カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

だからこそ、4月に期待してる

4月が近づいてる。


希望にも似た思いを4月に託したい。

何もできないでいる。ここのところずっと。


f:id:gklucky:20200327234157p:plain






どうしちゃったんだろうって自分で自分が心配になる。


話しかけられるとパニックになったり、自分の思いを相手に言葉で伝えられなかったりしていつもあたふたと賑やかなアニメ『SHIROBAKO』のキャラクター久乃木愛が気に入ってて。よくよく考えたら過去に自分の近くにそんな女の子がいたなって思い出してほっこりした。彼女と話していてもいつもこちらが予想している応えが返ってこなくて、それがおもしろかった。そういえばいつもあたふたしてたなあって、懐かしく思い出す。


だけど。もう、昔のことは思い出したくないんだ。たとえばこうして思い出してるだけで泣いてしまうから。その女の子を思い出しながら、「どうしてるかな」って思うけど、もう二度と会うことはないのだから。ただかなしいだけだ。



4月からの僕は、どう新しくなれるだろうか?

目に見えて大きな変化がなくっちゃ今と大して変わりはないだろうなと予測できる。でもその通りにはなりたくないな。



小説家・阿倍カステラとして、この先どうしていくのかを突き詰めて考えていけたらいい。

今はまだわからないけど、気持ちは毎日ころころ変わる。悪いことばかりじゃないはずだ。


まだまだつよい気持ちになんて到底なれない。そんな自分に何がやれるかなんて、言えるはずがない。


だからこそ。4月に期待してる。