カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。人気もぼちぼち上昇中‼︎

『ゴシップ #彼女が知りたい本当の◯◯』第10話 🟥 ラスト目前!ミステリアスさ極まる安藤政信さん【後編】 | 読むドラマ□case272

f:id:gklucky:20220316174103p:plain

 

瀬古凛々子 最後の動き出しと

 

タニタツヤ『プラネテス』のシンクロに感動!?

 

黒木華さん フジテレビ系ドラマ初主演!

 

 

上記画像 引用元: 

https://youtu.be/S-Xt5Zr8TxA

 

 

f:id:gklucky:20220127145410j:plain

 

フジテレビ『ゴシップ #彼女が知りたい本当の◯◯』

 

 2021年1月6日放送スタート

毎週木曜 夜 10:00〜

木曜劇場」枠

 

 

第10話 2つの特大スクープ到来! 現れた強敵は仁和の元妻

 

 

〈記事では3月10日放送の第10話より いろいろと引用 / 画像使用についても著作権に配慮しています〉

 

 

 

第10話 視聴率 6.3%◇見逃し配信は巻末で

〈視聴率に対するコメント〉

 

だいたいこのくらいの数字だったんだ。初回だって6.5%だったんだし。観てる人はみんな観てるっていう結果の数字だよ。素晴らしい!

 

 

◇見逃し配信◇放送後1週間 視聴できるよ

巻末に「TVer」のリンク情報と「これまでの視聴率」あり

 

 

 

 

『ゴシップ』通算3度目の2部構成

 

🔸最終話放送日[3/17]に公開!

これは第10話の記事なのでお間違いなく

 

 

なお、この記事は【後編】です。

【前編】をお読みでない方はこのあとの「関連記事」コーナーのリンクをご利用ください。

 

 

 

【前編】の記事で終わらせようと思えば、無理やりに詰め込んでそうすることもできたかもしれない。

 

それにいたずらに話を伸ばして【後編】をやる理由もなくてさ。

この『ゴシップ』の記事が終わったら次は → 『妻、小学生になる。』の記事執筆が待ってるんだからね。

 

 

それでも【後編】をやる意味は、本編にたっぷりと記載してるので。それを読み取ってもらえたら、今日という日を素晴らしき一日と記録することができそうだ。

 

 

 

では本編へ

 

 

 

 

 尚、「阿倍カステラって何者?」って気になる人は、巻末の【編集後記】手前に紹介コーナーがあるよ

 

 

読むと「ドラマ」がもっと楽しくなる

読んで楽しむエンターテインメントコラム 

 

f:id:gklucky:20220223231102j:plain

ネタバレ/感想/見逃し配信/無料配信/キャスト/主題歌/視聴率/etc.  情報満載♬

 〝読むドラマ□〟についての説明は最後の方で

 

 

 

 

 

✳️あのね、目次だよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カステラ書房の毎日 関連記事

 

さーて、前回の『ゴシップ #彼女が知りたい本当の◯◯』は?

 

 

読者が迷子にならないように、ここでは10話【前編】の記事を紹介! いつも以上にあわせて読みたいやつ。

 

 

 

『ゴシップ#彼女が知りたい本当の◯◯』第10話 🟥 ラスト目前!ミステリアスさ極まる安藤政信さん【前編】 | 読むドラマ□case271

castella-a.hatenablog.com

 

 

『ゴシップ #彼女が知りたい本当の◯◯』第10話(ネタバレ注意だよ)

瀬古凛々子「ざわざわが治らない」

 

 

瀬古凛々子(せこ りりこ / 黒木華)が仁和正樹(にわ まさき / 安藤政信)の前で「ざわざわする」と感じたように見えたと【前編】の記事に書いたシーンの件。

 

 

それはこの後の話にもつながる。

 

 

 

カンフルNEWS編集部の入るビルの屋上

 

『永鳥新人文学賞出来レース疑惑の記事を公開してから様子がおかしいと心配する根津道春(ねづ みちはる / 溝端淳平)が凛々子に声をかける。

 

 

その時、凛々子が口にしたのが、

 

