カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

『部長と社畜の恋はもどかしい』第3話🟧 小野莉奈さんの〝顔に落書き〟シーンに感動!? | 読むドラマ□case230

f:id:gklucky:20220125184538p:plain

 

再び 小野莉奈さん演じる〝三森さとみ〟に大注目な回!

 

ムズキュンが過ぎる〟オフィスラブコメディ!!

 

上記画像 引用元: 

https://youtu.be/Rz8C5MxHsQk

 

 

 

 f:id:gklucky:20220202032448j:plain

 

 

テレビ東京『部長と社畜の恋はもどかしい』

 

 2022年1月5日放送スタート

毎週水曜 深夜 0:30〜

「ドラマParavi」枠

 

 

 第3話 「いいよ、いいよ」のまるちゃん

 

〈記事では1月19日放送の第3話より いろいろと引用 / 画像については著作権に配慮しています〉

 

 

 

見逃し配信は巻末で

◇放送後1週間 視聴できるよ

TVer」のリンク情報あり

 

 

 

 

OP NEWS◇週刊カステラ フロックTV 近日スタート!

 2週遅れの〝シャチ恋〟

 

 

本日[2/2]深夜0:30 より第5話放送

 

で、この記事は第3話を題材にしたもの。そう、つまり2週分遅れてるのでお間違いなく!

 

 

さて、フライング気味なんだけど近日中に「週刊カステラフロックTV」をスタートするよー!

〝新番組〟のテイでやる『カステラ書房の毎日』の新企画だ。

 

 

以前、「カステラフロックTV」ってのをやってたんだけど、それをリニューアルしたものでもある。

 

主にドラマランキングを中心にお送りしたいと思ってるんでご期待あれ!

 

今回題材にしてる『部長と社畜の恋はもどかしい』第3話なんて確実にランクインするだろうね。

 

まだ未確定なことばかりなので、決まり次第随時お伝えしていくよ。

 

 

その前にこの〝シャチ恋〟の記事を、放送回に追いつかないと。

 

 

 

では本編へ、どうぞ

 

 

 尚、「阿倍カステラって何者?」って気になる人は、巻末の【編集後記】手前に紹介コーナーがあるよ

 

 

 

読むと「ドラマ」がもっと楽しくなる

読んで楽しむエンターテインメントコラム 

 

f:id:gklucky:20210323182821p:plain

ネタバレ/感想/見逃し配信/無料配信/キャスト/主題歌/視聴率/etc.  情報満載♬

 〝読むドラマ□〟についての説明は最後の方で

 

 

 

 

 

✳️あのね、目次だよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カステラ書房の毎日 関連記事

 

前回の『部長と社畜の恋はもどかしい』

 

 

新企画スタートの発表もあり、コンテンツをより充実させ満足度アップをめざしてる「カステラ書房の毎日」

 

カステラ忍法 〝PDCAぶん回しの術〟をフルに使い、日々激しくアップデートを重ねている

 

 

このコーナーでは前回分の記事を紹介

お探しの記事を迷わず見つけられるように

 

 

『部長と社畜の恋はもどかしい』第2話 🟧 中村ゆりかさん「オトナの女宣言?」& 佐野岳さんの〝変身〟姿 | 読むドラマ□case223

castella-a.hatenablog.com

 

  

 

『部長と社畜の恋はもどかしい』第3話より(ネタバレ注意だよ)

小野莉奈さんの「顔に落書き」感動シーンは必見!?
 

 とにかく「顔に落書き」シーンが最高だった第3話。これに尽きるかなって感じ。

 

こういう類いの演出はラブコメ含む〝コメディ〟で見かけるケースが多かったけどさ。

 

この〝シャチ恋〟のソレは、笑わせてもらった上にラストは感動までさせられちゃうという優れモノ。こんなの経験したことないよ。

 

 

そこらへんはしっかりと本編にて

 

 

  

 

《原作漫画を知らない人のために》

 

おなじみのコミックシーモアにて

 

このように「カステラ書房の毎日」ではドラマの原作を紹介する際にはコミックシーモアをリンクすることが割と多い

 

 

www.cmoa.jp

原作者の志茂さんはこのドラマを結構気に入ってるようで。そういう感じがTwitterでも見受けられる。

 

今回もだけど、「カステラ書房の毎日」では志茂さんのツイートをちょくちょく引用させてもらってて、(勝手に)助けてもらってる。感謝 感謝!

 

 


〝顔に落書き〟衝撃演出のはじまり

丸山真由美と提司治 二人の仲ってどんな仲?

