスの後ニッコリと微笑んで、そのままランドリールームを出ていくという、彩夏らしい言葉足らずのキスシーン。

 

 

いきなりキスされた陽人の「おっと…」というリアクションがコミカルに決まり〜CM。

 

 

 

 

 

 「真柴のいつか はいつ?」by 葉山祥吾

 

 

葉山祥吾いざ京都へ

 

 

 

リビング

 

トルコで行動をともにしていた佐藤真司さんと、ようやく連絡がついた祥吾がさっそくその人がいる京都へ出発する。

 

 

はやる気持ちからか、着の身着のまま(白いパーカー姿)出ていこうとしてる祥吾をくるみが呼び止める。

 

 

「せっかく課長が持ってきてくれたんですから」と、先日 松下宏太郎(飯尾和樹/ずん)が社長室からくすねてきたスーツに着替えるよう提案する。

 

 

 

あの頃のようにネクタイを締めてくれてるくるみに、

 

祥吾「そういえば…聞いておきたいことがあるんだけど」

くるみ「何でしょう?」

 

 

祥吾「シャチって何?」

 

 

駿や陽人が陰で言ってた祥吾のあだ名で、ここのところ本人の前でもちょくちょく言ってたもんね。

 

ついにバレたか〜、みたいな気まずそうな表情をしたあとに

 

くるみ「「海の王者」ってことです。社長は 私の目標です

 

 

 

祥吾が、ネクタイを締めてくれていたくるみの手をつかむ

 

祥吾真柴のいつかは いつ?

 

 

答えを返せないくるみに、笑顔で「次会った時、教えてよ」と祥吾。

 

 

 

 

 

 

 川口春奈の「黙れ」がカッコいい! これが令和の恋愛ドラマか

 

 

 ベランダ

 

夕陽がきれいなベランダでたそがれてる風な駿に、後からやってきたくるみが缶ビールを渡す。

 

 

祥吾が京都に出発したことを確認した駿が「戻ってきたらちゃんとお詫びしますよ」と言う。

 

 

 

くるみ「そんなの気にする人じゃない」

 

いつかのために 今から動く人だから

 

「とにかく挑戦し続ける、シャチだから」

 

 

「それに比べて…」と、雑事に追われ「いつか…」って言い訳してる自分のことを語り始める。くるみには今、この時にも、やりたいことがあるんだ。

 

 

 

そんなくるみの思いを知る駿が、背中を押すように「行けばいいじゃん」と言う。

 

 

だけど、それは現実問題として難しいこと。くるみは、それをやれない理由をあれこれと並べ立てる。

 

 

駿「一度失敗した俺が言うのも何だけど。やりたいことはやれ。見たいものは見るんだよ。行け!」

 

 

駿はそうやってスペインまで行って料理の修行をしたんだもんね。それに帰国後は店まで出したんだ。

 

 

駿「実際、俺はそうしてきたし。そこは後悔してない。だから、見たいものは見て。これだって思うもの見つけて」

 

「シャチに報告してさ、やりたいようにやれよ」

 

 

 

シャチという「海の王者」には敵わないと、闘おうともせずに白旗を上げて拗ねてるようにも見えていた。

何も持たない「ミニマリスト」という生き方も、言い訳のようにしか聞こえなかった。

 

駿に対してはそんなイメージだった。

で、このラストではそんな駿がくるみを思い、その優しさから自ら身を引いて終わるのかなって流れだった。

 

 

駿「シャチさ。好きだよ。マメシバ真柴のこと。好きだよ たぶん」

 

「荷物送ろうとして、真っ先に思い出したって」

 

 

これを言っちゃうあたりが、男の器量というか彼の人間力というか。ちょっとクセのある男だけど、愛すべきキャラクター性を持ってることは認める。(どの立場で言ってる?)

 

 

 

駿「俺はもういいよ。そもそもこだわんないから。誰が来て いなくなっても」

 

「余計なものはいらない。全ては流れのままに。水のごとく…」

 

 

 

くるみを思っての優しさって考えたらカッコよく見えたけど、次第に駿の言ってることの印象が変わってくる。

 

 

 

そして、ラストの展開。予想は大きく覆された。

真柴くるみの「黙れ」によって。

 

 

 

 

 

 

Twitterをからめるという新しい展開を模索中!

