カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

『着飾る恋には理由があって』第9話 🟥 《真柴くるみ傷心》川口春奈さんの繊細な泣きの演技に感動!【後編】 | 読むドラマ□Rebo case197

f:id:gklucky:20210622211535p:plain

f:id:gklucky:20210622143029j:plain

主演 川口春奈さん

火曜よる10時 初出演&初主演

 

 

真柴くるみ✖️藤野駿 心のすれ違い

 

SNSが引き起こす問題に巻き込まれたくるみ

いつも一生懸命に頑張ってきた投稿もできず

心が傷ついていくばかり

 

その時、駿は? 葉山祥吾は?

くるみとどう向き合うのか

 

 

 

TBSテレビ『着飾る恋には理由があって』

2021年4月20日スタート!

毎週火曜 夜 22:00〜

「火曜ドラマ」枠

 

 

 

第9話「最大のピンチ その時隣りにいる人は」

〈記事では6月15日放送の第9話より いろいろと引用しています〉

 

 

第9話 視聴率 7.1%

これまでの視聴率&見逃し配信情報は巻末にて

 

◇最終話を前に少し落としてしまったポイント

ついにカステラダムスの大予言! 「8%強」

 

 

 

 

OP NEWS

 

最終話放送までに間に合わなかったけど

 

この【後編】は、22時15分の公開となった。

 

【前編】は公開とともに多くの人が読みに来てくれたみたい。ほんとありがとう!

 


つもる話は次回に回して、

 

それでは本編へ

 

 

読むと「ドラマ」がもっと楽しくなる

読んで楽しむエンターテイメントコラム

 

 

 

f:id:gklucky:20210323182821p:plain

ネタバレ/感想/見逃し配信/無料配信/キャスト/主題歌/視聴率/etc.  情報満載♬

 〝読むドラマ□〟についての説明は最後の方で

 

 

 

 

 

✳️あのね、目次だよ

 

 

 

 

 

 

 

 

カステラ書房の毎日 関連記事

 

 前回・第8話は2部構成!

まだ、まとめページ(カステラ書房の本棚)の編集をしてないので、前回分の記事をここに掲載。(いつになったらやんのよ!)

 

🔸第8話【前編】

castella-a.hatenablog.com

 🔸第8話【後編】

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

ドラマ本編 第9話【前編】(ネタバレ注意だよ)

 

このドラマの本筋はやはり真柴くるみの仕事と、それにまつわるSNSにある。

 

そんなSNS関連で最終話を前にひと騒動あって。

くるみも大きく心を痛めてしまうんだけど…。

 

そんなときにそばにいて、大切な言葉をかけてくれるのは駿なのか? 葉山祥吾なのか?

 

今話の見どころはそこだね!




これは【後編】なので、【前編】がまだの人はこちらを先にどうぞ 

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

「さあ、始めよう」(アリス風で)

 

 

 

 プロゲーマーの夢 追いかけた小林礼史(生瀬勝久

 

 

 病院

 

早乙女香子(夏川結衣羽瀬彩夏(中村アンに付き添われ病室に入る。

 

 

香子はかなり取り乱してて、元夫小林礼史(生瀬勝久を心配している様子がうかがえる。

 

 

 

にしても、最終話を直前にして急病(?)は安置すぎる。まさか『恋はDeepに』みたいなことはないよねと、ある意味ドキドキしながら見ていたら、「尿管結石」だったというオチで一安心。

 

 

 

心配して駆けつけた香子をよそに、礼史はあっけらかんと病院に運ばれるまでの顛末を説明する。

 

 

香子「バカバカバカ。心配させて」

泣きながら礼史の足あたりを何度も叩く

 

 

 

礼司「意識が遠のきながらね。最後に香ちゃんに会いたいなって思ったんだよ」

「あとはもう、思い残すことは何もないって」

 

 

香子「はあ? あるでしょ あなたの人生。思い残すことだらけでしょ」

 

 

礼史「いや、思い切って会社辞めてプロのゲーマーとして夢を追って幸せだったって思ったんだよ」

香子「あきれた」

 

 

礼史「ごめん。香ちゃんにはごめんだけど。そのこと自体はほんとに。夢を追えてよかったなって」

 

 

彩夏「ほんとですか? 夢を追えるって幸せですか? たとえそれがかなわなかったとしても」

 

 

