カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

『ミステリと言う勿れ』第3話🟥 ネクスト犬堂我路(永山瑛太)グッバイ煙草森 | 読むドラマ□case227

f:id:gklucky:20220125013045p:plain

 

菅田将暉さん 月9 初主演

 

犬堂愛珠(白石麻衣)死の真相は? 久能と我路の再会まで

令和版 新感覚ミステリードラマ

 

 

上記画像 引用元: 

https://youtu.be/Yh3VeJ13Vrg

 

 f:id:gklucky:20220125014956j:plain

 

フジテレビ『ミステリと言う勿れ』

 

 2021年1月10日放送スタート

毎週月曜 夜 9:00〜

「月9」枠

 

 

 第3話 遂にバスジャック解決編! 犯人は誰だ!? 哀しき復讐

 

 

〈記事では1月24日放送の第3話より いろいろと引用 / 画像については著作権に配慮しています〉

 

 

 

 

第3話 視聴率 13.2%◇見逃し配信は巻末で

前回から0.5ポイント上げてきた第3話

このあたりで安定できれば最終話付近に15%が見える

中だるみに注意せよ!

 

テレビドラマ(視聴率)専門の予言者〝カステラダムス〟はそう仰ってます

 

 

巻末に これまでの視聴率&「TVer」のリンク情報あり 放送後1週間 視聴できるよ

 

 

 

 

9日連続公開「カステラ書房の毎日」

 冬ドラマめざせ網羅プロジェクト実施中! 早くも2巡目

 

 

今回で9日連続公開となる「カステラ書房の毎日」

 

だけど今日[1/30]は公開時間がカステラタイム(午後3時)じゃなく夜になってしまった。日曜ってことで大目に見てよ。「サザエさん」が終わった頃に公開したからさ。

 

 

遅くなったぶん、たっぷり長文になってるので。文章を読んでると眠たくなっちゃう人には「おやすみなさい」と言わせてもらいたい。

 

 

 冗談はさておき

 さあ、始めよう

 

 

 

 尚、「阿倍カステラって何者?」って気になる人は、巻末の【編集後記】手前に紹介コーナーがあるよ

 

 

 

読むと「ドラマ」がもっと楽しくなる

読んで楽しむエンターテインメントコラム 

 

f:id:gklucky:20210323182821p:plain

ネタバレ/感想/見逃し配信/無料配信/キャスト/主題歌/視聴率/etc.  情報満載♬

 〝読むドラマ□〟についての説明は最後の方で

 

 

 

 

 

✳️あのね、目次だよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カステラ書房の毎日 関連記事

 

菅田将暉さん出演作品『コントが始まる』

 

記事のタイトルに「コントが面白くないという致命的な問題」とか書いてると、ま〜た〝アンチ菅田将暉〟かと思われそうだけど。


実際に「コントは面白くなかった」からね。たしか…そこら辺について書いてると思う。最近読み返してないので定かではない。(読み返してから紹介しろ!)

 

 

『コントが始まる』最終話 🟥 有村架純ここにあり! なラスト&コントが面白くないという致命的な問題 | 読むドラマ□Rebo case199

castella-a.hatenablog.com

 


『ミステリと言う勿れ』第3話(ネタバレ注意だよ)

ミステリードラマは「読むドラマ□」に不向き?
 

 

衝撃の面白さで始まった第1話

 

同時に「毎回こんな面白さが続くの?」って信じられない気持ちはありつつ心が躍ったもんだ。

 

けどね。連続ドラマってのは初回に面白い話を持ってくるのが通例で、第2話ではいわゆる〝謎解きミステリー〟 の あるあるな展開に落ち着いた回となっていた。

 

そして今回の第3話は「バスジャック解決編」ということで、久能整による謎解きの答え =〝犯人〟が判明する回だね。

 

 

聞くところによると。

このドラマは原作漫画を忠実に再現してるという。

 「令和版 新感覚ミステリードラマ」と謳うに相応しい演出もそれによるところかもしれない。

 

