カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。人気もぼちぼち上昇中‼︎

『ファイトソング』第3話 🟥 清原果耶さんの純度100%な〝キュン〟【冬ドラマおすすめ!】 | 読むドラマ□case229

f:id:gklucky:20220131181906p:plain

 

清原果那 民放ドラマ初主演!

 

〝恋の取り組み〟スタート

だが 期限付きの恋は前途多難!?

 

 

上記画像 引用元:

https://youtu.be/2iXQNR6a_r0

 

 f:id:gklucky:20220125151423j:plain

 

TBSテレビ『ファイトソング』

 

2021年1月11日放送スタート

毎週火曜 夜10:00〜

「火曜ドラマ」枠

 

 

 第3話 恋の猛勉強! キスは初デートでしていいですか? 大混戦の恋

 

 

〈記事では1月25日放送の第3話より いろいろと引用 / 画像については著作権に配慮しています〉

 

 

 

第3話 視聴率 8.2%◇見逃し配信は巻末で 

前回より0.1ポイントUP!ほんとわずかだけど…上がってることに意味がある!

 

◇放送後1週間 視聴できるよ

巻末に「TVer」の直通リンク&「これまでの視聴率」あり

 

 

 

 

〝恋の取り組み〟も◇火曜ドラマらしく

 カステラ書房「注目記事」ランキング第5位

 

 

第4話放送日[2/1]に公開!

この記事は第3話の回なのでお間違いなく。

 

現在、カステラ書房「注目記事」ランキング第5位の『ファイトソング』(第2話)

 

 

【参考画像】

f:id:gklucky:20220201122941j:plain

 

やっぱりね、カステラ書房といえば TBS火曜ドラマってのを証明するような結果が出てうれしいよ。

 

 

 

この枠は最近不調っぽかったけど、今回の『ファイトソング』は大丈夫そう。というかすでにもうおもしろいよ。

 

 

そんな『ファイトソング』の良いところを時間の許す限り語っていく回。

 

花枝と芦田の〝恋の取り組み〟

清原果耶さんの純度100%の〝キュン〟

凛と慎吾がからむ〝片想いの大渋滞〟

 

以上、余すことなくお伝えしたい。

 

いや「余すことなく」は言い過ぎた。それはオープニングの大風呂敷!?

 

  

 

さっそくいくよ!

 

 

 

 

尚、「阿倍カステラって何者?」って気になる人は、巻末の【編集後記】手前に紹介コーナーがあるよ

 

 

読むと「ドラマ」がもっと楽しくなる

読んで楽しむエンターテインメントコラム 

 

f:id:gklucky:20210323182821p:plain

ネタバレ/感想/見逃し配信/無料配信/キャスト/主題歌/視聴率/etc.  情報満載♬

 〝読むドラマ□〟についての説明は最後の方で

 

 

 

 

 

✳️あのね、目次だよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カステラ書房の毎日 関連記事

 

前回の『ファイトソング』& TBS火曜ドラマ プレイバック!

 

2022年から激しくアップデートを重ねている「カステラ書房の毎日」

 

毎週題材にしているドラマに関しては「前回」と「次回」の記事リンクを強化することにした

 

 

そういう訳で「前回」分はこちらのコーナーで紹介

 

それと「TBS火曜ドラマ」枠について絶対の自信を持つカステラ書房がお送りするプレイバック企画

今回は『プロミス・シンデレラ』で

 

 

『ファイトソング』第2話 🟥 清原果耶さんの体育会系な「キュン」& 間宮祥太郎さん「スタートライン」| 読むドラマ□case222

castella-a.hatenablog.com

 

 『プロミス・シンデレラ』第1話 🟥 二階堂ふみさんが挑戦する〝リアル人生ゲーム〟とはいかに? | 読むドラマ□Rebo case212

castella-a.hatenablog.com

 

 

『ファイトソング』第3話(ネタバレ注意だよ)

〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラ【2022 冬ドラマ】おすすめの1本!
 

 

第1話を観た時点で、「今度は大丈夫そう」って思ったんだけど。

これまでも急にトーンダウンしちゃうケースがあったからね。ちょっとばかり慎重になってた。

 

 

でも、今回の第3話で確信した。この『ファイトソング』はおもしろい!

 

そこらへんを今回はとことん語ってみたい。PV数も割合も『ファイトソング』の記事に多く入ってるので。張り切っていくよ!

