カステラ書房の毎日

webで小説やエッセイを書く〝阿倍カステラ〟の勤務先。それが『カステラ書房』。今日もひっそりとオープン‼︎

『ハレ婚。』第3話🟧 浅川梨奈さん、まどかは〝感情死滅系〟? | 読むドラマ□case234

f:id:gklucky:20220205070706p:plain

 

島崎遥香さん待望の主演作

 

〝一夫多妻制〟ハレ婚家族ハネムーンへ!

 

フクザツで不思議な結婚生活を描いたラブコメディー

 

 

 

上記画像 引用元: 

https://youtu.be/Av1y_6aK0yU

 

 

 

 

f:id:gklucky:20220129105854j:plain

 

ABCテレビ『ハレ婚。』

 

 2021年1月16日放送スタート

毎週日曜 夜 11:55〜

「ドラマ+」枠

 

 

 第3話 ハネムーンでハワイ!? ラブと嫉妬が急発進!

 

〈記事では1月30日放送の第3話より いろいろと引用 / 画像についても著作権に配慮しています〉

 

 

 

 

見逃し配信は巻末で

◇放送後1週間 視聴できるよ

巻末に「TVer」のリンク情報あり

 

 

明日[2/6]『週刊カステラ フロックTV』スタート!

祝 新企画おめでとう‼︎ ぱちぱちぱち(気が早いっ!)

 

 

🔸第4話放送日[2/6]の前日に公開!

この記事は第3話の回なのでお間違いなく

 

 

いよいよ「週刊カステラ フロックTV」があす日曜[2/6]よりスタートするよ!

 

当ブログ『カステラ書房の毎日』の大人気「読むドラマ□」の姉妹企画となる。

 

「フロックTV」のメインは「ドラマ《weekly》ランキング」。

1週間の面白かったドラマをランキング形式で発表するのでお楽しみに。

 

 

 

 HYDEさん出演まであと3つ

 

『ハレ婚。』については先日発表されたHYDEさん出演回まであと3つ(第6話)。どういう流れで登場するのか楽しみだね。それまでのストーリーをカウントダウンしながら観ていこう!

 

 

 

 

 では本編へ せーの、カウントダウン!

 

 

 

 

尚、「阿倍カステラって何者?」って気になる人は、巻末の【編集後記】手前に紹介コーナーがあるよ。

 

 

 

読むと「ドラマ」がもっと楽しくなる

読んで楽しむエンターテインメントコラム 

 

f:id:gklucky:20210323182821p:plain

ネタバレ/感想/見逃し配信/無料配信/キャスト/主題歌/視聴率/etc.  情報満載♬

 〝読むドラマ□〟についての説明は最後の方で

 

 

 

 

 

✳️あのね、目次だよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カステラ書房の毎日 関連記事

 

前回の『ハレ婚。』第2話はこちら

 

 読者が記事を探して迷子にならないように「カステラ書房の毎日」ではブログサイトページの構成を日々アップデート中!

 

迷わず読めよ読めばわかるさ「ありがとうー」

 

 

ここでは前回の第2話を紹介

 

『ハレ婚。』第2話 🟧【冬ドラマおすすめ!】HYDEさんドラマ初出演情報も解禁された話題作 | 読むドラマ□case226

castella-a.hatenablog.com

 

 

 

『ハレ婚。』第3話(ネタバレ注意だよ)

本来の意味での〝妻〟になるまでの過程
 

 

ドラマの第1話には最高におもしろいエピソードをもってくるのが通例。

 

『ハレ婚。』は30分枠のドラマなので、第1話+第2話 合わせて「第1話」な感じかな。

 

条例により認められた 一夫多妻 =「ハーレム婚」略して〝ハレ婚〟が何なのかがおもしろおかしく描かれてて最高に楽しい内容だった。

 

 

そして、今回の第3話は。

〝ハレ婚〟当事者のリアルな心情を描いた回だろうか。当たり前のように妻3人にはお互いへの嫉妬はあるけれど、一緒に暮らす家族でもあるのだから。そのへんが複雑だよね。

 

 