 

 

毎回、久能のあまりにも多い(長い)セリフに「漫画の吹き出しはどうなってんだろう?」って気になって。普段漫画を読まない僕が第1話分のエピソードを読んでみたよ。うん、セリフは多いけど読みやすかった。

 

 

 

◇原作は田村由美さんによる「月刊flowers」連載中の同名漫画

 

 

《原作漫画》

今回はコミックシーモアでリンク

 

原作を知らない人向けにね

 

 

そうそう。

「読むドラマ□」的に言うとミステリードラマを記事にするのって向いてないと思うんだよね。

 

一般的にはこういうドラマなら〝考察〟とかやるんだろうけど。僕はその、「ドラマ考察」というのがあんまり好きじゃなくて。

 

視聴者の先回りをしてまで余計なことを言って、ドラマの邪魔をしたくないんだよね。間違ってたりする場合もあるわけだから。

 

 

向いてる向いてないでいうと、タイトルが「言う勿れ」ってことなんで当てはまらない可能性もあり。

「ネタバレ」的には今回は最大の注意を。犯人を知りたくない人はおやすみなさい。

 

久能を助けるべく駆けつけた風呂光聖子(伊藤沙莉

いきなりクライマックス! な導入部

 

 

近年のドラマでは冒頭でラストシーンの一部をいきなり見せる。そこから遡ってどうラストシーンにつながるかを描いていくパターンが多いんだけど。

 

第3話はそのパターンではなく、前回のラストシーンから再度遡ってスタートするという、週をまたいでの〝遡り〟演出となっていた。この遡り方がエグい!

 

 

それは前回のダイジェスト的な役割りもあり、未公開シーンをプラスしたようでもあり。視聴者に前回の流れを思い出してもらうため&ストーリーをより深く理解してもらうためには効果的な演出だと思う。ちょっとばかり久能にも似たウザさはあるものの…。

 

 

でも僕なんかはドラマを圧倒的な本数観てるからさ、頭がパニックになっちゃって。

同じシーンが続くと「あれ? これ、観たよね」と〝デジャヴ〟みたいになって、どこまでが実際に観た部分なのか、どこが初めて観る部分なのか分かんなくなっちゃうのよ。(そこまで知りません!)

 

 

 

 

犬堂家の館

 

大隣署の風呂光聖子(伊藤沙莉)や青砥成昭(筒井道隆)らが警察隊を従えて突入した第2話ラストシーンの続きから本格的に犯人探しの謎解きが始まる。

 

 

駆けつけた風呂光に「伝言届いたんですね」と会話をする久能整(菅田将暉)を見て、熊田翔(永山瑛太)が「整君。君は警察関係者だったのか」と聞く。

 

「どうりでふてぶてしいと思ったぜ」と犬堂乙矢(阿部亮平)。


それについて青砥警部は「こいつがふてぶてしいのは生まれつきだ。断じて関係者ではない」だって。

 

 

久能を警察関係者だと思われたくないという気持ちが溢れてる。

それにしても「ふてぶてしいのは生まれつきだ」なんて、青砥警部は久能の生い立ち知らないでしょ! 生まれつきふてぶてしいって…言い過ぎ。ふてぶてしい(顔の)赤ちゃんってたまにいるけど。

 

久能が青砥警部にウザがられてるのは間違いない。

 

 

 

 

そしてここからミステリードラマ鉄板の展開になる。この時はまだドラマ始まって10分足らず。

 

 

 

久能整(菅田将暉)によるミステリーの定番 

久能「この中に連続殺人犯がいます」

 

 

ここから犯人が誰かの前にいくつかの回りくどい謎解きが披露されていく

 

 

 

まずは本当の「犬堂我路」は誰か?

 

バスジャックに居合わせた乗客として「坂本正雄」と名乗っていた男が→実はバスジャックのリーダー「犬堂我路」だったということになっていたのだけど。

 

久能整の推理により本当の「犬堂我路」は、これまでバスの乗客側にいた「熊田翔」(永山瑛太)だったということがわかる。

 

二転三転してて出世魚のように名前が変わってるから文章にするとややこしいでしょ?

