カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

Castella Drama Award 2021 『アノニマス 〜警視庁“指殺人”対策室〜』第6話 🟥 香取慎吾 本物の「なにやってんだ!」に weekly賞 | 読むドラマ□Flash! case117

f:id:gklucky:20210307114714p:plain

f:id:gklucky:20210312143217j:plain

 

Castella Drama Award 2021

 

 

瞬間最高感動シーン〝weekly〟賞

【3月第1週】発表‼︎

対象 【3月第1週】 2月28日(日)〜3月6日(土)までに放送されたテレビドラマ(インターネット配信も含む)

 

 

 

🟧『アノニマス 〜警視庁“指殺人”対策室〜』3月1日(月)放送 第6話

 

 

おかげさまでだいぶ盛り上がりつつある「カステラドラマアワード2021」


【3月第1週】の〝weekly〟賞は、今回が初選出となるアノニマス 〜警視庁“指殺人”対策室〜』に決まった。

しかも読むドラマ□シリーズ的にも初めて取り上げるドラマというね。Wの初めて。



ではさっそくいきましょう!


 

 

 

 

テレビ東京アノニマス 〜警視庁“指殺人”対策室〜』

 2021年1月25日(月) スタート!

 毎週月曜 22:00〜

〈記事は3月1日(月) 放送の第6話より いろいろと引用しています〉

 




 

 

□今回は

f:id:gklucky:20210306213313j:plain

この「Flash / フラッシュ」 については、記事の最後の方で紹介してるよ

 

 

 

 

 

 (あのね、ネタバレ注意だよ)

 

 

 


🟧 過去最高の第6話

あえて「神回」とは言わないが、もう言ってるようなもんか




🔶警視庁 刑事部長室


勝村政信さんの真剣モードは2分ともたない


「指対室の誰かがアノニマスに通じている。アノニマス本人ではないか」という噂があると越谷真二郎(勝村政信に話す刑事部城ヶ崎明文(高橋克実


警察内部の情報が明らかに外部に漏れていると言い、それが〝指殺人〟対策室(指対室)の人間の仕業じゃないかと城ヶ崎刑事部長は言う。




お言葉ですが…」と越谷は、警察内部のファイルは共有サーバーで管理されているので、権限のある者なら誰でもアクセスが可能だ、と指対室だけが疑われるのはおかしいと反論する。オープニングは真面目モードな越谷さん。




城ヶ崎「指対室にはあの男もいるしなあ」


城ヶ崎刑事部長がそう言うと、不穏なBGMと共にカメラがパーンして、指対室にいる万丞渉(香取慎吾の姿が映しだされる。



城ヶ崎「よからぬことを考えていたとしてもおかしくない」



そのセリフと万氶の姿が交錯する。






🔶〝指殺人〟対策室



□ネット情報 vs 刑事の勘


越谷が指対室に戻って、城ヶ崎刑事部長に何を言われたかを部下たちに話している。そう、この人は指殺人対策室室長。



越谷「とまあ、指対の事を好き放題言われちゃったんだけど、安心してください。この私ががつんと言ってやりましたからね」


碓氷咲良(関水渚

「絶対すごすご退散してますよ」


となりにいる菅沼凛々子(MEGUMIに耳打ちするような言い方をしてはいるが、声も大きいしそもそも隠そうとしてない。


越谷「聴こえてますよ」

冷静なツッコミがさえる



オープニングこそ真面目モードだったけど、番組開始わずか2分足らずでいつもの勝村政信さんワールドに戻ってる。



四宮純一(清水尋也がネットを見ている。

ホテルでアイドルがドラッグのオーバードーズで亡くなった事件についての記事だ。


最初は心不全と報道されたが、ホテルで一緒に居たのが警察幹部の息子だった。

でも裏K察でその事が暴かれ世論に押されて、警察も動かざるを得なくなった。


それを暴いたのがアノニマス

警察が見過ごそうとした悪を、アノニマスが引きずり出した。




そこへやって来た末松香。彼女を演じてる川島鈴遥さん、雰囲気が久保田紗友さんに似てるんだよね。



数日前から匿名の中傷メールが送られてくるという内容の相談で指対室を訪れた末永香 19歳 短大生。


だがその中傷内容は自分にではなく恋人に対してのものだと言って、スマホのそのメール画面を見せる。



〈メール文〉

「お前の恋人は許せない」

「あんな男と付き合うお前の気が知れない」



その恋人は、慶陽大学 3年 椚総一郎。(凛々子曰く)「野球部のイケメン王子。次期エース候補、ママ友たちに人気」という事らしい。3年生で次期エース候補って、どこのエースになる予定? かな。



香は所轄で「内容も具体的ではないしこの段階では動けません」と言われたという。



この時、越谷室長は香さんに「所轄では何と?」と質問したんだけど、〝所轄〟って言葉はそんなに一般的なの?