 

 

 

「君は完全なる社畜だ」

「残業するのがそんなに悪いのかー」

 

 

冒頭の2人のセリフ。何度も耳にしてるんで馴染んできて、カッコよくさえ聞こえるようになってる。ヒーローもので宿命のライバル同士が闘いながら叫ぶ台詞みたいに。

 

 

第2話で、 三森さとみ(小野莉奈)に嘘をつかれた 丸山真由美(中村ゆりかは落ち込んでしまって。

 

そんな真由美を慰めた心優しき 提司治(竹財輝之助。その上、真由美が三森をフォローするために持ち帰ろうとしていた仕事まで手伝ってくれて。

で、その仕事を終わらせた後はお約束のベッドイン!

 

 「大人の関係継続中です」(真由美)となる。

 

◇ここまでが前回ダイジェスト

 

 

 

第3話は、ベッドで目覚めた真由美の「またシてしまった」というつぶやきからスタートする。

 

 

 

提司部長が準備した朝食を食べる真由美。

仕事のフォローをしてもらった件であらためてお礼を言う真由美に、「俺たちの仲じゃないか」と返す提司。

思わぬ言葉に真由美は「私たちの仲って?」と確認する。ずっとその答えが聞きたくてモヤモヤしてたもんね。

 

 

提司は「そんなの決まってるだろ」とまっすぐ真由美を見つめ返す。

彼にしてみれば「言わなくてもわかるだろ?」って感じなんだろうけど。

 

 

 

 

ここから衝撃の展開(演出)

 

すると、提司の顔に〈 2回セッ◯スした仲〉と落書きされてんの。演出としてね。

 

 

その落書きを見て真由美は落胆する。

「(心の声)まあ、どうせ私のほうも…」

 

すると、〈 2回目だけど〉〈わきまえていますよ〉と真由美の顔にも落書きされてるというね。頬あたりに左右に分けて書かれてんのよ。

 

 

 

 

 

顔に落書きされた 2人のシュールな朝食風景。

これが最高に面白くてさ、笑っちゃったんだけど…。ドラマを観てない人には伝わりにくいかな? 文章で表現するのはなかなか難しいのよ。読んでて意味わかる?

 

 

 

そこでドラマ原作者 志茂さんによるイラストで補足

 

下記ツイート内イラストの右側がまるちゃんと部長の朝食シーンのやつ

 

  

 

 

 

このツイート文から察するに原作者の志茂さんもこの演出を気に入ってるみたい

 

尚、左側の三森さとみのケースはまた後で紹介するよ

 

 

 

中村ゆりかさんの #彼パーカー

「顔に書いてある」を可視化した遊び心

 

 

ラブストーリー(ラブコメ含む)において〝すれ違い〟は定番だし鉄板の流れでもあるよね。

 

お互いの心のすれ違いにより、くっついたり離れたり。いらぬ誤解を招いて恋のピンチに陥ったり。

そんなことを繰り返しながら最終的に結ばれてハッピーエンド!(バッドエンドの場合もある)それまでの道のりが困難であればあるほど、2人が結ばれた時の感動は大きい。

 

 

 

でも、この〝シャチ恋〟は第1話からすでに 2人は結ばれてんだよね。むしろそこからスタートしたから。

 

最近のドラマによく見られる「カラダの関係」が先で恋愛ストーリーはその後っていうやつ。

 

 

 

 

ケース①

MBSテレビ『凛子さんはシてみたい』(主演 高田夏帆 戸塚祥太 2021年10月-12月放送)では、性体験がない男女2人が〝脱・未体験パートナー協定〟を結び、あくまでコンプレックスを克服するために「カラダの関係」を持ち、それがのちに恋愛に発展していくというストーリー。

 

 

高田夏帆さんが大きな目を見開いて動揺する様が印象深い。意外にこの人コメディエンヌ向きかも?

 

またA.B.C-Z戸塚祥太さんといい、『痴情の接吻』中村ゆりかさんと共演した橋本良亮さんといい。A.B.C-Z も結構ドラマで活躍してるよね。

 

 

 

 

ケース②

MBSテレビ『カカフカカ -こじらせ大人のシェアハウス-』(主演 森川葵 2019年4月-6月放送)での、「たたない」元カレに協力する流れで「オトナの関係」を持ってしまい複雑な恋愛に悩むことになるというケースなんかもある。とにかく主演の森川葵さんが巧いからね。僕はこのドラマ意外と好きだった。

 
 
ケース③ もういい? 
 