ざわざわが治らない

 

 

これまで凛々子が「ざわざわする」と言ってたのって、一時的なものだよね。それがずっと「ざわざわ」してるってことなんだもん。その気持ちを察すると、この後の凛々子の行動と根津がかけた言葉にも納得できる。

 

 

 

「その原因は美波さんに言われたことだろ?」と根津が核心を突く。

 

 

美波(回想)《あなたにも愛する人がいるでしょ?》

 

 

その言葉を思い返し、凛々子が咄嗟に「愛する」をいつもの辞書で引き読み上げる。

 

 

凛々子「『愛する』 いつくしむ。かわいいがる。愛情を注ぐ。相手を慕う。恋する。ほれる。ひかれる。かけがえのないものとして心から大切に思う」

 

「仁和さんには…どれも当てはまりそうで、どれも当てはまらない」

 

 

根津はその辞書をそっと閉じて言う

根津「瀬古の気持ちもそこには載ってねえよ」

 

お前は…仁和さんのことが好きなんだよ

 

 

 

 

番組史上最高(カステラ書房調べ)にカッコいい、真琴が言ってた〝隠れ男前〟らしさを見せた根津道春。

 

相手の気持ちを優先し、自分の気持ちを隠すという意味でもね。根津は元々良きにつけ悪しきにつけこういうタイプの男なんだよね。

 

 

怪しさを増す仁和正樹

 

 

もうこのあたりは第10話の終盤も終盤。

気になるシーンが目白押しとなってる。

それらを駆け足で紹介!

 

 

 

クスノキ出版役員室でのシーン

 

 

瀬古。お前も普通になったな

 

結城玄の失明のことや妻がゴーストライターをしていたことには触れずに書かれた新人文学賞出来レースの記事を見た後に、仁和がつぶやいた言葉も気になるが…。

 

 

 

 

最終話登場の生田絵梨花さん

 

IT企業 インターネオの就活詐欺の件で取材をしようとしていた学生に、(本社の指示により)記事が出せなくなったことを謝罪する一本真琴(いちもと まこと / 石井杏奈)が別件での相談を持ちかけられる。

 

 

その学生に、クスノキ出版に関係のある人物として紹介され、後日取材することになった向井未央(生田絵梨花)の存在も気になるところ。

 

 

 

 

最後の最後に大きな爆弾が

 

第10話ラストに飛び込んでくるクスノキ出版のインターネオによる吸収合併のニュース。

 

 

椛谷静司(かばたに せいじ / 野間口徹)が社内の情報集めたところ、気になる話として、

 

 

永鳥社がクスノキ出版と並んでインターネオの合併候補に入っていたが →

 

カンフルNEWSが出した文学賞出来レース疑惑の記事により永鳥社はイメージダウン →

 

それにより永鳥社は企業価値を下げ、合併候補からも外されたという。

 

 

 

 

仁和を疑い始める編集部員

 

仁和が自分らに出来レースの取材をさせたのは、ライバル企業だった永鳥社を合併候補から蹴落とすためだったのか、と文学賞出来レース疑惑の取材を担当した根津は言う。

 

 

就活詐欺ネタの方は、クスノキ出版とインターネオとの合併協議を有利に進めるために利用する目的で、記事を上げなかったのはそのためだったのかと、就活詐欺疑惑の取材を担当した下馬蹴人(しもうま しゅうと / 野村周平)と真琴も気づく。

 

 

 

椛谷「握った不正をちらつかせて、会社を高く買わせる交渉材料にしたんだろ」

 

下馬「いわば、ゆすり屋みたいなもんだな」

 

笹目「つまり仁和さんは、そのために凛々子さんを利用したってことですよね」

 

 

このあと瀬古凛々子が動く

 

凛々子が知りたい本当の〇〇◇キタニタツヤ『プラネテス

カステラドラマアワード2022 瞬間最高感動シーン

 

 

 

仁和を疑う編集部員らの言葉をずっと黙って聞いていた凛々子に。

 

カメラがゆっくりと近づいて。

 

 

