カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

『リコカツ』最終話 🟥 永山瑛太さん演じる「緒原紘一」という最高傑作&ウサギ型宇宙人 | 読むドラマ□Rebo case202

 

f:id:gklucky:20210629163250p:plain

f:id:gklucky:20210629163326j:plain

 

主演 北川景子さん

 

永山瑛太さんの怪演っぷりに「只者ではない」感があふれる

見事なエンターテイメント的ラブストーリー⁉︎

 

 

 

この「TBS 金曜ドラマ」枠の〝面白さ〟を知らしめる名作ドラマ

 

 

TBSテレビ『リコカツ』

2021年4月16日スタート!

毎週金曜 夜 22:00〜

金曜ドラマ」枠

 

 

 最終話「離婚から始まった恋の結末…あなたと、ずっと…」

〈記事では6月18日放送の最終話より いろいろと引用しています〉

 

 

最終話 視聴率   9.1%

これまでの視聴率&見逃し配信情報は巻末にて

 

◇ずっと 9%台を推移して安定した人気だった

 

「10%台も見えてる」との〝カステラダムスの大予言〟もあったが、最高視聴率は9.7%にとどまった 残念!

 

 

 

 

OP NEWS

 

4月期のドラマ終了につき 各ドラマの振り返りを実施中!

  

ドラマのストーリーにはそれほど触れずに、そのドラマの総括をするようなイメージでやってる。


6月も残すところあと1日で。

やってしまわないといけないことが多すぎる。



カステラ書房では月末特有の作業にバタバタと追われているところではある。



いや、オープニングで愚痴を言ってる場合じゃないっ!



今回も、わりとあっさり読める構成となってるので。空き時間、隙間時間におすすめだよ。



 

 

 

読むと「ドラマ」がもっと楽しくなる

読んで楽しむエンターテイメントコラム

 

 

 

f:id:gklucky:20210323182821p:plain

ネタバレ/感想/見逃し配信/無料配信/キャスト/主題歌/視聴率/etc.  情報満載♬

 〝読むドラマ□〟についての説明は最後の方で

 

 

 

 

 

✳️あのね、目次だよ

 

 

 

 

 

 

 

 

カステラ書房の毎日 関連記事

 

 人気の高い『リコカツ』第八話の回!

「注目記事」ランキングでもしばらくの間、1位だったこの記事。

今日[2021/06/29 16:00]現在も3位にランクインしてる。

 

全話通してもこの第八話が一番じゃないかっていう、いわゆる「神回」で。

感動の名シーン 紘一の「お前ウソついたな!」も、この回。

  

🔸『リコカツ』第八話

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

ドラマ本編 最終話(ネタバレ注意だよ)

 

よくもまあ、こんなに何も展開がないストーリーで、ずっとやってきたもんだよ。

 

それが『リコカツ』の率直な感想。

 

 

 

その反面。

何気ない日常がこんなにもドラマチックに描かれていることに感動する。ほんとにすごいよ。

 

 

そんなドラマチックな、素晴らしいドラマだった『リコカツ』を振り返ってみたい。

 

 

今回は最終話について細かく触れてはいなくて、さらっと読める内容になってるんで。長文が苦手な方におすすめ。

 

 

 

『リコカツ』の面白さの振り返り。さあ、始めよう」(アリス風)

 
 
 

 めずらしくもない「離婚」 『大豆田とわ子と三人の元夫』との比較

 

ラブストーリーの王道を走る『リコカツ』

なんにも「特別」なものではないストーリー

 

 

 

日本における「離婚」の現状

 

このドラマはタイトルからわかるように、夫婦の離婚がテーマになってる。

 

 

厚生労働省の「令和元年人口動態統計」によると、令和元年の婚姻件数は599,007件。それに対して離婚件数は208,496件。

 

1日に571組、1時間に23組、2~3分に1組の夫婦が別れているとされている。

 

 

 

『リコカツ』では、〝家族全員離婚〟なんてショッキングにあおる演出がお決まりなんだけど。

皆さんも実際的に、家族・親戚や友人・知り合いを見渡してみて、離婚してるケースはかなりあるはずで、そうめずらしくもないでしょ?