 


序盤リーダーっぽかった犬堂乙矢はかなり下っ端で、「犬堂我路」のいとこで甲矢の弟だった。

で、もしかしたら連続殺人犯かも? という怪しさもあった永山瑛太さんが演じる乗客が「犬堂我路」だったという。

 

わかりやすく説明しようとして、結果同じことを繰り返すだけになったという。底なしの沼にハマってしまった! あああぁぁ…

 

 

 

 

Twitterの力を借りるとしよう

 

犬堂乙矢 役の阿部亮平さんによる【公式】ミステリと言う勿れ 月9リツイート

 

◇右側は犬堂甲矢 役の久保田悠来さん

 

 

画像があればわかりやすい

おかげで〝沼〟脱出!

 

 

 

しかも阿部亮平さんは同クール テレビ大阪『まったり! 赤胴鈴之助にも出てるのよ。

 

そのドラマの主演が池本巡査役の 尾上松也さんだからね。これについては第2話の回でも触れた。

 

二人して【まったり ー ミスなか】ラインを形成してるってことでしょ。(どういう意味?)

 

 

 

 

 

果たして連続殺人犯は誰なのか?

 

結論から言うと犯人は煙草森誠(森下能幸

 

 


久能は言う。

「煙草森さん、あなたは人を殺したんじゃなくて ただ片付けただけなんですよね?」と。

 

 

 

その日の運行を終えたバス運転手・煙草森の確認ミスにより、犬堂愛珠(白石麻衣)が乗っていることに気づかずそのまま車庫に戻っていた。

 

その道すがらたまたま急ブレーキを踏んだときに座席から犬堂愛珠が転がり落ちて大慌て。

 尚、その時に犬堂愛珠が死んでいたのかは不明。

 

 


以下、自供する煙草森のセリフの一部

 

「もし私のせいで気を失ったのなら…。おまけにどこかケガでもしていたら会社に怒られます」

 

「怒られるのは嫌です。困りました」

 

「しかたがないので一旦死体を草むらに隠してから、バスを車庫に戻し夜中に取りに行って山に埋めました」

 

「埋めたらなくなります。見えなくなればOKです」

 

 

その狂気の沙汰をまるでおとぎ話のように語る煙草森がこわいこわい。

 

 

それに今言うことじゃないけど、「煙草森」って名字がヘンテコすぎるよ。その名字が出るたびにキテレツ大百科の「ブタゴリラ」的な違和感で集中が途切れちゃう。それにドラえもんの「出来杉くん」的なおかしみもあるもんね。

 

 

気になって名字由来.net で調べたら、「煙草森」さんって全国に20人ほどいるんだって。「ヘンテコすぎるよ」なんて言ってごめんなさい。

ちなみに伊藤沙莉さんが演じてる風呂光(ふろみつ)さんはおよそ40人らしい。

 

 

ラスト◇ストーリーテラー的役割りも 犬堂我路(永山瑛太

煙草森 狂気の自供はまだ続く


 

ここまでの自供を聞いていると煙草森は犬堂愛珠を殺してはいなくて、死体遺棄に留まっているが…。

 

煙草森の自供による狂気の回想シーンはまだ続く。

 

 

犬堂愛珠を埋めてこれで終わりかと思ってたら、突然ゾンビのように土の中から手が出てくるの。犬堂愛珠はまだ生きていたというわけ。

 

煙草森は大慌てで犬堂愛珠を埋めた土の上に覆い被さり息の根を止める。

 

 

 

煙草森は言う。

 

「最後に押さえつけたときの伝わってくるあの体の震えが気持ち良くて…」

 

「それでまたやろうと思いました」

 

 

 

〝連続殺人犯〟煙草森誠の誕生

 

その後も終点で一人になった乗客の後を追って、薬で気を失わせて生き埋めに。煙草森はこれを繰り返したという。

 