礼史「もちろん一概には言えないけども、かなわなかった夢。追えなかった夢。色々事情はあると思う」

「でも僕は もう死ぬなって思った時、自分って何だ? 「夢を追った人」 そう思えたことに納得できたんだ」

 

 

 

ここは、今も変わらない(元)夫婦の絆の確認みたいなパートかなって思って見てた。

 

 

このドラマにおける小林礼史はかなり脇役(失礼!)なので、さらっと流してしまってもいいシーンかなってくらいに思ってたんだけど。

 

 

やっぱりこの、夢を追えた人生をよかったって思えるってくだりはいいよね。礼史さんは幸せ者だよ。

 

 

「結果がすべて」なんて古き良き時代の話。現代社会においてはその過程が大切にされているんだと思う。

なんか、そこらへんを描くための「プロゲーマー」だったのかなって思うとほっとけないシーンに思えた。

 

 

 

 

 

 

バッグの盗作疑惑の件が尾を引いて、店舗での業務中にも嫌な思いをするくるみだが。

藤野駿(横浜流星からデートに誘われて、少し気持ちも上向きになる。

 

 

その様子を遠目に眺める葉山祥吾(向井理

そんな祥吾に「葉山さん、いつもありがとうございます」と香子が声をかける。

 

 

香子「あの子のこと。いつも気にかけてくださって」

 

祥吾真柴が幸せなら それでいいんです

 

「いつまでも、こちらにいてはいけないですね」

 

 

香子はそれについては答えはしなかったんだけど。そのあとで視線を移し、ランドリールームにいるくるみに向けた表情がすごく物語ってた。

 

 

 

 

 

 渓流釣りの似合わない2人

 

 

奥多摩フィッシングセンター

 

どう見ても釣りが似合わない2人。

釣り自体を楽しんでるようには見えないんだよね。くるみはともかく、誘った駿が釣りに似合ってない印象がある。

 

 

 

まあ、それはいいとして。

そんな2人の申し訳程度な釣りシーンが終わってのランチタイム。

「Fuji Bal」のカレーやらを食べながら、駿が北海道で店を出さないかと誘われてることをくるみに話す。

 

 

くるみ「行きたいな」

「私も一緒に行きたい」

(冒頭の画像 引用元: TBSテレビ)

 

 

駿「えっ?」

くるみ「行こうかな」

 

 

駿「えっ、でも あれ。仕事はどうするの?」

くるみ「北海道で探すよ。藤野さん…駿と一緒にいたい」

 

「なんてね」

照れ隠し的に笑う

 

 

駿「えっ、一緒に行ってさ 何する?」

くるみ「店で雇ってくれる?」

 

 

駿「家は?」

くるみ「一緒に住もうよ。狭くてもいいじゃん。休みの日には一緒に出かけよう」

 

 

 

そこからくるみは北海道に行ったらやりたいことを楽しそうに語るんだよね。

 

そんなくるみに対して、いま一番かけてはいけない言葉を駿は口にする。

 

 

 

 

駿「逃げてない?」

 

「今、仕事がつらいからって逃げるな。ちゃんと現実と向き合った方がいいと思う」

 

 

くるみ「何で。何でそんなこと言うの?」

駿「えっ、じゃあ何て言えばよかった?」

 

 

くるみ「「辞めてもいいよ」とか、「無理するなよ」とかさ」

 

駿「そんな無責任なことは言えないよ」

くるみ「責任とかそういうことじゃなくて」

 

 

駿「今、こんな感じで一緒にいてもダメになる」

くるみ「そんなのわかんないじゃん」

 

 

駿「わかる! このままじゃダメになるよ」

 

くるみ「えっ」

「えっ、わかんないな」

「ちょっと帰る」

 

 

 

繊細な心のすれ違いが見て取れるような、心が痛むシーンだった。

この時点で2人がハッピーエンドになるかは知らない。

でも、これで終わってしまってもおかしくないような会話だったよ。

 

 

特に駿の落ち度というか、相手に対する思いの足りなさが目立った。彼も彼なりに考えはあるんだろうけど、やっぱりね。逃げてる人に「逃げてない?」は言っちゃいけないよ。

 

 

くるみにしたって、逃げたくて逃げてるわけじゃないし。逃げたくなくて必死に頑張って、でもそれが裏目に出たりして心を痛めてるからね。

駿の言ってることはあくまで選択肢の一つであって、相手に押しつけるもんじゃない。

 

 

ましてや「このままじゃダメになる」なんて、占い師みたいなこと言い出してさ。不安をあおるだけだよ。

そんなふうに感じたかな。

 