 

 

でも、このドラマに登場する家族は、どちらかというと離婚に無縁な(そう見える)人たちばかりで。その人らが離婚を選択することで、=ショッキングな出来事として描かれてるんだよね。

 

 

 

前回記事のテーマ『大豆田とわ子と三人の元夫』の大豆田とわ子さんなんて 3回もしてるけど、その直接的な理由すら描かれてない。

 

その手法はどちらかというと現代的であるわけで。

その点 『リコカツ』は古風というか割とど真ん中を、ラブストーリー(ドラマ)の王道を走ってる。

 

 

 

そう考えると。

前回語りきれなかった「『大豆田とわ子と三人の元夫』が何故視聴率5%台でフィニッシュ! となったのか?」の答えにつながりそうでもある。

 

 

□上記で話題にした『大豆田とわ子と三人の元夫』最終話の記事はこちらから

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

 ラブストーリーの王道 令和リミックス

 

 

「離婚届」という紙切れに振り回される物語

 

 

序盤は離婚するの? しないの? っていうのがあって、それでいて意外にあっさりと離婚して。

 

中盤からは元に戻るの? 戻らないの? な展開が続き、最終話を前に2人が再び結婚を決める。

 

 

結論から言うとこのドラマって、離婚届という書類(或いは制度)に振り回される物語なんだよね。

 

 

 

これが、婚姻届を出してなくて結婚する前の話だったら。

 

2人がくっついたり離れたりっていうのが何度もあって。

パリと日本で3年間離れ離れの末にラストは結婚するという恋の物語。

 

 

これだとなんの特徴もないストーリーになりそうなんだけど…。

いわゆるこれがラブストーリードラマの王道で。古き良き時代の恋愛ドラマのストーリーっぽい。

 

 

 

そんな王道ストーリーを令和時代にリミックスしてるのが『リコカツ』

 

ドタバタコメディーっぽい一面もありなから、しっかりと落ち着いた令和のラブストーリーになってる。

 
 

 

 

 

 永山瑛太さん演じる「緒原紘一」という最高傑作

 

 パリにいる水口咲の帰りを待ち続ける紘一

 

 

僕はこのカットを見て、声に出して笑いそして泣いた。

 

 

 

 

f:id:gklucky:20210629160245p:plain(引用元: TBSテレビ

 

 

「おいしいですね、咲さん」(紘一)

 

 

 

ここまでの経験はしばらく記憶にないね。


永山瑛太さんの演じる緒原紘一という役に、ちょっと尋常じゃないくらいに震えた。

 

 

 

 

もちろんね。

この最終話、感動するシーンはさまざまあった。

 

 

 

一番はラストの〝見せないキス〟かもしれない。

 

紘一があの性格だから、ロマンチックなシーンなんて成立しないんだけど。

キスすらまともに出来なかった紘一の、ラストのアレだから。咲のサポートもあって成立した、映ってなくてもロマンチックなキス。with 婚姻届の用紙。

 

 

もはや見せてないところにスポットが当たって、視聴者にも評判いいみたい。

 

 

 

 

翻って僕は。

やっぱり上記で紹介した、パリにいる水口咲(北川景子の帰りを心待ちにしてる紘一の、滑稽さに哀愁が漂うシーンでのあのカットが忘れられない。

 


思わず追加画像

 

f:id:gklucky:20210629160558p:plain(引用元: TBSテレビ)

 

 

それは、緒原紘一という役に魅了されてしまったということなんだろう。

 

 

 

「唯一無二」なんて言葉は便利だけど。

こんな役、誰がここまで演じられるんだろうって。

 

 

 

永山瑛太さんの素晴らしい演技に魅了されたドラマ 『リコカツ』のお話でした。

 

 

 

 

  

 

YouTube 関連動画&主題歌

 

【WEB限定】白洲迅のエプロン姿!?『リコカツ』 特別企画《リコカツ ショッピング》


本編で紹介した感動シーンに登場してるウサギの抱き枕。あれは「ウサギ型宇宙人」なんだって。RABって名前らしい。この動画で初めて知った!


そのグッズも紹介されてるよ

 

youtu.be

TBS 金曜ドラマ『リコカツ』より

 

 

 

 主題歌 米津玄師『Pale Blue』はこちら

米津玄師 - Pale Blue - YouTube

 

 

 

 

Twitter 番組公式

 

TBSテレビ『リコカツ』  最終話視聴ありがとう tweet

 

 

f:id:gklucky:20210304151231p:plain 「読むドラマ□ Rebo」とは?

週に30本近く、月に100本以上をチェックしている信頼と実績の(?)

