カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

久米田康治『かくしごと』からの流れで『さよなら絶望先生』へ。こんな回、あったよね?


f:id:gklucky:20200502221136j:plain





やっぱりこういう状況下で欲しくもない暇な時間ができてる。

こんな状況がなくたって暇な時間は相当にあったのにね。


その都度思い出す。

寝る時間もなく仕事をしていた頃の事を。たまりにたまった仕事が常にあって、忙しさがピークの日なんかは一日24時間稼働したって間に合わないんじゃないかって程、仕事してた。おかげで壊れてしまったのだけど。それこそゴールデンウィーク期間なんかは死にものぐるいだったな。


ニュース番組では各地の繁華街や観光地などが閑散としてる様子を報道してる。こんな状況って見たことないから不思議な気持ちになるね。


今日はアニメ観たな。今日にかぎったことじゃないな。

昨日に続き『侵略!イカ娘』を2話分、『俗・さよなら絶望先生』を2話分、あと『セクシーコマンドー外伝 すごいよ‼︎ マサルさん』も1話観たな。い〜や、どれも古い!とくにマサルさんは1998年。


別に古いアニメが好きで、狙って観てるわけじゃなくてこれには流れがある。現在放送中のアニメ『かくしごと』の作者が久米田康治先生で、作者本人が出演していた『あの子は漫画を読まない。』という番組を観たのをきっかけにそのアニメを観たらすごい気に入った。久米田康治先生を知らなかったわけでもなかったけど、僕はその番組のタイトルのように「漫画を読まない」ので、久米田康治先生の作品をそんなに知らなかった。それで興味がわいて『さよなら絶望先生』を観てビンゴ! いや〜、ぶっ飛んでんなあ〜って思って、他にもこんなぶっ飛んだアニメないかなって探し当てたのが『侵略!イカ娘』だった。このアニメは面白い上にキャラが可愛くて、作画が好みというおまけ付き。そんなふうにギャグ漫画(アニメ)を観ていたら伝説のギャグ漫画を思い出したのだ。それが『セクシーコマンドー外伝 すごいよ‼︎ マサルさん』というわけ。


果たして、僕は何を語ってるのやら。

そんな暇を持て余した5月2日(土)でした。