小春はまだ借金(3,000万)を理由に結婚した、いわゆる 『婚姻届に判を捺しただけですが』状態なわけで。

 

本来の意味で〝妻〟になるまでの、その過程を見るような第3話かな。

 

 

本編、最後の方には今後のストーリー展開についての関係者による証言あり! 大げさに言ってるけどツイートを引用してるだけ

 

伊達まどかの喋り方よ

浅川梨奈さんによる〝感情死滅系〟キャラ

 

 

 

前回「実家に帰らせてもらいます!」と威勢よく出て行ったのに、のこのこ戻って来た伊達小春(言い方!)。演じるは 島崎遥香さん。

 

 

ゆず「予想通りす〜ぐ戻ってきたわね」

まどか「どうして戻ってきたの?」

 

 

「それは…」

小春が言葉に詰まってると、伊達龍之介(だて りゅうのすけ / 稲葉友)が、「結局さ、なんだかんだ言って本当は僕のこと大好きなんでしょ?」と突っかかる。

 

 

その挑発にまんまと乗った小春は「調子のんな! 大っ嫌いだわ」と言い返す。

文句言ってる時の小春ってイキイキして見える。たぶん龍之介は彼女の怒ってるところも好きなんじゃないかな。

 

 

小春の態度って世間一般でいう〝ツンデレ〟の範疇? まあ〝デレ〟に値しそうな場面はまだ後の方だけど。

その口の悪るさやケンカっ早いところは、中の人 島崎遥香さんと相性が良い感じ。(ドラマで〝中の人〟とは言わない)

 

 

 

それにしても、第2夫人・伊達まどか(浅川梨奈)の喋り方もおもしろくて気になる。この人、〝感情死滅系〟でしょ。

 

 

同クール『ゴシップ』の回で、瀬古凛々子(黒木華)の喋り方にアニメ『Rewriteの篝ちゃんを連想するという話をした(下記リンク)ことがあってさ。

 

でも『Rewrite』は知らない人がいそうだから、一般的には 綾波レイがわかりやすいかなと思って例に挙げたんだけど。ニュアンスは全然違うかな、あくまで広い意味でね。

 

 

この凛々子の喋り方に アニメ『Rewrite』(2016年シーズン1 、2017年シーズン2 放送)で、花澤香菜さんが声優を務めたキャラクター「篝(かがり)」を連想してる

『ゴシップ #彼女が知りたい本当の◯◯』第4話 🟥 野村周平さんフィーチャー回【前編】| 読むドラマ□case231 - カステラ書房の毎日

 

その点、この伊達まどかこそ そっち系かな? クールな性格で感情を乗せない喋り方には独特な中毒性がある。他の2人 小春もゆずもテンション高いからね、逆に際立ってる。

 

 

ほぼ全編ハワイアンズ

いきなりハワイ? そう、ハワイアンズ

 

 

 

伊達家の夕食時に、テレビCMを観た小春がハネムーンに行きたいと言い出して。

 

龍之介がいきなり、「よし、明日ハワイに行こう」と決めて、翌日やってきたのは「スパリゾート ハワイアンズ

 

 

劇中では名称もそのまま使用してるっぽいけど、そこは福島県いわき市に実際にある施設。

 

こちら

【公式】スパリゾートハワイアンズ・ホームページ

 

 

 

ドラマの設定としては、ゆずの親戚がその施設の偉い人ということで特別待遇してくれるらしい。

 

プールや温泉施設が充実してるので、柳ゆり菜さんと浅川梨奈さんの見せ場かな。

 

 

 

 

浅川梨奈さん /

ABC『ハレ婚。』のリツイート

 

 

 

「みじゅぎ」っていう、たった4文字で笑わせてくれる浅川梨奈さん。

今回はかる〜く彼女をフィーチャーしてるので巻末の「Twitter」コーナーにも動画ツイートあり。

 

 

 

 

この第3話の〝再現性〟について、原作者 NONさんがツイートしてた

 

 

 NONさん ドラマの感想 tweet 

 

 

不思議な説得力◇HYDE『FINAL PIECE』

島崎遥香さんのぎこちなさは…?

 

 

流れるプールで「あはは、あはは」って笑いながら流れてる小春に驚愕!どーゆー演技プラン?