刑事ドラマみてるから耳馴染みがあるけど、一般人に対して使う言葉かな。



まあまあ。それはいいとして。

これじゃあ、のべつ幕無しに揚げ足を取ってるみたい。たまたま疑問に思うセリフが連続しただけ。



香は、所轄では取り合ってもらえずに指対室に案内されたという。いわゆるたらい回し的流れのようだ。



「ただの嫌がらせならいいんですけど」と前置きして、香はこれまでのとは明らかに内容の違う別のメールを見せる。



〈メール文〉

「全てを奪ってやるから覚悟しろ」



咲良(メールを音読して)「これはやりすぎじゃないですか?」


越谷「そうだね。脅迫にも取れるね」


「しかも昨日の夜から彼と連絡がつかないんです。今日会う約束だったのに」





四宮「これ見てください」


指対室の全員と香がアイチューブ(YouTubeのドラマ呼び名)で生配信されてる動画を見る。



近年の刑事ドラマではこのパターンが急激に増えてるね。


f:id:gklucky:20210308001148p:plain

イスに座らされ縛り付けられてる男は、香の恋人。



犯人「椚総一郎。俺はこいつに大切なものを奪われた。だから奪い返す。こいつにだけ明るい未来なんて許せねぇ」


犯人が時計のボタンを押す。カウントダウンが始まる。



今期の刑事ドラマでいうと『レッドアイズ 監視捜査班』(主演 亀梨和也)が多用しているパターン。画面上に「◯◯まであと◯時間◯分」とテロップに出して、目が離せない展開を可視化させてるような演出。



犯人「制限時間は4時間。午後2時までにこの場所を誰も特定できなかったらこいつは終わりだ」


「ちやほやされてんだろうイケメン王子。助かるといいなあ」


ここで生配信が中断される。



これが事件の始まり。



アノニマスの特徴としては、事件にはいつもインターネットが絡み、その展開にはSNSが欠かせない。ツイッパー(Twitterのドラマ呼び名)への書き込みで様々な情報を得る。


今回も指対室のツイッパー公式アカウントに、一般人による投稿が多数寄せられる。インターネット上の闇サイト「裏K察」にも同じような現象が起き、こちらの方が情報として価値がありそうなものが多い傾向にある。



越谷「ちょっと誰ですか? 指対の公式ツイッパーに、こんなの貼ったの」


その裏K察に掲載されていた椚が拉致された瞬間の画像が、指対室の公式ツイッパーに転載されてたのだ。





四宮「僕です」

「信憑性があると判断したので掲載しました。有力な情報です。指対室の汚名返上の為にも…」



万丞「自分が何やったかわかってんのか? 裏も取ってないネタ、警察の公式発表にしたんだぞ」



四宮「わかってますよでも今は時間が」


万丞「時間がないからって、俺たちがネットの情報に安易に乗っかっていいはずがないだろ?」(激昂してる)


四宮「じゃあ見過ごせって言うんですか!」(大声)

「一刻を争うんです。それにどう見ても悪意のある投稿じゃない」


「市民の善意に頼って何か悪いんです?」




万丞「犯人の目的が不明なんだ! 注目を集めようとしている節もある」


「欲しい情報が欲しいときに手に入る今の状況にも違和感がある。うまくいきすぎなんだよ」



四宮「何もうまくなんていってないでしょう? まだ監禁場所の手がかり一つつかめてないんですよ」


「万氶さんはそうやって相棒を見殺しにしたんじゃないですか?」



万氶「おい!」


f:id:gklucky:20210308001303p:plain




簡単に言うと、インターネットの情報を頼りに捜査する四宮と、昔ながらの刑事の勘で捜査する万氶との相容れない構図。


これまで無かったモノが、時代の変化と共にあたりまえになっていく。進化して便利になったとしても、それが過去を否定する理由にはならない。

その一端を描いているよね。


〝指殺人〟(現代社会のタイムリーな問題)を、刑事ドラマというシチュエーションにうまく当てはめられてる。やっぱりこの第6話はすごい。



捜査資料の書類を手に出て行く万氶に、「ペーパーレスだって言ってんだろ」とぼそりとつぶやく四宮。





これで物語の導入部と捜査の流れなどは一通り説明した(つもり)。ここから一気に「瞬間最高感動シーン」に飛びたい。



これは【Flash】なので。

このペースで書いてたら、また3部構成くらいになってしまう。



それにアノニマスは今回初めて題材にしたので、どれくらいの人が反応してくれるか未知数なんだもの。

もしアノニマスが好きで、記事を希望する方がいたらリクエスト待ってるよ。その方法は【編集後記】にて。



じゃあ、飛ぶよー! (どんな記事? 自由すぎる)







