カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。人気もぼちぼち上昇中‼︎

『ミステリと言う勿れ』第2話🟥菅田将暉さん「贅沢な会話劇」&風呂光聖子の成長譚 | 読むドラマ□case220

f:id:gklucky:20220121125035p:plain

 

菅田将暉さん 月9 初主演

 

大人気コミック待望の映像化

令和版 新感覚ミステリードラマ

 

 

上記画像 引用元: 

https://youtu.be/qySmc7rqy7k

 

 f:id:gklucky:20220131164555j:plain

フジテレビ『ミステリと言う勿れ』

 

 2021年1月10日放送スタート

毎週月曜 夜 9:00〜

「月9」枠

 

 

 第2話 奇妙なバスジャック! その目的は…

 

 

〈記事では1月17日放送の第2話より いろいろと引用 / 画像については著作権に配慮し使用しています〉

 

 

 

 

第2話 視聴率 12.7%◇見逃し配信は巻末で

主演の菅田将暉さんにとっては前作『コントが始まる』は不運だった

テレビ局によっては放送枠に数字がないってこともあるようで…

 

その点、今回はフジテレビの月9

しかもこの何作か好調が続いているという追い風もあり

 

何よりも良作だからね

 

 

巻末に これまでの視聴率&「TVer」のリンク情報あり 放送後1週間 視聴できるよ

 

 

 

 

「冬ドラマめざせ網羅プロジェクト」第2弾

 〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラ 2022年の挑戦

 

 

長期休業していたせいで遅れをとってしまっていた冬ドラマの記事。

 

ここから巻き返そうと前回から始めたのが「冬ドラマめざせ網羅プロジェクト」

 

 

当プロジェクトにより普段と変わる点は大きく2つ

 

①文章はショートに

②ストーリーには深く触れず

 

 

 その上で情報量はキープしつつ、いつものように楽しい記事を心がけて。

 

 

 さあ、始めよう

 

 

 

 尚、「阿倍カステラって何者?」って気になる人は、巻末の【編集後記】手前に紹介コーナーがあるよ

 

 

 

読むと「ドラマ」がもっと楽しくなる

読んで楽しむエンターテインメントコラム 

 

f:id:gklucky:20210323182821p:plain

ネタバレ/感想/見逃し配信/無料配信/キャスト/主題歌/視聴率/etc.  情報満載♬

 〝読むドラマ□〟についての説明は最後の方で

 

 

 

 

 

✳️あのね、目次だよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カステラ書房の毎日 関連記事

 

next「菅田将暉さん高評価されがちな件」

 

別に「アンチ菅田将暉」ってわけでもないんだけど。以前から世間の菅田将暉さんに対する評価が高すぎなんじゃないかって感じてて。そんな思いを書いたのが今回紹介する記事。

 

 

『コントが始まる』第7話🟥 菅田将暉さん高評価されがちな件&古川琴音さんのぷよぷよ | 読むドラマ□Flash!case182

castella-a.hatenablog.com

 

 

ドラマ本編 第2話(ネタバレ注意だよ)

第1話は衝撃の面白さ⁉︎ 今後の展開は?
 

 

 とにかく「何これ?」って、第1話は衝撃の面白さだった。

 

同時に「毎回こんな面白さが続くの?」って信じられない気持ちはありつつ心が躍った。

 

けどね。連続ドラマってのは初回に面白い話を持ってくるのが通例で、今回題材とする第2話ではいわゆる〝謎解きミステリー〟 の あるあるな展開に落ち着いた回となっていた。

 

それでも第1話で感じた〝衝撃の面白さ〟は引き継がれていて、番組側が謳う「令和版 新感覚ミステリードラマ」に相応しい面白さだったよ。

 

 

 

原作は田村由美さんによる「月刊flowers」連載中の同名漫画。

 

(ドラマ版の)第1話が最高に面白かったもんだから、無条件に「これは原作のマンガが面白いに違いない」って思ったよ。

 

聞くところによると、菅田将暉さんが演じている主人公・久能整(くのう ととのう)は、原作ではもっとおっとりとした性格らしい。

 

僕は〝ドラマウォッチャー〟という立場で、菅田将暉さんが演じる「久能整」しか知らず。彼を主人公としてこの物語を見ている。

なので「おっとり」というより「理屈っぽい」性格っていう印象かな。みなさんはどう?