 

 

島崎遥香さんって、かつての釈由美子さんタイプかなって思ってたけど。

桐谷美玲さんや佐々木希さんみたいな感じもあるね。

 

このドラマで彼女が一番輝くのは文句言ってる時。今のところはね。

 

 

そんな島崎遥香さんにちょいちょい感じるぎこちなさは、龍之介を恋する気持ちと「ハレ婚」を完全には受け入れることが出来てない小春のぎこちなさと解釈していいよね。

 

 

 

それとね。劇中のセンチメンタルなシーンやラストシーンでは、HYDEさんの主題歌『FINAL PIECE』が盛り上げてくれる。こういうラブコメには合わないタイプの楽曲にも思えるけど。不思議にマッチしてて、妙な説得力があるんだよね。

 

 

 

 

さてさて。

第3話はほとんど「スパリゾート ハワイアンズ」で過ごした一日、みたいな回だった。

 

次回からは各々のパーソナルに迫っていくお話が始まると、脚本を担当している山田佳奈さんがツイートしてたので、今後の展開を楽しみにしたい。

 

 

 

 

 

◇最後に

 

原作は週刊ヤングマガジン2014年〜2019年まで連載されていたNON(のん)さんによる同名漫画

 

 

 

2022年1月17日発売の号より本編から3年後を描いた『ハレ婚。おかわり!』が短期集中連載(同じく週刊ヤングマガジン)されてるんだって

 

 

 

《電子コミックなら》

おなじみのコミックシーモアにて

 

www.cmoa.jp

 

 

◇この続き『ハレ婚。』第4話はこちら

 

 

 

YouTube 関連動画◇主題歌

 

ドラマ+『ハレ婚。』放送直前! まどか役・浅川梨奈さんコメント動画

 

 

今回の「読むドラマ□」は、裏テーマ的に浅川梨奈さんをフィーチャーしてて〝冬の浅川梨奈まつり〟と化してた

 

なのでここでも彼女の動画を

 

タイトルに「放送直前!」ってあるように情報としてはちょっと古めだけどね せっかくなんで…

 

youtu.be

 

 

 

以下は、HYDEさん第6話出演NEWSにより掲載期間延長してる情報コーナー

もう見たよ〜って人はスルーしてね

 

 

『ハレ婚。』完結記念! HYDEさんお祝いコメント!! 

 

HYDEさんは『ハレ婚。』連載当初からのファンだと公言していて

それが縁で今回ドラマ主題歌になったという

 

 

そんな講談社ヤンマガch  2年前の動画

『ハレ婚。』完結記念! HYDEさんお祝いコメント!!【単行本第19巻 8月6日発売】 - YouTube

 

主題歌 HYDE「FINAL PIECE」情報

www.universal-music.co.jp

 

 
 

Twitter 番組公式

 

ABC『ハレ婚。』浅川梨奈さんハワイアンズにて tweet

 

 

見逃し配信  

 TVer◇放送後1週間 視聴できるよ

tver.jp

全話配信はTELASAで

 

 

朝日放送テレビ 番組公式HP

 

劇中セリフの一部を本文内容の補足と説明のために 朝日放送テレビ(ドラマ本編)より引用しました

 

 

本文で足りない情報は以下のリンクから引用(出典)元の番組サイトをご覧ください

www.asahi.co.jp

 しばらくの間、上記にて「朝日放送テレビ」を「テレビ朝日」と表記してました。訂正してお詫びします。ごめんなさい!気づいた人、言ってよ〜

 

 

 

 

f:id:gklucky:20210304151231p:plain 

「読むドラマ□ Rebo」とは?

週に30本近く、月に100本以上をチェックしている信頼と実績の(?)

 

〝令和きってのドラマウォッチャー〟阿倍カステラ

 

がお送りする、テレビドラマを読んで楽しむ

エンターテインメントコラム

 

★「阿倍カステラって何者よ?」っていう人は、こちらの記事をご覧あれ

castella-a.hatenablog.com

f:id:gklucky:20210302115518j:plain

【重要】先にドラマを観ることをおすすめしてます

 

【編集後記】 

スルーして

 

毎度「スルーして」ばかりでごめんなさい。新企画スタート直前につき編集部も大変なのよー。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとう!