 

〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラ

 

がお送りする、テレビドラマを読んで楽しむ

エンターテイメントコラム

 

★「阿倍カステラって何者よ?」っていう人は、こちらの記事をご覧あれ

castella-a.hatenablog.com

f:id:gklucky:20210302115518j:plain

【重要】先にドラマを観ることをおすすめしてます

 

 

【編集後記】

 

半期に1度の6月総決算!

 

 

上記見出しに特に深い意味はない。


ただね。「総決算」に喩えて言うと、その作業は順調かなって思う。



 PV数の増減に一喜一憂しないで。

モチベーションに頼らないブログ運営をする心構えが出来つつあって、その手応えを感じてる。



言うても今月(6月)は、先月より1,000 PVほど多いわけで。

これでようやく、「月10,000 PV」を目指してもいいのかなって。7月はそのスタート地点に立てるような気がしてる。



日々積み重ねていけるのがブログだからさ。

書き続けてる限りはプラスにしかならない。


一歩一歩確実に。

ご安全に〜


 

ご安全に〜は現場作業の人が言うやつ!

アニメ『スーパーカブ』の影響。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとう!

 

 

 

 

 

 

 ご覧の記事は

『カステラ書房の毎日』がお送りしましたー♬

 

f:id:gklucky:20210304235148j:plain

「したむきちゃん」阿倍カステラ©️

 

 

  🟧 ご安全に〜

 

  

見逃し配信

 最終話はまだ視聴できるよ!

TVer」知らない人っているのかな? 阿倍カステラもほぼ毎日お世話になってるよ

 

tver.jp

 

 

 

TBSテレビ 番組公式HP

 

 

冒頭の画像と本編で2点、さらに劇中 セリフの一部を、本文内容の補足と説明のためにTBSテレビ(ドラマ)より引用しました

 

本文で足りない情報は以下のリンクから引用(出典)元の番組サイトをご覧ください

www.tbs.co.jp

 

『リコカツ』これまでの視聴率

 

第壱話 9.7%

第弍話 9.4%

第参話 7.6%

第四話 8.9%

第伍話 9.0%

第六話 9.1%

第七話 9.0%

第八話 9.7%

第九話 9.0%

最終話 9.1%

 

 

 

 

阿倍カステラのTwitter

 

ここでぼちぼちとやっていくしかないね。手にしてないものを嘆くなんてバカげてる。やがて手にする未来を思ってワクワクする方がいくらかマシかな。

 

 

 (この記事の告知ツイート後にここに掲載)

 

 

阿倍カステラ 1,000本執筆宣言!

残りあと798本。まだまだーっ! 7月から一気に行くよ

 

ちなみに本日[2021/06/29]は2位

 

応援よろしく! 

 

 

 

 

以下は、過去記事の一部です【スルー希望】

あんまり気にしないで

 


 

 (それについての説明)
 令和2年から始めた当ブログ。その記事はかるく500 に到達しそうになってた

 

とはいえ、過去の記事の中にはしょーもないものがいっぱいあって

これを1記事とカウントしていいもんやら…

 

そこで、一部残しておきたい文章だけを以下に掲載し、過去の記事(しょーもないやつ)は削除することにした

 

そういうわけで、ただの記録なので

 

 


 

 


 
 

 

2020.11.7

 

 





☆阿倍カステラのドラマ視聴日記 11月7日(土) 編


TBSテレビ『恋する母たち』(主演 木村佳乃)第3話



テレビ東京『あのコの夢を見たんです』(ヒロイン 山本舞香)第6話



テレビ東京『歴史迷宮からの脱出』(主演 福本莉子)最終話



テレビ東京『メンズ校』(主演 道枝駿佑)第5話



以上、4番組でした。




『歴史迷宮からの脱出』が終わってしまった。

内容的にはあまり興味はなかったんだけど(失礼!)、主演の福本莉子さんの演技が気に入ってた。

世間でよく〝◯◯ロス〟って言うけどさ、福本莉子ロスになってしまうよ。ただ次回作を待つしかないな。




なんかちょっとだけ創作意欲が復活するような気配を感じる瞬間があるんだけど。こういう時にかぎって環境が最悪だったりする。心技体のバランスって重要だよね。


なんだかいっつもちぐはぐだ。


 

 

念のためにもう一度

この上記一文は過去「記事の一部」なので気にしないで