カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

『着飾る恋には理由があって』第8話 🟥 横浜流星✖️向井理 恋のバトル&ドラマあるあるなラン!【後編】 | 読むドラマ□Rebo case195

f:id:gklucky:20210615153129p:plain

f:id:gklucky:20210615091243j:plain

主演 川口春奈さん

火曜よる10時 初出演&初主演

 

 

横浜流星✖️向井理 恋のバトルが加速する

 

でも真柴くるみは藤野駿に恋してる

くるみの葉山祥吾への想いは「憧れ」「尊敬」なのか?

どうする? 葉山祥吾!

 

 

それと、ヘルメットをかぶっててもこんなに可愛い川口春奈さんにびっくり! な冒頭画像。詳しくは本編で。

 

 

 

TBSテレビ『着飾る恋には理由があって』

2021年4月20日スタート!

毎週火曜 夜 22:00〜

「火曜ドラマ」枠

 

 

 

第8話「過去と向き合う時…恋が加速する」

〈記事では6月8日放送の第8話より いろいろと引用しています〉

 

 

第8話 視聴率 8.5%

これまでの視聴率&見逃し配信情報は巻末にて

 

◇最終話が近づいてきて上昇してきてる。テレビドラマ視聴率を予測するカステラダムスは次回降臨予定!(なぜ今回スルー?)

 

 

 

 

 

OP NEWS

 

今回は前代未聞の事態となった

 

公開日時に間に合わず、執筆途中で公開するという荒技をやらかした今回の記事。

 

公開してから2日後の本日【2021/06/17】にようやく完成させた。

 

そこらへんは【編集後記】にて。

 

 

初めて訪れた人には問題ないね。

2回目以降の人には、ぜひ後半に目を通してもらいたい。

 

 

それでは本編へ

 

 

読むと「ドラマ」がもっと楽しくなる

読んで楽しむエンターテイメントコラム

 

 

 

f:id:gklucky:20210323182821p:plain

ネタバレ/感想/見逃し配信/無料配信/キャスト/主題歌/視聴率/etc.  情報満載♬

 〝読むドラマ□〟についての説明は最後の方で

 

 

 

 

 

✳️あのね、目次だよ

 

 

 

 

 

 

 

 

カステラ書房の毎日 関連記事

 

 前回・第7話は2部構成!

まだ、まとめページ(カステラ書房の本棚)の編集をしてないので、前回分の記事をここに掲載。

 

🔸第7話【前編】

castella-a.hatenablog.com 

 🔸第7話【後編】

castella-a.hatenablog.com

 

 

ドラマ本編 第8話【後編】(ネタバレ注意だよ)

 

最後まで心揺れるのがラブストーリーの鉄則だけど。今のところ真柴くるみの恋心は藤野駿に向いている。

 

葉山祥吾がどれだけ自分の思いを表面化していくのかにかかってきてるような感じがしてる。

向井理さんが単なる〝かませ犬〟じゃないことを、この第8話から見せてもらいたい。

 

オープニングから横浜流星ファンを敵に回すような発言をしてるのには理由があって。

 

すべてはね、このドラマへの期待。

その期待感を存分にあおっていきたいからね。

 

念のために。

これは【後編】だよ。

【前編】がまだの人はこちら

 

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

 

 

「さあ、始めよう」(アリス風で)

 

 

 

 明日を見据える葉山祥吾 過去を清算する藤野駿

 

 株式会社 梶尾製紙

 

新規事業への投資のお願いをするために葉山祥吾(向井理真柴くるみ(川口春奈が梶尾製紙へやってきた。

 

 

なぜくるみが一緒に来たかというと。それは梶尾製紙の社長とSNSでつながっていたから。アポ取りやここに来るまでのやり取りはくるみがしてたみたい。

 

 

祥吾は梶尾社長の前でもいつものように、まっすぐに思いを伝える。もちろん相手のことも下調べというか勉強してきてるんだよね。随所に相手へのリスペクトも織り交ぜながら交渉をする。

 

 

葉山祥吾って、人から好かれる愛嬌があるんだよね。梶尾社長にも気に入られたようで、「前向きに検討します」との返事をもらえて大喜びの2人。

 

 

それにしても、ヘルメットをかぶってこんなに可愛いってどういうこと?(冒頭の画像 引用元: TBSテレビ)

 

 

 

 

駿はオルテンシアへ

 

オルテンシアの厨房で調理をする藤野駿(横浜流星

 

 

その店のオーナーの娘・福本葉菜(山本千尋は駿の元彼女。その葉菜が「何で来てくれたの?」と聞く。

 