 

 

でも提司は体だけの関係を良しとするようなタイプのいわゆる大人の男ではなくて、もっと純粋に恋愛してるんだよね。すでに現段階で真由美と「付き合い始めた」とも認識してるわけで。

 

 

普段はクールを装って隠してるけど心の中ではまるちゃんにメロメロ。

 

真由美が帰ったあと彼女のパーカー姿を思い返しながら、「彼パーカー…想像以上にやばかった。あんなに可愛いいのってあり〜。俺の彼女可愛すぎるだろう〜」って声に出して、彼女が着てた自分のパーカーを抱きしめてんだもん。

 

 

この時点で提司はカラダの関係から始まってしまったことで真由美に罪悪感を抱いている。

一方 真由美は、提司とはカラダだけの関係でそれが〝オトナの女〟だと思ってる。(第2話参照)

お互いに相手を好きな気持ちは一緒だけど、心の中は完全にすれ違ってるという、ある意味鉄板のラブストーリー。

 

 

 

前述した朝食のシーンでは顔に書いてある」という慣用句を可視化したような演出で、真由美の内心を演者の顔に書き二人の心の〝すれ違い〟を表現してるという。い〜や、文章にするとややこしいよ! 説明する必要ある?

 

 

 

 

 

以下は、番組公式による劇中 提司部長がメロメロになってた まるちゃんの〝#彼パーカー〟ツイート

 

画像は上半身しか写ってないけど、これをワンピースのように1枚だけ着てるわけよ

 

その時のまるちゃんの劇中のセリフが

「オーバーサイズって流行りですよね? 何かいい感じです」だった。

 

 

 

 

 

公式の取材に竹財輝之助さんが「あれはけしからんですね(笑)」と答えているところが可笑しい。

 

 

 

 

感動をラストの〝顔に書いてある〟演出

 
オリエント・ホープ 営業部
 

嘘をついた三森さとみと嘘をつかれた丸山真由美。お互いに気まずい微妙な雰囲気。

 

チラチラと見ている真由美の視線に気づいた三森さとみが口を開き、「どうもすいませんでした」と頭を下げる。

 

 

 

ここで〝顔に落書き〟演出 再び

 

f:id:gklucky:20220126191453p:plain

画像引用元: 前述の通り

 

 

それを見た真由美の心の声

「えっ、でも〈私は悪くない〉って書いてありますけど…」

 

 

内心そう思いながらも、「あぁ…そのライブどうしてもいきたかったんだよね。そういう時は私が代わりにやるから。正直に言ってくれてもいいんだよ」と三森さとみを叱らずに優しくフォローする。

 

 

そんな先輩に三森さとみは、「本当にいいよいいよのまるちゃんですね」って言っちゃうわけ。

 

この時は何の事かわかってなかった真由美だが、その後休憩ルームで女子社員らが「いいなあ〜営業部にはいいよいいよのまるちゃんがいて」と話してるのを聞いてしまう。

 

その女子社員らは、「どんなに忙しくても定時に帰れるんだぁ」「遊びもデートの予定もドタキャンなし」「いいなぁ〜うちにも1人 いいよいいよのまるちゃんほしい〜」とか言ってんの。

 

 

 

 

 〈長くなってるんで巻いていくよ〉

 

さーて、第3話ここからのストーリーは?

 

・三森さとみが仕事でまたミスしちゃって真由美に「助けてください」って頭を下げる

 

・社内で「いいよいいよのまるちゃん」と言われていることを知ってショックを受けたばかりの真由美は悩む

 

・すでにタスクが書かれたポスト・イットでいつものようにデスクは埋まっている

 

・それでも真由美は なし崩しではなく決意を持って後輩の頼みに「いいよ」と返事する

 

 

 

ここからの仕事の進め方がカッコよくて〝お仕事ドラマ〟ばりの展開になってる

 

そんななか提司が、他の社員らの仕事を「いいよ」と引き受ける真由美の本当の理由に気づいたり

 

ギリギリの仕事を一緒にやっていくなかで真由美と三森さとみの間にチームワークが生まれたり

 

 

 

なんやかんやあって

 

仕事を全て終わらせた後に再び〝顔に落書き〟演出よ

 

三森さとみの顔に「今日は本当にすみませんでした」と書いてあるの。

 

もちろんそれは真由美の主観。でも三森さとみの本当の気持ちのはず。

今回のソレは顔に書いてある という慣用句本来の意味になっているシーン。

 

 

 

さらに最後この〝顔に落書き〟で感動よ!

三森さとみの顔に先輩への感謝の気持ちが書かれてるの。なんて書かれてたかは下記の「Twitter 番組公式」コーナーのツイートにて。実際に見てもらったほうが話が早い!