 

 

 TBS火曜ドラマの系譜

前回に引き続き下記のリンクから

機会を見て新たに触れてみたいと思ってるので、お楽しみに

 

ちょっとね〜今回「TBS火曜ドラマ」って言い過ぎ!何回言うの?

castella-a.hatenablog.com

 

木皿花枝と芦田春樹 ◇「恋の取り組み」スタート

TBS火曜ドラマによく見る「条件付きの恋」&「仮想恋愛」

 

 

 

冒頭からの〝恋の取り組み〟という名の二人のデートがおもしろいのよ。

 

 

木皿花枝(きさら はなえ / 清原果耶)と芦田春樹(あしだ はるき / 間宮祥太郎)の初デート。

 

 

 

 

前クール 『婚姻届に判を捺しただけですが』(主演 清野菜名 2021年10月-12月放送)での、百瀬柊(坂口健太郎)が〝不毛な恋の隠れみの〟と表現した偽装結婚だったり。

 

 

 『プロミス・シンデレラ』(主演 二階堂ふみ 2021年7月-9月放送 )での、二人の恋のきっかけとなった〝リアル人生ゲーム〟など。

 

 

 

近年のラブストーリー及びラブコメドラマは、「条件付きの恋」とか「仮想恋愛」の類いが増えていて、特にTBS 火曜ドラマはその傾向が強い。

 

 

男女が段階を踏まずいきなり付き合いだしたり、一緒に住むことになったり、結婚したり(ハンオシの特殊な例)と。二人で徐々に育んでいく一般的な恋愛はもはや古典なのか? って思っちゃうくらいに。

 

 

僕は〝不毛な恋の隠れみの〟も〝リアル人生ゲーム〟も、そのワードが特に気に入ってたんだけど。ドラマの内容としてはちょっと…期待したものとは違ってた。

 

でも、今回の『ファイトソング』の〝恋の取り組み〟はかなり良さそうだ。もう3話までいってるので間違いないでしょ。ここから裏切られることはないよね。

 

 

 

〝恋の猛勉強〟とも表現されてるけど。根が体育会系な花枝が「女子力がない」と自己嫌悪に陥りながらも真面目に恋に取り組む様子に初々しさがあって。

 

体育会系がゆえに言動はハキハキしてるのに、なんともハッキリしないモヤモヤとした恋の予感に戸惑っている姿に胸がきゅっとつかまれる。

 

これまでも散々やってきた〝◯◯キュン〟とは違い、花枝に感じるそれはちょっと別物だね。

 

 

 

 デートでの二人の会話

 

二人の会話を聞いてると明らかに花枝の方が言葉数が多い。

自分のぎこちなさを取り繕ってるのもあるんだろうけど、それが彼女流の真面目な取り組み方なんだよね。

 

だけどどんなに喋っても説明的には感じないし、喋るほどに心情が伝わってくるとこなんかも清原果耶さんの持ち味だろうか。

 

 

 

清原果耶さん 純度100%な〝キュン〟

ローテンションな二人 with 鹿威し

 

 

一方の芦田は低めの声でぼそぼそと静かにしゃべるタイプ。

その声のトーンが花枝と相性がいい感じ。会話が自然なんだよね。基本、二人ともローテンションだからさ、お似合いなのかも。

 

 

一定のトーンで会話するローテンションな二人に、アクセントをつけるような〝鹿威し〟(ししおどし)の演出も心憎い。

 

 

 

 

 【公式】火曜ドラマ『ファイトソング』第3話放送10時間まえ tweet

 

 

上記ツイートのように、ロケ地の飲食店に実際にあったんじゃなく美術部が設置したんだって。ここ雅叙園 東京かな。

 

 

 

音楽プロデューサーが楽曲をアレンジする際に、必要な楽器の音を選択して組み入れていくみたいだね。絶妙なリズムで〝コン〟っと音を出す鹿威しはもはや楽器で。その音に反応する花枝がいちいちよくて、それこそ歌ってるようだった。

 

 

 

 

「恋の準備不足も甚だしい」と反省する花枝

 

一見すると盛り上がってないような二人の会話は実は弾んでいて。花枝は会話を続けるなかで芦田に自分と似てるところを見つける。

 

 

◇セリフの文字起こしをするのが目的じゃない。このドラマのおもしろさと、ここに書いたことの本質を読む人により理解してもらうためのアプローチとして以下に劇中のセリフの一部を引用する