 

葉菜「別にうちがどうなろうと関係ないのに」

駿「関係あるよ。俺の責任だから」

 

 

駿「それに、このままだとシャチにはかなわない」

葉菜「シャチ?」

 

 

駿「乗り越えないと、隣にいる資格ないからさ」

葉菜「誰の隣?」

 

 

駿「俺の彼女」

 

 

オルテンシア厨房でのシーンは駿のこのセリフで終わるんだけどさ。元彼女の前でそれ言いますか? っていうセリフだよね。どういう別れ方をしたのかは知らないけどさ。

 

 

 

 

 

 藤野駿のテストは合格!「オルテンシア」は無事再開へ

 

 

駿はオルテンシアのアラカルト25品のテストをクリアすることができた。あの厳しいと葉菜の父が認めたんだからさすがの腕前なんだね。

 

 

 

オルテンシア再開オープン!

 

再開オープンの日には、早乙女家ルームシェアの住人が揃って来店する。

新しく仲間入り(暫定的に)した祥吾も一緒に。

 

 

でも、そこに祥吾が加わったことで、三角関係《駿・くるみ・祥吾》の微妙な空気が流れ気を遣う面々。

くるみも祥吾も、時折浮かない表情を見せていた。

 

 

 

さらにタイミングが悪いことに。

 

食事を終えたお客様が帰り際に、駿に挨拶をし次回の予約をしてくれるんだけど。その日はよりによってくるみとの初デートの日。

 

さあ、どうなる? っていう展開になる。

 

 

 

 

 豆柴のキーホルダーがトリガー? くるみと駿の心のすれ違い

ここのパート【2021/06/16 加筆】

 

 

真柴くるみの部屋

 

またすぐに店に戻ると言いながら、早乙女家に帰ってきた駿がくるみの部屋を訪れる。

 

 

駿「おっ? 豆柴?」

 

部屋に入っていきなり豆柴のキーホルダーを見つける。

 

 

くるみ「社長にもらったんだ。京都のおみやげ」

 

 

隠すことでもないし、何でもないことのように思えるんだけど。この時の駿って「社長(シャチ)」に対して敏感になってたよね。

 

 

この豆柴のキーホルダーがトリガーになった感じで、二人のシーン(心のすれ違い)は進む。

 

 

 

初デートの日に「オルテンシア」で予約が入ったことをくるみは知ってる。

そこで、「デートのことは大丈夫。会社の後輩でも誘って行ってくるから」と駿を気遣う。

 

 

今は仕事に集中している駿のために思いやりで言ってるのに、駿はかるくキレ気味に「はあ? 何言ってんの?俺が行くよ」と言う。ランチの予約だから間に合うと説明しながら。

 

 

 

駿にしてみたら、それが言いたくてわざわざ帰ってきたんだろうね。必ず約束は守るからって伝えたくて。

 

でも、あの豆柴のキーホルダーを見て調子くるってしまったようで、ちょっとイライラしてる。

 

 

「そんなに無理しなくても…」って言ってくれてるくるみに、「(時間に間に合うように)葉菜にそう言って段取ってもらってるから」と返す。

 

 

 

今度はこの「葉菜」っていう呼び方にくるみが引っかかる。

オルテンシアでの仕事中も「葉菜」って呼んでたし。なんか視聴者的にも引っかってたんだよ。

 

 

 

くるみ「葉菜…マメシバ真柴」

 

 

駿だって冷静だったらその気持ちはわかるはずだよ。こういうことを言うのってかわいく思えるもんね。でも…。

 

 

駿「ああ、シャチにもらった豆柴ね」

 

イライラしてる駿は、嫉妬心をそのままストレートに口に出す。シャチへのライバル心とも言えるかな。

 

 

 

くるみ「いや、そういうことじゃなくて」

 

駿「あのさ〜。もめてる時間ないからもう行くけど」

くるみ「別にもめてるわけじゃ…」

 

 

駿は「とにかく行けるから!」と強めに言ったあとで、すぐにトーンを落とし「そんとき、ゆっくり話そう」と家を出ていく。

 

 

 

後日ゆっくり話せばいいって、駿は思ってる。何か特別に、くるみに話したいことがあるような感じだった。

 

くるみにしてみれば、今かけてほしい言葉があったんだよね。

 

 

どこか噛み合わなかった2人の会話。

これがラストまで尾を引くからね。あの豆柴のキーホルダーは大した仕事をやってのけてるよ。

 

 

 

 

 葉山祥吾のしたたかさ ここに極まれり?