 

 

バスに乗って帰るくるみ。

一応、駿は走ってバスを追いかけてたけど。仮に間に合ったとして、今の君が何て言ってあげられるのよって。

 

 

 

 

 

 ハルちゃんと羽瀬ちゃん 「今ほしいのは その言葉じゃない」

 

 

早乙女家

 

帰宅したくるみ。

各部屋をノックして回るがみんな不在。

 

 

香子は礼史のお見舞い。

寺井陽人(丸山隆平/関ジャニ∞羽瀬彩夏(中村アンの2人は、フロンティアアートから作品を撤収してる。

 

 

そもそもフロンティアアートとは、くるみのSNSが縁で彩夏の仕事につながったのだが、例のバッグ盗作疑惑の件により白紙にされてしまった模様。

 

 

それをきっかけに、このまま夢を追い続けていていいのかという迷いを彩夏が口にする。

 

 

彩夏「もう諦めた方がいいのか、それとも描き続けた方がいいのか」

陽人「何言ってんの? 描き続けた方がええよ」

 

 

彩夏「う〜ん。でもそろそろ、潮時なのかもしれない。ずっとフリーターってわけにはいかないしさ」

 

 

陽人「せやったら、結婚しよう」

彩夏「えっ?」

 

 

陽人「俺が羽瀬ちゃんの夢 支える。結婚しよう」

 

彩夏今ほしいのは その言葉じゃない

 

 

 

陽人と彩夏。くるみと駿。

2組のケースが微妙にクロスしていて、「逆だったらなあ〜」っていう構図。

 

「その気持ちが駿にあれば」とか。

「逃げるな」って言葉は相手によっては励ましになるとかね。

 

 

 

 

 

 くるみが泣きじゃくる 葉山祥吾「大丈夫じゃないだろ」

 

 

早乙女家

 

いつもは賑やかな早乙女家にひとりっきりのくるみに、松下宏太郎(飯尾和樹/ずん)からのLINEが届く。

 

 

明日、細貝社長から話があるので本社に来てとのこと。

店舗スタッフがなんか告げ口して、自ら希望した店舗業務も危ういというムード。

 

 

こういう事って立て続けに起こるから。一つ一つ個別の問題なのに、ひとまとめに頭を悩ませていっぱいいっぱいになっちゃうんだよね。

 

 

これまで生きがいのように続けてきたインスタを開くと、例のバッグ盗作疑惑の投稿コメントが735件に増えてる。全部が全部、批判コメントじゃないだろうけど。今のくるみにはそれを見る勇気はない。

 

 

 

そんなときに思い出す葉山祥吾の存在。

 

くるみがすぐにLINEで「お疲れさまです」と送ると、すぐに「真柴? どうした?」と返ってくる。

 

 

「今どちらですか?」と聞くと、「駅前だけど」「何かあった?」と返してくれる。

 

 

このLINEの文字を見て泣きそうになってるくるみが、咄嗟に家を飛び出す。

 

 

 

 

 

 

 

祥吾のもとへ走ってやってきたくるみが「ちょっと相談が」と切り出す。

 

 

くるみ「明日、細貝社長に呼ばれて。たぶんよくない話ですよね」

「正直、何もできなくて。前みたいに投稿するのも、携帯見るのすら怖くなっちゃって。店舗でもうまくいかないんですよね。嫌になるな」

 

 

祥吾「真柴」

くるみ「もう、逃げたいって思っちゃうんです。無理して着飾っても、誰も…」

 

「もう、限界かもしれないです」

 

 

泣きじゃくってるくるみを、通りを行く人の目に触れぬよう背中で隠しながら「大丈夫か?」と声をかける。

 

くるみが泣きながら「大丈夫です」と返事する。

 

 

「大丈夫じゃないだろ」と祥吾がくるみを優しく抱き寄せる。

 

 

祥吾「笑ってくれないと、困るよ。真柴は笑っててくれないと、困る」

くるみの肩をぽんぽんと叩く

 

 

 

 

 

オルテンシア

 

一方の駿はオルテンシアに行くんよ。

店内には福本葉菜(山本千尋がいる。なんでこの状況でそこへ行くのっていうね。

 

 

 

 

次回予告あとの追加シーン

 

「北海道行きどうするの?」と葉菜に聞かれ「迷ってる」と答える駿。

 

 