 

 

 

 

花枝「どっちも恋愛に対する意識かなり低い系」

芦田「あぁ、そうか」

 

花枝「ちょっと反省しましょう」

「あの…私が「デートしましょう」とか急に言ったのが悪かったんだけど」

「ちょっと恋の準備不足も甚だしいですよね。何かもっとしっかり考えて取り組まないといい恋にならない気がします。芦田さんがいい曲 書けるような。私のいい思い出になるような」

 

芦田「思い出…」

 

花枝「はい。もちろん勢いとか気合も大切だとは思うんですけど、どれくらい頭の中で考え抜いてたかとか、シミュレーションできてたかが結構大事です。じゃないと勝てないです」

 

芦田「うん?」

 

花枝「あっ、空手の場合ですけど」

芦田「ああ、なるほど」

 

花枝「なので、反省会しないとダメですね私たち」

 

芦田「反省会。はい」

 

 

そして鹿威しの「コン」

 

 

 

ローテンションで一気に早口で喋るのって、今期では『ミステリと言う勿れ』の久能整や、『ゴシップ #私の知りたい本当の〇〇』の瀬古凛々子なんかが特徴的だけど。

 

 

この木皿花枝もまあ〜早口よ。

上記の二人とはまったく違ってこっちは体育会系の喋り方。恋の準備不足からの〜反省会とか言っちゃう人なんだから。

 

 

 

 

ふいに芦田の顔が花枝に近づくシーンが使い回しの定番シチュエーションとはならず。その時の花枝のときめきがイジり倒された〝キュン〟じゃないところもいい。

 

 

弘中綾香さん Hanako.tokyo 連載エッセイのタイトルじゃないけどさ、純度100%な〝キュン〟って感じ。

 

 

菊池風磨藤原さくら◇片想いの大渋滞

「片想いの大渋滞」を盛り上げる慎吾&凛 コンビ

 

 

花枝と同じく児童養護施設「あさひ園」で育った幼なじみ、夏川慎吾(なつかわ しんご / 菊池風磨)と萩原凛(はぎわら りん / 藤原さくら)のコンビ。

 

すでにこれまでもいい味だしてるんで、この先も期待が持てる。

 

 

 

 

児童養護施設「あさひ園」

 

みんなで花枝の「恋の取り組み」について話を聞いてるときにさ。

 

慎吾が「恋ってさ そういうもんじゃねえんじゃねぇかな」と反論すると、すぐさま花枝に「慎吾うるさい」と一喝されてて。

 

それで、「なんで俺だけ うるさい? 年上ね」とツッコミのように言うあのテンポとか絶妙だね。

 

 

 

 

慎吾&凛の名コンビ

 

花枝と芦田の中華街デートを、慎吾が尾行することをお見通しの凛が先に車に乗り込んで待ってるとことか。

 

尾行しようとしてたのがバレて最初はとぼけてごまかそうとしてたのに、凛に早く車を出せと言われ急にイケメン顔で「おう」とハンドルを握るとこなんかも。

 

慎吾と凛の息ぴったりなバディ感がおもしろいのなんのって。

 

 

 

ここらへんのキャストの恋愛(片想い)を丁寧に描けてるのがおもしろさに繋がってるよね。

これからも〝大渋滞〟していくんだろうし。

 

 

 

 

 『ラヴソング』佐野さくらと似てるような

 

藤原さくらさんが演じる萩原凛はいい意味で、 フジテレビ『ラヴソング』(主演 福山雅治 2016年4月-6月放送)のヒロイン佐野さくらっぽいところがある。

 

ぶっきらぼうだし、口が悪いし。声がスモーキーだし。(それは本人に由来!)

あと、慎吾を蹴っ飛ばしたりするとこなんかも。『ラヴソング』では菅田将暉さんもやられてたもんね。

 

 

 

 

 

 

 ◇シンガーソングライター 藤原さくらさんの歌声(スモーキー)はこちら

 

藤原さくら - 恋しくて(HERE COMES THE MOON STUDIO LIVE) - YouTube

 

 

 

 

ラストでは花枝と芦田がキス寸前に!