 

そう。連続殺人の被害者は皆、同じ路線のバスに乗っていたと気づいたのは風呂光さん。

その事に気づけたからこそ犬堂家にたどり着けたんだもんね。

 

 

 

 

 

おまけ◇ヒコロヒーの〝バスハイク〟

 

 警察署に連行される煙草森。

池本巡査が犬堂我路らに「皆さんもご同行願えますか?」と声をかけると突然、ヒコロヒー が演じる露木リラが「バスジャックなんて嘘ですよ」と言う。

 

 

「私たちバスハイクで…。ねっバスハイクでここまで来ました」と。他の乗客も巻き込んで犬堂我路らをかばうという場面。

 


い〜や〝バスハイク〟っておかしくない?

バスをヒッチハイクしたって意味なら、それがバスであれ車両の種類にかかわらず乗用車・トラック等と同じ〝ヒッチハイク〟でいい。

 

言葉本来の意味で言うと、「バスツアー」とか「バスで行くハイキング」みたいなことだから、それならとくにこうして深掘りする必要ないよ。(ならやるな!)

 

 

 

余計なこと言ってないでそろそろ終わりにしよう。

 

すべてを書いてしまうような野暮なことはしないんで…。(途中でやめる時のただの言い訳)

 

 


 

 

犬堂我路のエピローグ

 

第3話としては「バスジャック」についての解決はしたけど、犬堂愛珠の件は謎が残る。

 

 

ラスト 次回以降の予告も兼ねたような映像に犬堂我路の語り

 

〈すべて終わった〉

〈そう思ったのは大きな間違いだった〉

 

〈この葉書をきっかけに俺は思いがけない事実を知ることになる〉

 

 

◇久能整との再会について

 

〈そして彼と再び会うことになる。でもそれは彼の長い長いおしゃべりの後、まだ少し先の話だ〉

 

 

※〈カッコ〉内は犬堂我路による劇中の語り部

 



どのようにストーリーがつながっていくのか楽しみだね。

 

 

その犬堂我路の語りのシーンに第4話以降に登場すると思われる人たちが映し出されてた。

 

 

柄本佑

小日向文世

岡山天音

早乙女太一

鈴木浩介

門脇麦

 

 

次回予告を観ると柄本佑さんは記憶喪失の役みたい。

同クールの フジテレビ『ドクターホワイト』に出てるのにさ〝記憶喪失〟はないでしょーよ。

 

 

 

 

YouTube 関連動画

 

【公式】月9『ミステリという勿れ』第3話ダイジェスト!

 

 

記事のラスト(チャプター4)で ドラマを観てない人にはわからない〈この葉書をきっかけに〉という犬堂我路の語りがあったよね

その意味がこちらの動画でわかるよ

 

そう この動画は視聴がまだの人や最新話視聴前の見直しにはもってこいだね

 

 

【第4話 予告】については下記コーナーのツイート内にリンクがあるよ

 

 

youtu.be

 

 

Twitter 番組公式

 

【公式】フジテレビ『ミステリと言う勿れ』月9 第4話予告 tweet

 

 同じく / 撮影現場の動画 tweet

 

前回に引き続き こういう撮影現場の動画って好きーっ!

撮影自体はわりと早めに終わってるらしいけど、こういうの見るとタイムリーな感じがするよね

 

これまでの視聴率◇見逃し配信

🔸これまでの視聴率

 

第1話 13.6%

第2話 12.7%

第3話 13.2%

第4話

第5話

第6話

第7話

第8話

第9話

第10話(話数は未定)

 

 

 

 TVer◇放送後1週間 視聴できるよ

tver.jp

全話配信はFODで

 

 

フジテレビ 番組公式HP

 

劇中のセリフの一部を、本文内容の補足と説明のために フジテレビ(ドラマ本編)より引用しました

 

 

本文で足りない情報は以下のリンクから引用元(出典)の番組サイトをご覧ください

www.fujitv.co.jp

 

 

 

 

f:id:gklucky:20210304151231p:plain 

「読むドラマ□ Rebo」とは?