 

 

 

 

 ご覧の記事は

『カステラ書房の毎日』がお送りしましたー♬

 

f:id:gklucky:20210304235148j:plain

「したむきちゃん」阿倍カステラ©️

 

 

  🟧 またねー

 

 
 
 

阿倍カステラTwitter 

 

阿倍カステラはTwitterが苦手なよう

そちらもこのブログ同様にぼちぼちと、一つ一つ積み重ねていきたいところ

 

告知ツイートをした際にはここに掲載する予定

 

 

 

 

 

 

以下は、過去記事の一部です

あんまり気にしないで

 

 

 

 (それについての説明)
令和2年から始めた当ブログ。その記事はかるく500 に到達しそうになってた

 

とはいえ、過去の記事の中にはしょーもないものがいっぱいあって

これを1記事とカウントしていいもんやら…

 

そこで、一部残しておきたい文章だけを以下に掲載し、過去の記事(しょーもないやつ)は削除することにした

 

そういうわけで、これはちょっとしたアーカイブ

 

 

 

 

 
 

 

2020.12.9

 

 

 ☆阿倍カステラのドラマ視聴日記 12月9日(水) 編

 

 

TBSテレビ『この恋あたためますか』(主演 森七菜)第8話

 

★北川里保(石橋静河)がとうとう自分から、浅羽拓実(中村倫也)に別れを切り出すシーンが切なすぎて苦しくなるほどにグッときた。その事を新谷誠(仲野大賀)に報告する里保。自動的に自分の番だと言い渡されたような新谷。これもまた切なくて。

それに浅羽の前で少女のようにキラキラとした姿を見せる井上樹木(森七菜)にも、甘酸っぱい切なさを感じる。

恋の切なさがたくさん詰まってて、いい感じにクリスマスが迫ってきてて、「クリスマスなんて無ければ いつも通りの 何にも変わらない夜なのに♫」っていうSEKAI NO OWARI『silent』がまた心にしみるよね。

そこでのコンビニスイーツ。視聴者が甘いものを欲しがってしまう気持ちがよくわかる。

劇中のコンビニ「ココエブリィ」に愛着を持ち始めて、番組のホームページで見たココエブリィのキーホルダーが欲しくなったりしてる。

 

 

 

フジテレビ『探偵の探偵』(主演 北川景子 2015年7月-9月)第7話

 

 

フジテレビ『ルパンの娘』(主演 深田恭子)第8話

 

★そのバカバカしさを正直言うとバカにして楽しんで観てたけど。ここまでくると感動すら覚えるね。

秘密にしていた「L の一族」のことを、とうとう娘・杏に打ち明ける。「家族みんなそろって泥棒」って事をさ、あんな小さな子供にどうやって受け入れてもらうのよって懐疑的に観てたんだけど。

最後の乱闘・クライマックスシーンでの杏による「L の呼吸 弐ノ型」を見せられたらもう、理屈で考えてる自分がバカバカしく思えてきた。

そもそもそんなもんいらないんだよね。このドラマの楽しみ方が存分に理解できて、やっぱすごいドラマなんじゃん! って感動した。

 

 

テレビ朝日『先生を消す方程式。』(主演 田中圭)第6話

 

★上記からの流れで言えば「バカバカしさ」では、このドラマも引けをとらない。でもまだ半信半疑って感じで観てる。

 

 

以上、4番組でした。

 

 

12月の第2週に入ってきて、そろそろ一日一日をカウントダウンする時期になってきてる。

毎年ね、年末になるとどうにもならない悲しさで耐えきれなくなるのだけれど。できればさ、ばかのひとつ覚えみたいになんないで、それなりに対処できるようになりたいよね。

 

「笑っちゃう涙の止め方も知らない 20年も生きて来たのにね♫」(『メインテーマ』より)

って、薬師丸ひろ子さんも歌ってたっけ。

それよりもずいぶん生きて来たんだから。

 

 

 

 

 

念のためにもう一度

この上記一文は過去の「記事の一部」なので気にしないで