でもたぶん、あれは未遂だろう

 

それは第4話でわかる

 

◇この続き【第4話】はこちら

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

 

YouTube 関連動画◇主題歌

 

【制作発表】清原果耶が語る間宮祥太郎&菊池風磨の㊙️エピソードとは? 火曜ドラマ『ファイトソング』

 

こうゆう動画、いかにもTBSって感じ

YouTubeに上げてる動画ってテレビ局によって特徴があるよね

 

youtu.be

 

 ◇ドラマ『ファイトソング』の主題歌はPerfume『Flow』

 

そして、劇中で歌われる『スタートライン』の原曲は Perfume 22作目のシングル『STAR TRAIN(スタートレイン)』(2015年)

 

劇中の未公開シーン含む間宮祥太郎さんが歌う『スタートライン』の動画はこちら

https://youtu.be/FEr5HHA9m64

 
 

Twitter 番組公式

 

【公式】火曜ドラマ『ファイトソング』タイトルバックについての tweet

 

 

 

見逃し配信

 TVer◇放送後1週間 視聴できるよ

tver.jp

 

 

 🔸これまでの視聴率

 

第1話 9.2%

第2話 8.1%

第3話 8.2%

第4話

第5話

第6話

第7話

第8話

第9話

第10話(話数は未定)

 

 

 

TBSテレビ 番組公式HP

 

 

セリフの一部を、本文内容の補足と説明のためにTBS(ドラマ本編)より引用しました

 

 

本文で足りない情報は以下のリンクから引用(出典)元の番組サイトをご覧ください

www.tbs.co.jp

 

 

 

f:id:gklucky:20210304151231p:plain 

「読むドラマ□ Rebo」とは?

週に30本近く、月に100本以上をチェックしている信頼と実績の(?)

 

〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラ

 

がお送りする、テレビドラマを読んで楽しむ

エンターテインメントコラム

 

★「阿倍カステラって何者よ?」っていう人は、こちらの記事をご覧あれ

castella-a.hatenablog.com

f:id:gklucky:20210302115518j:plain

【重要】先にドラマを観ることをおすすめしてます

 

【編集後記】 

〆切に追われてるのはいつもの話

 

今回、特に誤字脱字と文章の乱れがひどかった。

 

公開時間はいつものカステラタイム(午後3時)に間に合わせたのだけど。スケジュールの都合で公開後に確認する時間が取れなくて。

 

夜になってから確認したらめまいがするくらいの乱文乱筆! い〜や、文字は手書きじゃない!

 

文章も直せるところは直したけど、元々が乱文なので手の施しようがなくて。

そういう時に限ってさ、この記事がカステラ書房「注目記事」 ランキングで2位になってんじゃん! ありがたいのだけど複雑。

 

この度は乱文失礼しました。

「いつもだろ」は言わない約束。

 

以下は単なる更新記録

【2/8 23:31】本編の最後に次回[第4話]の記事リンク

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうー!

 

 

 

 

 ご覧の記事は

『カステラ書房の毎日』がお送りしましたー♬

 

f:id:gklucky:20210304235148j:plain

「したむきちゃん」阿倍カステラ©️

 

 

  🟧 またねー

 

 
 
 

阿倍カステラTwitter 

 

阿倍カステラはTwitterが苦手なよう

そちらもこのブログ同様にぼちぼちと、一つ一つ積み重ねていって

 

告知ツイートをした際にはここに掲載する予定

 

 

 

 

 

 

以下は、過去記事の一部です【スルー希望】

あんまり気にしないで

 

 

 

 (それについての説明)
 令和2年から始めた当ブログ。その記事はかるく500 に到達しそうになってた

 

とはいえ、過去の記事の中にはしょーもないものがいっぱいあって

これを1記事とカウントしていいもんやら…

 

そこで、一部残しておきたい文章だけを以下に掲載し、過去の記事(しょーもないやつ)は削除することにした

 

そういうわけで、これはちょっとしたアーカイブ

 

 

 

 

 
 

 

2020.12.4

 

 ☆阿倍カステラのドラマ視聴日記 12月4日(金) 編

 

テレビ東京山田孝之のカンヌ映画祭(主演 山田孝之)第10話

 

 

以上、1番組でした。

 

今日は一日中外出してたんで、ドラマを視聴することはできませんでした。

 

それにブログを書き始めるのが遅くなったのと、ウチで鍋をやって残ったスープがもったいなくて飲んでたら、お腹パンパンになり苦しくなってしまったので早々に切り上げます。

 

貧乏性だからね。あ〜苦しい。

お粗末さまでした。

 

 

 

 

 

 

 

念のためにもう一度

この上記一文は過去の「記事の一部」なので気にしないで