🔶どこかのビルの屋上



□末松香の生配信


恋人が拉致された悲劇のヒロインとして、ネット上では香に対して応援や擁護する声が多かったが、その後の展開により次第に彼女を疑う声が増えてくる。



アイチューブ生配信中の香が、動画を見ている人々に語りかける。

この時、視聴者数はすでに10万人をこえてる。



「私が言ってることを信じない人もいると思います。たから。その目で確かめてください」

「私が嘘をついていないことは…これから私がやることを見てくれればわかると思います」




〈ネットのコメント〉

「はいはい」

「飛べるもんなら飛べばいいじゃん」

「信じねーよ」

「かまってちゃんかよ」




生配信の撮影に使用しているスマホを片手に、ビルの壁の方へ歩き出す香。


ビルの一段高い塀の上に立ち、迷いなくそのままビルの外へ体を傾けた瞬間に万氶が抱き止める。




「おぉーい!」



「刑事さん…」

f:id:gklucky:20210308001737p:plain


「いいかげんにしろ!」




f:id:gklucky:20210308001803p:plain


「なにやってんだ」



f:id:gklucky:20210308001542p:plain


「おぉーい!」と「いいかげんにしろ!」は大声で怒鳴ってるんだけど、この「なにやってんだ」は、心の声を絞り出してるように〝ぐちゅぐちゅ〟とした声で。


これが本物の「なにやってんだ」だって思えて鳥肌が立った。



ビルから飛び降り命を絶とうとしていた人にかける、本物の「なにやってんだ」だ。




途中〝ぐちゅぐちゅ〟した声とか、変な表現してしまったけど。

たとえば心臓がグレープフルーツだったとして、それを鷲掴みにして果汁を絞り出すようなイメージ。

大した量ではないけれど、そこで絞り出した果汁は彼女にその瞬間与えることのできる全て。


たぶん、そこでどんなセリフを吐いたって、これ以上のリアルはないんじゃないかって思えるような「なにやってんだ」だった。




そのあとで。万氶は香に「無駄にしていい命なんてない」とだけ声をかける。



これはね。自分に言い聞かせてるというか、自分のために必要な言葉だったんじゃないかな。そう思うんだ。


まあ、これ以上はやめとくけどさ。


 



f:id:gklucky:20210307082713j:plain

というわけで…




瞬間最高感動シーン〝weekly〟賞【3月第1週】


アノニマス 〜警視庁“指殺人”対策室〜』3月1日(月)放送 第6話



〈対象シーン〉

 

 万氶が香の飛び降り自殺を未然に防いだ後の「おぉーい!」→「なにやってんだ」でした。

 



次週の〝weekly〟賞をお楽しみに!

 

 

 



 

 

🟧これまでの〝weekly〟賞 振り返り!

 

 

 2月初旬からぼちぼちとスタートした「瞬間最高感動シーン〝weekly〟賞」を振り返り!

 

まだ読んでいない方はどうぞ ♬

 

 

 

 

【2月第2週】

対象期間 2月7日(日)〜13日(土)

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

【2月第3週】

対象期間 2月14日(日)〜20日(土)

こちらは【後編】対象シーンは【前編】にあり!

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

【2月第4週】

対象期間 2月21日(日)〜27日(土)

 テレビ東京アノニマス 〜警視庁“指殺人”対策室〜』番組公式 第7話 予告tweet

 

 

 



最終話まで目が離せない。

そんな展開になりそう。





 

f:id:gklucky:20210303182146j:plain

f:id:gklucky:20210302120145j:plain

 

 「読むドラマ□Flash」とは?

 

下記で説明してる「Rebo」の〝増刊号〟的な扱いのやつ。

元々は「読むドラマ□Rebo【Flash】」としてスタートさせたんだけど、タイトルが長ったらしいので短縮したんだよ。

 

 

 

じゃあ、「読むドラマ□Rebo」とは?

 

 

週に30本近く、月に100本以上をチェックしている信頼と実績(?)の〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラがお送りする、テレビドラマを読んで楽しむエンターテイメントコラム

 

 

 

f:id:gklucky:20210302115518j:plain

【重要】先にドラマを観ることをおすすめしてます

 

 

 




🟧【編集後記】


Castella Drama Award 2021」今春本格スタートするために着々と準備をすすめているんだけど。


有難いことに助走段階でけっこう注目されてきて、『カステラ書房の毎日』の「注目記事ランキング」でも、カステラドラマアワード関連の記事が上位を占めてる。



この3月中にいろんな事をじゃんじゃん試しながら、PDCAぶん回して4月に向かいたい。



2021年春にスタートさせて、2023年にはアワードに選んだドラマや出演者の方々にカステラを贈りたい。カステラメーカー様にスポンサーになってもらってね。


それまでの約2年間。

しっかりとカステラを積み上げていこう。


応援よろしくお願いします!



★以上、前回の【編集後記】の文章を使い回し。いや、大切なことなので二度言いましたとさ。





🔶 記事リクエスト方法


さて、アノニマス 〜警視庁“指殺人”対策室〜』の記事リクエスト方法は?


この記事に対して「はてなスター」「はてなブックマーク」を付けるか、阿倍カステラのTwitterアカウントで、この記事のツイートに「いいね」を付けてもらえたら、それでOK!


僕のTwitterなんて、いつも眠ってるように静かで反応ないんで。一つでも「いいね」を付けてもらえれば記事を執筆しちゃうよ。



ではでは。またね。





ごらんの記事は

『カステラ書房の毎日』がお送りしました〜♬


f:id:gklucky:20210307092818j:plain 

「したむきちゃん」阿倍カステラ©️