沈黙のなか、今度は凛々子の背中に少しずつ迫るカメラワークに切り替わる。

 

 

 

凛々子が肩を右に傾けて動き出すのと同時に

♬〜知らない国に迷い込んだみたいだ〜って タニタツヤ『プラネテスが流れる

 

 

 

早足で編集部から出ていく凛々子

 

すぐに追いかけようとする笹目

 

それを無言で止める根津

 

 

 

♬〜誰もが綺麗な嘘で話してる〜

って『プラネテス』が流れるなか、これまで仁和に言われた言葉を思い返しながら、どこかに向かい足早に進む凛々子。

 

 

 

もう、感動が止まらないって‼︎

 

凛々子が動き出した瞬間と、キタニタツヤさんの『プラネテス』の歌い出しがここしかないって感じに、観てる側の感情ともピッタリで。

 

 

 

それから感動はずっと続いてる。

 

僕はこの気持ちのままに最終話を観られることを幸せに思う。

 

 

 

〈おしまい〉

 

 

 

 

なお、この感動に至るリアルな心の動きを表現するために終盤、劇中セリフの再現を多用した。

 

文字起こしをする目的ではなく、凛々子が最終話に向けて「彼女が知りたい本当の〇〇」ってなんなんだろう? って。

 

これを読んだ人にも考えてもらいたくて。それがこのドラマをもっと楽しく観るために必要だと思いそういう構成の文章にした。

 

あと、文章中の♬〜 で始まり 〜 まではキタニタツヤさんの『プラネテス』の歌詞を引用しました。(2カ所)

 

 

 

 

 

YouTube 関連動画◇主題歌

 

もう一つの主題歌 キタニタツヤ『プラネテス

 

 

これまでもそうだったけど第10話では特に

 

このドラマとこの歌の相性の良さったらないね

 

最終話ではどっちでくるんだろ? どっちもってのもアリかな

 

 

『ゴシップ』はまだ終わらない⁉︎

youtu.be

 

 

 

主題歌 タニタツヤ『冷たい渦』はこちら

冷たい渦 / キタニタツヤ - Inner Whirlpool / Tatsuya Kitani - YouTube

 

 

 

Twitter 番組公式

 

『ゴシップ #彼女が知りたい本当の◯◯』最終話 告知CM tweet

 

告知に向いてないキャラクター・瀬古凛々子に笑!

 

これまでの視聴率◇見逃し配信

🔸これまでの視聴率

 

第1話 6.5%

第2話 6.0%

第3話 5.7%

第4話 6.3%

第5話 6.1%

第6話 6.8%

第7話 4.3%

第8話 6.0%

第9話 5.5%

第10話  6.3%

最終話

 

 

 

 TVer◇放送後1週間限定で 視聴できるよ

tver.jp

全話配信はFODで

 

 

フジテレビ 番組公式HP

 

 

劇中よりセリフの一部を、本文内容の補足と説明のためにフジテレビ(ドラマ本編)より引用しました

 

 

本文で足りない情報は以下のリンクから引用元(出典)の番組サイトをご覧ください

www.fujitv.co.jp

 

 

 f:id:gklucky:20220223230313j:plain

 週に30本近く 月に100本以上をチェックしている信頼と実績(?)の 〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラ がお送りする、テレビドラマを読んで楽しむエンターテインメントコラム!

 

 

 

◇「阿倍カステラ」って何者よ? っていう人はこちらをどうぞ

castella-a.hatenablog.com

 

 

◇2022年2月21日『カステラ書房の毎日』30,000PV突破!? 記念のページ 

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

【編集後記】 

『ゴシップ』第10話の回を終えて

 

 

【前後編】と2部構成で長々とすいません。

すべてを読んでくれる人がいれば僕は今晩夕食抜きでもいい。(何のために?)

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうー!