「新しい」って! 誰もが普通にやってることだけどね。本誌の構成としては新しい試みって意味。

 

 

 

 

 

 

 

「黙れ!」

 

 (上記のTwitter画像 引用元: TBSテレビ)

 

 

くるみ「そうやって手を離す」

 

 

駿の口をふさいでた手のひらを一旦外し、今度は指2本で唇を挟む。これが令和の〝お口にチャック〟

 

 

 

くるみ「いい? よく聞いて」

 

藤野さんが好き

 

 

「いつからかな。一緒に桜、見に行った日からかな」「藤野さんだよ」

 

 

 

 

 

ここから最後は、駿による反撃(?)のバックハグで、ラストシーンはおしゃれに決まる。

 

このバックハグも〝秘密結社ブランケット〟式だからね。(元ネタゆるキャン△

 

 

 

 

ちょっと変な言い方すると。

くるみの「黙れ」からの展開なんて、いわゆるTBSテレビの、それこそ半沢直樹的な痛快さがあって。〝恋愛ドラマバージョン〟の『半沢直樹』かって言いたくなるような演出だった。

 

 

男の駿が、あれだけ器量や優しさを見せてんのに、それでは終わらなくて。

 

さらに上回ってくる感じも見事だったし。

 

 

私があなたを選ぶ的な。

令和のこの時代、「決める / キメる」のは男だけじゃないってことで。

 

 

思い返せば羽瀬彩夏のいきなりのキスも、真柴くるみのこの「黙れ」からの「いい? よく聞いて。藤野さんが好き」も。

どちらもカッコよくて、どちらも主導権は女性側が握ってる。

 

男側は、してやられたっていう立場なんだから。

 

 

もう、「カッコいい」が男で、「かわいい」が女なんて時代じゃないのね。

 

そんな時代になってくると恋愛ドラマだってカタチは変わってくる。その兆しを見たような気がしてくるよ。

 

 

 

全く余談なんだけど、先週最終話が放送されたテレビ東京『理想のオトコ』(主演 蓮佛美沙子)のラストもそんな感じの締め方をしてた。

 

 

 

やっぱ、長文になっちゃうはずだ。この第6話は格別に見ごたえがあったもん。

 

 

中だるみしそうな中盤。「新章(第2章)スタート」などと仕切り直したりするドラマが目立つなか…。

 

コツコツと当たり前のことを、当たり前のようにやって。それでいてこんなにも新しさを感じさせるような展開を見せつけてくるという。

 

 

 

 

こんなに語っておいてなんだけど、感動しすぎて…もうね、「何も言えねえ」(北島康介

 

 

【後編②】終わり

 

 

 

 

 

 

YouTube 関連動画&主題歌

 

【WEB限定】うちキュン 見どころトーク!! #7

葉山社長も初島に!?

川口春奈✖️髙橋文哉

 

youtu.be

TBS公式YouTubooより

 

 

 

 主題歌 星野源『不思議』はこちら

星野源 – 不思議 (Official Video) - YouTube

 

 

 

 

Twitter 番組公式

 

TBSテレビ『着飾る恋には理由があって』  第7話放送12時間を切っての tweet

 

 

f:id:gklucky:20210304151231p:plain 「読むドラマ□ Rebo」とは?

週に30本近く、月に100本以上をチェックしている信頼と実績の(?)

 

〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラ

 

がお送りする、テレビドラマを読んで楽しむ

エンターテイメントコラム

 

★「阿倍カステラって何者よ?」っていう人は、こちらの記事をご覧あれ

castella-a.hatenablog.com

f:id:gklucky:20210302115518j:plain

【重要】先にドラマを観ることをおすすめしてます

 

 

【編集後記】

 

今週の「決戦の火曜日」は無事に終われるか?

 

 

執筆スケジュールが立て込む傾向にあるか曜日。

その最重要となるこの記事を、予定より早くお昼[12:30]に公開できた。

 

先週はやらかしちゃったんで。気合い入れてたのよ。絶対に(原稿を)落とせないっていうプレッシャーもかかってたから、もう〜大変。

 

 

いやいや。

まだ「決戦の火曜日」は終わったわけじゃない。

 

『ガールガンレディ』が待ってるからね。

そう、本日は1日2記事公開やるよ!

 

 

 

今回のこの記事は特に長文で、途中段階で8,000字を軽く超えていた。

もうこれ以上の長話はやめよう。

 

では、よかったら『ガールガンレディ』でまた会おうね。

 

 

最後まで読んでくれてありがとう!

 

 

 

 

 

 

 ご覧の記事は

『カステラ書房の毎日』がお送りしましたー♬

 

f:id:gklucky:20210304235148j:plain

「したむきちゃん」阿倍カステラ©️

 

 

  🟧 またね

 

  

見逃し配信

 最新話 放送日まで前話の視聴できるよ!