 

 

例えるなら フジテレビ『最高の離婚(主演 瑛太 2013年1月-3月放送)での永山瑛太 さんが演じた主人公「濱崎光生」のような感じかなって。

彼は理屈っぽくて神経質で細かい性格。「久能整」ほどではないけど、「濱崎光生」は興奮した時などには早口で言葉数が多かったし、その内容はいちいち理屈っぽかった。

 

 

ドラマにおける「久能整」は菅田将暉さんの演技プランが影響しているようなので、そこら辺はまた追い追い触れていきたい。

 

 

こんなに面白いドラマを見せられたらね、普段漫画を読まない僕でも原作に興味がわいてくるよ。

 

 

 

《原作漫画》

普段ならコミックシーモアをリンクしてるんだけど、今回は現在連載している「月刊flowers」(小学館)の公式サイトで紹介

 

原作を知らない人向けにね

 
 
 

さてさて。

今回は第2話のストーリーにはそれほど触れはしない予定。でも念のためネタバレには注意を!

 

 

さあ、始めよう

 

伊藤沙莉さん「風呂光聖子の成長譚」

菅田将暉さんの〝バスジャック〟犯人役と言えば…?

 

 

 

第1話ラストでバスジャックに巻き込まれた久能。第2話はそこからの続きとなる。

 

 

〝バスジャック〟と言えば菅田将暉さんが  日本テレビ『スーパーサラリーマン左江内氏』(主演 堤真一 2017年1月-3月放送)の最終話にゲスト出演した際の役がバスジャックの犯人だった。これも何かの縁? (何の縁よ)

 

 

それより前回の 『ハレ婚。』第1話の回でも『スーパーサラリーマン左江内氏』を取り上げたし、これでまさかの2回連続となってしまった。言っとくけど特にそのドラマが好きだったというわけではないからね。島崎遥香さん(『ハレ婚。』主演)と菅田将暉さん(『ミステリと言う勿れ』主演)がたまたま出てたってだけだから。

 

 

 

 

ドラマ版『ミステリと言う勿れ』の特徴としては、新人刑事 風呂光聖子(ふろみつ せいこ)が成長していく姿にスポットを当てているようで。その重要な役割を担っているのが 伊藤沙莉さん。

 

 

フジテレビのインタビューで今回の風呂光聖子 役について伊藤沙莉さんは、「普段のおちゃらけた雰囲気を引っ込めるのが大変だった」と語っていた。

 

 

そのインタビュー記事はこのサイトページより

www.fujitv-view.jp

すごいよね。確かに伊藤沙莉さんに抱くそういうイメージは消えていた。だってさ〜劇中、日本テレビ『モモウメ』(実写版)のモモちゃんを一度も思い出さなかったもん!

 

 

「久能整」は見るに値する圧倒的なキャラクターに違いない。だけど連続ドラマ的には「風呂光聖子」の成長していく姿が楽しみであり見どころだね。彼女の演技と制作側の狙いにまんまとハマっちゃってるよ。

 

 

久能整が語る〝いじめ〟問題 ◇「逃げる」に対する疑問と願い

菅田将暉さんによる「贅沢な会話劇」

 

 

 

バスジャック事件に居合わせた乗客の一人、淡路一平(森永悠希が子供の頃にいじめられていたことを告白する終盤のシーン。

 

 

「(いじめっ子たちから)逃げたかった」と語る淡路一平に、「どうして いじめられている方が逃げなきゃならないんでしょう」と久能は問いかけ持論を展開する。

 

 

 

 

◇劇中のセリフを文字起こしするのは本意じゃない

 

でも久能の独特な考え方や、「いじめ」に対する逆転の発想って言うと言葉が軽いけど、逆方向からのアプローチで「いじめ」を語るその言葉を文字にしてみたくなった。

 

久能の言葉数の多さが文字数から視覚的に感じられるかもという目論見もある。

でもすでに漫画を読んでる人なら知ってるか。

 

 

 

以下、そのシーンの久能のセリフ

 

 

「欧米の一部ではいじめてる方を病んでると判断するそうです。いじめなきゃいられないほど病んでる。だから隔離してカウンセリングを受けさせて癒すべきだと考える」

 

「でも日本は逆です。いじめられている子に逃げ場をつくって何とかしようとする。でも逃げると学校にも行けなくなって損ばかりすることになる。DVもそうだけど、どうして被害者側に逃げさせるんだろう。病んでたり迷惑だったり恥ずかしくて問題があるのは加害者の方なのに」