週に30本近く、月に100本以上をチェックしている信頼と実績の(?)

 

〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラ

 

がお送りする、テレビドラマを読んで楽しむ

エンターテインメントコラム

 

★「阿倍カステラって何者よ?」っていう人は、こちらの記事をご覧あれ

castella-a.hatenablog.com

f:id:gklucky:20210302115518j:plain

【重要】先にドラマを観ることをおすすめしてます

 

【編集後記】 

日曜日は夜に公開

 

暫定的に公開時間としていたカステラタイム(午後3時)には間に合わず、公開を夜に伸ばした。

 

筆が走るというか文字をタップする指が踊るというか、書いてるうちにノってきたという理由もあって公開を少し後ろにずらした。〝少し〟じゃないね。

 

 

以前からなんだけど日曜はPV数が下がる傾向にあるので、焦って未完成なものを出すよりもしっかり書いたほうがいいかなって。まだ完璧にはほど遠いけどね。

 

実のところ朝の時点では、日曜日なので気楽に 2記事公開しようかなんて考えたりもしてた。1つはこの『ミステリと言う勿れ』で、幻の2つ目は向井理さんの主演ドラマ『婚活探偵』。これ面白いからね。短めの記事なら一日2本公開もできそうな気がするんだけど…。

 

 

 

さて

冬ドラマ めざせ網羅プロジェクト」の方は2順目に入ってる。今回で9日連続公開を果たせたし順調だよね。

 

『ミステリと言う勿れ』も第4話 明日放送を前に公開できたし。

となるとすぐ『ドクターホワイト』に取り掛からないとまずいね。

 

じゃ、そういうことで。

 

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうー!

 

 

 

 

 ご覧の記事は

『カステラ書房の毎日』がお送りしましたー♬

 

f:id:gklucky:20210304235148j:plain

「したむきちゃん」阿倍カステラ©️

 

 

  🟧 またねー

 

 
 
 

阿倍カステラTwitter 

 

阿倍カステラはTwitterが苦手なよう

そちらもこのブログ同様にぼちぼちと、一つ一つ積み重ねていって

 

告知ツイートをした際にはここに掲載する予定

 

苦手とか言ってらんないや そろそろツイートしないとね

 

 

 

 

 

 

以下は、過去記事の一部です【スルー希望】

あんまり気にしないで

 

 

 

 (それについての説明)
 令和2年から始めた当ブログ。その記事はかるく500 に到達しそうになってた

 

とはいえ、過去の記事の中にはしょーもないものがいっぱいあって

これを1記事とカウントしていいもんやら…

 

そこで、一部残しておきたい文章だけを以下に掲載し、過去の記事(しょーもないやつ)は削除することにした

 

そういうわけで、これはちょっとしたアーカイブ

 

 

 

 

 
 

 

2020.12.2

 

  

 ☆阿倍カステラのドラマ視聴日記 12月2日(水) 編

 

 

TBSテレビ『この恋あたためますか』(主演 森七菜)第7話

 

★やたらとクリスマスを新しい恋人と過ごそうとする、一昔前のドラマを観てる錯覚がする展開になってるけど。この展開、わるくない。やっぱ慣れ親しんでるからなのか、わかりやすいんだろうね。

 

 

以上、今日はこの1本のみ。

たるんでんな〜。

 

睡眠不足気味でドラマを観てたら何回か寝落ちしてしまってた。

先週なんて週に37本も視聴してて、毎週大体30本以上は観てるんで、一日サボるとすぐ溜まってしまうんだよな。

 

以前のようなブログを書けなくなってる今日。

コツコツと積み重ねているのはこのドラマ視聴くらい。それすらサボりだしたらもうダメだ。

 

最後の砦みたいに、しっかりとドラマを視聴しよう!

なんの宣言?

 

 

 

 

 

 

 

念のためにもう一度

この上記一文は過去の「記事の一部」なので気にしないで