葉菜「彼女は何て?」

駿「逃げてほしくない」

「問題を解決しないで、目をそらして逃げると後悔する。俺みたいに」

「そうなってほしくない。自分の夢をかなえてほしい。くるみには」

 

 

これで「To be continued」となる。

 

 

 

駿の言うことはわからなくもないけれど。

自分は過去から逃げたことで前を向けるようになったんじゃないの? って思っちゃう。

その冷却期間やインターバルがあったから冷静に、前向きになれるってこともあると思う。

 

 

なのに「逃げてほしくない」とか、平気で言う駿の気が知れない。

 

それもね、誰の前で言ってんの? って。

めちゃくちゃ迷惑かけた張本人を前によ。過去のことはもう無かったかのように。

 

 

仮にも昔付き合っていた女性だしね。その迷惑をかけた元彼女の前で、現在の彼女の話をこうもぶっちゃけて話す?

 

 

これはもちろん批判とかではなくて。ここらへんのことは次回・最終話につながっていくんだと思う。

 

いよいよ今晩だからね。

っていうか、リアルにそろそろ放送が始まる時間なんよ。

 

というわけで、【後編】おわり

 

 

 

 

 

 

YouTube 関連動画&主題歌

 

6/22(火) ついに最終回


それぞれが出した答えとは…

 

youtu.be

TBS公式YouTubooより

 

 

 

 主題歌 星野源『不思議』はこちら

星野源 – 不思議 (Official Video) - YouTube

 

 

 

 

Twitter 番組公式

 

TBSテレビ『着飾る恋には理由があって』  最終話放送直前の tweet

 

 

f:id:gklucky:20210304151231p:plain 「読むドラマ□ Rebo」とは?

週に30本近く、月に100本以上をチェックしている信頼と実績の(?)

 

〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラ

 

がお送りする、テレビドラマを読んで楽しむ

エンターテイメントコラム

 

★「阿倍カステラって何者よ?」っていう人は、こちらの記事をご覧あれ

castella-a.hatenablog.com

f:id:gklucky:20210302115518j:plain

【重要】先にドラマを観ることをおすすめしてます

 

 

【編集後記】

 

最終話放送まえには間に合わず!

 

 

ごめんなさい!

藤野駿みたいに土下座して潔く謝りたい気分。

 

いろいろあって更新を1週間ほど休んでた。

今回は更新を急ぐので、それについては追い追い話せたらなって思ってる。

 

毎日見に来てくれてた人には、ほんとに申し訳ないなって。

 

 

この時点で22時05分。最終話はもう放送されてる。

結果的に間に合わなかったけど。またこうしてブログを更新できたことをありがたく思う。『着飾る恋には理由があって』にも感謝だね。真柴くるみさんにも、SNSの投稿が再開できることを祈りながら「TVer」の配信で視聴したい。

 

 

最後まで読んでくれてありがとう!

 

 

 

 

 

 

 ご覧の記事は

『カステラ書房の毎日』がお送りしましたー♬

 

f:id:gklucky:20210304235148j:plain

「したむきちゃん」阿倍カステラ©️

 

 

  🟧 またね

 

  

見逃し配信

 最新話 放送日まで前話の視聴できるよ!

TVer」知らない人っているのかな? 阿倍カステラもほぼ毎日お世話になってるよ

 

tver.jp

  

 

TBSテレビ 番組公式HP

 

 

冒頭の画像と、劇中 セリフの一部を、本文内容の補足と説明のためにTBSテレビ(ドラマ)より引用しました

 

本文で足りない情報は以下のリンクから引用(出典)元の番組サイトをご覧ください

火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』|TBSテレビ

 

『着飾る恋には理由があって』これまでの視聴率

第1話 9.1%

第2話 8.2%

第3話 6.8%

第4話 7.8%

第5話 8.2%

第6話 7.8%

第7話 7.8%

第8話 8.5%

第9話 7.1%

 

 

 

 

 

阿倍カステラのTwitter

 

ここでぼちぼちとやっていくしかないね。手にしてないものを嘆くなんてバカげてる。やがて手にする未来を思ってワクワクする方がいくらかマシかな。

 

 

 (この記事の告知ツイート後にここに掲載)

 

 

 

阿倍カステラ 1,000本執筆宣言!

残りあと803本。休んでだ期間はもちろん減ってない! そりゃそうだ。

 

 

応援よろしく! 