 

「例えば歩いてて知らない人にいきなり殴られたらすぐ周りに言うでしょう? それと同じように先生や親に「あいつにいじめられたよ」って、「あいつ病んでるかもしれないからカウンセリング受けさせてやってよ」ってみんなが簡単に言えるようになればいいと思う」

 

 

 

「そういう考え方にみんながなればいいと思う」と締めくくった。

 

 

 

 

普段のしゃべりは早口が特徴の久能だけど、このシーンではわりとゆっくりめに語ってた。

 

おまけにバックで主題歌 King Gnu『カメレオン』 がゆったりと流れてて。

 

ずるいよね。心が安らぐようにお膳立てをしてさ、油断したところに突き刺さしてくるんだもん。久能の思いが刺された痛みとともに心にしみ入る感じがした。やがてじわじわと〝自分事〟になるんだろう。

 

 

 

「逃げちゃだめだ」は碇シンジ…じゃなかった、一昔前の考え方で。

令和時代ではあえて「逃げる」ことを薦めるようにもなってきてるけど。

 

 

久能はその「逃げる」に対しても「どうして?」と疑問を投げかけ自分の考えを言葉にしてる。その事自体が作品となってるという。贅沢な会話劇だよ。

 

 

 

第1話に比べると見劣りするようにも思えたけど。

とても意味深い第2話だった。それぞれに役割があり意味がある、いい物語だね。

 

 

カメレオンな永山瑛太さん ◇まったりな尾上松也さん

永山瑛太さん〝カメレオン俳優No.1〟目指してる?

 

 

 

ま〜驚いたのが 永山瑛太さんだね。

 

 

TBS『リコカツ』(主演 北川景子 2021年4月-6月放送)でも、役作りが過ぎる奇抜なキャラクター「緒原紘一」の好演は記憶に新しいけど。

 

今回も意外性のある金髪姿での出演。もうね、彼がどんな役もこなせる名優であることは視聴者には伝わってると思うんだよ。なのに予想を裏切ってくるこの感じ、何よ。

 

それとも King Gnuの主題歌に合わせてカメレオンを狙ってるのかな?(んな、こたぁ〜ない by タモリさん風に)

 

 

 

◇ここで永山瑛太さん『リコカツ』についての記事を紹介

 

 

隙あらば「関連記事」の紹介をする、永山瑛太さんにも似たあくなき攻めの姿勢(一緒にすなっ!)

 

 『リコカツ』最終話🟥永山瑛太さん演じる「緒原紘一」という最高傑作&ウサギ型宇宙人 | 読むドラマ□Rebo case202

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

 

尾上松也さんで まったり〜

 

 

〝探偵物〟では犯人探しをやたらと探偵に依存する刑事が登場するのがお決まり。

『ミステリと言う勿れ』では池本優人巡査(尾上松也)がその役目。

 

 

尾上松也さんは同クールの  テレビ大阪『まったり! 赤胴鈴之助で、主人公 赤胴鈴之助役をやってるからね。そう、まったりと。

 

赤胴鈴之助が現代にタイムスリップしてきたというとんでもないストーリーでほんとにくだらない。くだらな過ぎてクスっと笑っちゃうというコントみたいなドラマ。

 

 

久能整は探偵ではなくただの大学生。そんな久能に事件についてはもちろんのこと、家庭生活にまでアドバイスを求めるのが池本巡査。

 

〝お決まり〟に逃げずに久能に頼りきってる様がおかしい。常にまったり〜と笑いを届けてくれる。

 

 

 

 

さーて、もう終わろ。

 

 

主題歌のKing Gnuに関しても触れる予定でいたけど、まだ情報が少ないみたいなので次回以降に。

 

 

 

◇この続き【第3話】はこちら

 

YouTube 関連動画

 

【公式】月9『ミステリという勿れ』第2話ダイジェスト!