TVer」知らない人っているのかな? 阿倍カステラもほぼ毎日お世話になってるよ

 

 

TBSテレビ 番組公式HP

 

 

冒頭の画像と、劇中 セリフの一部を、本文内容の補足と説明のためにTBSテレビ(ドラマ)より引用しました

 

本文で足りない情報は以下のリンクから引用(出典)元の番組サイトをご覧ください

火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』|TBSテレビ

 

『着飾る恋には理由があって』これまでの視聴率

 

第1話 9.1%

第2話 8.2%

第3話 6.8%

第4話 7.8%

第5話 8.2%

第6話 7.8%

 

 

 

阿倍カステラのTwitter

 

ここでぼちぼちとやっていくしかないね。手にしてないものを嘆くなんてバカげてる。やがて手にする未来を思ってワクワクする方がいくらかマシかな。

 

 

 

 

 

阿倍カステラ 1,000本執筆宣言!

残りあと816本。何事も一歩一歩だよ(綺麗事?)

  

 

応援よろしく! 

 

 

 

 

以下は、過去記事の一部です【スルー希望】

あんまり気にしないで

 

 

 (それについての説明)
大きな意味では「SEO対策」となるかな? って始めたんだけど。

 

 

このブログを始めてから1年と4か月が過ぎ。記事数も500に到達しそうになってた。

 

でもそこには、過去の体調不良により〝執筆スランプ〟になってた時期の、「毎日更新」を継続するためだけに公開した記事がたくさん含まれてる。

 

 

これまでもそれらの記事を削除したり、記事のいくつかを一つにまとめたりとかはしてきたんだけど。これがなかなかめんどくさい作業なの。ゆえに継続的にやれないというね。

 

 

ならば、ここは毎日の積み重ねだ! と。これしかない! って。

 

毎日、更新する時に過去記事の残して置きたい部分(本人の思い出として)を巻末にコピペして、元の記事は削除してしまえば一石二鳥じゃんって。

 

しょーもない記事を減らすためにはいいアイデアかなって。

 

 

たまにね。そんなしょーもない文章を読み返していろいろ考えたりするんだ。

今よりもっとマシになってるはずの未来に向かうために、あの頃よりマシになった自分が過去の自分を迎えに行くようなイメージで。

 

ややこしい?

とにかく、それを未来を呼べるといいな

 

 

 
 

 

2020.10.15

 

 

いつもガラガラのバスがめずらしく混んでて座れなかった。別に立って乗車することを苦にしないのでバスの中央に立っていたら、次の停留所で降りようとしてたおじいさんが「後ろ空いたよ」と僕の肩をぽんぽんと叩いた。

 

大きな病院が多い路線なのでこの先は次々とお年寄りが乗ってくる。別に立ったままでよかったんだけど、「ありがとうございます」と言ってその席に座った。

 

停留所一つ分の区間そこに座って、その次の停留所手前で僕は再び席を立った。

 

 

なんのけない行為なんだけどね。「空いたよ」って声をかけるのっていいよね。

 

僕には黙って席を立つ事くらいしかできないけどさ。

 

 

 

 

 

☆阿倍カステラのドラマ視聴日記 10月15日(木) 編

 

MBSテレビ『DIVER -特殊潜入班-』(主演 福士蒼汰)第4話

 

★次回、もう最終話なんだってさ。刑事ドラマはあんまり観ないんだけど、これは全話観てる。最終話も観るよ。

 

 

ABEMAテレビ『17.3 about a sex』(主演 永瀬莉子)第5話

 

★永瀬莉子さんは10月17日(土) スタートの新ドラマ東海テレビ『さくらの親子丼(season3)』(主演 真矢みき)にも出演するみたい。これが恐怖新聞の後番組になるってことだね。

 

 

東海テレビ恐怖新聞(主演 白石聖)最終話

 

★最終話、展開がはちゃめちゃ過ぎるよ。小野田詩弦(白石聖)が恐怖新聞に寿命を吸い取られて歳をとり、黒木瞳さんの二役になってるのが納得いかなかったな。

 

 

日本テレビ『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』(主演 波瑠)第1話

 

★このドラマの主題歌の話したかったんだけど、時間がなくなってきちゃった。また次の機会に。

 

 

以上、4番組でした。

 

 

 

念のためにもう一度

これは過去記事の一部なので気にしないで