ここのパートから【2021/06/17加筆】

 

 

ちょっとした心のすれ違いでケンカみたいになっちゃうことってあるよね?

それが今回(特に駿にとって)絶妙にタイミングが悪かった。

 

 

葉山祥吾 推しとしては願ってもないチャンスだと思うけど。そこにつけ込む葉山祥吾を見たいわけじゃないんだよね。

 

 

ちょっと梶尾製紙訪問シーン以降の祥吾は、したたかにタイミングを狙ってるようにもみえてたから…。まあ、それだけくるみのことを真剣に考え始めてるってことなんだろうけどね。

 

 

 

早乙女家は吹き抜けになってるから、二階の廊下でくるみと駿がもめてたのを、真下のキッチンにいた祥吾には聞こえてて。

 

 

「そういう時期ってあるから。仕事って、何もかも投げうってやらなきゃいけない時期ってあるから」と、くるみを元気づけた祥吾。

彼なりの優しさだろうけど、その裏にくるみに対する思いが見え隠れしてるようにも感じられた。

 

 

 

そのあと祥吾は、「コーヒー飲みますか?」ってくるみに声をかける。

 

テレビ東京『珈琲いかがでしょう』(2020年4月-5月放送)での中村倫也さんを思わせる珈琲のお誘いだった。

そもそもがこの人はビールだったりワイン(※)だったり、今回のコーヒーだったり。人と話すときには必ず飲み物をすすめるタイプだね。

 

 

※今話でも「もし頼めないんなら遠慮はしない」と駿に言ったときにも、導入はワインの誘いからだった。

 

 

 

 

 駿&祥吾 ラブストーリードラマの最終話みたいなラン!

 

オルテンシアのお客様の予約時間は12時だった。

 

早乙女家を16時30分頃に出て、17時すぎの新幹線で那須塩原にあるフレンチのお店に向かうスケジュールとなってる。

ウキウキで着飾るくるみ。最近は駿の影響か、この〝着飾る〟シーンも減ってきてたけどね。油断してたら第3話の時の「I らぶ YAMANASHI」Tシャツを部屋着にしてたり。

 

 

 

 

 

一方オルテンシアでは、予約客が1時間ほど遅れると連絡があり、ハラハラドキドキの展開になる。

 

 

これは近年のドラマだと、画面隅に残り時間が表示され「果たして間に合うのか?」と視聴者を釘付けにする展開だよ。

 

 

 

途中、自宅でフードスタイリストの仕事をする香子の短いシーンがあり、香子も時間を気にしてるようだった。

 

そのシーンは香子の「Cook Do®︎」関連の仕事のようなんだけど、写真撮影されていた料理のカラフルさたるやお見事!

 

 

さすが、人気フードスタイリスト!

 

 

 

f:id:gklucky:20210617104935p:plain(引用元: TBSテレビ)

 

 

 

 

早乙女家 16時30分頃

 

16時30分には早乙女家を出ないと間に合わないくるみ。駿からの連絡はない。

 

 

あきらめて家を出ようとするくるみに祥吾から電話がかかってくる。

 

 

梶尾製紙の社長から融資決定の連絡をもらったことを伝えるための連絡。くるみも同行したからね。

 

 

でもね。これは明らかにやってんな、シャチ。っていうタイミングだよね。横浜流星からしたらふざけんな! っていう絶妙な時間帯の電話。

 

 

 

そこへまた香子のアシストがある。

 

香子さんにしてみればアシストするつもりはなく、ただの天然で。

電話中なのを気づかずに、駿はまだ帰ってきてないのかってくるみに聞くんだよね。

 

 

香子「あっ、ごめん。電話中? もういいよ、行かなくて」

 

くるみ「あっ、でもせっかく…」

香子「私が言っておくから」

 

 

 

 

「すみません、社長」とすぐに祥吾との電話に戻ったくるみに、「ちょっと香子さんに代わってもらえる?」と祥吾。

 

 

 

香子📱「葉山さんが一緒に?」

祥吾📱「あ、一緒に行ってもいいでしょうか?」

「フルコース、1人は寂しすぎるかなって」

 

 

香子📱「あの…でも…」

答えに困る

 

 

祥吾📱「わかってます! ただ、真柴には世話になりっぱなしで。だから、いつも笑っていてほしいので」

 

 

 

 

 

ここの流れの中で最大の注目ポイントは、くるみにかけた電話を、途中香子に代わってもらった祥吾の機転。

 

 