 

 

 

 

 ご覧の記事は

『カステラ書房の毎日』がお送りしましたー♬

 

f:id:gklucky:20210304235148j:plain

「したむきちゃん」阿倍カステラ©️

 

 

  🟧 またねー

 

 
 
 

阿倍カステラTwitter 

 

阿倍カステラはTwitterが苦手なよう

そちらもこのブログ同様にぼちぼちと、一つ一つ積み重ねていきたい

 

第10話【後編】の回のツイート ちょっと熱があってウザいツイート文

 

(これは第10話【前編】のツイート)

 

 

 

 

以下は、過去記事の一部です

あんまり気にしないで

 

 

 

 (それについての説明)
 令和2年から始めた当ブログ。その記事はかるく500 に到達しそうになってた

 

とはいえ、過去の記事の中にはしょーもないものがいっぱいあって

これを1記事とカウントしていいもんやら…

 

そこで、一部残しておきたい文章だけを以下に掲載し、過去の記事(しょーもないやつ)は削除することにした

 

そういうわけで、これはちょっとしたアーカイブ

 

 
 

 

2021.1.15

 

☆阿倍カステラのドラマ視聴日記 1月15日(金) 編

 

 

フジテレビ『知ってるワイフ』(主演 大倉忠義)第2話

 

★何気に気に入ってるドラマ。何気に回想シーンの女子高生役広瀬アリスさんがイケてるのがすごい。眠ってる顔がね、広瀬すずさんと似てるのよ。そんなことはどーでもいい。

 

 

 

読売テレビ『江戸モアゼル 〜令和で恋、いたしんす。〜』(主演 岡田結実)第2話

 

『知ってるワイフ』と同じく〝タイムスリップ物〟なんだけど、こっちはコメディー色強い。でも、ほろりとさせられたり、ラブコメモードを見せられたりして、力技な展開がすごい! 吉谷彩子さんの見るたびに別人のような〝カメレオン〟っぷりもいいね。

 

 

 

MBS毎日放送『夢中さ、きみに。』(主演 大西流星)第2話

 

★展開がテンポよくていいんだよね。もう何話分か観ないと全体像は見えてこないような感じではある。

 

 

 

テレビ東京『あなた犯人じゃありません』(主演 日比野芽奈)第1話

 

★またしても秋元康さん絡みということで。しかも青春高校3年C組って。第1話を観た限りではなんだか面白そう。しりすぼみにならないことを願いたい。

 

 

 

日本テレビ『ブラック校則』(主演 佐藤勝利 2019年)第2話

 

★前後してしまったけど『メンズ校』みたいな感じなんだね。

 

 

 

テレビ東京ゆるキャン△(主演 福原遥 2020年)第2話

 

★アニメのゆるキャン△ season2』の放送が始まってるんで、同時期に観てると話がごっちゃになってしまうという難点あり。阿倍カステラが2020年のベストドラマじゃないかって言ってる作品。

 

 

 

読売テレビ『探偵が早すぎる』(主演 滝藤賢一 2018年)第5話

 

★こちらは初見。前クールの『七人の秘書』から、『知ってるワイフ』と。最近お目にかかるケースが増えてきた広瀬アリスさん。すでに第1〜4話は無料配信終了してたんで途中から観た。滝藤賢一さん、こういうのばっかになってきたね。

 

 

以上、本日は7番組でした。

 

 

新ドラマがぼちぼちスタートし始めてきたんで、放送されたものはすぐに観るようにしてる。

 

今季はとにかくTBSテレビ『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』がいいね。今のところ一番かな。

その次がフジテレビ『知ってるワイフ』が来るかなって感じ。

これは、〝令和きってのドラマウォッチャー〟としての独り言。

 

これからTBSの日曜劇場とか、日テレの日曜とかも始まるけど。どちらもキワモノっぽいんでね。

 

 

さて、昨日に引き続き読書をすることができた。

村上春樹著『風の歌を聴け』を完読した。もう何度読んだかわかんないけどさ。

 

文章を書くことができなくなって久しいけど、かろうじて文章を読むことができたことは良い傾向だ。

 

『ABEMA prime』でお天気キャスター・穂川果音さんが明日は暖かいって言ってたし、悪いことばかりじゃないかもね。

 

 

 

 

 

 

念のためにもう一度

この上記一文は過去の「記事の一部」なので気にしないで