 

 

記事中 ストーリーにはあまり触れてないのでこの動画は最適

 

視聴がまだの人や最新話視聴前の見直しにはもってこいだね

 

この点 特にフジテレビは充実してる なんせこれ 8分超だからね

 

 

youtu.be

 

 

 

Twitter 番組公式

 

【公式】ミステリと言う勿れ 月9 バスジャックの合間にたこ焼き tweet

 

こういう撮影現場のツイートって好き しかも動画だしね

永山瑛太さんから「たこ焼き屋台」の差し入れだってさ

 

 

これまでの視聴率◇見逃し配信

🔸これまでの視聴率

 

第1話 13.6%

第2話 12.7%

第3話

第4話

第5話

第6話

第7話

第8話

第9話

第10話(話数は未定)

 

 

 

 TVer◇放送後1週間 視聴できるよ

tver.jp

全話配信はFODで

 

 

フジテレビ 番組公式HP

 

 

劇中のセリフの一部を、本文内容の補足と説明のために フジテレビ(ドラマ本編)より引用しました

 

 

本文で足りない情報は以下のリンクから引用元(出典)の番組サイトをご覧ください

www.fujitv.co.jp

 

 

 

 

f:id:gklucky:20210304151231p:plain 

「読むドラマ□ Rebo」とは?

週に30本近く、月に100本以上をチェックしている信頼と実績の(?)

 

〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラ

 

がお送りする、テレビドラマを読んで楽しむ

エンターテインメントコラム

 

★「阿倍カステラって何者よ?」っていう人は、こちらの記事をご覧あれ

castella-a.hatenablog.com

f:id:gklucky:20210302115518j:plain

【重要】先にドラマを観ることをおすすめしてます

 

【編集後記】 

攻めの姿勢を見せて(?)土日の連投

 

文章をショートにして、本日(1/23)の15:00 に公開する予定にしてたんだけど。

 

書き始めると止まんなくてさ。公開時間を夜に移動した。カステラタイム(午後3時)に公開できなかったことは残念だけど、2日連続の公開を果たせたことを褒めてやりたい(自分に甘い?)

 

 

今のところ冬ドラマ めざせ網羅プロジェクト」は順調にいってる。まだ始まったばかりだけど、前日(1/22)は早くもPV数が1ケタUPしてたからね。わーい!(たまたまでしょ)

 

 

 

 

〝令和きってのドラマウォッチャー〟としてはドラマを視聴しつつ、プロジェクト成功のために1つでも多くのドラマを題材にした記事を公開したい。

 

 

それにしても土曜放送のドラマが多くてさ。

今朝は5時から『婚活探偵』『逃亡医F』『おいハンサム!!』『まったり!赤胴鈴之助』を視聴して、イケメンを愛でる系のドラマ2本は後回しにして、この記事を仕上げた。

 

 

次はうまくいけば『ゴシップ 〜彼女が知りたい本当の◯◯〜』かな? うまくいけばね。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうー!

 

 

 

 

 ご覧の記事は

『カステラ書房の毎日』がお送りしましたー♬

 

f:id:gklucky:20210304235148j:plain

「したむきちゃん」阿倍カステラ©️

 

 

  🟧 またねー

 

 
 
 

阿倍カステラTwitter 

 

阿倍カステラはTwitterが苦手なよう

そちらもこのブログ同様にぼちぼちと、一つ一つ積み重ねていって

 

告知ツイートをした際にはここに掲載する予定

 

苦手とか言ってらんないや そろそろツイートしないとね

 

 

 

 

 

 

以下は、過去記事の一部です【スルー希望】

あんまり気にしないで

 

 

 

 (それについての説明)
 令和2年から始めた当ブログ。その記事はかるく500 に到達しそうになってた

 

とはいえ、過去の記事の中にはしょーもないものがいっぱいあって

これを1記事とカウントしていいもんやら…

 

そこで、一部残しておきたい文章だけを以下に掲載し、過去の記事(しょーもないやつ)は削除することにした

 

そういうわけで、これはちょっとしたアーカイブ

 

 

 

 

 
 

 

2020.11.25

 

  

☆阿倍カステラのドラマ視聴日記 11月25日(水) 編

 

 

関西テレビ『姉ちゃんの恋人』(主演 有村架純)第5話

 

★いっつも絶賛してるんで、たまには別の角度から。

まず、前話からだけど吉岡真人(林遣都)が過去に犯した暴力事件の件。結構な繁華街で通行人と肩がぶつかったからって殴られた真人。横にいた彼女を拉致されて、彼女はビルの駐輪場付近で押し倒されて服まで脱がされそうになってた。「え〜っ! 日本って、そんな治安悪いの‼︎ 」ってビックリ! だって、最初っからその目的で狙ってたわけじゃないんだよ(たぶん)。すれ違いざまにたまたま肩がぶつかった男が連れてた女性だよ。そんな女性をいきなり担いで、にぎやかな通りから一本入ったくらいの場所でアスファルトの上に女性を押し倒して襲う? あれ、真人が止めなかったらその場でやってたの? ちょっと現実離れしたエピソードだなって印象。これが連続婦女暴行犯によるものだった、とか言うんならまだしもだけど。