 

 

 

 

以下は、過去記事の一部です【スルー希望】

あんまり気にしないで

 

 

 (それについての説明)
大きな意味では「SEO対策」となるかな? って始めたんだけど。

 

 

このブログを始めてから1年と4か月が過ぎ。記事数も500に到達しそうになってた。

 

でもそこには、過去の体調不良により〝執筆スランプ〟になってた時期の、「毎日更新」を継続するためだけに公開した記事がたくさん含まれてる。

 

 

これまでもそれらの記事を削除したり、記事のいくつかを一つにまとめたりとかはしてきたんだけど。これがなかなかめんどくさい作業なの。ゆえに継続的にやれないというね。

 

 

ならば、ここは毎日の積み重ねだ! と。これしかない! って。

 

毎日、更新する時に過去記事の残して置きたい部分(本人の思い出として)を巻末にコピペして、元の記事は削除してしまえば一石二鳥じゃんって。

 

しょーもない記事を減らすためにはいいアイデアかなって。

 

 

 

 

 

 

2020.10.27

 

 

 ☆阿倍カステラのドラマ視聴日記 10月27日(火) 編



テレビ東京『共演NG』(主演 中井貴一)第1話


テレビ東京が社運をかけたドラマというだけあって確かにすごいドラマだ。仕掛けがたくさんあって、展開も抜群に面白い。やっぱりテレビ東京のドラマってすごいよね。

この第1話のインパクトがどのくらい持続するのかが今後の見どころといった感じかな。



フジテレビ『時をかけるバンド』(主演 白石聖)第2話


★個人的にはキャストが良いんで十分に観てられるけど、ストーリーはいたってシンプル。三浦翔平さんが未来から来たというのがストーリーに乗っかってないのが気にかかる。まあ、徐々にって感じなんだろうけど。そんなに強めの設定をさらりと流してるのが「?」。




日本テレビ『バベル九朔』(主演 菊池風磨)第2話


★今話にてストーリーの概要は理解できた。この先はビルのテナントの人たち一人一人の一話完結的ストーリーで進むんだろうね。次回に期待。




メ〜テレヴィレヴァン(主演 岡山天音)第2話


★本日深夜にスタートするヴィレヴァン!2 〜七人のお侍編〜』。その前に視聴を済ませたかったけど無理みたい。

とにかくキャラが個性的なので面白そう。森川葵さんのかわいさも際だってる。




BSテレ東『ハルとアオのお弁当箱』(主演 吉谷彩子)第3話


★ほっこり系ドラマ。なんとなく観てしまうタイプのドラマだね。次回からいよいよ恋のお話なんかも絡んできそう。




フジテレビ『あの子が生まれる…』(主演 森田望智)第2話


★まだよく理解できてないの。そんな状態で離脱するのはマナーに反する(?)んで、次回も観てみたい。この手(ホラー)のドラマってあんまり得意じゃないんだよね。




テレビ東京『だから私はメイクする』(主演 神崎恵)第3話


★一話完結のドラマなんだけど、今回は特に面白かった。主役・太田莉菜さんがハマってたね。妄想シーンがよくマッチしてたし、全体のテーマである〝メイク〟についてもしっかりとストーリーに落とし込まれていて、よく出来てるなあって感動したよ。




関西テレビ『姉ちゃんの恋人』(主演 有村架純)第1話


★秋の大本命のドラマがスタートしたって感じだね。今の時代に合う素敵なストーリーだよ。

有村架純フリークとしては文句ない作品。こういうタイプの役も意外に似合うんだよね、有村架純さんって。お相手の林遣都さんの役もぴったりだと思う。

珠玉の会話劇はスタートから突っ走ってて、はじめはついていけなかったけど。後半にもなるとすっかりその世界観に取り込まれてた。で、ラストはMr.Childrenでしょ。抜け目ないよね。TBSテレビ『おカネの切れ目が恋のはじまり』に続いて2期連続のエンディング曲起用。ラストシーンにも、ドラマの色合いにもぴったりな感じがしたな。

すでに次回予告も面白そうだったしね。これは期待できるドラマだ!



以上、8番組でした。


新ドラマ『姉ちゃんの恋人』を観てしまったんで、本日放送のTBSテレビ『この恋あたためますか』第2話は、日付け変わって明日に持ち越し。とにかく『姉ちゃんの恋人』の満足感ったらない。心がすぅ〜っとしてさ。窓を開けて空気を入れ替えたような気分。いや、ほんとありがとうございました! って感じ。


 

 

 

 

 

 

念のためにもう一度

ここの一文は過去記事の一部なので気にしないで