どういう形であれ、くるみを思い続けていた気持ちが実を結んだともとれる。

したたかにも思われるんだろうけど、咄嗟にでた言葉が「いつも笑っていてほしい」なんて子どもみたいじゃん。

 

 

 

純粋にそう思ってるんだよ。

 

そこからの彼の走りにそれが表現されてる。けっこうな全速力だったよ。これはラブストーリーでいうところの、旅立つ恋人を引き止めるために空港に走ってる、最終話のやつじゃん。

 

 

祥吾にしてみれば、梶尾社長からの融資が決まったのもくるみのおかげだし。

駿との初デートの約束さえなければ、2人で祝杯をあげたい気持ちだったはずだしね。

 

 

 

 

駿 帰宅

 

くるみが出発した後にコックコートのままの駿が帰宅。

自分の部屋に入り、しまいこんでいた携帯電話を取り出す。

しまいっぱなしの携帯電話が充電できてるはずもなく使い物にならない。そもそもくるみの番号も知らないというね。

 

 

偶然帰宅した陽人に大慌てで番号を聞く。

このあと駿が初めてくるみに電話をかけるんだけど、くるみの方は登録もしていない番号からの着信なのででないという。ケータイもたない主義が災いをもたらす。

 

 

 

駿も負けじと全力で走り、大通りの向こうにくるみを見つける。

 

 

「真柴ー!」

聞こえそうで聞こえない。

届きそうで届かない距離。

 

 

「くるみー!」(叫ぶ)

駿が初めてくるみの名前を口にする。「真柴」で聞こえないんだから「くるみ」でも聞こえないよ。(そういう問題じゃない)

 

 

 

ほんとタッチの差で。

そこに到着したのは葉山祥吾。全力で走った結果かもね。

 

 

駿だって全力で走ったかもしれないけど、彼に足りなかったの運。そして通信機器かな。

 

 

 

 

 

これにて【後編】終わり!

ようやくたどり着けた。

 

 

 

 

 

 

YouTube 関連動画&主題歌

 

【ハルちゃんのお悩み相談室】 #3

ハルちゃん流「人見知りに共感!?」

 

youtu.be

TBS公式YouTubooより

 

 

 

 主題歌 星野源『不思議』はこちら

星野源 – 不思議 (Official Video) - YouTube

 

 

 

 

Twitter 番組公式

 

TBSテレビ『着飾る恋には理由があって』  第9話放送90分前の tweet

 

 

f:id:gklucky:20210304151231p:plain 「読むドラマ□ Rebo」とは?

週に30本近く、月に100本以上をチェックしている信頼と実績の(?)

 

〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラ

 

がお送りする、テレビドラマを読んで楽しむ

エンターテイメントコラム

 

★「阿倍カステラって何者よ?」っていう人は、こちらの記事をご覧あれ

castella-a.hatenablog.com

f:id:gklucky:20210302115518j:plain

【重要】先にドラマを観ることをおすすめしてます

 

 

【編集後記】

 

前代未聞な展開

 

 

こんなやり方は本意じゃないけど。

原稿を落とすよりはマシかなって。

 

真柴くるみに言われたわけじゃないけど、「自分がどうしたいか?」が重要かなって。

 

 

もうこれ以上は無理そうなので。

ギブアップ!

 

 

 

 【2021/06/17 加筆】
 

中途半端に終わらせちゃってたからね。

前代未聞の、執筆途中の記事を公開するという荒技をやってのけたんだけど。これにより、なんとしても完成させなくちゃって思いが消えなかったのも事実。やって正解だったかな。

 

 

公開せずに下書きのままの原稿がたくさんあるからね。公開してなかったら、今ごろその下書きのゴミだめに埋まってたかもしれない。あ〜おそろしや〜。

 

途中公開直後にはてなスターをつけてくれた人もいて、感謝!

それが完成させるっていうモチベーションにもなった。

ほんとありがとうございました。

 

 

総じて大げさにも聞こえるかもしれないけど。

実際には大したことないちっちゃなこと。

 

でも、この一つ一つを積み重ね、積み上げての毎日だから。

ちっちゃなことでも大事だよね。

 

時々見失うこともあるから、こうして僕は自分自身に言い聞かせるように書いてる。

 

誰かが読んでくれてるならば、またそれもハッピーなことだ。

 

最後まで読んでくれてありがとう!

 

 

 

 

 

 

 ご覧の記事は

『カステラ書房の毎日』がお送りしましたー♬

 

f:id:gklucky:20210304235148j:plain

「したむきちゃん」阿倍カステラ©️

 

 

  🟧 またね

 

  

見逃し配信

 最新話 放送日まで前話の視聴できるよ!