 

あと、現実離れしたって言えば安達桃子(有村架純)と浜野みゆき(奈緒)がいつものコンビニ駐車場で恋バナしてて、途中で「おでん食べる?」ってなって。おでんの鍋ごと抱えて出てきたみゆき。「もう残り少ないから全部持って行っていいよ」みたいに言われたっつーけど、おいおい、そんかわけないでしょって。でも、これは「おいおいっ!」っツッコミそうになるくらい笑えた。

 

まあ、なんにせよ。真人の暗い過去も、桃子がつつみ込んでくれるんじゃないかっていうラストだった。主人公の二人と、その他のキャストのいくつもの恋愛の今後の展開に期待したい。

 

 

 

TBSテレビ『この恋あたためますか』(主演 森七菜)第6話

 

★ココエブリィの社長を解任された浅羽拓実(中村倫也)が、その会社のコンビニでバイトするというぶっ飛んだストーリーにビックリ!

それと新谷誠(仲野大賀)の親父が入院したということで、その親父の店をかわりに営業することになる誠。そのお店の規模よ。とても親父さん一人でやってたという規模じゃない。そりゃあもちろんバイトとか雇ってたかもしれないけど。とても誠一人でやりくり出来る店じゃない。と、そこへ登場するスケット・北川里保(石橋静河)。何度か手伝ったことがあるという話だったけど、北川には本職があるからそれも短期間だったはず。そんな人にケーキを作らせるケーキ屋さんってどんなお店? って思うよ。

 

あと、温泉旅行の行きがけに寄ったスーパーで、上杉和也飯塚悟志)らが他のお客のレジカゴの上げ下げを手伝ったからって、レジ担当の人からお礼に花火セットをもらうという奇想天外な展開。いや? でも、レジの人がたまたまそのスーパーのオーナーだったのかもしれない。

 

ブコメだからね。別に楽しく観ることが出来るからいいけどさ。

 

 

 

フジテレビ『無痛 〜診える眼〜』(主演 西島秀俊 2015年10月-12月)第2話

 

★このドラマはやっぱ、おもしろいね。コメディだったらいいんだけど、このドラマはシリアスだから伊藤淳史さんの身長の低さが気になったりすることはたまにあるけどさ。

 

 

 

フジテレビ『探偵の探偵』(主演 北川景子 2015年7月-9月)第2話

 

★これも引き続き視聴したい。

 

 

 

MBSテレビ『そのご縁お届けします ーメルカリであったほんとの話ー』(主演 飯豊まりえ)第4話

 

『監察医 朝顔第4話から登場してたともさかりえさん出演の回。タイトルの通り〝ほんとの話〟なんだろうけど、ほんとにあった話じゃなくって、まったくの創作だとしたらあまりにベタなストーリー。これが実際にあったっていう視点で見れば観てられる。〝ご縁〟だもんね。

 

 

 

フジテレビ『無痛 〜診える眼〜』(主演 西島秀俊 2015年10月-12月)第3話

 

 

以上、6番組でした。

 

 

ちょっと今回、各ドラマの疑問に思ったことを書いたけど、けして批判じゃない。そもそもツッコミ体質なんだ。

ここのブログで「読むドラマ」を執筆してた頃はよくツッコミを入れてたもんな。こうして少しずつ突っ込んでたら、そのうち「読むドラマ」を書けるようになるんじゃないかっていう淡い期待もありながら、こんな駄文を毎日残してる。

 

 

今日はずいぶんと、AKB48 チーム8 の映像を観た。『蜂の巣ダンス』とか『47の素敵な街へ』とかね。

『蜂の巣ダンス』なんて、横山結衣ちゃんのダンスがすごいの。

 

知らない人のために。元総監督は横山由依さん。で、読みは同じで横山結衣ちゃんって子がチーム8 にはいるわけ。

 

あっ、またまた日付けが変わりそう! このお話はまた今度。

急げ、更新‼︎

 

 

 

 

 

念のためにもう一度

この上記一文は過去の「記事の一部」なので気にしないで