 

 

もうこんなふざけた遊び心的演出でうるっときちゃったよ。

原作者 志茂さんもツイートで、OP前のシーンで大爆笑した演出だったのに、「それが終盤で泣けるってどういうこと??? やられた〜〜。くやしい。おもしろい」と感想を書いてたように、泣ける感動のシーンだった。

 

 

今後開催されるであろう「カステラドラマアワード2022 」、その際にはこのシーンを推薦したい。

 

 

 

三森さとみの「今日ぐらい謝らないでくださいよ。私をこれ以上嫌な女にしないでください」も添えて

 

 

◇この続き 『部長と社畜の恋はもどかしい』第4話 はこちら

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

 

YouTube 関連動画◇主題歌

 

ドラマ Paravi『部長と社畜の恋はもどかしい』第3話 予告

 

 

テレビ東京YouTube控えめ?

でも第1話だけはYouTubeで公開されてるよ【公式】

たぶん最終話放送1週間後くらいまで観られるんだろうね

youtu.be

 

 

中村ゆりかさんのYouTube チャンネル「ドラマ『部長と社畜の恋はもどかしい』裏側&オフショット EP2」

 

チャンネル名は「YURIKA official

中村ゆりかさんもこうゆうのやってんだね チャンネル名からして事務所主導タイプって感じだけど

 

オフショットを撮影してるのにカメラを回すと喋らなくなる中村ゆりかさんがリアル

 

ちょうど今回の第3話オフショットもちょこっとだけあるよ

 

ドラマ『部長と社畜の恋はもどかしい』裏側&オフショット EP.2【YURIKA official】 - YouTube

 

 

エンディングテーマ mzsrz『フィルター』はこちら
エンディングで流れてる中村ゆりかさんとmzsrz がコラボしてるやつ

mzsrz(ミズシラズ) /「フィルター」ドラマエンディングver - YouTube

 
 

Twitter 番組公式

 

テレビ東京『部長と社畜の恋はもどかしい』小野莉奈さん「顔に落書き」 tweet

 

見逃し配信

 

TVer◇放送後1週間 視聴できるよ

現在、第1話も視聴可能!(たぶん最終話放送1週間後までかな)

 

飛んだ先で更新すると「最新話」と「第1話」を選べるよ

tver.jp
全話配信はParaviにてこっちでは先行配信やってるよ

 

 

 

 

テレビ東京 番組公式HP

 

 

劇中セリフの一部を本文内容の補足と説明のためにテレビ東京(ドラマ本編)より引用しました

 

 

本文で足りない情報は以下のリンクから引用(出典)元の番組サイトをご覧ください

www.tv-tokyo.co.jp

 

 

 

 

f:id:gklucky:20210304151231p:plain 

「読むドラマ□ Rebo」とは?

週に30本近く、月に100本以上をチェックしている信頼と実績の(?)

 

〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラ

 

がお送りする、テレビドラマを読んで楽しむ

エンターテインメントコラム

 

★「阿倍カステラって何者よ?」っていう人は、こちらの記事をご覧あれ

castella-a.hatenablog.com

f:id:gklucky:20210302115518j:plain

【重要】先にドラマを観ることをおすすめしてます

 

【編集後記】 

例によって

 

後日加筆する予定

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとう

 

 

 

 

 

 ご覧の記事は

『カステラ書房の毎日』がお送りしましたー♬

 

f:id:gklucky:20210304235148j:plain

「したむきちゃん」阿倍カステラ©️

 

 

  🟧 またねー

 

 
 
 

阿倍カステラTwitter 

 

阿倍カステラはTwitterが苦手なよう

そちらもこのブログ同様にぼちぼちと、一つ一つ積み重ねていって

 

告知ツイートをした際にはここに掲載する予定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下は、過去記事の一部です【スルー希望】

あんまり気にしないで

 

 

 

 (それについての説明)
 令和2年から始めた当ブログ。その記事はかるく500 に到達しそうになってた

 

とはいえ、過去の記事の中にはしょーもないものがいっぱいあって

これを1記事とカウントしていいもんやら…

 

そこで、一部残しておきたい文章だけを以下に掲載し、過去の記事(しょーもないやつ)は削除することにした

 

そういうわけで、これはちょっとしたアーカイブ

 

 

 

 

 
 

 

2020.12.4

 

 ☆阿倍カステラのドラマ視聴日記 12月5日(土) 編

 

 

日本テレビ『35歳の少女』(主演 柴咲コウ)第8話

 

 

TBSテレビ『恋する母たち』(主演 木村佳乃)第7話

 

 

テレビ東京『猫』(主演 小西桜子)第4話

 

 

以上、3番組でした。

 

あ〜今日も食べすぎた。

昨日の残り材料でまたもや鍋。

それを理由に記事を手抜きする。それも二日連続で。

 

 

 

 

 

 

念のためにもう一度

この上記一文は過去の「記事の一部」なので気にしないで