TVer」知らない人っているのかな? 阿倍カステラもほぼ毎日お世話になってるよ

 

 

TBSテレビ 番組公式HP

 

 

冒頭の画像と、劇中 セリフの一部を、本文内容の補足と説明のためにTBSテレビ(ドラマ)より引用しました

 

本文で足りない情報は以下のリンクから引用(出典)元の番組サイトをご覧ください

火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』|TBSテレビ

 

『着飾る恋には理由があって』これまでの視聴率

第1話 9.1%

第2話 8.2%

第3話 6.8%

第4話 7.8%

第5話 8.2%

第6話 7.8%

第7話 7.8%

第8話 8.5%

 

 

 

 

 

阿倍カステラのTwitter

 

ここでぼちぼちとやっていくしかないね。手にしてないものを嘆くなんてバカげてる。やがて手にする未来を思ってワクワクする方がいくらかマシかな。

 

 

 

 

阿倍カステラ 1,000本執筆宣言!

残りあと805本。  

 

 

 

応援よろしく! 

 

 

 

 

以下は、過去記事の一部です【スルー希望】

あんまり気にしないで

 

 

 (それについての説明)
大きな意味では「SEO対策」となるかな? って始めたんだけど。

 

 

このブログを始めてから1年と4か月が過ぎ。記事数も500に到達しそうになってた。

 

でもそこには、過去の体調不良により〝執筆スランプ〟になってた時期の、「毎日更新」を継続するためだけに公開した記事がたくさん含まれてる。

 

 

これまでもそれらの記事を削除したり、記事のいくつかを一つにまとめたりとかはしてきたんだけど。これがなかなかめんどくさい作業なの。ゆえに継続的にやれないというね。

 

 

ならば、ここは毎日の積み重ねだ! と。これしかない! って。

 

毎日、更新する時に過去記事の残して置きたい部分(本人の思い出として)を巻末にコピペして、元の記事は削除してしまえば一石二鳥じゃんって。

 

しょーもない記事を減らすためにはいいアイデアかなって。

 

 

 

 

 

 

2020.10.25

 

 

 

 

☆阿倍カステラのドラマ視聴日記 10月25日(日) 編

 

 

BSテレ東『どんぶり委員長』(主演 井原六花)第1話

 

 

TBSテレビ『危険なビーナス』(主演 妻夫木聡)第3話

 

★あきがこないストーリー展開だよね。テンポはゆったりしてるんだけど、その分しっかり理解できる。吉高由里子さんの役が、義兄役・妻夫木聡さんを振り回すのが面白い。さらに次回は大きな展開がありそうなので期待したい。それと、back number の主題歌がぴったりハマってるのも好印象。今季のドラマは主題歌が豪華で、大物アーティストが起用されてるケースが多いけど。ドラマと合ってなかったり、「これ主題歌?」っていうような的外れな曲がいくつかあった。やっぱり主題歌はドラマを盛り上げるもんでなくちゃね。

 

 

以上、2番組でした。

 

昨日にくらべて本数がガクッと減ってしまったけど、今日はけっこう後回しにしたな。

日本テレビ『35歳の少女』(主演 柴咲コウ)第3話 は半分くらいまで観たけど、東海テレビ『さくらの親子丼』(主演 真矢ミキ)第2話 は明日に持ち越したもんな。

 

日本テレビ『極主夫道』(主演 玉木宏)第3話 は今晩中に観ようと思ってる。

 

途中まで観たドラマとしては、テレビ朝日『はぐれ刑事三世』(主演 原田泰造)と、テレビ東京『記憶捜査2 〜新宿東署事件ファイル〜』(主演 北大路欣也)第1話を観てる途中だけど。やっぱ、刑事ドラマはあんまり観る気にならないもんだね。断念しそう。

 

 

 

今日は久しぶりに映画を観た。

人狼ゲーム ビーストサイド』(主演 土屋太鳳 2014年)

 

そもそも「人狼」ってゲームがそこまでわかってないし、残虐な殺人シーンがあるのってあんまり好きじゃないんだけど。土屋太鳳さん主演っていうのに加えて、森川葵さんが出てたんで「観てみるか」ってなった。

 

ほとんど全編が人狼ゲームなので、「これ、面白いのか?」と疑問に思ったけど、最後まで観たということはつまらなくはなかったということになるのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

念のためにもう一度

ここの一文は過去記事の一部なので気にしないで